楽園のカンヴァス (新潮文庫)

  • 4053人登録
  • 4.31評価
    • (723)
    • (590)
    • (189)
    • (26)
    • (3)
  • 545レビュー
著者 : 原田マハ
  • 新潮社 (2014年6月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101259611

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

楽園のカンヴァス (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 噂どうりの本当に面白い小説だった!
    普段は静かな場所でしか本の内容が頭に入らない自分が
    電車の中、あっという間に物語世界に引き込まれ、乗客の姿も、おしゃべりなおばさんたちの話し声も、窓の外の景色も、全部消え去った。
    美術や絵画というある意味敷居が高く特殊でコアな世界を、
    特別な知識を持たずとも誰にでも楽しめるミステリー、
    いや、エンタメとして物語を構築してみせたマハさんの手腕にはもう脱帽です(笑)

    ある日、ニューヨーク近代美術館(MOMA)の学芸員ティム・ブラウンに届いた一通の手紙。
    それは名前は知られつつも誰もその姿を見たことがない
    伝説の絵画コレクター、コンラート・バイラーからの招待状だった。
    熱帯雨林咲き乱れ様々な動物たちが身を潜める密林の中、
    赤いビロードの長椅子に横たわる
    長い栗色の髪をした裸身の女。
    それこそがフランスの画家アンリ・ルソーが残した1910年の作品で、二十世紀美術における奇跡のオアシスであり、物議を醸し出す台風の目となった傑作「夢」。
    そしてそれと同時期に描かれたと見られる夢と同じ構図の「夢を見た」という作品。
    バイラーはその真贋鑑定を若き日本人ルソー研究者の早川織絵とティムで、まるでゲームのように争うことを依頼する。
    作品をつぶさに調べるのではなく、バイラーから提供の古書に記された七章からなる物語を一日一章読み進めることによって、作品が本物か偽物かを七日目に判断するという、まさに未知の調査方法だった。果たして「夢を見た」という作品は本物なのか? 早川織絵とティム・ブラウンの真贋対決の勝敗の行方は…。

    史実と創作を絶妙に交えながら描かれる貧しき画家アンリ・ルソーの生涯。
    架空のストーリーなのにマハさんが語ると水のような自然さで読む者の心に浸透し、
    それは限りなく真実に近づいていく。
    まるでルソーを主人公にした冒険小説みたく、心躍るエピソードの連続にページを繰る指が止まらなくなる。

    そこにプラス、何かを企んでいそうなバイラー氏の代理人のエリク・コンツや、早川織絵のボスでテート・ギャラリーのチーフ・キュレーターであるアンドリュー・キーツ、
    世界最大のオークションハウスのディレクターであるポール・マニング、インターポール(国際刑事警察機構)のアートコーディネーターで謎の女性ジュリエット・ルルーなど、様々な人たちの思惑が複雑に絡み合うことで実にスリリングな効果をもたらし、ミステリー小説としても一級品の輝きを放つのです。

    また愛すべきおバカな(笑)ティム・ブラウンや容姿端麗で頭のきれる早川織絵など印象的な登場人物の中でも、
    ルソーに愛され絵のモデルとなり、絵の中で永遠を生きることを決意する女性ヤドヴィガや
    ルソーの才能にいち早く気付き彼を後押しする天才画家パブロ・ピカソの人物像が実に人間臭く生き生きと描かれているのも、なんとも魅力的で引き込まれます。

    いい小説は読む人の心の中に物語が生まれる。
    結論を押し付けずに、読む人が思いを巡らすための余白を届けてくれる。

    本当に読みやすく、ページをめくる指が止まらなくなる面白い本なので、
    「美術や絵の話苦手だしな~」っと思って避けてる人も、
    先入観ナシに一度トライしてみて欲しいです。

  • ルソーという奇才画家をめぐり、見果てぬ夢に人生を絡め取られた人々の物語。

    ある富豪の策略に導かれ、隠れたルソー作品の真贋を巡って対決することになる、アメリカ人男性キュレーターと日本人女性研究者。
    ルソー研究者である2人は、ルソーの隠れた作品と真実に迫る瞬間に深く陶酔しつつ、好敵手同士だけがわかる絆を深めながらも、それぞれの事情の為に不安に苛まれています。
    そんな彼らの対決を利用しようとする人々もたくさんいて…。

    そして、時間軸を異にした、奇才ルソーを見い出した不世出の天才画家と1組の夫婦の物語。

    各人の思惑と時間軸が交差した時に明かされる真実とルソーを敬愛してやまない2人のそれぞれの決断、そして、未来の物語の後味の良さはさすがマハさん、という感じです。それから、彼女の美術を扱う作品では、美術作品を資産(金)としてしかとらえてないような一種の憎まれ役が出てくる点もこの方らしい。

    恋愛と美術ミステリーがうまくミックスされていますね。そして、作品をめぐる最大の真実は闇の中へ…。

    ただ、マハさん自身の某過去作と構成がものすごく似ており、それを昔読んでしまっていた身としては、ラストが途中でなんとなくわかってしまったのはちょっと残念でした…。

  • 読み終わった瞬間、視界が滲んだのはどうしてなんだろう。

  • ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。持ち主は正しく真贋判定した者にこの絵を譲ると告げ、手がかりとなる謎の古書を読ませる。リミットは7日間。ライバルは日本人研究者・早川織絵。ルソーとピカソ、二人の天才がカンヴァスに籠めた想いとは――。

    ルソーの「夢をみた」は真作か、贋作か。壮大すぎるテーマを元に真実を探すティムと織絵。その裏には次々と思惑を持った人々が絡み、いったいどうなるんだろうとわくわくしながら読みました。印象派は好きでよく美術館にも足を運ぶ方でしたが、こんなに熱を持って語られたらルソーの魅力を感じなかった自分が残念な人に思えてきた(笑)し、ミステリとしても面白い。結末はわりと衝撃でしたが納得もできた。ルソーという画家への愛をもった二人がこれから先も絵に寄り添って幸せな道を歩むことを感じさせる終わり方で、幸せな気持ちで読み終えました。表紙を見つめて、しばし恍惚。

  • 一気に読みきりました!
    とても面白かった!
    MoMAで本物のルソーを見てみたいな。

  • 久しぶりにすっごくハマれた作品。
    最近、美術関連のお仕事してるのもあり、よりハマれました。
    ルソーってそんなに好きなアーティストさんじゃないけど、興味深い論評でした。真作か贋作か

  • ルソーの絵画に秘められた物語をたどりながら真贋判定に挑む2人の学芸員と研究員。研究員は岡山の大原美術館で監視員を務める早川織絵という日本女性。彼女の過去と現在、そして読後に未来も想像させる読み応えのある美術ミステリーだ。

  • 岡山の大原美術館で監視員として働く、高校生の娘を持つ43歳のシングルマザー早川織絵が主人公。ところが経歴が明かされ只の監視員ではないことがわかるところから、これからの展開にワクワクしてくる。
    フランスのソルボンヌ大学で博士号を26歳最短で取得し、アンリ・ルソーの研究ではオリエ・ハヤカワの名前は有名だったことが明かされる。
    そして、ニューヨーク近代美術館(MOMA)のチーフキュレーター、ティム・ブラウンからの日本へのルソー作品貸し出し交渉の窓口に織絵指名がなされたことから、17年前のスイスのバーゼルでの織絵とティムの関わった物語が始まる。
    織絵とティムの関係やニューヨークでの再会の結末も興味深いが、20世紀初めのアンリ・ルソーとピカソとの関係やルソーの作品のモデルとなったヤドヴィガの物語等興味深く、是非作品絵画を観に行きたくなった。
    原田マハ氏の小説は10冊目で、どれも感動的な結末で幸せな気分になるのだが、この「楽園のカンヴァス」は氏の経歴ならではの絵画の物語の世界に引き込まれる新しい楽しさを経験し、幸せな気分になった。

  • 読み終わった時、脳裏に美術好きの父がなぜだか浮かんできて、「嗚呼、貸さねば……!」と。疎遠になりかけていたのも忘れて、思わず押し付けるように勧めてしまった……。そして夢中になった父に釣られて母までのめり込んでしまった……。家族総出で夢中に……。

  • 一人の画家 ルソーを取り巻くエピソードを元に絵画を愛する人々、に関わるビジネスが舞台となります。
    絵画を愛する人は、画家の人生そのものも受け入れながら、友人のように思いを馳せる。
    絵画に詳しくない私も、その世界に触れてみたいと思わせる力がありました。

  • アンリ.ルソーを深く慈しむキュレーターと研究員が幻の作品の品評を競う。芸術を愛するという意味を考えさせられる。美術館に行きたくなった。

  • 大原美術館が出てきてテンション上がる。倉敷に帰省したときにはほぼ毎回寄っている気がする。ピカソの鳥籠。

    ルソーの夢。MoMAにもっと、是が非でも行って見たくなった。ルソーを通して、むしろパブロピカソに興味が湧いて、いくつか読みたいと思った本をリストに。

    革命者であるということは、創造者であるということであり、破壊者であるということ。ルソーのように突き抜けて自分のやり方を信じることこそが、破壊することであり、創造することなのかもしれない。

  • 第一章を読んだときは「これ面白いのか・・・?」と不安になりましたが、第二章からはグイグイ読みました。美術に関心がなく、詳しくないので登場する絵画の画像をネットで検索しながら読みました。日本にあるルソー作品を観に行きたくなった。最後も光あふれる未来を予感できてよかった。

  • 「面白い小説を読んだ!」という充足感。芸術って綺麗で、芸術の綺麗を感じられる人は美しいなぁという思いで胸がいっぱい。美術館に行きたい。

  • 早川織絵 大原美術館の監視員からみたストーリーと
    ティム・ブラウン MoMAのアシスタント・キュレータからみたストーリー

    アンリー・ルソーの絵は、確かに平面的だ。
    けれども、読むほどにルソーに対する深い愛情が感じられ
    私もだんだん好きになってきた・・・。

    史実に基づいたフィクションというのも、面白い。

    読後、胸の辺りがなんかじんわり温かい。

  • 思わずアンリ・ルソーの絵を観たくなる大人のサスペンス。絵画にあまり興味がなくてもこの作品を読むと思わず「夢」をググってしまう。

    絵を愛してやまない主人公、早川織江が大原美術館の監視員として登場するが、話を読み進めて行くとなぜそうなったかがわかっていく。また、そのストーリーはアンリ・ルソーと密接に絡みながら大人の事情やビジネスが渦巻いていくが、真の絵を愛する情熱がすへでを包み込んでいく。

    本物とは何か。至高の芸術とは何かが問われている。

    ある意味淡々とそしてしたたかに進んでいく話。最後にはアッと驚く結末が待っている。

  • 原田マハ初挑戦。緻密な下調べと美術に対する情熱があってこそ成し遂げられた仕事に思えました。この作品を読めば美術館に足を運びたくなり、また違った視点から絵を観る人が増えるでしょう。NYのMoMAに行ったことはあったけれど、この作品を先に読みたかった。読後感も良く、自然と鳥肌が立った。素晴らしい作品です。

  • 検定ブームの世の中で「美術検定」なるものがあります。
    一時期この資格を取ろうと思い、美術を真面目に勉強した事がありました。
    私のような阿呆が世の中に多くいるのか「過去問題」や「傾向と対策」なる本まで出ています。過去問題をやってみて上級の資格を取るのが無理なのが早々と分かりました。
    その理由は、上級の資格を取ろうとすれば、現代美術(絵画・彫刻)の問題の割合がドンドン高くなっていくので、この分野に弱いと検定試験突破は難しくなります。
    そこで私の野望?は、簡単に、かつ敢え無く挫折したのでした。

    この現代美術の中の「素朴派」と呼ばれた「アンリ・ルソー」にまつわるミステリーがこの本のテーマです。
    早川織絵という、大原美術館のパートタイマーの監視員の近況から物語が始まる。
    彼女は、ソルボンヌ大学で最年少で博士号を取り、美術界の新進気鋭のルソー研究者だった。その早川織絵が17年前のある事件の後、この業界から消え去る。

    ある新聞社が企画した東京でのルソー展覧会のため、絵画の貸出しを依頼したニューヨーク近代美術館のチーフキュレーターが、「オリエを交渉に出すなら、絵を貸そう」という条件をつけられたことから、17年前に早川織江が美術界から去って行った事件が明らかになっていく…。

    これまでルソーに興味を持てなかった私でも、ルソーの絵画に対する思いや「夢」という作品の背景が理解でき、絵の観賞の仕方まで変わっていくのが分かるほど、興味深く読ませてくれます。
    そして画家を取り巻く現実の美術界がどういう世界なのかも分かります。
    現代絵画に興味のない人でも、ドンドン物語に引きずり込まれ、久々に読み終えて清々しい気持ちになれる一冊でした。

  • 大人になっても陰ることのないルソーと織江とティムの情熱に引き込まれた。一枚の絵に対する物語が、絵を愛する人の情熱がこういうものであることを少なからず見せられた気がした。
    本を通して、絵や音楽も楽しめるという点も好いなあと思う。

  • 本屋さんで新しい小説を物色していたとき、ずっとピンと来る本がなくて、「今日はダメかもなあ…」と思っていたとき。

    ふと、目に留まった表紙の絵。
    なんだろう、このジャングルのような絵は。
    のちにこれが、物語の中で幾度となく出てくる「夢」というルソーの代表作と知り、私もこの絵に惹きつけられたのだなと知るのだが、引き込まれるように手にとって、裏表紙のあらすじを見て、買うことを決めた。

    この本と出会うまで20分近く彷徨い、やっと見つけたのだが、あっという間に読破してしまったほど傑作だった。

    映画でも、鑑定士と顔のない依頼人、woman in goldなど、絵画をテーマにしたものは好きなので、相性が良かったのかもしれない。

    物語は、織絵という、いまはしがない地方の美術館におけるパートタイム監視員の女性の近況から始まる。
    しかし、彼女は若かりし頃、芸術界を賑わせた新進気鋭のルソー研究者だった。3ヶ国語を操り、知性も高いエリート女性だった織絵は、17年前のある事件の後、この業界を去る。

    しかし、東京でルソー展覧会をやろうとしたマスコミに、MoMAのチーフキュレーターが、「オリエを交渉に出すなら、絵を貸そう」という条件をつけられたことから、状況は一変。
    そして、17年前の事件が明らかになっていく…。

    誰も死なないし、大きなアクシデントがあるわけではない。
    だが、この絵に隠された真相は…?という人間ドラマや天才たちの歴史が、あまりにもリアルに描写され、この一枚にこめられた想い、といったものがありありと感じられる。
    そして、果たしてこの絵は贋作なのか真作なのか、読みながらも、自分で見てみたくてたまらなくなる。
    これが史実なのではないか、と思わせられるほど、その描写は素晴らしい。

    芸術品がからむ作品だと、ダン・ブラウンのダヴィンチコードを思い出すが、あの物語よりも、もっと深い絵画への愛がこの本からは伝わってくる。

    また、読みながら、いままであまり気に留めてこなかったルソーという画家の絵を、もっとじっくり見たい…と強く思ってしまった。
    この本がきっかけで、ルソーが日本でブームになればいいのに。

    初めて原田マハさんの作品を読んだが、下手に激しい事件を書かずに、あくまで絵画への愛とリアリティを重視した表現が、とても素晴らしいと思った。また読みたい。

  • 読んでみて、驚いた1冊。原田マハさんの「楽園のカンヴァス 」です。
     
    絵画って、そんなにすごいの??
     
     物語に出てくる絵を、その都度インターネットで調べながら読みました。
     ミステリーなんだけど、ルソーに関わる歴史小説のようでもあり、パリのガイドブックのようでもあり、物語にすっかり浸かってしまい、しばらくはデスクトップの絵をアノ絵画にしていました。
     
    この小説は秀逸です。
    原田さん、の「マハ」の由来って、そうなんだ。
    この小説をキッカケに、原田さん自身が本物のキュレーターだったってことを知りました。
    だからこの小説に、これだけ熱量がこもってるんですね。

  • 2015年のゴールデンウィークにMOMAを訪れた。その時の目当ては、ゴッホやピカソ、モネやクリムトであったりして、残念ながらアンリ・ルソーではなかった。というより、そもそもルソーという画家自体、名前を知っている程度だった。とはいえ、せっかくMOMAに来たのだし、有名どころは全部抑えようということで、彼の作品ももちろん鑑賞。あのときの記憶を思い返すと、まあ、なんというか、のっぺりとした迫力に圧倒されたイメージがあるぐらい。さして、(ましてや本書で描かれているような)衝撃はなかった。これは、まあ美術に疎い身であれば、しょうがない…のかな。

    本書は、美術ミステリー(!?)として幾つかの作品を世におくる原田マハ氏の長編小説です。本書で取り上げる画家は、もちろんアンリ・ルソー。そしてとりわけスポットがあたる絵画は、まさしくMOMAで展示され、2015年のニューヨーク旅行で実物を目の当たりにした作品、「夢」。本書は「夢」に類似した作品をめぐる、奇妙な物語です。

    美術に疎い身からすると、本書のおかげでルソーとピカソとの関係を知ることができたうえ、美術の魅力がより高まった、という意味で本書を読んで良かったと思うわけです。…が、物語自体は、正直、微妙かと…
    例えば、一連の展開を通じて、学芸員ティム・ブラウンは当代随一のルソー研究者だといった評価が書中でありましたが、別に彼が最高のルソー研究者だと見せ付けるエピソードは大してなかったし、早川織絵にしても、その魅力は途中からガクンとフェードアウトして、終盤にはひでえ男にうまいこと使われただけの可哀相な人物に成り下がるし… ルソーの過去を開陳するエピソードはそれなりに魅力があったわりに、現在を生きる人々の物語がとてつもなくしょうもなくて、読み終わっても「ふーん」という感想しか出てこなかった。

    とはいえ、まあ、ルソーをめぐる物語はおもしろかったし、美術への魅力も高まったし、それほど酷評する作品ではないかもしれません。もちろん「ダヴィンチ・コード」に比べると、すごい落差がありますが…

  • 作品を研究したり論じたり、コレクションして自分だけの楽しみとしたり。それとは全く真逆で、好きな作品をひたすらみつめ続け、作品とその作者に寄り添い思いを馳せてより深く知ろうとし、さらにそれを世間に万人に伝えようとする。

    「自分は研究者や評論家など、作品の遠くにいて作品を論じる専門家には向いていない。好きな作品をみつめ続け、作品のもっとも近くで呼吸ができる仕事につくのがいいのだ、と。」

    ジヴェルニーの食卓と本作を続けて読んで、原田マハの芸術に対する思いを垣間みた気がした。

    劇中劇のような作中作、ルソーの生きた過去の物語では、全く知りもしなかったルソーという実在した人物が実直に描かれており、読み進めるほど愛おしくなる。

    ミステリーとしてもおもしろく、ティムと織絵の揺れ動く心理描写にも引き込まれる。
    芸術や美に惹かれてやまない人たちの物語。

    美術館で絵の前に佇んでみたくなった。

  • ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。持ち主は正しく真贋判定した者にこの絵を譲ると告げ、手がかりとなる謎の古書を読ませる。リミットは7日間。ライバルは日本人研究者・早川織絵。ルソーとピカソ、二人の天才がカンヴァスに籠めた想いとは――。
    「Amazon内容紹介」より

    美術のことはとんとわからない自分でも、面白く読めた.キュレーターという言葉はこの本で初めて知った.時々美術館に行くけれども、画家の背景とか、美術界を取り巻く事情とかが分かっているともっと美術館も楽しめるのだろう.とはいっても、自分は純粋に描かれている画を楽しみ続けるだろうけど.
    ティム・ブラウンと早川織絵のやりとりが、研究者としてのプライドを表しているように思えて、いいと思った.

  • ものすごく面白かった!言うことなし。ドキドキしたし、美術の素晴らしさも改めて感じた。最高の一冊です。

全545件中 1 - 25件を表示

楽園のカンヴァス (新潮文庫)に関連するまとめ

楽園のカンヴァス (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

楽園のカンヴァス (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

楽園のカンヴァス (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

楽園のカンヴァス (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

楽園のカンヴァス (新潮文庫)の作品紹介

ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作「夢」に酷似した絵。持ち主は正しく真贋判定した者にこの絵を譲ると告げ、手がかりとなる謎の古書を読ませる。リミットは7日間。ライバルは日本人研究者・早川織絵。ルソーとピカソ、二人の天才がカンヴァスに籠めた想いとは――。山本周五郎賞受賞作。

楽園のカンヴァス (新潮文庫)のハードカバー

楽園のカンヴァス (新潮文庫)のKindle版

ツイートする