ずる―嘘とごまかしの行動経済学

  • 548人登録
  • 3.87評価
    • (36)
    • (68)
    • (41)
    • (6)
    • (1)
  • 63レビュー
制作 : Dan Ariely  櫻井 祐子 
  • 早川書房 (2012年12月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784152093417

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
デール カーネギ...
リチャード・P・...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

ずる―嘘とごまかしの行動経済学の感想・レビュー・書評

  •  家庭や社会において、我々はどのようなメカニズムで不正に手を染めてしまうのか―――人間の業とも言える「嘘」や「ごまかし」を行動経済学の視点から考察し、効果的な予防方法を様々な実験により検証した貴重なレポート。
     罪を罪と認識させる、嘘をつかないことを宣誓させる、前例を作らない、大義名分を与えない、罰則の強化はあまり効果がないなど、興味深い実験データ満載だ。
     誰かが自分に向けた不正を見極めるため、あるいは社会に対して無意識に不正を行いたくなる自分を律するため、役立つ書籍になるかもしれない。
     ただこの本を読んで最も困難だと感じたのは、自分が自分に対して行う不正についてである。
     例えば・・・ダイエット中なんだけど、超人気スイーツが半額で売り出してる・・・とか。
     例えば・・・今日は酒飲まないと決心したが、冷蔵庫にお刺身と吟醸酒を見つけた・・・とか。
     あなたは誘惑に耐えられますか? 固い決心に対するちょっとした不正を、拒み続けることができますか?

  • ずる dishonesty 

    人はズルをするもの。

  • 本屋でたまたま見つけてしまい思わず衝動買いしてしまった。お金は相変わらずないが後悔はしていない。

    「不正行為」というものに対してこれでもかってくらいいろんな視点から分析していて非常に内容が濃い。まあ詳しくは読んでみてや〜って感じだけど、一つ印象的だったのは俺が常に提唱している「グループ・ワーク無用説」が今回もまた実験を通して裏付けられてしまった。いい加減、無駄に何でもかんでもグループでやらせるのはやめてほしい(コミュ症並の感想)

    ちなみに副題に「行動経済学」という文言が入っているが、本編ではそこまで「行動経済学」というワードは出てこない。若干タイトル詐欺。別に文句はないけどねw

  • ずる 嘘とごまかしの行動経済学

  • 署名の位置で不正が減る。
    利益相反。スポンサーの絵を良いと評価する。本人は気付いていない。
    疲れると誘惑に勝てない。不正しやすい。
    偽物を身に付けると不正をしやすい。
    不正は感染する。同じグループの人が不正をするとその人も不正しやすくなる。

  • 実験の結果が意外なものもあり面白かった!

    人間は経済学からすれば意外と不正はしていないが、すぐちょっとした不正をしたがる生き物である。
    そこにちょっとした要因を加えれば更に不正を働くし、また働かなくなる。

    不正をする要因に様々なものがある。
    他人の不正の目撃や、利他性、正当化、消耗など。
    不正を抑止するのは誓約、道徳性、監視など。

  • 「予想どおりに不合理」が面白かったのでこれも読んでみました。タイトル通り人はなぜ「ずる」をするのか。興味深い研究内容が沢山ですが、このテの本も随分読んだので知っている事も多く、内容の新鮮さはちょっと薄れてきたかな。でも内容的には面白かったです。

  • 人は[そこそこ正直で誠実な自分]でいられる範囲でズルをする。


    人間がいかに都合よく考えてるかがよく分かる一冊。

    テストが終わったら、自己採点した後にシュレッダーに答案用紙を入れてから自己申告した点に応じて報酬がもらえる実験。シュレッダーに入れる場合と入れない場合で「ずる」の度合いが変わる。
    また、周りにずるをするサクラを用意すると他の人も「ずる」が増える。ただ、あまりに極端な場合は罪悪感からそこまでずるの度合いは変わらないなど。

    その一方で、自分は立派な人間でありたいという欲求もあるから、自分にとって良い「つじつま合わせ」をする。

  • 人は、いつでも、損得を合理的に判断して、自らの行動を決定しているのか?

    できるだけ得をしたいと考える一方で、道徳的で立派でありたいと思う。この2つの欲求が相反する場面に遭遇したとき、“つじつま合わせ係数”を調整して、この矛盾を解消しようとする。

    「創造性」と「嘘つき」に関連があるという発見が面白かった!

  • ずるをするのは、特別悪い人じゃなく、普通の人。だから、防ぐのは難しいけど減らすことはできそう。

  • ビジネスや政治の場に「ごまかし」を持ちこませず、プライベートでも嘘のない関係を作るにはどうしたらよいのか? 行動経済学研究の第一人者である著者が、わかりやすい実例といくつもの実験で、不正と意思決定の秘密を解き明かす。

    なぜ不正はこんなにおもしろいのか
    シンプルな合理的犯罪モデル(SMORC)を検証する
    つじつま合わせ仮説
    ゴルフ
    自分の動機で目が曇る
    なぜ疲れているとしくじるのか
    なぜにせものを身につけるとごまかしをしたくなるのか
    自分自身を欺く
    創造性と不正―わたしたちはみな物語を語る
    感染症としての不正行為―不正菌に感染するしくみ
    協働して行う不正行為―なぜ一人よりみんなの方がずるをしやすいのか
    半・楽観的なエンディング―人はそれほどごまかしをしない!

  • 「予想どおりに不合理」のダン・アリエリー氏によるこの著作のテーマは、タイトルの通り、「ずる」、不正です。

    ありとあらゆる組織、集団、個人にとって無縁でない、「不正」は、人間の不合理性の最たるものである、と著者は言います。
    どのような時に人は不正をするのか、そしてどのような時にその不正の度合いは大きくなるのか、人が正直さ、誠実さを取り戻すためには何が必要なのか。

    『合理的な存在』ではありえない、実際の実験結果により、われわれの倫理観が俎板の上に乗せられます。

    この本の実験で検証されるようなささいな不正であれば、多くの読者にとって身に覚えがあるでしょう。そして著者が言うように、「自らを不誠実な人間とは微塵も思っていない」でしょう。
    そんなすべての人にオススメの本です。自らの、周囲の、小さな『正義の話』かもしれません。

  • 人々の行動の不合理性を行動経済学の視点から考察してベストセラーとなった『予想どおりに不合理』『不合理だからすべてがうまくいく』に続く著者の第3弾。本書ではさらに突っ込んで不正行為について述べている。不正と言っても紙面を賑わすような汚職や粉飾決算などの話ばかりではなく、身の回りのちょっとした「ずる」について、人はどんな時に不正を働くのかを検証したものだ。人々を不正行為に駆り立てるものは何なのだろう。
    簡単な問題を解き自己申告した正解の数によって報酬が支払われるという実験を行い、様々に条件を変えて正解数のごまかし(報酬金額の不正な上積み)がどれくらいの割合で起こるかを調べると実に興味深い結果になる。ごまかしが露見する恐れが有る場合と無い場合、他人のごまかしを目撃した場合、その人が自分の仲間内だった場合とライバル集団に属する人だった場合、見知らぬ同士がペアになってお互いを監視した場合、親しくなった同士がペアになった場合、ごまかしをすると自分ではなくペアの相手が得をするという場合、偽物のブランド品を身につけた場合等、様々な実験を行うと、設定した条件によってごまかしの数も変わってくるのだ。
    実験により、不正を作る要因は、自分の不正を正当化する能力(自分に対して言い訳上手)、利益相反(経済的な利益関係により公正な判断が損なわれる)、きっかけになる小さな1回の不正、自分が大切に思う他人の得になる、他人の不正を目撃する、疲れて自制力が消耗した脳、文化的背景などであり、不正を減らすものは道徳心を呼び起こすもの、宣誓や署名、監視などであった。そして予想外の事に不正によって手に入る金額や露見する確率などはあまり影響しないことがわかった。
    「ずる」を引き起こすものは何なのかを理解すれば行動を自制することもできるし、不正に対する対策を取ることもできるだろう。それが社会科学の真の目的だと著者は述べている。「自分はずるなんてしない」と思っている人、小さな「ずる」を無意識に正当化してしまっていないだろうか。人々の行動には様々な要因が影響を及ぼすことがよく分かり大変興味深い一冊だ。

  • この本は怖いです。全部あたっている。ホントすいません。私はずるい人間です。「人を動かす」がオモテだとすると、この本はダークサイドから人の行動を説明している。人(私も)は正直でありたいと思いながら、その一方でずるをして得をしたいと考える。そんなとき、「つじつま合わせ係数」を柔軟に変化させることで、矛盾を解消しようとする。ばれない程度に、そこそこ正直者を維持しながら。その係数はどんなときに大きくなる(ずるをしやすくなる)のか、小さくなる(ずるをしにくくなる)のか、面白くかつショッキングな実験を通して分析解説されている。

  • ヒトは、一方では自分は正直で立派な人物と思いたいが、もう一方ではごまかして金もうけをしたいと思うものです。
    ですからちょとしたズルをします。
    そしてズルしたことを正当化する言い訳を自分の中で作り上げます。
    ダン・アリエリーは、実験を通してどのような時にヒトはズルな行動をとるのか調べています。
    面白い実験です。
    小さなズルをして自分をごまかしてないか常に振り返ることって大事なことですね。

  • 行動経済学の分野の書籍は非常に面白い。なぜ家に鍵をつけるのかを考えたとき、行動経済学的に考えると善人を悪人にしないためだという著者の考えは非常に興味深かった。もう少し勉強したい分野だ。

  • 【読み易さ】
     やや易しい
    【気付き】
     ★★★・・
    【ハマり】
     ★★★・・
    【共感度】
     ★★★★・

    人がずるをするのはときはどんな時か?
    ずるを減らすにはどうすればよいか、
    実験を元に、人のずるを誘発する条件を検証していく。

    ・ごまかしによって獲得するものが現金から遠ざかるとごまかしが増える
    ・偽物を身に付けると、ごまかしへのハードルが低くなり、他人を疑い易くなる
    ・創造性がごまかしを生む
    ・他人のごまかしを目撃するとごまかしへのハードルが下がる
    ・不正行為の基準が文化等によって異なる

    仮説を証明する実験結果が平均値のみであり、
    被験者の数も明らかになっていない為、データの信憑性に疑問が残る。
    ユーモアが取り入れられていて読み易い。

  • 社会で周りを見ると、本書で指摘されている「ずる」な人が沢山…
    でも本当にずるいのは自分かもしれない。
    組織マネジメントで、よく覚えておきたい。

  • 誰でも、「ずる」不正行為をする。しかし、自分が悪い人間だとは思いたくない。そこで「自分は正直でまっとうな人間だ」と思うための物語を紡ぎ出す。

    人間はどういうときに、ずるをすることが多いのかということを、さまざまな心理学の実験をすることで、解き明かしていく。このさまざまな実験を考え出すということがすごい。「なるほどなぁ。でも、どうやってこんな実験を考えついたのだろう」と思ってしまう。
    これこそ創造性だろう。

    忘れるといけないのでメモしておこう。

    「ずるを助長する要素」
    正当化の能力
    利益相反(サービス提供者がふたつの方向に引き裂かれる状況):歯科医のCAD/CAM機器の例
    創造性(知能は無関係)
    一つの反道徳的行為
    消耗(ダイエットの例)
    利他的不正(自分に利益にならないと、より正当化しやすい)
    他者の不正を目撃する(同じ仲間が重要)
    不正の例を示す文化(いろいろな実験では調べられない文化というものが重要)

    ずるを減らす要因:
    誓約
    署名(最初にまず署名)
    道徳心を呼び起こすもの
    監視(見知らぬ他人による。ただ、目の写真だけでも効果あり)

    ずるには影響なし:
    つかまる確率
    不正から得られる金額(SMORC: シンプルな合理的犯罪モデル)

    「ずるを減らしたい」ずるの横行に悩んでいる人には良い本だ。

  • わたしたちは、「正直でありたい」と思いながら、その一方で「ずるをして得/楽をしたい」とも考える。そのせいで、「正直な人間」という自己イメージと実際の行動との間にズレが生じることがある。わたしたちはそんな時、柔軟性を発揮し、「つじつま合わせ係数」の大きさを自在に変える(行動を正当化する)ことで、ズレを解消しようとする。誰もが、要件が揃えばいとも簡単にずるをする。しかし、ずるは新たなずるを生み、また伝染して巨悪へつながることがある。ずるを減らすためには、宣誓/署名/道徳心を呼び起こす仕掛け/監視、など。

  • 嘘とごまかしの行動経済学。
    「ばれる確率が低くなっても、ごまかしは増えない」「共同で仕事をすると、不正が増える」「偽ブランドを身につけると、ずるしやすくなる」など、なるほどと思った。

  • 大きな犯罪ばかりでなく、日常自分も良くやっているような小さな【ずる】がどういう行動理論から起きているのか解き明かす事で、大きな犯罪の抑制に繋がる可能性があるか。

    小さなズルをしてしまう、その条件、環境や心理特性、歴史など、多くの実験例を通して解説する。

    医療従事者としてはMRの作戦は見抜いているつもりだが、それでも想定以上の危険がある事を意識すべきだろう。

  • 大きな“ずる”をする人は少ないが、殆どの人が小さな“ずる”をする。
    “ずる”を抑止するためには道徳心に訴えたり、宣誓をさせるべし。との事。

    人間って弱い生き物だよな。

    2013.10.12読了

  • ズルは皆、出来るところでは少しずつやってしまう。後押しする要素と止める要素。
    ネタを知られると追試がし難いと思うが、他の研究者で検証されているのだろうか。
    インパクトの大きい実験結果が多いが、その結果の綺麗さも相まって、鵜呑みにするにはまだまだという印象。
    他国でやっても結果が同様というのも何かおかしい。学生だから、ということか。

全63件中 1 - 25件を表示

ずる―嘘とごまかしの行動経済学に関連するまとめ

ずる―嘘とごまかしの行動経済学を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ずる―嘘とごまかしの行動経済学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ずる―嘘とごまかしの行動経済学を本棚に「積読」で登録しているひと

ずる―嘘とごまかしの行動経済学の作品紹介

ビジネスや政治の場にごまかしを持ちこませず、プライベートでも嘘のない関係を作るためのヒント満載。わかりやすい実例といくつもの実験で、不正と意思決定の秘密を解き明かす。

ずる―嘘とごまかしの行動経済学のKindle版

ツイートする