餓狼伝(23) (イブニングKC)

  • 64人登録
  • 3.92評価
    • (3)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 板垣恵介
制作 : 夢枕 獏 
  • 講談社 (2009年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063522488

餓狼伝(23) (イブニングKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 北辰館空手トーナメント決着。その後がちょっとグダり気味。『バキ』同様、誰を立ててどこに話を持っていこうとしてるのかよくわからない。

  • トーナメント決着! 次の24巻が待ち遠しいです。
    今冬発売が延期になりませんように…。

  • 松尾象山の試合がすごかった。
    もう人間じゃないな、分かってたけど。象山だけじゃないけど。
    あと藤巻が最高。さすが。

  • 北辰館トーナメント、終了。

    そして、松尾 象山の試合。

    ……、詐欺だ(爆)
    というか、松尾 象山、こうなることを予想していただろうみたいな展開です(笑)

    まあ、それは、試合後の象山と泉との、藤巻とのことを見ても、ちょっと感じた。

    この先って、原作でかかれていないのですよねぇ。こっから、先が大変そうです。

    しかし、この展開。もしかして、振り出しに戻ってないか?

全4件中 1 - 4件を表示

板垣恵介の作品

餓狼伝(23) (イブニングKC)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

餓狼伝(23) (イブニングKC)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

餓狼伝(23) (イブニングKC)はこんなマンガです

ツイートする