みんなの秘密

  • 138人登録
  • 2.57評価
    • (1)
    • (7)
    • (20)
    • (20)
    • (6)
  • 31レビュー
著者 : 畑野智美
  • 新潮社 (2015年8月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103394815

みんなの秘密の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中学時代の狭い世界の中の秘密は小さな芽のようなものだとしても人間性ってあんまり変わらない気がします。
    なんか子供だから仕方ないと思いつつ自己中心的すぎ。
    かわいい子1人もいなくて先生も最低だし先々心配になりました。

  • ほのぼのとした装丁にだまされてはいけない、といったら失礼かもしれませんが、「普通の」中学生女子の生態がかなりえぐくも描かれています。
    といっても、ひどいいじめだとかドロドロな展開があるわけでは、ありません。ただ、それぞれがちょっとした「公にはあえてする必要もない、秘密」を持っているというだけです。悪気もなく、そもそも罪の意識も持つ必要もない、という考え方には、どこか何に対しても第三者の視点でいるような責任感の希薄さを感じます。それこそが十代、というわけではありませんが、どこか生々しくも感じられるのも確かです。けれどそれって、見たくは、知りたくは、そして読みたくはないものでもあったりするわけです。
    そういう意味で、ちょっとやなもの見ちゃったな、という感覚にさせられてしまう、体温のある厭らしさを感じてしまったお話だったのでした。面白い、面白くない、ではなく…、それこそ、知り合いがこっそり恋人と抱き合っているのを見てしまったような具合の悪さがささくれのように残る、お話でした。うーん表現が難しい…、です。

  • なんか、自分が悪いことをしているような気がして、読んでて背中がゾクゾクした。

  • 想像を絶する面倒くささ。
    中学時代ってこんな感じだったかしら?
    読みやすい本でした。

  • 退屈な毎日に積み重なっていく秘密。

    中学生、やる気のない美術部に所属して、退屈を持て余す美羽。

    友達の紗弥ちゃんは可愛くて育った環境が似ていて意地っ張りで
    奈々ちゃんは陸上部を頑張っていて男女の交友関係が広い。

    クラスで目立つ存在の愛菜たちと話すようになってから
    万引きをするスリルを知り、
    リーダー的存在の浜崎君とチャリパクを経験して
    いろんな人の秘密を知って、自分自身の秘密も増えていく日々。

    いじめられっ子の村瀬君。高井君が美術室の机に放った火。
    親友になれそうだと思っていた矢先に知った、財布泥棒の犯人。

    美術部の枝島さんが付き合っている人。
    顧問の辻田先生。痴漢犯人の正体。

    中学生っていうのは退屈を抱えてしまうよね。
    部活に勉強で活躍できる人はほんのわずかで
    こぼれ落ちた人たちの有り余る体力は途方もないわけで。

    村瀬君が謎めいていた。
    奈々ちゃんの安定さうらやま。
    会話とかも全体的にドライな雰囲気。

    問題起こりすぎな気もするけど、
    まあ、そうやって悪さして大人になっていくのかもと、しみじみ。)^o^(

  • 全編中二病で痛すぎて、読み進めるのが辛かったです。うちの子供達もこういう道を通ったのかなぁ。俺には全然気付けなかったけど。中二病ってただの甘えだよね?って思うのは俺がおっさんだからなのかな

  • 申し訳ないけど全体的に苦手でした
    結構序盤からもう読みたくないな…ってなってしまって、それでも結末がどうなるか気になってなんとか最後まで読んだけど結局救いもなくただただ後味が悪くて、それでいてなにも残りませんでした
    高校生ならまだしも中学生でこんなことある?って思ってしまうのは時代遅れなのかな…

  • んー・・・選択ミスです。
    中学生の頃読んだら、もしかしたら心に響くものがあったかもしれません。
    ・・いやーどうかな?(苦笑)。主人公が中学生だって素敵な本はいくらでもあるのに、なんでこの本はこうなのかな・・・?


    本が、年代を選ぶ類なのかな、と思います。

  • 不安定な時を超えて、不安定のバランスがとれるようになりつつある中学二年生。
    罪悪感を楽しく感じるのは、誰かと何かを共有したいという願望なのかもしれない。
    単純に未来を明るいだけじゃないと気づいたとき、周囲の人の本質的な部分も見えてくる。そうすることで自分を認めることが出来る部分もある。
    その中でもうまく生きていく浜崎くんは魅力的だった。
    選ばれた人間である浜崎くんは歯向かってきた美羽のことも薄ら笑いを浮かべながら手にいれると思う。

全31件中 1 - 10件を表示

畑野智美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

みんなの秘密を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

みんなの秘密を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

みんなの秘密を本棚に「積読」で登録しているひと

みんなの秘密の作品紹介

中学生なら誰だって、親にはいえないことがある。友達にも――。好きな人にも――。中学2年生、女子。部活は別々だけど仲良し三人組のはずだった。目立つグループのあの子に、声をかけられるまでは――。本当のことばかり口に出していたら、生きてなんかいけない。特にここ、学校では。そう、14歳たちの感情は静かに、爆発を準備する。淡くて、残酷で、拙くて、美しい、かけがえのないあの日々を描いた青春小説。

ツイートする