光待つ場所へ (講談社文庫)

  • 2313人登録
  • 3.74評価
    • (123)
    • (244)
    • (199)
    • (32)
    • (5)
  • 200レビュー
著者 : 辻村深月
  • 講談社 (2013年9月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062776493

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

光待つ場所へ (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 帯は、
    「この道がずっと続けばいいと思うこともある。
     ここから早く抜け出したいと思うこともある。

     待ってて。
     きっと扉は開くから。」

    五つの短篇集です。
    もう何年も前に「スロウハイツ~」とか「凍りのくじら」とか読んだので
    記憶がおぼろげでした。苦笑

    でも、本当にインパクトの強かった作品たちは
    今でも「おおぉ!」としっかり覚えており、
    なんだか昔の戦友やクラスメイトに久々に会った感じで
    うれしかったです。
    「なんか…この人知ってるぞ…名前(作品名)までは思い出せないけど」
    なんて時は、道端で偶然会った友達みたいでした。笑

    みんな温度や熱量はバラバラでも
    日常に突き動かされて必死にジタバタしてました。
    それがいいんです。

    何年も前に会ったみんなは、それぞれのスピードでしっかり自分の物語を歩いていました。

    私はもう30を迎えておとなになって、
    高校生が登場する物語を当事者として読めなくなったけど。
    それでも、この抱いた感情たちは間違ってなかったんだって思わせてくれます。

    夜中に突然、衝動的に
    走って走って、息が切れて苦しくて、呼吸が乱れて、
    足が止まって、
    思わず見上げた空がきらきらしてるような感じです。
    そのきらきらを、体中に吸い込むような。

    「友達って定義にはいろいろあるだろうけど、
     友達が成功したときにそれを素直に喜べるのが、
     俺にとっての友達だ」

    「好かれるっていうのはハイリスクだ」

    はっとするような言葉やピースがちりばめられています。
    作品のなかから自分にぴったりのピースを見つける作業。

    あとがきは朝井リョウさん。贅沢!

    他の作品たちも読み返したくなりました。

  • 霧にかかっているような、人が内面に抱える感情を、どうしてここまで簡単に文字にして吐き出すことができるのだろう。自分自身でもうまく言葉に出来ない感情を代弁してくれるかのような著者の作品にいつも魅入ってしまう。


    短編集ですが、本作の中で物語がつながっていたり、他の作品と繋がっていたりして、短編集が苦手な私でも惹き込まれました。長く続く道の先にある出口なのか、分岐点なのか。いずれにせよそこにたどり着いたことを歓迎するような光に包まれた物語のラストが各編とも心地よかった。

  • 自分の中で「凍りのくじら」と同列で好きかも。一遍一遍に出てくる感情。その感情を自分の中で整理出来ていなかった頃を思い出す。他人からの評価と異なる事に苦悶した日々。そして汚れてて綺麗なのが人間だと悟り共存出来ている今…。関連がある本に出てくる人物のその後の外伝的な短編小説だが、そうと思わずに読んで十分おもしろかった。むしろどれに出た人かとか気にしてたら半減してたかも。短編苦手やけど、そこそこの長さがあり苦ではなかった。もっかい「凍りのくじら」読みたくなった。

  • ほどよい分量と読後感でそこそこ楽しめた。ただし、6作中、チハラトーコの物語は秀逸だった。
    トーコを軸に三十路近い3人の女性が、自分を変えられず、さりとてそんな自分を愛してる姿がえがかれ、今の自分でいいんだと背中を押してくれているようで、この短編の分量でよくぞここまで書いてくれたと感心した。
    逆に樹氷の街は陳腐で着地を決めて無理やり綺麗にまとめた感があって、あまり好きではなかった。
    次は長編でこの作家を感じてみたい。

  • 辻村作品を読むと、既読のものでももう一度読み直したくなる。

    今までの作品のスピンオフ短編集の様な。
    最後の“樹氷の街”が素晴らしく良かった。
    僕のメジャースプーンの二人、好きだなぁ。
    賢くて優しくてホッコリする。

    辻村さんにはいつかガッツリと音楽の作品を書いて欲しい。
    音楽と辻村深月、凄く合うと思うのは私だけでしょうか。

  • いままでに発表された物語のスピンオフにあたる物語。
    いつも思うのだけれど、辻村さんの物語には何かチクッと刺さるものがある。
    それはときに痛みを伴ったり、哀しみを思い起こさせたり、思わず頷いてしまったりと様々なのだけれど。
    何が感情を揺らすのかはわからない。
    ただ読んでいると、普段は忘れているような些細な心の中にある波がほんの少し大きくなるような・・・そんな気がする。
    「樹氷の街」という短編が一番のお気に入りだ。
    見た目だけでは人はわからない。
    まして無責任な噂では、その人の人となりなどわかるはずもない。
    知り合って、話をして、同じときを過ごしても、それでもわからないことだらけだ。
    一瞬の表情や思わず口にしたひと言で、ほんの少しだけ相手への理解が進む。
    でも、その理解も結局のところ氷山の一角でしかない。
    自分が見て感じたその一角を好ましいと思えるかどうか。
    きっとそこが友達になれるかどうかの分かれ道になるのだろう。
    辻村さんの描く物語には強引な辻褄あわせがない。
    ごく自然に日常の生活が描かれ、そこにある小さな出来事の積み重ねがエピソードに繋がり、物語を紡んでいく。
    辻村さんの物語が好きなのは、そんなところが気にいっているからなのかもしれない。

  • 「自分は万能でも天才でも何でもない」と気づき、傷つき、悩みながらも、前を向いて進んでいく若者たちの物語。

    若いっていいな。

  • 懐かしいひとたちに出逢えた。
    辻村作品を読み終わった後の読後感は、いつも爽やかで透明感に満ちている気がする。

    日々は、繋がっていく。世界は、広がっていく。

    朝井リョウの解説が、私の辻村作品に対する想いを的確に言い表していて、脱帽でした。

    「あのときのあの子が、きちんと、生き続けている。あの人の過去が、あの人の未来に、こんな影響を及ぼしていたことを知る。全く別の世界が舞台だと思っていた物語同士が、あるとき突然、手を繋ぐ。辻村作品は、読むたびに、その地平が広がっていくのだ。」

  • 他の長編小説のスピンオフ作品。いかにも辻村深月がやりそうな構成(いい意味で)。
    この本を読もうと思っている人は「冷たい校舎の時は止まる」「ぼくのメジャースプーン」「凍りのくじら」「名前探しの放課後」あたりは読んでからの方がいいです。通称辻村トラップというらしいですが…
    こういう手法をとる作品は多くなってきたな。山本幸久もユルく関連させてるし、コミックだと松本零士とか、スパーロボット大戦や、大御所マーベルユニバースやジャスティスリーグもん…。作品と作品が交互に重なるネタってワクワクして好きなんだが、あまり内輪ネタやマイナーネタをやるとついていけない人もたくさん出てくるだろうなと、いらん心配もしてしまう。

    そういうスピンオフ(続編)的な楽しみもいいんだけど、この本の楽しみ方は、解説で朝井りょうさんも書いてる通り、「自分の厨二病」的な心のかさぶたを剥す快感…にあると思う。各短編に出てくる連中の言動に自分を照らし合わせ、慢心やいきがりのある自分の心に塩を塗って消毒する。
    少々痛みも伴うが読了後はなんだかすっきりしている。ややMっ気交じりの爽快感が気持ち良い。

    「俺ってカッコわる」って思ってる人、大丈夫、他の人もみんなカッコ悪いんである。
    「あいつらカッコわる」って思ってる人、慢心するな、お前も十分カッコ悪いんである。
    人間だれしもカッコ悪いんだから、そのカッコ悪いことを引きずりつつも、どう生き方軌道修正していくか…それせんとアカンなぁ。

    そんなことに思いを巡らせてしまう、中年青春殺しの1冊である。

  • やっぱり私はこの人の書く言葉が、物語が、どうしようもなく好きだと思った。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    T大学文学部二年生、清水あやめ。「感性」を武器に絵を描いてきたという自負がある。しかし、授業で男子学生・田辺が作った美しい映像作品を見て、生まれて初めて圧倒的な敗北感を味わい…。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    3本の短編小説。
    内容はすべて、いわゆるスピンオフ的な作品です!
    友人役として出てきていたり...
    ライバル的な存在だったり...
    そんな人たちのその後とかその前とかのお話です。

    なので、出来れば今までの作品を読んでから見た方がおもしろさを感じると思います^^

    何と言うか、この方の作品って、誰もが心の奥底にしまいこんだ
    「見せたくない自分」「見たくない自分」を、
    ぐいぐいと表に引っ張り出してしまう感じ><

    と言うかこの方の作品の登場人物が、そんな「隠したい自分」を隠さずに出し、
    そして乗り越えている(しかも割と淡々と)、そんなイメージです。

    そしてそれが逆にかっこいい。

    かっこ悪いことをこんなにかっこよく表現できるのであれば、
    かっこ悪い自分を出すことも悪くない。
    そしてそれを受け入れてくれる人がいれば、なおいい。

    世界の大多数はたぶん「普通」です。
    でも一部には「選ばれた人」が確かにいて。
    そんな人たちが身近にいることは「普通」にはつらいこと。

    でもそんな自分を粛々と認めて、
    妬むでもなく憧れるでもなく、
    ただきちんと受け入れること。

    それはきっと簡単ではないけれど、
    自分にもできることなのかも知れない。

    そしてそれによって、くじけた心も立ち直るのかも知れない。

    そう、周りと違う自分を、
    そして周りと同じ自分を受け入れたときに、きっと。

    二作目の「チハラトーコ」、しばらく思い出せませんでした><
    知恵袋で確認した次第で(・∀・)

    でも確認できたらぱっと目の前が開けましたよ~

    なのでやっぱり本当にスピンオフとして読むのがお勧め!
    でもそれ、ちゃんと分かりやすく書いておいた方が親切な気もする...

    この方の作品は、登場人物のリンクが多いので
    読み込むには最適ですが初見には優しくないですよね><

    リンク集でも作る?笑

  • それぞれに次の着地点、または出発点を持つ主人公たちの三つの短編。

    “光待つ場所へ”
    清水あやめは大学の希望講義の最初の授業で打ちのめされた。自分の才能に気付いていることでの軋轢にもできないさらさらとした人間関係の中で彼女は嫉妬を味わった。(彼女の登場する長編を読んだとき違和感だったのは主人公たちから彼女は下のあやめではなく“清水”と呼ばれていたこと。何故彼女がそう呼ばれ続けていたのか、それは彼女の中の価値観の絶対がそうさせていたのかと妙に納得)

    『チハラトーコの物語』
    千原冬子は(自称)プロの嘘吐きだ。七割の現実と三割の幻想。彼女は自分のためではなく、周りに楽しんでもらうために自分の世界を築く。29にしてモデルとして大成もできず、これからに諦めを言い聞かす彼女に差すものは?

    『樹氷の街』
    中学最後の音楽祭で優勝を目論んでいた敬はピアノ奏者の倉田のピアノの腕と彼女が連れてきた女子のいざこざに頭を悩ませていた。そんな彼に友人の秀人と隣のクラスの彼女椿が引き合わせたのは、同じ小学校だった松永郁也だった。彼のピアノの音は想像を超える凄まじい音だった。

    松永君のピアノの音の描写がとても好きだ。ピアノの森の海君を重ねてしまう。その覚悟も含めて。

  • 懐かしの面々に会えるとのことですが、時間が空いてしまうと思い出せないメンバーもいたので、懐かしのあまり感動!まではいかなかった。
    ただ、過去作品で好きだった登場人物が登場している短編があり(タイトルは「樹氷の街」)、収録作品の中では一番面白かった。過去作品でも思ったことだけど、中学生であそこまでやるファンタスティックさがたまらないのです。

  • ≪あらすじ≫
    大学二年の春。清水あやめには自信があった。世界を見るには感性という武器がいる。自分にはそれがある。最初の課題で描いた燃えるような桜並木も自分以上に表現できる学生はいないと思っていた。彼の作品を見るまでは(「しあわせのこみち」)。文庫書下ろし一編を含む扉の開く瞬間を描いた、五編の短編集。
                                (BOOKデータベースより)
    ≪レビュー・感想≫
    読了後、とても爽やかな気持ちになる短編集でした。
    どのお話も過去の辻村作品に登場していた人物が出てくるので、その小説も読みたくなってしまいます。
    過去の作品を読んでも感じたけど、色んな言葉に共感したり、振り返ったり、恥ずかしがったり・・・解説にもあったように、それらがいとも簡単に侵入してくる感覚を抱くのは辻村作品ならではで。
    これからも読み続けたいと思える作家さんだと再認識しました。
    「日々は、繋がっていく。世界は、広がっていく。」とても素敵な言葉だと思います。

  • 5編の短編集。辻村ワールドの人物たちの外伝のようなもの。まあ、1編目から痛い痛い。若気の至りをえぐることにかけては人後に落ちないこの作家に今回もボコボコにやられる。これを痛く感じるのも、自分が実際痛いヤツだからだし、それを自覚して発言することもまた、見透かされれば痛すぎる。やれやれ。
    椿と秀人が好きなので、再会できて単純に嬉しかった。

  • 2013-85
    あの人たちの過去や未来。
    チハラトーコの物語と樹氷の街が好き。
    辻村さんらしいストーリー。

  • スピンオフ作品集。少し単調な感じだけれど、懐かしい人達との再会に胸が踊る。またいつか何処かで逢える事を願わずにはいられない。

  • 10代に読んでいたら感情移入出来たのかも。青春甘酸っぱい&少しドロドロな感じの作品。スピンオフなので、他の作品を読んでいた方が分かりやすいですね。辻村さんは他の作品からの友情出演が多いので相関図を載せて欲しいな~と毎回思う(^-^;

  • 過去に辻村氏の小説に登場した人物を主人公に据えたスピンオフ短編集。
    他の作品を再読してから読んだらより楽しめたという印象。詩的な表現や心の動きの表現は流石。じっくりと読むと深い共感が得られ心に馴染んでくる。

  •  出張で飛行機に乗ることになったので、読む本がなにか欲しいなと空港で購入しました。後輩の子が好きな作家さんと聞いていたので、興味がある作家さんでした。
     読んでる間、読み終わった後、心がほっこりしました。こんな気持ちになる本を読んだことがないと思えるほどでした。
     登場する人たちがみんな魅力的でした。どうやら他作品での登場人物たちのお話をまとめた短編集だったようです。
     生きていくことに前向きで、悩むことも多いけどそれでも前に歩いていっている。
     私も楽しくがんばろうと思いました♪

  • 【あらすじ】
    大学二年の春。清水あやめには自信があった。世界を見るには感性という武器がいる。自分にはそれがある。最初の課題で描いた燃えるような桜並木も自分以上に表現できる学生はいないと思っていた。彼の作品を見るまでは(「しあわせのこみち」)。文庫書下ろし一編を含む扉の開く瞬間を描いた、五編の短編集。

    【感想】

  • 辻村深月ファンにはたまらない一冊。

    過去作品の登場人物たちの過去と未来を描いた作品。
    辻村深月さんは自身の作品の中に登場する人物一人一人を愛している。他の人にはあまり知られたくないような心の奥まで含めて。

    短編4冊としても素晴らしいけど、『凍りのくじら』『冷たい校舎の時は止まる』『名前探しの放課後』『ぼくのメジャースプーン』『スロウハイツの神様』を先に読んで欲しい。


    メモ

    ・幸せの小道
    清水あやめと田辺。絵の才能とは。その苦悩

    ・アスファルト
    明彦。彼女と別れてドイツへ。八方美人。人が好き。

    ・チハラトーコの物語
    カガミリリア。嘘で自分を作っていく

    ・樹氷の街
    松永郁也、天木、倉田梢。合唱コンクール。多恵さん。理帆子。

  • 安定の面白さ。そして既刊本とのリンク設定が素晴らしい。著者の中で登場人物はその人の人生を過ごしているんだなと感じました。

  • なんて心がヒリヒリする。
    自分が特別だ、と強く思うこと。
    うーん、ヒリヒリする。

  • 他の作品とのリンクを楽しむ、という書き方事態は否定しないが、作品単体として面白くないとダメだと思う。登場人物の共感できない内面、独白が延々と続いて、途中でイヤになった。

全200件中 1 - 25件を表示

光待つ場所へ (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

光待つ場所へ (講談社文庫)の作品紹介

初めて感じた圧倒的な敗北。絵には絶対的な自信を持っていた清水あやめ。だけど彼の作品は--。眩しくて懐かしいあの頃をもう一度。

光待つ場所へ (講談社文庫)の新書

光待つ場所へ (講談社文庫)のKindle版

光待つ場所へ (講談社文庫)の単行本

ツイートする