火花

  • 10141人登録
  • 3.29評価
    • (356)
    • (1116)
    • (1738)
    • (517)
    • (105)
  • 1608レビュー
著者 : 又吉直樹
  • 文藝春秋 (2015年3月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163902302

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

火花の感想・レビュー・書評

  • 言い回しがくどい。情景描写がまわりくどい。
    オチが短略的。
    でも初作としてはスゴい。3作目位を期待したい。

  • 芥川賞受賞作がどれくらいのレベルなのかはわからない。
    物語として、面白かった。序盤、難解な言葉が多数出てきていたのだが、後半になって言葉がカンタンになってきたように思えた。

    話のテンポがどんどん上がっていくような感じで楽しめた。
    ただベストセラーになったのが、クリエイティブによるものというか、マーケティングプロモーションによる部分も多々ありそうだなーと感じた。

  • 神谷のキャラクターがあまり好きになれず、読むのがしんどかった。
    ハッとさせられるようなセリフもあったし、
    キャラ文芸ではなくて純文学なのだ、
    と思ったとしても、入ってこないくらい受け付けなかった。それくらい強烈なキャラクター

  • ミステリーばかり読んでるんで、たまに純文学を読むと、なんだかとて切ない。
    笑いにストイックな又吉の考え方。
    最後のくだりが映像化されたらどうなるんだろうな。
    この作品はこれはこれでいい。又吉の笑いを題材にしない作品も読んでみたい。

  • まさに火花。火花とは花火の逆さ読みでしょうか。2人にとって、火花は涙であり、花火は笑いであるように思えた。人の心を動かすのが花火であるなら、その花火を打ち上げるために途方もなく散らされる熱い火花。花火で始まり花火で終わるこの物語のクライマックスは、あえて思ってることと反対のことを言い、お互いにけなし合いながら感謝をし、お客さんには、罵りながら感謝をする、そんな天邪鬼な逆さ漫才だった。あんなにも美しい「死ね!」を見れただけでも最後まで読んだ甲斐があったし、あんなにも連発された“死ねスターマイン”の美しさを目にした時には、涙が逆さ向きに流れそうでした。
    大笑いでも、失笑でもない中笑いのキープ力がまた秀逸で、誰かといたら、大爆笑、1人で読んでたら思わず微笑んでしまうくらいの中笑いが、登場人物が苦しい時も悲しい時も楽しい時もいついかなる時も、物語中一生続く。ただ、読んだ人は、一つ一つの笑いのその裏側に、熱い涙、熱い火花の痕跡を感じられるようにもなっていたと思う。

    文一つ一つは短くないのに、スラスラと読みやすい語呂の良さがある。一つ一つの表現が秀逸で、それら一つ一つに感動していたら、1文1文を読み進めるのに途方もない時間がかかってしまったわりには、気づけばたった2日間で読み終えてしまうくらいに惹き込まれた。「美しい世界を、鮮やかな世界をいかに台無しにするかが肝心なんや」神谷さんや徳永の言ってることは時々意味不明だけど、どこか意味不明に納得、共感を誘う。生き方。あり方。好き嫌い。の議論が多めであり、物語の中心であったように思える。自分も含め、議論好きのめんどくさいタイプの人にはたまらない内容になっていたのではないかと思った笑
    雨が降ってないのに、傘を差し続ける神谷さんがめちゃくちゃ大好きで、意味不明に物語のあのタイミングで巨乳になってしまう神谷さんがめちゃくちゃ大っ嫌いです!!笑
    そんな、表現者が描く表現者の生き様は、温かい通り越して、火花のように熱かった笑

  • (2017.05.14読了)(2017.05.08借入)(2015.08.05・第15刷)
    新聞やテレビで、又吉さんの話題が取り上げられるたびに、かみさんが「火花」おもしろいんだろうか? と聞くので、図書館の蔵書検索で調べたら、あったので借りてきました。
    始まりと終わりが、熱海の花火大会の場面なので、本の題名は「花火」に違いないと思い込んでしまいそうです。本の中で「火花」ということばは出てこない(多分)ので、「はて?」どうしてなのと言いたいところだけど。
    題名「火花」の意味を考えてみましょう。
    その1.芸人は、一瞬世の中の話題になるけどすぐ消えてしまう。
    その2.徳永さんと神谷さんの会話やメールのやりとりが、笑いのツボを突こうと火花を散らしている。
    その3.芸人たちは、何とか世の中に認めてもらおうと精神の火花を散らしている。
    又吉さんは、題名について何かコメントしているのでしょうか?

    昨日、82頁まで読んで寝てしまった。ここまでは、この本のどこがどんな風に面白いのだろう? と思い、又吉さんのネームバリューがベストセラーにしてしまったのだろうと決めつけてみたのですが。
    今日になって、神谷さんが真樹さんのところから追い出される辺りから急にドラマチックに面白くなったように思います。
    徳永さんと神谷さんの会話もメールのやりとりも意味不明が多いので、スルーするしかなかったのですが、受ける人もいるのかもしれないと思うと、ちょっと悔しいですね。
    「スパークス」の最後のライブは、笑えるけど、頭を使わないといけないので、ワンテンポ遅れる感じです。
    最後の方は、徳永さんと神谷さんの地位が逆転してましたが、これからも神谷さんがおごるのでしょうかね。

    徳永 漫才コンビ「スパークス」のメンバー
    神谷才蔵 徳永の先輩、徳永より4歳上、「あほんだら」のメンバー
    大林 神谷の相方
    山下 徳永の相方
    真樹 神谷の居候先、キャバクラ嬢
    由貴 神谷の知人
    鹿谷 ピン芸人

    以下書き抜き
    ●誹謗中傷(96頁)
    人を傷つける行為ってな、一瞬は溜飲が下がるねん。でも、一瞬だけやねん。そこに安住している間は、自分の状況はいいように変化することはないやん。他を落とすことによって、いまの自分で安心するという、やり方やからな。その間、ずっと自分が成長する機会を失い続けてると思うねん。
    ●緑の葉の楓(98頁)
    「師匠、この楓だけ葉が緑ですよ」と僕が言うと、「新人のおっちゃんが塗り忘れたんやろな」と神谷さんが即答した。
    「神様にそういう部署あるんですか?」と僕が言うと、
    「違う。作業着のおっちゃん。片方の靴下に穴開いたままの、前歯が掛けてるおっちゃんや」と神谷さんが言った。
    ●西郷隆盛(101頁)
    僕は大林さんに会うと必ず、西郷隆盛と話しているという設定で会話をすることにしていた。もう五年以上になるが、いまだに大林さんは西郷隆盛に辿り着いていなかった。
    ●楽しませる(113頁)
    最近は独りよがりではなく、お客さんを楽しませることができるようになったと思っていた。妥協せずに、騙さずに、自分にも噓を吐かずに、これで神谷さんに褒められたら最高だと一人でにやついていた。
    ●地獄(115頁)
    本当の地獄というのは、孤独の中ではなく、世間の中にこそある。
    ●舞台に(130頁)
    もしも「俺の方が面白い」とのたまう人がいるのなら、一度で良いから舞台に上がってみてほしいと思った。
    世界の景色が一変することを体感してほしいのだ。自分が考えたことで誰も笑わない恐怖を、自分で考えたことで誰かが笑う喜びを経験してほしいのだ。

    (2017年5月14日・記)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    お笑い芸人二人。奇想の天才である一... 続きを読む

  • 最後蛇足だったのでは?と思ってしまった。他は良かった。

  • おもしろかった。
    それは、又吉さんが書いていて実体験に裏付けされているという思いも入っていると思う。作者が伏せられていたら同じ程度に楽しめたかどうかは分からない。
    私の神谷さんの勝手なイメージは「見た目千原ジュニアさん中身せいじさん。」

  • これまで又吉さんのエッセイや自由律俳句を読んでいたので、一体どんな小説になったのか、気になっていました。

    体温が低そうな淡々とした文章なのに、時折ハッとさせられる鋭いことや、ぶっとびそうなばかげたやりとりや、"笑い"に対する真摯な姿勢を感じさせる部分が入れ替わり立ち替わりやってくるので、終始胸がざわざわと波立つような感覚を味わっていました。
    1つのことに真剣に向き合い、もがいている彼らの姿は、どこかで自分とも重なる部分があり、彼らがうまくいかないほど落ち着かない気持ちになりました。
    ずっと泣き笑いみたいな表情を浮かべていた気がします。

    読後にタイトルが響いてくる小説でした。
    今回はストーリーを追うのが中心の読書だったので、もう一度、今度は又吉さんの哲学に注目して読んでみたい1冊です。

  • 笑い、というのは非常にパーソナルなもので、人によって面白いと思う、思わないはぜんぜん違うと思う。ラジオのチューニングのようなもので、波長が合えばとんでもなく笑えるが、合わなければ、どんなに流行っていようが、まったく面白くなかったりする。ちなみに、リズム漫才は、まったく何一つ面白いと思えない方である。どうでもいいけど。

    さて、この小説、お笑い芸人は実は裏でとことんお笑いというものに真正面から向き合い、笑いを突き詰めているものだ、という話はなんとなく知っていた。その世界の話である。最初から最後まで、主人公が兄弟子を通して、笑いとは何か、について、言ってみればくどくどしく、繰り返し何度も何度も、追求しあげる話である。

    文学なので、いわゆるエンターテインメント小説のような面白さはもちろんないと思いつつ、作者の言わんとすることが、どう上手に表現されているか、こちらに何が伝わるか、それが自分にとって何か意味があるのかないのか、そんなことを考えながら読み通した。

    TVのお笑い番組は好きである。関心がある。だから、作者の言いたいことは伝わったし、面白かった。中に、登場人物による漫才の場面や、面白いことを言ったりする場面があるが、それもくすりと笑える部分もあったりした。

    文学小説の価値や評価はよく分からない。面白いか面白くないかで言えば、上に書いたとおりだ。文体も、やや硬質だが、整然と論理的で、読んでいて引っかかるところもない。つまり文章も巧い。とくにけちをつけるところなどない。

    これだけの本が書けるというのは、やはり才能なのだろうね。

    かなり前に図書館で60人以上待ちで予約して、一昨日ふいに順番が来たという連絡が来て、昨日借りることが出来、今日読み終えた。夕方テレビを見ていたら、芥川賞を受賞したというニュース速報が流れた。なんともタイミングがいいというか。

    読んでよかった本と思える本である。

  • 4.0 期待以上。可笑しく切なく、そして悲しく。すべてのお笑い芸人が愛しく感じられます。

  • 若手漫才師の笑いにかけた青春物語

    根っからのお笑い芸人を師匠と仰ぎ、漫才師として日々喘ぐ。人見知り、早口で話せないなどお笑い芸人には不向きな主人公が愚直に漫才師の世界を生きる。

  • 久しぶりに胸を抉られた作品。

    不純物のない真っ直ぐな何かを求めることに憧れながら、世間との関係を気にして自分自身をさらけ出すことに躊躇する徳永と、自分にとっての「面白い」を究極的に求め続け破滅していく神谷さん。

    自分は徳永に似ているなと思った。
    徳永の気持ちが痛いほど解った。
    スパークス解散ライブではぼろっぼろに泣いた。

    芥川賞も納得の傑作だと思います。

  • 面白かった

    理屈っぽく細かい描写がいい
    どこにむかっていけばよいのか
    なにやってるのか

    絶望を感じる

  • 99 吹奏楽の強い私立

    一文が長く、表現が回りくどい所が多いので、読み辛さはある。

    でも、とっても個性がある。

    キャラクターの展開も、ちょっと破天荒でいいかな。

    本好きには、ついていける本。

  • 破天荒な生き方をする神谷と、真摯に笑いと向き合う徳永を中心に、芸人の日常生活がリアルに描かれている。「笑いとは何か?」、突き詰めていくと非常に難しいこの命題に、数多くの人間が翻弄されていき、物語りはハッピーエンドを迎えることなく終わりを告げていく。
    借金、女性、お酒など、芸人に欠かせない要素が、シュールな芸人たちのやり取りにリアルティーを吹き込んでいるように思う。

  • 一人の芸人が、尊敬する先輩との交流を通じて成長し、そして凋落していくまでの話。
    芸の世界に対する作者の理念が伝わってきた。
    表現が上手いと思わせる所はあるものの、まだ荒削りな印象を受けた。

  • 世の中とのズレ、周囲への劣等感、そして自分の心にいかに正直に向き合うか、
    そして自分の信条によって自分が縛られる危うさなど。
    なかなか言葉にできないモヤモヤをなんとかすくい上げようとしている。
    芸人のことはよくわからないし、ネタもおもしろさがわからない。
    しかし、それだからこそ、最後のシーンの感動と恐怖感につながっているのだろう。
    ただ、神谷の行動に対しての徳永のセリフは少し違和感があったかな。
    神谷の生き方をどうとらえるか? 
    読者がどう受け止めるかによって、この作品の感想や評価は分かれそう。

  • お姉ちゃんのピアノエピソードで嫌いな本にはなり得へんなと思いながら読んだ。嘘っぽくないな実話が多いのかなと思ったり,すっと読んだ後ゆっくり読み直したくなるところがあったり,終盤の展開も甘すぎず苦すぎず,芥川賞なるほどねという本だった。
    波岡一喜はナイスキャスティングと思うけど林遣都はどうなんかなぁと思ったけど,ごめんなさいという感じ。選曲も良いし,ドラマも第一回から見ておけばよかった。

  • つまらなくはないが、すごく面白いわけでもない。芸人だからこそ書けた世界観だと思うし、悲哀だと思う。
    文章はうまいが、作家としてはどうなのか。真価は今後に問われる。

    主人公にはどうしても又吉を投影して読んでしまう。そしてどういうわけか僕の中では神谷さんはウーマンラッシュアワーの村本に脳内変換されていた。読者って勝手だ。

  • 話題だったから読んだ。
    主人公が作者にしか見えなくて断念した。
    結構お笑いが好きで期待していたけれど、キャラの気持ちや笑いのツボがいまいち分からなくて、合わなかった。

  •  あまり芸能人の書いた本というのを読んだことがないが、読んでみた。
     小説っぽい表現が色々出来てすごいなあ、と正直思った。何か劇的な展開があったり、ミステリーがあったりという訳ではない話だが、飽きずに読むことができた。
     普段おれは大学生の時から東京なので、関西弁を使うことはまずないが、これ読んだ後は地元の関西弁が出てきそうになって人としゃべりにくくなった。あと神谷さんの「早いテンポで話した方が情報をたくさん伝えることが出来んねん。多く打席に立てた方がいいに決まってるやん。だから、絶対に早く話した方がいいのは確かやねん。」(p.20)という部分が特に印象に残った。もちろんこれは漫才師の場合、ということだが、教師にも当てはまる気がした。おれも結構早口な教師だが、早口な方が生徒を飽きさせない、というのは確かな気がする。もちろん内容の方がはるかに大切なのだけれども。(17/03)

  • テーマは「芸」でしょうか。最後のFカップの展開には驚きました。至る所で直接的に芸とは何かについて書きつつ、この作品全体があっと驚くような漫才になっているのだと思いました。

  • 情景描写がいい。会話と会話をつなぐ喫茶店の様子。音が聞こえたり、その喫茶店にあたかもいるような見えるような描写。また、道路を歩くときの町の様子や人々の動き、天気などの空気感なども伝わってくる。
     生きている自然や社会の中で登場人物が、話し、考え生きていることが伝わってくる。
    主人公の人物への観察眼も鋭くしかし、やさしい。
    まだ、読んでいる途中だが、味わいながら読み進めたい。
            ーーーーーーー
    久しぶりに、またページを開いて読んでみた。今、テレビでドラマ「火花」を放映しているからだ。そんな場面があったかなと思いページをめくる。ドラマの場面が著者の言葉で生き生きと描かれていた。うまいなー、素直にそう思った。今まで、本を読んで映画を見たり、その反対に、映画を見た後、本を読んだりしたことが何回かあったが、「火花」はドラマと小説を交互に繰り返し読んだでいる。ドラマを見た後、その場面あたりを読むと、さらに味わい深く描かれていて、ドラマの面白さも、小説の面白さも深まるのに不思議な感じがした。
          ------
    また、ドラマの後小説を読んだ。小説を読むと、ドラマの映像と重なって立体的に面白さが伝わってきた。神谷と彼女別れの場面、一人のみしていた男が脚本家だったこと、文章と画像がぴったり、すっきり味わえた。

全1608件中 1 - 25件を表示

火花を本棚に登録しているひと

火花を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする