ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)

  • 4704人登録
  • 3.55評価
    • (208)
    • (591)
    • (586)
    • (138)
    • (13)
  • 542レビュー
著者 : 辻村深月
  • 講談社 (2012年4月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062772242

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 母娘や女友達、それぞれの女の関係性をリアルに描いているなと思った。
    タイトルの意味も最後にわかる。

  • やはり辻村深月ほどこのなんとも言葉にできない胸の奥を言葉にできる作家はいない。朝井リョウの言葉を借りるのならば、本当に「痛点をなぞるような文章」を描く人だ。ひたすらに暗い作品との前評判を聞いていて、大好きな辻村作品で珍しく読んでない作品だったのだけど、本当に読んでよかった。明るい結末はないけれど、代弁者に出会えたしんみりとした喜びが残った。

  • 女性には色んな生き方があって。
    本来「おんなじ」を好む傾向の強い女子に、どうしてよりによって…って思うけど。
    だから、色々葛藤が生まれる訳で、それを題材にしたドラマって凄く多くて。
    でも、私、そのジャンルが個人的に好きでない。
    自分が痛いからなんだろうな…。
    よって、これもあんまり好きじゃない。
    ただ、好きじゃないのと評価できないってのは実は別物で。
    だから、こ~ゆ~★いくつみたいなのって結構困る。
    そうゆう作品。

  • 読むのがしんどそうだなと思い、ずっと長いこと積読していた1冊。数年経って、主人公たちと年齢が近づいた今やっと読んで、それはそれはもう読むのがしんどかった…。
    みずほは私であり、チエミも私だ。自分で言うのも何だけど、私はどちらかと言えばみずほに近い立ち位置ではあり、そこから見る母や故郷への複雑な思いはとても共感できる。チエミの、みずほに対する憧れや、現状に救いを求めた感情もとても分かる。
    だからこそ、少しのひずみで間違ってしまった道を進んでしまったチエミの苦悩や、周囲の人々のチエミを見ていた目線、みずほの母との確執…どれもすごくしんどかった。でも面白さで一気に読んでしまった。
    前半と後半のラストで、ぼろぼろに泣いた。
    どれだけしんどくても、やっぱり最後には少しでも救いが欲しい。

  • 母と娘の愛憎はよいのですが、どうも女性の友情は誇張して悪く書かれている気がして仕方がない。でも一気に読んでしまう作品。辻村さんすごいな。

  • 家族の関係、距離感が気持ち悪い.....

  • 一人っ子なこともあるかと思うが、おそらく我が家も「キモい」と言われるくらい、両親と仲が良い。

    だからか、チエミがその家族の親密さをバカにされ否定される箇所が悲しく、いたたまれなかった。

    家族仲良しで何があかんの?

    男で泣きを見るか、見ないか。
    勝ち組か、負け組か。

    あまりにもチエミが愚かで悲しい。
    果歩ちゃんも、いいこだから余計悲しい。

    みずほも好きにはなれないが。
    全く「すべての娘は救われ」ない。

  • 読み進むうちにどんどん明らかになる人間関係に、いろいろなことを思い出し、照らし合わせ、重ねてしまい、胸が苦しくなった。
    母と娘、女同士の友情、恋人との曖昧な関係…実に見事に描かれている。
    ラストへ向かう盛り上がりも◎
    女性ならば、共感し考えさせられる部分も多いのではないだろうか。

  • 親友の謎を解いていくと、そこに待ち受けたものは…悲しくて、切ない物語。

  •  母と娘の関係性。家族の在り方。友としての結びつき。この物語は多様な視点で人間関係について、読み手に迫ってくる。そしてそれだけではなく、生きるなかでの苦しさを読み手は感じてしまう。
     この本のなかには、多くの人が生きるなかで「空気を読み」、目をそらし、綺麗な言葉で誤魔化し、何となくやり過ごしているような感情や、生きる姿が剥き出しで描かれていて、一気になだれ込んでくる。その息苦しさに耐えられなくなると、読者はこの本から目を背けてしまうのではないだろうか。
     他の辻村作品にもこうした”怖さ”があったが、本作では特に顕著に感じられた。
     しかし、本作のなかで最後にはっきりと描かれているのは、純粋できれいな”ヒトの心”は確かにある、ということ。本作のタイトルの意味を知り、全てが明らかになった時、天使の梯子のごとき情感が胸に溢れてくる。
     そうした”光と影”を匠に描くのが辻村深月の特色であり、読み手は惹きつけられているのではないだろうか。

  • 女性同士の難しい関係性がとても鮮烈にうまく描かれていた。
    それは本当に嫌になるほど覚えのある感情で、女性の心の醜さをすべてさらけ出した物語だなあと。
    もう少し歳を重ねて読み返すと、また違った感じ方をするかもしれないので、またきっといつか。

  • 女心を全く理解できないことを痛感した。

    裏表紙に書かれてあった
    「彼女が逃げ続ける理由が明らかになるとき、
     全ての娘は救われる」
    を期待して最後まで読んだが・・・

    私の感性がズレているのか、
    全く救われた気がせず、ただただ哀しかった。

  • 2016.10.14再読
    ---------------------
    ☆4ツ
    2012.5.6読了。
    タイトルのことはすっかり忘れて読み進めていたけど、付けられた意味がわかると、深かった。
    チエミの章になるまで彼女を理解できなかったけど、彼女も彼女で辛かったんだね。彼女の無念は哀しかった。
    それにしても、子離れできない親も、親離れできない子も、お互いに良くないね。親は親になった時点から、子を独立させるために生きなくては。

  • 母親を殺し行方不明となった幼なじみを捜すみずほ。かつて彼女と関わりがあった人物を辿り話を聞いて行く。女性同士ならではの力関係、辛辣さ、それぞれの現状。母と娘の複雑な関係性と愛情。表面的に受け取る犯罪の裏側にはこういった事があるのかもしれない。

  • 辻村作品は大嫌いだけれど、すばらしい。ノックアウトされた。ここに描かれる人は虚構ではなく、読者ひとりひとりの内面の具現なのかもしれない。
    母との確執、女の友情。それぞれが違っても、プレパラートにのせてしまえば、同じにみえる。それでも、やはり、ひとつとして同じものはない。本作に描かれた人間関係は、どこか身近なのに、まったく知らない誰かの物語だ。だから、素直に泣ける。
    わたしは、母より幼馴染みより、幼馴染みの親のことを思い出した。親子というのは、直列の関係だけではないのだろう。親になり、子でいることは、多かれ少なかれ、他の親子との関わりの中でしか成り立たない。
    あらためて、世間に友人や親子の関係が網の目のごとく張り巡らされていることに気づかせてくれる、冷徹でやさしい物語。

  • うーん、まずどうしても文章の日本語の使い方自体が気になった。
    プロの作家さんなんだから、主語と述語くらいは一致させて欲しい。本人は分かって書いているんだろうけど、これの主語は誰なの?っていうのが幾つもあって、物語に入り込めなかった。
    でも、ストーリーの設定自体は好き。どうしようもなく女である一面を見せつけられた感じ。
    題名は別にコレじゃなくても良かったのでは。
    2016/09

  • 指名手配犯になってしまっても
    友達や元カレや恩師や職場の後輩などなど取材してまで追いかけたい幼馴染、いや親友がいるだろうか
    幼馴染と言うと少ないのでだいぶ限られてしまうが、何人かいる。大事にしよう。

    わかる、わかる。で溢れてた

  • 女性同士のしがらみで生きること。
    地方と都会。
    学歴の有る無し。
    結婚と子供。

    いろんな対比の中、女性であることをうまく表現してる作品。

  • BOOKデーターベースより

    地元を飛び出した娘と、残った娘。幼馴染みの二人の人生はもう交わることなどないと思っていた。あの事件が起こるまでは。チエミが母親を殺し、失踪してから半年。みずほの脳裏に浮かんだのはチエミと交わした幼い約束。彼女が逃げ続ける理由が明らかになるとき、全ての娘は救われる。著者の新たな代表作。

    色々な情報をちらちらさせながら巧みに話をすすめるのが上手い作家さんだと思ってます。これも話の焦点が何処なのかわからないまま、時折はさまれる枝のような情報が集約されていくのがとてもよかった。

  • きっと女にしかわかんない話だと思う。
    タイトルが何を指すか明かされたときの感情は、単純なものではなかった。

  • 男の自分が読むには生理的に受け付けなかった。

    自分には無理だったけど、それはおそらく
    小説としての人間描写が優れている
    ということなのだろうと思う。

    女性の嫌な面が生々しすぎて辛かった。

  • 『 頭が割れそうな痛みと戦いながら』

    咳をしながらコーヒーを片手に読んだ本は、今の私に必要な物語だった。

    女ってなんだろうね。本能と煩悩の生き物。もちろん作品はフィクションだけれど、この生々しいほどの感情の渦は作り物ではない。

    物語の主人公になったら人は気付けないことばかりだ。ありがとうもさようならも、ごめんなさいも、また明日ねも。当たり前のようで、当たり前じゃない。劣化コピーペーストのように感じる日々の中で、掴んだものは確かな光。出口か入口かはわからないけれど、それは生に宿るもの。

    辻村深月、久しぶりに読んだけれど、彼女の作品は薬のような毒だ。抗体を作るか、ショックで死ぬかは体質次第だろう。

  • ちょうど同世代の物語。

    恋愛、結婚、妊娠…女性同士で集まるとお互いの近況を確かめ合う。本音ではなかなか語らない。

    母娘の距離。

    どれもグサグサと突き刺さるよう。

  • 親友といいながらも嫉妬があったり憧れてる反面嫌いな面もあったり、女同士ってそういうところあるよなー。

全542件中 1 - 25件を表示

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)に関連するまとめ

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)の作品紹介

事件を起こすなら、私のほうだと思ってた。

母を殺してしまった娘と、母との確執を抱える娘。どんな母娘(おやこ)にも起こりうる悲劇。

地元を飛び出した娘と、残った娘。幼馴染みの二人の人生はもう交わることなどないと思っていた。あの事件が起こるまでは。チエミが母親を殺し、失踪してから半年。みずほの脳裏に浮かんだのはチエミと交わした幼い約束。彼女が逃げ続ける理由が明らかになるとき、全ての娘は救われる。

辻村深月2009年書き下ろし作品が待望の文庫化。

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)の単行本

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫)のKindle版

ツイートする