浅き夢見し

  • 189人登録
  • 3.20評価
    • (7)
    • (16)
    • (31)
    • (7)
    • (5)
  • 35レビュー
著者 : 押切もえ
  • 小学館 (2013年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784093863605

浅き夢見しの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やっぱり詩人だな。
    モデルの体験を本にしたからなのか厳しい評価があるけれども、自分の体験だと思われるところは詩を感じさせます。
    章の初めの文や、一章の「とっさに繕ったぎこちない笑顔は、お面のようにはらりとはがれ、黒ずんだ床の上に落ちていく。」に代表される描写などは気持ちが良く伝わります。

    物語として、良くある話・展開だと思いますが、細かい描写の的確なところや、こういう見方をしているのかと気づかされる部分もあり、楽しめます。

  • いつもは手を出さない系の本を友達が読んでいたので読んでみたが、、、。
    ストーリーが単純、というか つまらなかった。

  • 物足りない感じはしつつも、普通に面白かった。

  • ぜんぜんおもしろくなかった

  • モデルの大変さと厳しさが伝わるいい作品でした。

  • お仕事小説に分類しましたが、青春小説といってもいいし、ラブストーリーでもあると思います。モデルとして事務所に所属していても、ほとんど「自称」モデルの主人公。仕事がないのは自分のせいじゃない、と言い訳ばかりですが、本当はわかっているのです。すべて自分のせいだということを。そこからの巻き返しがすごかった! でもやはり、人生思うようにはいかないもの。後半は「好事魔多し」を体現したような話で、ぐいぐい引き込まれ、最後まであっという間に読んでしまいました。主人公が今後、幸せになってくれることを祈ってやみません…。

  • ◼芸能人作シリーズw
    押切もえだから、の話だよね。でもkagerouより文字数の多さによりディテールを感じる作品だなー。
    ダイエットとかもっと目的や夢を持って頑張ろうって思ったよね笑
    ほんの少し前向きになれるささやか小説

  • 以前から気になっていた、押切もえさんの小説デビュー作。
    中途半端に生きてきた女の子が、挫折しつつも、本気で夢であるモデルを目指し成長していく物語。

    文章がすごく読みやすくて、押切もえさんが3日に1冊は本を読む読書家だと知って思わず納得。

    先が見えない不安とか、自暴自棄になって暴走しちゃうとか、自分の古傷を刺激する描写に少し心がささくれ立ちましたが、主人公が前を向いて進んでいくあたりがとても気持ちよくて、もっとその部分を読んでいたかったです。
    緑のニットを買いに行くシーンが大好き。
    綺麗になりたい女の子のパワーって、すごくキラキラしてますよね。本書でも触れていますが、難しいのは始めることじゃなくて継続すること。
    実際に継続しているもえさんだからこそ現実味を持って書けるそんな部分を、いつかもえさんの小説で読めたら幸せです。

    前を向いて頑張っていたら、きっと見ていてくれる人はいるし、応援してくれる人もいる。そんなポジティブなオーラに元気をもらえました。
    上手くいくときもあれば、大きな落とし穴があって挫折することもある。そんなことを繰り返しながら、人は成長していくんだと思いますが、どんな時でも感謝の気持ちを忘れない人でありたいと、改めて思いました。

  • 思ってた通りな感じ。
    前半イマイチ、後半前向きになったあたりからはポンポン読める。

  • ありがちな話だけど面白かった。文章がちょっとごてごてしてるかなー?

全35件中 1 - 10件を表示

押切もえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
夏川 草介
朝井 リョウ
いとう せいこう
有川 浩
又吉 直樹
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

浅き夢見しを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

浅き夢見しの作品紹介

AneCanモデル押切もえ初の長編小説!

AneCanモデル押切もえが構想・執筆に3年をかけ、すべて自ら書き下ろした完全オリジナルストーリー。新書『モデル失格』が16万部を超えるヒットとなった著者による、モデル界初の長編小説です。
主人公は25歳の売れないモデル。きらびやかな舞台に立つことを夢見るも、実際には何も行動を起こせず、うまくいかない挫折の日々。空回りするオーディション、業界の甘い罠、ダイエットとリバウンド、後悔だらけの恋愛、ライバルの出現…、数々の試練やネガティブな感情に押しつぶされそうになりながらも、いかにして売れるモデルへと成り上がっていくのか。彼女が見つける、自分だけの未来とは…。
「表舞台で輝く笑顔の影には、他人には見せない努力、葛藤、摩擦…など辛く苦しい裏舞台が必ずある。それがあるからこそ、表舞台に強く立つことができる。夢を追い続けることは大切だけど、大変なんだ」という思いをこめて書き上げた全256ページ。 モデル業界のバックステージや、キレイになれるノウハウなど、現役モデルだからこそ描ける細やかな描写に注目してください。人生をあきらめかけている人にこそ読んでもらいたい、新感覚の「モデル小説」です。


【編集担当からのおすすめ情報】
新書『モデル失格』、メッセージフォトブック『心の言葉』に続く、押切もえの新作は書き下ろし長編小説。撮影現場でも、海外出張の移動中も、休日のAneCan編集部でも、来る日も来る日も書き続けやっと完成しました。20~30代の女性はもちろん、将来に迷っているティーンエイジャー、生きることに少し疲れた働き盛りの40代男性などなど、「変わりたい」と思っているすべての人の心に響く、成長の物語です。

浅き夢見しのKindle版

ツイートする