新装版 竜馬がゆく (7) (文春文庫)

  • 4242人登録
  • 4.09評価
    • (764)
    • (423)
    • (577)
    • (9)
    • (3)
  • 187レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 文藝春秋 (1998年10月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (426ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167105730

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 竜馬がゆく (7) (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 薩長同盟が成立し、そこに土佐も巻き込みながら倒幕の体制が徐々に整えられ、後は気が熟すのを待つのみだったが、竜馬が突然驚くべき発想を打ち明ける。
    薩長のため、土佐のため、幕府のため、引いては日本のため、竜馬は疾走する。
    名だたる志士達の想像を遥かに超える竜馬のイマジネーションが痛快です。

  • 心に残ったシーン

    高杉晋作「面白き事もなき世を面白く すみなすものは心なりけり」
    何度も船を沈められる困難を乗り越えつつ進んでいく
    その時々で自分の大志に向けて強みを変えていく、柔軟な考え方と吸収力

  • もうすぐ竜馬がいってしまうのでいまから途方にくれている

  • p.216 岩崎弥太郎の持論
    (会議などは、無能な者のひまつぶしにすぎない。古来、会議でものになった事柄があるか)というのが弥太郎の考えだった。
    物を創りだすのは一人の頭脳さえあればいい。衆愚が百人あつまっても、「時間がつぶれ、湯茶の浪費になり、厠に無能者の小便がたまってゆくばかりのことだ。」と弥太郎はおもっている。

    p.391 竜馬の持論、後藤象二郎に対して
    「惚れずに物事ができるか」と竜馬はいった。
    物事に惚れるような体質でなければ世上万般のことは成りがたいと竜馬はいうのである。

  • 海援隊からいろは丸事件。そして、後藤象二郎への大政奉還論の披瀝から船中八策。いよいよラストが見えてきたところであるが、中岡慎太郎の傑出ぶりも堪能できる巻。薩長すら敵に回すであろう大政奉還論を開陳した理由については、小説上では、「日本人として、英仏などの植民地政策を回避するには、戦乱を避けるのが上策」ということに帰着するのだろうが、土佐藩への龍馬の思いとは、実はどのようなものであったのかは知りたいところ。また、岩崎弥太郎を龍馬が嫌っていたとの解釈を展開するが、その過程はいまいちよくわからない…。

  • いろは丸がすげえおもろい。

  • 高杉晋作との死別。揺れ動く土佐藩の舵取りに奔走する後藤。仇敵後藤と手を結ぶ清風亭会談。

    亀山社中から、海援隊へ。

    また、竜馬と異なる視点で薩摩と動く中岡が設立する陸援隊。

    後藤とともに、四賢侯会議が執り行われる京へ。船中八策、痺れるなぁ〜。竜馬に影響を与えた勝海舟、横井小楠、大久保利通は全て幕臣というのが皮肉だなぁ〜。

    大政奉還なるか?
    最終回に突入。

  • よく沈むなぁぁ、船。土佐の殿様が嫌い。が、薩長も激しすぎてなぁぁ。頑張れ竜馬。高杉晋作の思い出話が好き。

  • 竜馬のしたことは聖人のごときだなぁ。特に、大政奉還後の政体をどうするかの草案は、本当に一人で考え付くことだろうか?

  • 時代小説の名作(代表作、入門の一冊)。

    「面白き、こともなき世を、おもしろく」 高杉晋作

    おもしろいぜよ。

  • 読み始め…10.8.17
    読み終わり…11.3.19 ・オットの本棚より・

    レビューは最終巻 8巻に書きました。

  • 坂本竜馬の凄さがよく分かりました。

    ほとんど神扱い的な書き方がされているので、ほんとかな?と思うところもありますが魅力的な人です。

    日本ではじめて日本を考えた人。圧倒的な英雄、憧れますね。

    長崎や京都に改めて行ってみたくなりました。

  • 大政奉還が近づいてきた。土佐藩後藤象二郎、大浦のお慶、大極丸、亀山社中から海援隊へ、中岡慎太郎が陸援隊、岩崎弥太郎再び。いろは丸事件、船を沈めたその償いは金を取らずに国を取る。四賢侯会議、岩倉具視、船中八策。

  • 仇敵後藤象二郎と手を握り、土佐藩との連携。さらに大政奉還、船中八策と竜馬がバワーアップして動き出す。中岡慎太郎の動きも超人的である。武力討幕を目指す薩長との対立を恐れず、無血革命方式の大政奉還へ動き出す竜馬は素晴らしい。

  • 薩長同盟に土佐を加えんと奔走する竜馬。
    この活動ぶりはもはや超人だ。

    武市半平太の仇とも言える後藤象二郎とも手を結び、自ら捨てた土佐藩とも関係を強めていく。この一連の流れだけでも、竜馬を慕って集まってきた志士たちには、裏切られた思いだろうが、それでも突き進めてしまうところが、竜馬の常人ではない圧倒的な行動力によるものだろう。
    頭の中でこねくり回す理論より、たった一つの行動が説得力を持つということ改めて思い知らされた。

    そして、長州の志士、高杉晋作の辞世の句。
    「面白きこともなき世をおもしろく住みなすものは心なりけり」
    深く胸に刻んでおこう。

  • いよいよ時勢が動き出す。
    いろは丸沈没のからの談判は圧巻。
    そしていよいよ船中八策へ。

  • 6巻にはワクワクしたが、それを凌ぐ面白さ。
    竜馬の発想の豊かさと機転の早さ、時勢のよみ、そして実行力、何をとっても舌を巻くばかり。人たらしというか、人を惹きつける力も頭抜けている。そればかりか目先の難題の更に先を考えるなど常人の範疇を超えている。
    日本という国は、この様な異才があったからこそあるものなのか、とつくづく感じる。
    薩長をどのように説得するのか?それが楽しみである。

  • いやいや、面白いすね、幕末。これなら、今みたいに記憶力の落ちてきたタイミングじゃなくて、もっと感受性豊かで記憶力もフル活用してた、中高生時代に読んどいたほうが良かった。周りには結構いたんですけどね、読んでた友達。変なこだわりがあって、戦国ものばかりに固執しすぎていたことを反省。で、この巻の内容だけど、いよいよ海援隊の名前が登場しました。明治時代に大きく名を馳せる人々もどんどん表舞台に出揃ってきてて、ホント、大変な時代だったんだな、と改めて実感。次はクライマックスの8巻。まだまだ活躍し続けて欲しい竜馬に待ち受ける運命やいかに。まあ、知ってしまってるんですけどね。

  • いよいよ、大政奉還へ。
    この巻に限らず、竜馬が登場すると突然場面が色鮮やかに、いきいきとした雰囲気になる気がする。

  • 無血革命にこだわる竜馬が大政奉還という奇策を思いつく。
    船中八策は名前しか聞いたことがなかったけれど、こういうことだったんだと分かった。

    テスト一週間前にして、あと一冊!
    早く読みたいけど、竜馬には死んでほしくない(>_<)

全187件中 1 - 25件を表示

新装版 竜馬がゆく (7) (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新装版 竜馬がゆく (7) (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 竜馬がゆく (7) (文春文庫)の作品紹介

同盟した薩摩と長州は着々と討幕の態勢を整えてゆく。が、竜馬はこの薩長に土佐等を加えた軍事力を背景に、思い切った奇手を案出した。大政奉還-幕府のもつ政権をおだやかに朝廷に返させようというものである。これによって内乱を避け、外国に侵食する暇を与えず、京で一挙に新政府を樹立する-無血革命方式であった。

新装版 竜馬がゆく (7) (文春文庫)の文庫

新装版 竜馬がゆく (7) (文春文庫)の単行本

新装版 竜馬がゆく (7) (文春文庫)の-

ツイートする