アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)

  • 1333人登録
  • 4.17評価
    • (133)
    • (107)
    • (48)
    • (13)
    • (2)
  • 93レビュー
制作 : 小尾 芙佐 
  • 早川書房 (2015年3月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150413330

アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 知的障害のチャーリイ(32歳)は、アルジャーノン(白ネズミ)の動物実験で成功した最先端脳手術を受けて、高い知能を得る。この力作のスゴいところは、全編が彼自身の日記で語られる点で、はじめのほうのひらがなだらけのたどたどしいにっきは、段々と漢字混じりの洗練された文章になっていく。ということは、もちのろん、障害者の視点で語られるとても重たい話でもある。友達と仲良く遊んでいた過去の記憶はじつはいじめだったと知る。子供の頃に虐待を受けて母親不信の彼は、恐怖で女性ともうまく付き合えない。そして同じく高度な知恵を得たはずのアルジャーノンが。。。総じて救われない話なんだけど、日記という主観的な形式なので、逆にそれぞれのエピソードを客観視できるのが秀逸。ハイライトは母親との20年振りの再会。家族の苦悩をここまで鮮烈に描いた作品はなかなかない。「ライ麦畑でつかまえて」を挫折した過去があって心配だったけど、斬新な文章構成にも助けられて、なんとか読了した。翻訳者の苦労と工夫に敬意を表する。チャーリイは最後の最後まで、おりこうさんになりたい、つまり知的向上心をもった人間として描かれる。議論があるとすればそこだろう、、障害の有無にかかわらず。

  • とても優しい魂を持つ人に出会いました。

    天才に変貌した青年が知ることとなった愛と憎しみ、喜びや孤独、醜い感情、そして人の心の真実。

    チャーリイの検査から手術、術後の経過報告を読者が読むという形で話が進むのが斬新だなと感じました。

    チャーリイの持つ純粋な心に、最後まで前向きな気持ちを持ち続けたことに胸を打たれました。
    アルジャーノンに起こった事態から、手術の副作用で自分がこれからどうなるのかということにチャ―リィが気付いてからは読むのがとても辛かったです。

  • 一瀬さんに薦められて読みました。どんどん引き込まれてあっという間に完読しました。
    手術してデキる人間になった自分の周りからどんどん人が離れていってしまい、当の本人はその理由に気づいていない感じが読んでいて寂しかったです。
    チャーリィの母親がもう典型的な自己愛人間でこの変も読んでいて切なかったです。
    そんなチャーリィが最期の最後で自分のこれまでの人生とこれからの運命全てを知って言ったセリフが重たかったです。

    「人間的な愛情の裏打ちのない知能や教育なんて何の値打ちもない」
    「愛情を与えたり受けたりする能力がなければ、知能というものは精神的道徳的な崩壊をもたらし、神経症ないし精神病すらひきおこすものである」

  • 大学時代に読んで、今回二度目の読了。前回も確か電車の中で読み終わり、今回も電車の中で読み終わった。
    何度読んでも、きっと私は最後の3ページで泣く。部屋の中だろうと電車の中だろうと、人目もはばからずぽろぽろ泣く。
    無垢で、いつだって切実だったチャーリイの姿に揺さぶられた感情を、どう形容すればいいのか分からない。

  • 15年ほど前、中学生か高校生の頃に読んで非常に感動したのを覚えています。この本を未だに覚えているのは、ひらがなや漢字を使わない、句読点の位置など…凄く挑戦的で考えられて作られていたこともあったと思います。

    それ以来の再読でしたが、とても良い本で、これまで読んだ本の中でも最高の一冊です。

    知的障害のあるチャーリーだけどみんなから愛されていた。その反面イジメにあっていた事も多かった。イジメのところを読むと凄く悲しくなります。優しさのあるチャーリーをなんで悲しませるのか…

    後半の部分はチャーリーの知能が落ちていく時の悲しさが伝わってくるのがわかり、とても悲しい気分になります。

    みんなハッピーにならない悲しい話なんですが、愛情も感じるという複雑な感情。

    パン屋の仲間がチャーリーをかばったところなんかは凄く好きです。

    そして最後までアルジャーノンを心配しているチャーリーの優しさがグッときます。

  • 知的障がいのある者と自分との差について考えさせられた。泣くというより、恐ろしくなった。
    特に、チャーリィが得た知識、能力を失っていく描写。「おねがいです、神様、なにもかもお取りあげにならないでください。」
    必死に知識を繋ぎとめようとしても虚しくこぼれていく様は、読んでる方が神に祈りたくなる。
    チャーリィの未来を常に暗示してきたネズミのアルジャーノン。そのアルジャーノンの墓に花を添えてほしい(アルジャーノンに花束を)と言う場面は、消えた天才チャーリィに対するものだった。
    読みにくさはあるが、意図されたものなので気にならない。

    発達障害の子に対する障害の受容というのは、必要なこととはいえ、残酷なものなのではと感じてしまった。

    「知能だけでは何の意味もないことを僕は学んだ〜人間的な愛情の裏打ちのない知能や教育なんて何の値打ちもない。」

  • 長編、僕も今努力して勉強してるけど、ううっていう気持ちになった。後半の知能が落ちる兆候として怠けだしたみたいな描写は、心に響いた。

  • 【資料ID】97170296
    【請求記号】933/K
    【配架場所】君に薦める一冊の本コーナー

    32歳になっても幼児なみの知能しかないチャーリイ・ゴードン。そんな彼に夢のような話が舞いこんだ。大学の先生が頭をよくしてくれるというのだ。これにとびついた彼は、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に検査を受ける。やがて手術によりチャーリイの知能は向上していく…天才に変貌した青年が愛や憎しみ、喜びや孤独を通して知る人の心の真実とは?全世界が涙した不朽の名作。著者追悼の訳者あとがきを付した新版。

  • ジャニーズ系ドラマの印象が強く、また、ドラマに関してネガティブな話題が多かったため、手に取る機会を逸していたが、原作はめちゃよいです。
    知的障がいを持つチャーリー(人)、アルジャーノン(ネズミ)は、研究者から為された外的治療により、通常を超える知能を短期的に得るが、同時に素直さや共感する能力が未発達で、様々な諍いを起こしていく。そしてその知能を失う中で、チャーリーが感じることとは、、、。
    知能と共感性の2択に収まらない、様々な感情とエピソードが盛り込まれた小説。人としての幸せとは?教育とは?生活とは?色々と考えさせられる。
    本書はフィクションであり、古い作品である。現代において養護教育の専門から見ると、どのように見えるだろうか。聞いてみたい気がする。

  • 小説のすごさをひしひしと感じる作品。
    訳者あとがき「二十代の終わりに出会った中篇を読んだ私が流した涙は、激しい感動の涙だった。四十代にさしかかるころ、本書の翻訳にあたった私が流しつづけた涙は、苛酷な運命に翻弄されるチャーリィへの同情の涙だった」
    まさにわたしも今そんな気持ち。

    「そしていまこの本を前にして私が流している涙は、とても安らかな涙である。チャーリィは救われたと、八十代に達した私はそう感じました」
    こうなるまで、またとっておこう。

全93件中 1 - 10件を表示

ダニエル・キイスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
西 加奈子
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)の作品紹介

累計320万部の不朽の名作が新版に。野島伸司脚本監修、山下智久主演で連続ドラマ化が決定。知を求める青年チャーリイの苦悩と愛の物語。

アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)の-

アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)の単行本

アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)の文庫

ツイートする