横道世之介 (文春文庫)

4.08
  • (599)
  • (699)
  • (346)
  • (50)
  • (7)
本棚登録 : 4469
レビュー : 577
著者 :
yamatamiさん 青春小説   読み終わった 

おもしろかった!
まず、語り口調がとてもおもしろかったです。ところどころ噴き出しちゃうんです。

世之介はめちゃくちゃ普通の人なのに、なんでこんなに愛しいんでしょう。
織り混ぜて語られる現在と未来。切ない未来が見え隠れするから最後まで読みたいけど読み進めるのが辛い・・・

上京してから変わっていないようで、変わっていく世之介の姿が丁寧に描かれていました。
母親の最後の手紙、「世之介に出会えたことが自分にとって一番の幸せではなかったか」が全てだと思います。
出会えてよかったとみんなに無意識に思わせる世之介。平凡でお人好しで抜けてて、おおらかで正直者。

加藤と世之介とのやりとりが好きです。(綾野剛さんの加藤が楽しみ!)そして祥子ちゃんのお嬢様キャラったらないですよね!本気ですっとぼけていてかわいかったです。この子の行動力にびっくり!

私のなかで今年一番の小説な予感です!

レビュー投稿日
2013年11月19日
読了日
2013年11月6日
本棚登録日
2013年10月11日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『横道世之介 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『横道世之介 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『横道世之介 (文春文庫)』にyamatamiさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする