大栗先生の超弦理論入門 (ブルーバックス)

  • 492人登録
  • 4.07評価
    • (50)
    • (54)
    • (28)
    • (6)
    • (0)
  • 64レビュー
著者 : 大栗博司
  • 講談社 (2013年8月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062578271

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
村上 春樹
スティーヴン ワ...
有効な右矢印 無効な右矢印

大栗先生の超弦理論入門 (ブルーバックス)の感想・レビュー・書評

  • 超弦理論を判りやすく説明していて流石です。難しい数式もほとんど使わず、図解を駆使して概念を説明しているので、ちょっと物理や数学は苦手…という人も手に取りやすい&理解しやすいかと。
    研究の当時の熱気含めて書かれてるので、そういう現場の雰囲気含めて堪能しました。
    (ちょっと古い本になりますが、はじめての〈超ひも理論〉 (講談社現代新書)を併せて読むと、ブルーバックスの方ではサラッと「知ってますよね」前提で書かれてる辺りを補完しながら、宇宙論との関係など理解してさらに読み込めるかと)

  • 最新の理論を、空間は幻想だというとろこまで、分かりやすく説明してくれる。読み物としても、面白い。

  • 同じ著者の「重力とは何か」が面白かったので、それに続いての読書です。
    やはり後半の内容は難しかったですが、様々な例えを使って、自分が研究していることを素人にもわかってもらおうという、著者の情熱を強く感じました。
    また、「あとがき」で納税者への感謝が述べられていたりして、著者は研究者として優れているだけでなく、人格も素晴らしいと思いました。

  • 「なぜ、点ではいけないのか。点とは部分を持たないものである。」で始まる、物質の最小単位・サイズ・形状をめぐる超弦理論が展開する挑戦の物語。夏休みから秋にかけてのお薦めの一冊。

  • 最新の物理学はとんでもないことまで進んでいる事がわかった。
    ただ、あまりにも人間の感覚と離れた世界なので、「分かる」というのがいったいどういうことなのかが分からなくなる。

  • ポイントは3つ。超弦理論は数学的矛盾の解消を根拠とし、実験や観測で証明されてないながらも物理学の統一理論として最有力候補であること。二つ、超弦理論へと至る素粒子論はこれまで湯川・朝永から南部・小林・益川とノーベル物理学賞を受賞してきた日本人がその研究をリードしてきたが、そのバトンを現在は大栗先生が継承していること。そして三つ、超重力理論と超弦理論を交差させることで9次元と10次元の壁は定数の変化で乗り越えられるものであり、これを突き詰めればいつか2次元と3次元の壁を超える理論も夢ではないってこと。イエィ。

  • 「宇宙は本当にひとつなのか」「宇宙はなぜこのような宇宙なのか」を読んで、最新の宇宙論を知ると、最終的にそれが、現代物理学で相対性理論と量子力学とを結びつける最有力候補である「超ひも理論」(この本では超弦理論)と密接に結びついているようだということがわかりました。
    そこに、この本が現在科学書としては異例のベストセラーになっているという記事を見かけたので、早速買って読んでみました。
    最先端の理論を相当がんばって噛み砕いて説明してくれているのですが、それでもやはりかなり難解。9次元や10次元の空間の性質・幾何学を数学的に解くことによって求め、実験的に明らかにされているクオークなどの既知の素粒子の性質との適合性をみることで理論の正しさを確認して行こうとしているようだということはおぼろげに感じ取れましたが、日常体験とはかけ離れた感覚の世界で、もはやSFとの区別がつかない感じです。
    ただ、いかに常識的な感覚外のSF的世界のように見えても、そこから得られた計算結果が現に実験的に確認(または否定)されているというのは、まさに科学。すごいし、おもしろいと思いました。

  •  天才である大栗博司教授が、自身の専門である超弦理論の進展を数式なしに正確な説明を試みたものである。超弦理論は、物質や宇宙はどのような仕組みで存在しているのかを解明するための有力な手段であると見られている。素粒子が点ではなく2次元の弦であると想定して理論構築してみると、現在主流の標準理論よりもうまく説明できる場合が多々あるとのことである。
     難解な学問を一般人にもわかるように、かつ変な比喩にならないような説明は、けっこううまく行っている様に思える。他にも一般人向けの素粒子物理学系の解説書を書いたり講演しているだけのことはある。
     しかし、たとえば回転対称性など、この人には自明なことも一般人には難しく、説明がいまいち力が入っていないと感じられるところもある。もともとが難しい学問分野なのだから、そう簡単に理解できるものではなく、なんとなく分かったような分からないような読後感でも十分なのかもしれない。

  • 幻冬舎から新書で出ている「重力とはなにか」、「強い力と弱い力」に続き、ブルーバックスでも大栗先生の本が出版された。幻冬舎の二冊では、今非常に注目をされている物理の話題が、分かりやすく説明され、楽しくて知的好奇心をそそられる本だった。
    本書は、先生の専門である超弦理論について物理学を本格的に学んでない人にも丁寧に解説し、様々な比喩を用いてイメージがつかめる様に工夫されている様だ。ブルーバックス50周年を記念したこともあるのか、専門領域ということもあるのか、本書は普通の教科書的なものではなく、なんというか熱意の伝わってくるものを感じた。
    書かれている内容については、朝日カルチャーセンターでの講座を聴いていたのが理解の助けとなり、かなりスムーズに読めたと思う。ただ、ゲージ原理の説明を金融市場のたとえで説明されていたので、そういう素養のない自分には少し理解が難しかった。
    本書も先生の手書きのイラストがふんだんに使われており、見るだけでも楽しいと思う。理論物理の最先端に関する一冊、何度でも読み返したい。

  •  超弦理論が非常にわかりやすく説明されていて、超弦理論の持つ意味、役割がどういうものなのかイメージできるようになってきた。超弦理論を歴史的経緯とともに紐解いていくことで最終的に、空間、そして時間が幻想であるという大胆な仮説が登場する。一見受け入れがたいこの仮説についても、どうしてそのような仮説が成り立つのかが隙なく説明されていて認めざる得ない。とはいっても分子の振動が温度に繋がるという感覚がようやく受け入れられるようになったぐらいではやはり抵抗がある。分子論のように超弦理論も身近な物になれば受け入れやすくなるのだろうか。
     そして大栗先生の本は本当に分かりやすい。分かりやすくするために数式を使わず文章だけで説明している本は多いが、かえって分かりにくくなっているものが多い。しかし本書は文章だけで説明しているのにもかかわらず分かりやすい。やはり大栗先生が超弦理論の最先端の研究者であることが大きいし、何をどうを伝えれば理解してもらえるのかを理解していて、さらには伝えたいという気持ちが分かりやすさにつながっているように思う。

  • 宇宙は「ひも」でできているという話を聞いたのは30年くらい前、大学生のころでした。

    当時、物理科に籍を置いていた私は、ミクロな世界では、常識に反した不思議なことが起きるという量子力学を習い、実際にトンネル電流を測定する実験を行い、(実感として)確かに素粒子は確率的に世界に存在しているのかもしれないと思うようになっていました。

    そんな私でしたが、物質を細かくこまかくしていくと、最後には「ひも」になるとか、世界は26次元でできているといった弦理論については、「そういう数式が当てはまるだけでしょ」って冷ややかな目で見ていました。

    そう、10年もしたらこの仮説はもっとよい仮説に置き換わるだろうって。
    少なくとも、「ひも」はないよなぁって。

    ★★★

    ところが、本書を読んで何故、点ではなくひも(正確には弦=一次元)でなければならないのか、どうして、空間が9次元(10次元)でないと安定して存在できないのかということが分かったような気になりました(実際は分かってないのですが)。

    空間とは何か、時間とは何か、宇宙の初めに何が起こったのか、、、それは、ほんの短い時間しか生きられない人間にとって最大の興味なのではないでしょうか。

    難解な話をこんなに分かりやすく説明できる大栗先生に嫉妬すら覚えつつ、、、。

  • 大栗さんの本は前2冊の新書同様、文系の私でもわかりやすい。あっという間に読んでしまった。ブルバーックスをこの速度で読めるなんて驚き!ブルーバックス創刊50周年で、初の縦書きだそうで、内容とともに記念すべき一冊となったように思う。6月に講座をきいた時にオイラーの公式の解説についていけなかったので、本書に付録として解説が載っていたのはありがたかった。本書では「重力のホログラフィー原理」が比較的わかりやすく書かれており、理解が少し進んだように思う。しばらく時間をおいて再度読んでみたい。

  • この本は現代物理学理論において注目されている超弦理論について書かれた本です。

    そもそも超弦理論とは直感的に言ってしまえば、物質を構成する最小単位である素粒子を点ではなく弦であると考えましょうという理論です。

    現代物理学にはこの世の中に存在する力を1つの数式で表すという大きな目標があります。そのためには重力理論と量子力学を融合させる必要があります。しかし、それには数学的な困難が多々あります。

    なぜ超弦理論が注目されているのかというと、素粒子を”弦”と考えることで”点”の時にはうまくいかなかった計算が上手くいくことがわかってきたからです。

    そんな超弦理論についてその歴史に沿って書かれているのが本書です。

    個人的には第9章「空間は幻想である」が印象に残っています。超弦理論の発展によって”空間”が”温度”のような二次的な概念であるということがわかったという点が目から鱗でした。

    超弦理論についてその歴史に沿って学んでいきたい方には良い本だと思います。

    ちなみに数式はほとんどなかった印象です。購入の際の参考になれば幸いです。

  • かなり難しい現在の素粒子物理学の内容をわかりやすく解説していると思う。とはいえ後半は少し消化不良だった。少し時間をおいて再読したい。

  • 超弦理論は、空間、時間のとらえ方が非常に複雑ということがあり、まずその仕組みを理解することが大変だが、この本では、くり込み、ゲージ理論、次元のコンパクト化などを、わかりやすいたとえや図で説明してくれる。物理学の統一理論として研究されている理論をこれだけわかりやすく見取り図として示してくれるというのは、素晴らしいことだと思う。

  • 楽しく、面白く読ませてもらった。

    でも、わからん。
    弦理論ってなんや?

  • 本2013年9月号に筆者寄稿

  • 講談社科学出版賞受賞。物質の基本は「点」ではなく「ひも」とする超弦理論。重力理論と量子力学の統合にはなぜ「ひも」が必要なのか?

  • グラスマン数の説明から、何故その次元数でなければ理論が成立しないのかについてのくだりはシビレる。

  • 直感的な説明、歴史的な背景から素人にもわかりやすく超弦理論が説明されている名著

  • 面白かった! 久しぶりに抽象的思考をすることになり、こういう頭の動かし方もあったよなあと新鮮な気持ちになったよ。理解度で言えば、自分の頭の中で、こんな感じかなとボヤっとした感じ程度で、人に本の内容を説明できるほどの理解度では全くないけれど、それでも、この分野を垣間見れて楽しめた。

  • 「超弦理論」、別名を「超ひも理論」。物質の最小の単位は「弦」=「ひも」である。
    私達は普段空間を3D=「3次元」だと知覚していますが、実は9次元?
    物質の最小単位を扱う素粒子論(標準模型)とアインシュタインの特殊・一般相対性理論を統合する究極の理論候補「超弦理論」の入門書。数式が苦手な貴方に読んで頂きたい一冊です。

  • 一般読者に向けて書かれた,超弦理論の解説書.
    最先端の理論を非常に明快に解説しており,素晴らしい.
    特に弦理論および超弦理論で扱う空間次元がそれぞれ25次元と9次元
    になることは,やや厳密性を書くとはいえ,数式で求めており,
    関心した.専門書にははるかに及ばないのでしょうが,
    一般人向けとしては,これ以上のものは望めないのではないだろうか.
    最先端の物理の世界を味わってみたい全ての人にお勧めです.

  • ニュートン力学、量子力学までは、何とかおぼろげながら理解できたつもりだが、全ての現象を説明できる統一理論の構築過程で出現した矛盾点を解消すべく、超弦理論が出てきたのだということだろう.でも、この様な難しいことを真剣に考えている科学者がいることも驚きだ.電磁場と金融市場の類似性の説明は明快だった.

  • ここで興味を持った
     Ucci Leipuccini, Monadology, Information, and Physics(togetterまとめ)

    http://togetter.com/li/490037

全64件中 1 - 25件を表示

大栗先生の超弦理論入門 (ブルーバックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大栗先生の超弦理論入門 (ブルーバックス)の作品紹介

物質の基本は「点」ではなく「ひも」――これが「超弦理論」の考え方です(「超ひも理論」と同じですが研究者は超弦理論と呼んでいます)。しかし、なぜ「ひも」なのでしょうか? 超弦理論は物理学者の悲願「量子力学と重力理論の統合」を期待される最先端の理論ですが、それだけに難解です。
●なぜ「点」ではなく「ひも」なのか?
●なぜ「弦理論」ではなく「超弦理論」なのか?
●なぜ超弦理論は9次元あるいは10次元の理論といわれるのか?
●なぜ超弦理論では量子力学と重力が矛盾しないのか?
多くの人たちの理解を阻んできたこれらの「壁」に、『重力とは何か』『強い力と弱い力』(いずれも幻冬舎新書)がベストセラーとなった大栗先生が挑み、誰にでもわかる、しかしごまかしのない説明にチャレンジします。なかでも「次元の数」が決まる理由の謎解きは圧巻です。そこでは、あのオイラーが発見した、ある驚異的な公式が大活躍します。読んでいくうちに空間は9次元であると当たり前のように思えてくるでしょう。
そして最後には、とんでもない疑問に突き当たります。「私たちが存在しているこの空間は幻想ではないか?」というのです。空間は9次元だと思ったら、実は幻想だった! 世界の見方が根底から覆る衝撃を、ぜひ体験してください。
本書はブルーバックス創刊50周年にして初めて、表紙の書名を縦書きにしています。そこには、この難解な理論を「日本語の力」で説明してみせるという著者と編集部の思いが込められています。
※早刷版をご覧いただいた読者モニターの方からは、さっそく次のようなご感想をいただきました。
「何が問題で、どう解決したのか。私自身が謎解きをしているようでした」
「誰もが一度は考える物質や時空の成り立ちに、 こうも広大な知の営みがある。この世界や、生きていることの素晴らしさが実感できる、 いつまでも心に残る最高の一冊です!」
「一見浮き世離れしたような理論をこれほどまで読みやすくわかりやすい表現で明示
した労作は前代未聞。理系を毛嫌いするすべての老若男女に一読を勧めたい」
「現代の理論物理学が難解なのは、理論が進化してきた過程が見えなくなっているからだ。大栗先生は300頁に満たないこの本で『進化のはしご』を再現するという離れわざをやってのけた」

大栗先生の超弦理論入門 (ブルーバックス)のKindle版

ツイートする