ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)

  • 4829人登録
  • 3.55評価
    • (212)
    • (599)
    • (601)
    • (141)
    • (13)
  • 550レビュー
著者 : 辻村深月
  • 講談社 (2012年4月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062772242

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • ああなんて恐ろしいものを読んだのだろう。なんて恐ろしいものを書いたのだろうこのひとは。そう思った。こんなにしんどーい気持ちになったのは、少なくとも、本を読んでということになるとはじめてかもしれない。
    「ぼくのメジャースプーン」で描かれた「悪意」と「勇気」の物語の根底にみつかる「どうしようもないこと、よのなかにあふれている悲しみ」がこの物語にも、ファンタジー要素なく描かれている。
    チエミはわたしのまわりに、いる。こんな子、多少の個性のちがいはあれど、ありふれている、つまり私自身でもあるし、親友である彼女でもある。
    みずほが「なぜわたしではなかったのか」と問うが、母との関係から救われない世の中の女にとってそれは、切実な叫びだ。
    最後に救われるという表現の帯なのだが、…救われないよ?なんら救われないよ? と思う。決して物語が嫌いなのではないのだけれど。物語を通してみた現実は、あまりに暗澹としている。

  • 母親を殺し行方不明となった幼なじみを捜すみずほ。かつて彼女と関わりがあった人物を辿り話を聞いて行く。女性同士ならではの力関係、辛辣さ、それぞれの現状。母と娘の複雑な関係性と愛情。表面的に受け取る犯罪の裏側にはこういった事があるのかもしれない。

  • アラサーの女性は全員読むべきです!(断定w)
    幼馴染みとこの本を読んだあと、本作をおかずにお互いの母親との関係の悩みについて何時間も語り合いました。
    答えは出ませんが、この本に救われた気がします。

  • 圧倒的な女性の世界を舞台にした小説。
    ここで描かれた世界は女性なら共感できるのでしょうか?

    妬みや僻み、恐れ、そして計算。思惑の渦があちこちに潜んでいて、でも一方で男性にはない強い繋がりが生まれたりもする女性の世界。
    その渦が生んだともいえる悲劇は予想もしなかった結末を迎えます。

    「何もない」と思ってしまう弱さと、他人のために走りきれてしまう強さを持っている女という性。比べると、男性は単純だなぁと思ってしまいます。

    女性コミュニティの特徴がゆえにもたらされた悲劇ともいえるのに、読了後は感動に似たような、なにか込み上げるものがありました。
    惜しいのは、私が男だったこと。年月は違っても女性として生きてきたならば何倍も楽しめる作品なのではないかと思います。

  • 文庫で久しぶりに積み読み。
    辻村さんの書く女は何故ここまでもリアルなのだろう。女同士の友情と常に紙一重である嫉妬、勝ち負け、煽て。
    自分の過去にも今にも当たり前にありすぎる感情を事細かに文章として、小説として見せつけられていっそ清々しい。
    女同士じゃ計算高い悪女より、計算なんかなく無垢で通している女の方が悪女より何故か疎まれると解説に島本理生さんが書いてたけどまさにその通り。
    それでも無垢な子をいい子なんだよね…と女同士で囲んで話す矛盾。でもそこに友情は存在する女の不思議。男性はこの小説をどう感じるのだろう。

  • 女性同士の難しい関係性がとても鮮烈にうまく描かれていた。
    それは本当に嫌になるほど覚えのある感情で、女性の心の醜さをすべてさらけ出した物語だなあと。
    もう少し歳を重ねて読み返すと、また違った感じ方をするかもしれないので、またきっといつか。

  • 女心を全く理解できないことを痛感した。

    裏表紙に書かれてあった
    「彼女が逃げ続ける理由が明らかになるとき、
     全ての娘は救われる」
    を期待して最後まで読んだが・・・

    私の感性がズレているのか、
    全く救われた気がせず、ただただ哀しかった。

  • 2016.10.14再読
    ---------------------
    ☆4ツ
    2012.5.6読了。
    タイトルのことはすっかり忘れて読み進めていたけど、付けられた意味がわかると、深かった。
    チエミの章になるまで彼女を理解できなかったけど、彼女も彼女で辛かったんだね。彼女の無念は哀しかった。
    それにしても、子離れできない親も、親離れできない子も、お互いに良くないね。親は親になった時点から、子を独立させるために生きなくては。

  • 辻村作品は大嫌いだけれど、すばらしい。ノックアウトされた。ここに描かれる人は虚構ではなく、読者ひとりひとりの内面の具現なのかもしれない。
    母との確執、女の友情。それぞれが違っても、プレパラートにのせてしまえば、同じにみえる。それでも、やはり、ひとつとして同じものはない。本作に描かれた人間関係は、どこか身近なのに、まったく知らない誰かの物語だ。だから、素直に泣ける。
    わたしは、母より幼馴染みより、幼馴染みの親のことを思い出した。親子というのは、直列の関係だけではないのだろう。親になり、子でいることは、多かれ少なかれ、他の親子との関わりの中でしか成り立たない。
    あらためて、世間に友人や親子の関係が網の目のごとく張り巡らされていることに気づかせてくれる、冷徹でやさしい物語。

  • 指名手配犯になってしまっても
    友達や元カレや恩師や職場の後輩などなど取材してまで追いかけたい幼馴染、いや親友がいるだろうか
    幼馴染と言うと少ないのでだいぶ限られてしまうが、何人かいる。大事にしよう。

    わかる、わかる。で溢れてた

  • オンナ同士のあれこれ思う事やらあちこちで出てきて上手いなと思いました。

    同世代だとしても「既婚」「未婚」「子供がいる」で立場は大きく違ってくる。昔からの仲良しと思って接していても立場が違えば昔みたいにはいられない。
    そんな面倒くさい女子関係が伝わってきました。

    タイトルの意味が分かった時ははっとしました。

    でもチエミもみずほもどっちも好きになれないな、私は…

  • BOOKデーターベースより

    地元を飛び出した娘と、残った娘。幼馴染みの二人の人生はもう交わることなどないと思っていた。あの事件が起こるまでは。チエミが母親を殺し、失踪してから半年。みずほの脳裏に浮かんだのはチエミと交わした幼い約束。彼女が逃げ続ける理由が明らかになるとき、全ての娘は救われる。著者の新たな代表作。

    色々な情報をちらちらさせながら巧みに話をすすめるのが上手い作家さんだと思ってます。これも話の焦点が何処なのかわからないまま、時折はさまれる枝のような情報が集約されていくのがとてもよかった。

  • きっと女にしかわかんない話だと思う。
    タイトルが何を指すか明かされたときの感情は、単純なものではなかった。

  • 男の自分が読むには生理的に受け付けなかった。

    自分には無理だったけど、それはおそらく
    小説としての人間描写が優れている
    ということなのだろうと思う。

    女性の嫌な面が生々しすぎて辛かった。

  • 『 頭が割れそうな痛みと戦いながら』

    咳をしながらコーヒーを片手に読んだ本は、今の私に必要な物語だった。

    女ってなんだろうね。本能と煩悩の生き物。もちろん作品はフィクションだけれど、この生々しいほどの感情の渦は作り物ではない。

    物語の主人公になったら人は気付けないことばかりだ。ありがとうもさようならも、ごめんなさいも、また明日ねも。当たり前のようで、当たり前じゃない。劣化コピーペーストのように感じる日々の中で、掴んだものは確かな光。出口か入口かはわからないけれど、それは生に宿るもの。

    辻村深月、久しぶりに読んだけれど、彼女の作品は薬のような毒だ。抗体を作るか、ショックで死ぬかは体質次第だろう。

  • ちょうど同世代の物語。

    恋愛、結婚、妊娠…女性同士で集まるとお互いの近況を確かめ合う。本音ではなかなか語らない。

    母娘の距離。

    どれもグサグサと突き刺さるよう。

  •  一度目に読んだ時は、意図的にかもしれないが、いくつか文節がどこにかかっているのか分からないような箇所があり、少し気になった。そういった部分で、若さを感じてしまう。でも、それを覆い隠すくらいに、わたしはこの作者のテイストが好きなのだ、と作品に触れる度に思う。


     とにかく、女性同士のやりとりや思惑がリアルに描かれている。そんなことないだろ、と思う部分がほとんどない。分かる分かる、と思う部分もいくつかあるし、ほとんどが、あぁありそう、と思える。
     自らと他者のランク付け。他人を反射して自分の位置づけを確認する。褒め合いに、慰め合い。振り切れた時の、関係を放棄するかのごとき物の言い方。
    『共通の悩みを口にし、共通の敵を作ることで結びつこうとする心理は、女性の方が、男性よりきっとずっと顕著だ。』

     チエミの性格の描写は、本当によく分かる。全くもってそのとおりで、よくもこんなに的確に文章で表現できるな、というくらい身に凍みる。
    『真面目な子だった。高級海外ブランドの鞄を持ったり、得意でないお酒を無理して飲んで、「遊んでるよね」「バカだよね」という貶し半分の褒め言葉を喜ぶ程度には。「真面目だね」という褒め言葉に、むきになって「そんなことない」と反発する程には、充分に。』
    『もともと、おとなしいことと気が弱いことは必ずしもイコールではないのだ。チエミは気が強かった。』

     三十歳という年齢の女性の、大人に成り切れずでも子どもでもなく、若さを武器には歩いていけなくなっていくという自覚を持ち始める年頃の、感覚がとても鮮やかに描かれている。人生や生き方についての考え方や、結婚などに関しても、少し耳が痛かった。
    『私たちは大人ではなく、かといって子供では許されないのに、まだどうしようもなく生身で未熟なのだ。四十代になっても、五十代になっても、ひょっとしたら一生そうなのかもしれない。』


     チエミは、この後の人生をどう生きるのだろう。子どもを授かっていなかったと分かった時点で、この子なら、出頭するか自ら死を選んでいそうに思えるのだが。これでこの後出頭して、三十一歳で裁判にかけられ、何年も刑務所に入るとして、その年月を、彼女が耐えられるだろうか。そして刑期を終えて出てきてからの人生を、彼女が前向きに送れるだろうか。わたしには、そうは思えなかった。チエミに関する描写で、共感できる部分がいくつかあった、似ている部分があるからこそ、そう思う。彼女がこれからの人生を生きていける気がしない、と。
     それこそ、子どもさえいれば、まだ、かろうじて生きていけるかもしれない、と思う。
     その後のチエミが、知りたい。この物語は、きれいなところで終わっているが、その後を考えると、決してハッピーエンドだとは思えない。チエミはもちろん、みずほにしても、果歩にしても政美にしても、あまりにリアルなだけに、彼女たちはその後もそれぞれの人生を生きていって、それは決してきれいなことや楽しいことや幸せなことだけじゃなく、重いことつらいこと苦いことがあって、何もないことだってある、わたしや現実で皆が生きる人生と同じだと思える。それだけ、リアルな人物描写だった。

     本の裏表紙のあらすじに、『彼女が逃げ続ける理由が明らかになるとき、全ての娘は救われる。』とある。この娘とは、登場人物たちのことではなく、読み手のことなのだろうか。母であること娘であることの絶対性と、そこにある無償の、無償であるはずの、もしくはそうあったはずの、愛。すべての娘が持つ母に対する不満やしこりやぎこちなさは、すべからく母になれば、母の愛情を知れば、許せはしないかもしれないが、認めることはできてしまう性質のものなのだということ。昨今の、子どもが子どもを産んでどうする、というような虐待事件や殺人事... 続きを読む

  • ずっと、辻村さんの書く大人の女性が主人公の本が読んでみたいと思ってました。学生時代の微妙で複雑な気持ちをこんなにも的確に隠さずに表現する人が書く大人の本は、どんなものだろうと。

    本当、すごくよくわかる。
    久しぶりに会った友達と交わす儀式、悪意を表に出さずにこっそり比較して自分の位置を確かめて、上から見たり勝手に落ち込んだり。そしてそれに純粋な気持ちで参加できる友達を、羨ましく思ったり少し子供っぽいと思ったり、私はどこでその気持ちを失ったのかと思ったり‥。
    そんなものだ。そんな自分でいいと思うことは、諦めじゃなくて覚悟なのかもしれない。

    ラストはたまらなく悲しくて、このタイトルの意味がわかった時、本でこんなに人は苦しくなるのかと思った。
    圧倒的に自分に非があるとき、言いたいことが言えなくて、誰にも分かってもらえないことが分かる。
    だけどそれを分かってくれる友達がいたチエミを、羨ましいと思った。

    2016/02/29

  • 私の嫌いな女同志のいやな関係(友人や母娘の関係)で途中までは辟易したけれど、ゼロハチゼロナナの謎が解けたとき
    私まで救われた気がした。

  • 行方不明になってしまった友達を探す「みずほ」目線の第1章。

    母親を殺して逃げてしまった「チエコ」目線で物語が進む第2章。

    第1章だけで話が終わってしまったのならうーんって感じだったけど、第2章からがとても良かったので★4つ。

    それにしても、友達同士の『女同士』、母と娘の『女同士』
    同じ「女」という性を持って産まれてきたはずなのに、どうしてこんなにも分かり合えないんだろうなー。

    読んでいて私の心の古傷が、チクっと痛むような感じがしました。

  • 女同士の友情を軸にした物語。恋人、結婚、合コン、仕事…どれをとっても羨望や嫉妬、計算があったり、特有の心理描写が繊細に描かれている。辻村さんならではでしょうか。
    学生のころひた隠しにしてきたことも、大人になると分かり合えたりするのかな、そうだといいな。

  • こんなに、泣きながら本を読んだのはいつ振りだろう。
    正直、苦しかった。悲しかった。辛かったし、痛かった。
    だけど苦しいのだけど、その愛に心を撃たれた。

    (ネタバレはほんのすこーしあります。お気をつけて。)

    ある女性のモノローグから始まる。
    「このドアを閉じたら、もう二度と戻ってこられない。」
    彼女は目の前に倒れる母親を残して、ずっと生まれ育った富士山の見える家から出た。
    そしてモノローグは続く。
    「お母さんに話してしまいたい。切実に、そうしたい。お母さんなら聞いてくれる。また怒られるかもしれないけれど、一緒に警察にだって行ってくれる。今までだって、困ったらそうしてきた。」
    でも、もう彼女の「お母さん」という絶対安心な存在はいない。それでも彼女はまだ鍵を閉めたドアをもう一度開くと、いつものようにお母さんが背を向けて座っているんじゃないかと…思ってしまう。

    この始まりの数ページが本当にすごい。
    地味で控えめだった女の子が、あんなに仲が良かった母親を本当に殺したのか。殺して、捕まらないために逃げた? 状況はすべてクロ。
    彼女ーチエミーの幼馴染、みずほは失踪したチエミを探すために行動を開始する。実家を離れていたみずほはチエミの友達や元彼たちに話を聞いていく。そこには女ならではの屈折した友情や、嫉妬があった。

    この話の大きな謎はまず、本当にチエミは母を殺したのか、ということとなぜ逃げたのか。
    そして「探偵役」であるみずほはなぜ、失踪から半年を過ぎて行動を開始したのか。
    この謎を追いかけながら読んでいくと、ラストまでは本当にあっという間です。

    この作品はきっと、辻村さんの「女という生き物」の描写をとかく言われがちなのではないかな。きっとすべて賛成できなくても、「女」であれば覚えのある感情ばかり。えぐられる思いがするし、身につまされたりする。でもそれより、私の中で響いたのは「お母さん」の描き方。というより「お母さんへ」の描き方か。どんな母親であっても、子供はお母さんを慕わずにはいられない。チエミの母のような明るくて、子供思いの人もいれば、みずほの母のように子供を精神的に追い詰めてしまう人もいる。わたしの母はどちらかというとチエミの母に近い。だからこそ始まりのモノローグに泣いた。どうしようもないとき、「お母さん、」と呼んでしまうチエミ。そして母をもう信用できなくなってしまった、そしてそれを母も感じているだろうに車に乗っているみずほを一生懸命走ってくる母。大人になってようやく知る、不器用な母の愛。愛なんですよ。愛。完璧な母はいないし、完璧な女もいない。

    話の真実よりも、感情が刺さるお話でした。
    最後らへんはガチで泣いてました。
    登場人物の年代がぴったり同じぐらいだったから余計に話が染み入ってきたのかなあ。
    お勧めです。
    でも再読できるかは…分からない。


    追記

    読み終えてすぐに上記のレビューを書きました。
    ひとつ大きなわだかまりを残して…。
    その「わだかまり」は文庫版の裏に書いてあるあらすじの一文。
    「彼女が逃げ続ける理由が明らかになるとき、全ての娘は救われる。」
    最後まで読んでも、納得できない…。
    すごく仲のいい母親の死。チエミは母親と一心同体のよう、というような表現が多々あります。精神的に幼い彼女が「自立」するための「通過儀礼」みたいなものだったのかなーと思い始めました。いわゆる「反抗期」というか、母と子が離れる瞬間の事件だったのかな。チエミは母の死を受け止めて、ようやく大人として旅立てるという…。辛いときは、命を賭して娘を守ろうとしたお母さんの愛がある。命を懸けて守ろうとするほど大事だったんだよ!きっと大丈夫、という意味でのあらすじの一文だったのかもしれません。あら... 続きを読む

  • この人の作品は心の動きが物凄くリアルで、言葉に出来ないような小さなモヤモヤを文字におこす技は天下一品だと思う。ただ全体的に明るくはない話だし、どちらかといえば暗い部分が多いので、楽しく小説を読み進めるというよりは怖いもの見たさを常に感じながら読んでる感覚。ラストも予想出来る範囲だけど、やっぱり心理描写が秀逸すぎて他の作品にも手を出したくなるんだよなぁ(笑)

  • 母と娘、女友達と女友達。女性の関係性が見事に表現されている。ちえみとみずほの人物像は、彼女らの母なくしては成り立たないだろう。女にとって、母親は最も身近な規範であり忌むべき対象であり、慈しむべきもう一人の自分だろう。その存在との心理的決別が、一個人としての確立が成されるときである。ちえみはそれが理解できず、みずほは実行しようと足掻き続けたように思う。とても考えさせられた作品だった。

全550件中 1 - 25件を表示

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)に関連するまとめ

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)の作品紹介

事件を起こすなら、私のほうだと思ってた。

母を殺してしまった娘と、母との確執を抱える娘。どんな母娘(おやこ)にも起こりうる悲劇。

地元を飛び出した娘と、残った娘。幼馴染みの二人の人生はもう交わることなどないと思っていた。あの事件が起こるまでは。チエミが母親を殺し、失踪してから半年。みずほの脳裏に浮かんだのはチエミと交わした幼い約束。彼女が逃げ続ける理由が明らかになるとき、全ての娘は救われる。

辻村深月2009年書き下ろし作品が待望の文庫化。

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)の単行本

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする