ハイキュー!! 25 (ジャンプコミックス)

  • 577人登録
  • 4.34評価
    • (59)
    • (39)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 35レビュー
著者 : 古舘春一
  • 集英社 (2017年3月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088810195

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ハイキュー!! 25 (ジャンプコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 影山が烏野のメンバーにズケズケ言うの見たかった。まだまだみんなぐんぐん成長していくな〜。成長したいって心底思っている人は他人の痛い指摘も受け入れる。

  • 今回は影山が主役の巻。
    「おりこうさん」だった影山が爆発した瞬間。それを受け止めてくれる仲間がいて心底嬉しい。日向が相棒で本当に良かったなぁ。

    今まで日向と全力でぶつかっていたからそんな気がしなかったけど、今思えば先輩たちにはかなり気を遣ってる感があったな。
    これからは、どんどん仲間同士で喧嘩して、想いをぶつけ合ってさらに高みを目指して欲しい!

    殻を破った影山はどんな成長を見せるのか楽しみです。

  • .....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪

  • 影山が宮の「おりこうさん」発言を変に考えすぎず素直に人に聞くのがなんかいい。バカだからだけど。今までマルチに相手に合わせていたのを、自分に合わせさせて引っ張り上げるってことか。
    王様再発かと思いきや、日向とコーチが肯定したお陰で前向きな空気に。技術だけでなくメンタル面の成長が喜ばしい。
    二口くんが相変わらずイケメン。そして性格悪いのも最高。「色んな方法で相手にプレッシャーかけんだよ!心折りに行くんだよ!主審に目をつけられない程度に!」ヘビのとこと考え方は似ているのにこのさわやかさ。

  • 日向の高身長への飢餓感。影山の人のあたりへの強さの変化。楽しみ。

  • 宮城県内一年生強化合宿&全日本ユース強化合宿が終了(^^)ぶつかりながらも、お互いを高めあえる素敵なチームになった!(゜▽゜*)ナイスだ日向(^^)b

  • あーーー最後の影山の顔いいなーー!日向はほんと色々よく見てるなあ。

  • 日向の強さへの貪欲さとポジティブさ、影山の過去のトラウマからの脱却と色々とある巻でした。
    日向は影山のことが良く分かっているなぁ、としみじみ感じました。

  • 面白かった〜〜。早く続きが読みたい。残念な擬音語好き。

  • 翔陽の誰とでも友達になれるスキルは本当に凄いなぁと思うし、合宿が縁でもっと他校とも交流が増えれば今後が楽しくなりそう。黄金川かわいい。

  • "「どんなに良いコぶろうとしてもお前の本質は王様なのだ 観念するがいい!!」
    「……?」
    「新「コート上の王様」誕生だァー!!」"

  • 中学のときとは違うんだと、影山にはいい仲間ができたんだと泣きそうになった。そのあとにあの及川出すのはズルイ(笑)

  • めちゃくちゃ良かった。最後の2ページの部分とても好き。

  • これ以上、成長ってどうするの?と思っていたら
    そう進化したかー!という感じですw
    成長と受け止めてもらえる環境。
    わくわくしますね!

  • 久しぶりにこれがハイキュー、と言いたくなった。この主人公2人は挫折とコンプレックスから始まっていて、そこからの脱却はそう簡単ではないが、少しずつ進んでいけるのだという、そういう物語の根幹を思い出させてくれた。特に宮城県予選後半は周辺キャラにスポットが当たることも多く、すでに強豪校に近い位置付けで話が進んでいただけに、改めて「ここ」へ立ち返ってきたのは素直に嬉しい。何度も原点に立ち戻り、それを乗り越えることで強くなる、力強いマンガだと思う。

  • 一瞬マンネリって言葉が頭を掠めたりはしたんだけど、でもやっぱ、熱くて面白いす。今回は(23-25巻)、部外活動が中心だったころもあり、普段と違った個性的な面々との絡みが見所。で、見学っていう新しい見せ方も出てきて、展開に幅が持たされているのも良い。それぞれにパワーアップして、いよいよ臨む全国大会やいかに、って感じです。

  • 伊達工が好きだ。あと、新キャラがいい感じです。

  • ええ、ちょっと、この巻は読み所が多すぎてどこから語ったらいいのかわかりません。
    が、やっぱり一番最初の”楽”は心が震えた。
    自分はデカいだけだと弱音を吐く百沢に、日向はこういった。
    「”だけ”ってなんだ!?2mってすんげえだろ!?
    もし必殺殺人サーブか身長2mどっちか今スグ貰えるつったら絶対2mだね!
    だってサーブはがんばれるけど、身長はがんばるもなにもねぇし、

    とにかく、

    2mなんて  一番  最高に  MAX  すげえ才能だろ!!」

    この日向の台詞は、なんていうかバレーだけじゃなくて他の”高さ”が必要な競技をやっている背の低い選手が抱える最大の望みなんだろうなっていうのが凝縮されている。なのにその台詞の後に続く日向の笑顔が、そんな現実的な望みと違って、すごく感情的で、ああ、この物語の主人公は彼なんだなって再確認した瞬間だった。

    そしてその後にある日向から百沢へのアドバイス。

    「"楽"してこうぜ 百沢ァー!!」

    「あいつはすぐ楽しようとする」「やる気がない」「もっとガムシャラになれ」
    ”楽”って言葉にはどうしても負のイメージがついてしまいがちだけど、日向の言う ”楽” って言葉は、決して消極的な意味ではない。この場において一番適格な言葉で、百沢は日向のこの言葉に心底救われたんじゃなかろうかと思うと、胸が熱くなって仕方ありませんでした。

  • 飛雄巻♡最近弱かった飛雄のあれこれ出てきてまた好きが戻った。王様再降臨と及川さんかわいい。二口くんのキャプテンもいいな〜

  • 影山の「王様」というテーマは及川との対比、日向との連携でもう消化されたものと思っていたけれど、この巻でこういう形で処理されたのには少し驚いた。
    知的な北川第一と泥臭い烏野のコミュニケーションや空気の違いが「王様」を違うものにしていった。スガさんと及川の性格の違いもあるだろうけれど。
    ただ少し気になるのは本当に北川第一にはこうしたことを気づかせてくれる人がいなかったのか、ということ。岩ちゃんと京谷の関係を見てると何故影山が孤立してしまったのか疑問がわいてくる。及川は影山の才能に嫉妬していたとしてサーブを教えなかったり不愛想になるのはわかるが、岩ちゃんはそんなことになるのか?
    更に金田一や国見も青葉城西にいて、取り立てて京谷にどうこうという感じもない。「普通に」チームを維持してて、じゃあ影山は何が違っていたんだろう。
    飛びぬけた天才だから?
    もう一度初めから読み返せばわかるのかな・・・・。

  • ハイキューはベンチ組も他校もみんな血肉通っててどこを切り取ってもドラマがあるのが素晴らしいけど、主役二人がメインになると群を抜いて面白くなるからすごい。

  • 五色の頑張り見てるときの鍛治くんの顔がめっちゃ可愛い。
    あとお互いそれぞれの場所で頑張ったことをパス練しながら報告しあう影山と日向がかわいい。この子らはまだ高一なのだなぁと痛感させられる。若いのにほんとすごいよな~~。
    そんで影山くんのやっちまった顔…。思わず「うあ~~~!!!」と声に出してしまった。つらい…つらいけど仲間ほんと素晴らしい…。
    そしてみんな大好き伊達工。
    二口がちゃんと主将してる…でも二口はやっぱり二口だから茂庭さんなんか微妙な気持ち。二口は最初からああだったよ。
    「イイぞ二口クソ野郎ー!!」はとても褒め言葉だな。

    ハイキュー!!は読めば読むほど一巻から読み返したくなる漫画だ。
    そして読む前に緊張する。試合前みたいなドキドキ。すごい漫画。

  • 影山のやっちまったのコマがすごく良かった。あんな表情なかなか描けないよ…私までビクッてなった。そのあとのメンバーのリアクションが最高だった。そういうとこからも強さは生まれると思う。影山は烏野に来て良かったんだな……合宿最後まで結局日向が何もさせてもらえないのがお互い曲げない感じで良かった。

全35件中 1 - 25件を表示

ハイキュー!! 25 (ジャンプコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハイキュー!! 25 (ジャンプコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハイキュー!! 25 (ジャンプコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ハイキュー!! 25 (ジャンプコミックス)の作品紹介

宮城県1年生選抜強化合宿で、練習に入れなくとも貪欲に学ぼうとする日向!! 一方、全日本ユース強化合宿に参加した影山は仲間との接し方に悩み始め!? 春高前総決算で挑む伊達工戦、大幅描き足しで収録…!!


ハイキュー!! 25 (ジャンプコミックス)のKindle版

ツイートする