図書館の魔女(上)

  • 1002人登録
  • 4.07評価
    • (92)
    • (106)
    • (57)
    • (5)
    • (2)
  • 108レビュー
著者 : 高田大介
  • 講談社 (2013年8月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (658ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062182027

図書館の魔女(上)の感想・レビュー・書評

  • キリヒトが使えることになった図書館の主マツリカ。ひとつの言葉、動きから、背後を洞察できる魔女という名に違えない人物。この世界観や政治のやり取りが難しくてなかなか入ってこなかったが、二人の新たなコミュニケーションの仕方ができてからぐいぐい話が展開していき面白い。キリヒトの特異な能力の正体など、驚くことも多く、続きが楽しみ。

  • 説明とか漢字とか言い回しとか、難しくて色々読み飛ばしてしまった。
    マツリカとキリヒトはGOSICの二人みたいな感じだなと思っていたのですが、一番最初から仕事していたとは。
    最初はなかなか話が動かなかったけど、段々ゴロゴロ転がっていきました。

  • ラストあたりの2人は本当にもう、特に何かある仕草ではないのだけど、ドキドキするけどエロティックではなく…。ええと情がある、深いんだよね。声がないので、仕草が深い。描写が独特で難しいところが沢山あるんだけど、緩急あって、深々と密やかな情景なのね

  • 初めは多分に状況説明などで物語がゆっくりと展開していたが,陰謀は水面下で着々と進み,後半の種明かしとともに,マツリカとキリヒトの関係も少しずつ変化し,ほんとうにどうなるのか下巻が楽しみ.

  • 図書館で面白そうだと思って借りた本。
    ファンタジーなのにあやふやじゃないというか、作者の力を感じる。
    キリヒトの役割がはっきりして、これからが物語の本番に思える。
    高い塔の運命やいかに。
    下巻に期待。

  • 図書館の魔女の世界観に入って行くのは面白いのだけど、政治的な説明と言うか世界観を把握するのはなかなか骨と言うか把握しきれてないというか…いろいろな事がきっと伏線となっているのかな。刺客が現れてキリヒトの役割が分かってやっと本当に物語が動き始めた気がする。下巻に期待。

  • 一ノ谷の山里の少年キリヒトは、王宮からの求めに応じ、王宮の最奥に立つ「高い塔」の主に仕えるため出立する。
    「高い塔」とは、大陸史上最古の図書館。その全ての蔵書を把握し、王宮にも絶大な発言力を持つという「図書館の魔女」は、いくつもの言語を読み解き限りない叡智を持ちながら、口がきけない、ごく幼い少女マツリカだった。
    そしてキリヒトは、彼女のために手話を学んでいたが、文字を知らないのだった…


    3.5センチにもなる久々の厚み、美しい装丁にワクワクして手に取った。

    物語のはじめは、理屈がまさっているような文章が少しとっつきにくく頁がはかどらなかったけれど、最初の1センチくらいまでは助走のようなもの。
    やがてマツリカとキリヒトがふたりだけのコミュニケーション方法を得てから、その結びつきが当たり前の生い立ちを持たないふたりの心をひらかせていくのに従って、面白くなってくる。
    その後はぐいぐい物語が動きだす。

    見かけはファンタジーだけれど、マツリカの洞察力は安楽椅子探偵のよう、キリヒトの動きはアクションもののよう、図書館の司書たちの活躍はスパイもののよう。
    下巻が楽しみ。

  • いやあ、おもしろかった。
    前々から気になってはいたんだが、なんか厚さと表紙のおどろおどろしさにホラーっぽいのかと思い手がでなかったんだが、どーも文庫のが売れているので、思いきって手にとる。
    と、本格ファンタジーで、おお、こーゆー話だったんかあっと。

    とある山中の集落で暮らす少年が、その村を出るところから話は始まる。
    彼、キリヒトが連れて行かれた都で、出会った少女こそ表題の図書館の魔女、その人であった。
    何代にも渡って隠然とした力を持ち続けてきた高い塔の長、
    先代タイキからその地位を移譲されたのはキリヒトにしてまだ少女と思わせたマツリカ。
    彼女がキリヒトに求めたのは彼女の声となること。
    膨大な知識とそれらを繋ぐ術を持つ彼女にはそれを伝える術を持たなかったのだ。

    とまあ、こんな感じのボーイミーツガールで物語が始まるわけですが、まず、手話がここまでコミュニケーションのメインとして使われたファンタジーって私が知ってるのではこれが初めてだなあっと。
    傲岸不遜な小さな少女と、控え目ではあるけれども、
    聡く、芯のある少年。いいわあ、ツボだわ~。
    段々と信頼関係を強くしていく2人の様子を微笑ましく見守っていたんだが、
    高い塔という立場がそれだけで終わらせるわけもなく、
    なにやらキナ臭いことが起こり始めて・・・
    で、いきなりの急襲にでてきたのがなんか巨人!?ええ?そーゆーのもアリなんだ?指輪物語でのトロル的なやつですか~~~!!
    っと思っていたらキリヒトが撃退。
    準備ができていたのは1人だけだった。
    という一文がめっちゃ印象的でしたねー。
    あ、そうそう印象的といえば、目次が全て、その段の最初の一文そのまんま、とゆーのがなかなか面白い趣向だなあっと。同じ文だけど、字体が違うだけでなんか違う感じもするのがおもしろいよなあ。

    キリヒトの正体について、それぞれの感情が湧くところは、なんだかみんなが人間っぽくて結構好き。
    ああ、でも確かに、殺す前のキリヒトの笑みにはぎゅっとなっちゃいますよねえ。
    さて、対立鮮明化してきた中、図書館は紛争を回避することができるのか?マツリカはキリヒトの出について
    ハルカゼに調べさせるみたいだが、そこからまた何かでてくるのか?
    気になること満載で下巻に続く。

  • キリヒトが山からおりて図書館の魔女のもとに仕える。政治的な陰謀うずまく。
    はじめひとつひとつが深くもぐるから話の流れがどこに向かうのかみえなかったけれど全体でおもしろい。
    C0093

  • 好みな本です。本の厚さを圧倒するほどの吸引力のある内容です。後半が楽しみ

  • 様々な人の私欲が絡み合って、陰謀がんでい進く渦巻く話がとても好き。
    「書物の価値にはその書物により、また読む人により自ずと軽重がある 」
    「手話は「声の代替物」ではない」
    「その人固有の自由の発露は選ばなかったことにある。人は、何を選ばなかったか、それによってのみ他ならぬ自分を顕わしている」など、なるほどと思うことが多かった。
    新しい手話を作る過程に高揚感。キリヒトの正体に対するイラムの反応のところが面白かった。
    早く下巻も読もう。

  • 大満足の本。上巻なので これからいろんな事が動いていくのだろうけれど ファンタジーというジャンルにはあてはまらない気がする。言葉 言語学に関する蘊蓄がふんだんに入る所は まるで京極さんの本を読んでる感じ。私は京極さんも好きなので特に気に入った。読んでいると 自分が本の中に入り込んで 登場人物達の様子をそばで眺めているような..それくらい私には はまり込んでいける本でした。下巻を読むのがとても楽しみ♪

  • トールキンの指輪物語に匹敵する物語だという、友人評につられて読み始めた。

    確かに、これだけの厚さの書籍(まだ上巻だけというのに)を飽きることなく一気に読める作品であるということは、それなりに面白いと言わざるを得ない。

    しかし、指輪物語を念頭に置いてしまったので、世界と時間の広がりに物足りなさを感じてしまった。
    上巻の終章にさしかかった段階で、新しい事実と展開が現れてきたので、これからの広がりに超絶期待しつつ、上巻を読み終わった時点での感想は、下巻については他の宿題本を読み終わってから読もうという程度。
    後半に期待。

  • 持ち歩くには重かった~。
    が、面白かった。
    けど、言葉とは・・・とか、周辺の歴史に関しては、ななめ読みしてしまいました。
    でも、また読むか、と言われると微妙なところなので、☆4つに限りになく近い☆3つかな。
    とはいえ、ファンタジーの域を超えていて引き込まれました。

  • メフィスト賞(45回)

  • とりあえず上巻読了。普段、あんまりファンタジーモノは読まないせいか、最初の100ページくらいまでは世界観を把握するのに精一杯で、ちょっと読み進め辛かった。でも、その辺からページを捲る手が止まらない。ファンタジーとは言えど、言葉の成り立ちとか我々の世界の言語に通ずるもので、説明描写も大いに興味深く読める。
    上巻の終盤、キリヒトの正体が明らかになってからドキドキが止まらなくて、、、早く下巻読みたい!!

  • 意味を汲み取るのに時間がかかり最初の方は読みづらいけど、終盤一気に面白くなってくる。下巻がたのしみ。

  • とにかくボリューミー。
    回りくどい文章が多く、そこまで詳細に描写しなくてもと思ったり、
    なかなか辛かったけど最後の最後、やっと面白くなってきた。

    下巻も頑張って読みます。

  • A

    ビブリオバトルで知って面白そうだったから

  • 少し分厚いので読了するのに時間がかかりました。それに言葉、言い回しも見慣れない難しいものが多かったので、辞書を引く分、余計に時間がかかったのかもしれません^^;
    世界観、情勢を伝えるため丁寧に書かれているので、中盤ぐらいまでは退屈でした。しかし、巨人登場から終盤までは一気に読ませます。そして、なるほど、そうだったのかと感動しました。伏線が見事! そして名前をはじめ、言葉が丁寧に扱われていると思いました。それに、マツリカとキリヒト、二人の宿命を感じました。上巻では、まだ動き出したところという印象です。下巻には、もっと大きな仕掛けがあるような気がして、とてもワクワクします。楽しみ♪ ^^

  • まさかの!!!!最後びっくりした!
    国内編。
    図書館への愛が溢れていて司書冥利につきる

  • 図書館より。

    これってラブ!?初恋かも~(笑)
    思わずお馬鹿な妄想をしてしまいました。
    多分、誤った見方だ。
    国語には疎いけど、言葉の成り立ちについてこんな感じかな~とうっすら理解しながら読了。
    色んな意味で二人の関係が気になるので、早く下巻が読みたい!

全108件中 1 - 25件を表示

図書館の魔女(上)に関連するまとめ

図書館の魔女(上)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図書館の魔女(上)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする