たまゆら

  • 201人登録
  • 3.00評価
    • (4)
    • (16)
    • (51)
    • (18)
    • (3)
  • 47レビュー
  • 新潮社 (2011年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103063322

たまゆらの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いなくなった好きな男の子が
    「山へ行く」と言い残していたことがわかり、少女は探しに行く。
    人が住む限界の場所に老夫婦が住んでいて
    そうして山へ入ってくる者たちを助けていた。
    その老夫婦もまた重いものを抱えていた。
    少年はその家へ寄っていて、半年経っても戻っていなかった。
    それでも探しに行くと言いはる少女におばあさんは
    自分もいっしょにいくと言う。
    結局老夫婦と三人で行くことになり
    雪の道中でおばあさんが過去の話をする。
    その様子がすばらしい。
    雪の深いところにいることがこれでもかというぐらい
    伝わってくる。
    コーヒーを飲んだり、おにぎりを食べたり、
    そのなかで雪は降り続け、霧が近寄ってくる。

    会えるのか?生きているのか?と引き込まれる。

    時間の流れの描き方がすばらしい。

  • 生きるということ
    自分の生きる道に責任を負うということ
    出逢いということ

    しんと 何かに打たれたかのような読後感だった。

  • あさの作品はバッテリーについで2作目。
    男と女の関係がここまで深い関係があるのかと思う。
    そういった関係に憧れもあるかもしれない。
    小説の最後が幾分わかりにくい。
    私の読解力不足か?

  • あさのあつこさんの文章には、いつも引き込まれる。自然の描写。
    伏線が多くて、いつも書ききらず終わるところが、なんだか好き。

  • 自分を制御できないほど好きな人と出会えたら、もう覚悟を決めなさい…とこの本は言っている。それがどんな結果を引き起こそうとも。

    愛されることって嬉しいし、自信が持てるし、いいことだとは思うけれど。どれだけ愛してくれる人と過ごしても、自分が愛する人のそばにいる幸せには決して敵わないのだなあと思った。

  • 暗い

  • 罪を償うということ、生きるということ。
    臨界を舞台にして、人の世で生きるということが描かれている。

  • 30/160

  • 人の世と山、生と死の臨海に住む老夫婦。
    ことばが音のように連なって幻想的な世界が広がっていく。
     
    でも、どうも陽介が冬山で一年間生きていくという現実味のなさが受け入れられない。

  • 2014年2月西宮図書館

全47件中 1 - 10件を表示

あさのあつこの作品

たまゆらを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

たまゆらを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

たまゆらを本棚に「積読」で登録しているひと

たまゆらの作品紹介

「離さない。絶対に離さない。もう二度と、行かせたりしない」ここから人の世が尽き、山が始まる。そんな境界の家に暮らす老夫婦の元へ、一人の娘が辿り着いた。山に消えた少年を追っていると言う。しかし山はそう簡単には、人を受け入れない。人でなくていいのなら、越えてしまえ-。狂おしいほどの想いにとらわれ、呼ばれるように山へ入った人々の赦しと救いを描く慟哭の物語。

たまゆらのKindle版

ツイートする