溺レる (文春文庫)

  • 2628人登録
  • 3.30評価
    • (131)
    • (236)
    • (755)
    • (92)
    • (20)
  • 291レビュー
著者 : 川上弘美
  • 文藝春秋 (2002年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167631024

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川上 弘美
梨木 香歩
川上 弘美
有効な右矢印 無効な右矢印

溺レる (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • ちょうどいい、は難しい。ちょうどいい具合に、ちょうどいい加減で、ちょうどいい頃合に。でも、いつも、少し多かったり、少し少なかったり、気を抜いていると、多過ぎたり少な過ぎたりして、行き着くところまで行ってしまう。あるいは、いつまでもたどり着けなくなってしまう。
    愛しているからおよんでみたけれど、およべばもっと繋がれるはずだったけれど、むしろもっと寂しくなる。およべばおよぶほど、一人になる気がする。それなのに、ちょうどいい、は難しい。
    そんな物語が螺旋のように繰り返されていた。

  • 暗くてさびしい。でも後味悪くないのが不思議。
    どうしようもない人たちが登場する。男も女も。
    此処はいったい何処なのだろう?
    同じような場所に、同じような男女が生息しているような。
    百年とか、五百年後とか、お伽話みたいでおもしろい。

    「亀が鳴く」が印象的だった。

  • これは官能小説。
    性描写もいやらしくなくて、どこか芸術的なモノに感じる。

    川上氏は、擬態語大好きだね。
    擬態語を芸術的に表現していると思う。

    でもこの官能小説・・・
    卑猥ととるか、芸術的とるかは、
    読者次第かな。
    私は「作品」として、とっても完成度高いと思いますが。

  • 「この小説の空気に、たゆたう」という経験は、唯一無二のもの。
    主人公たちは、いわゆる、「社会のなかで生きてく!」って感じじゃなくて、
    よくわかんないとこに、あっけらかんと、住んでいる。暗いとこに住む湿った動物みたいに。
    そこは、ユーモラスで、エロティックで、童話みたいに怖くて、キラキラしてて、ダサくて、哀しくて、いろんなものが未分化で、生とか死とかも、境界もなくて、暗くて明るくて、ドライでウェットで、ぐちゃぐちゃで、混沌としてて、真実なんだとおもう。
    そして、静かなので、すき。からだの深いところが、ぞっとしたり、よろこんだりするのを体験できる、いい小説だと思います。

  • 読んでみよう読んでみようと思いながらなかなか機会が無かった川上作品。まずはこの短編集から。
    この本に関しては、詩集のようなイメージを持った。恋する女と男の痛みがひりひりするようなストーリーなのに、文体が幻想的でどっちかというとほのほへの寄りに思えて、ギャップが何とも不思議な感じ……というか。

    ・さやさや
    ダメな叔父と、今横にいる男性とを、代わる代わる思い浮かべている女性。
    叔父はいなくなった。隣にいる男性のことを考えているのに、寂しくなる。

    ・溺レる
    逐電する男女。
    リフジンなものから逃げながら、時々アイヨクにオボレる。未来は見えない。寄り添う。

    ・亀が鳴く
    多分、楽な方へと流されやすい主人公。
    同棲相手に別れを告げられる。
    だけど飼っていたカメは手放したくなかった。

    ・可哀相
    乱暴な行為をする恋人。更に恋人は主人公を「可哀相」だという。
    それでも離れられない。

    ・七面鳥が
    七面鳥に乗っかられた経験があると話すハシバさんに想いを寄せる主人公。しかし強姦されてしまう。
    ハシバさんは主人公を見守ってくれているようだが、これから二人はどうなるのか不明。

    ・百年
    主人公とその恋人の男性は不倫関係。恋人は主人公を『坊ちゃん』に出てきた女中の『清』のようだという。
    心中しようとしたが、主人公だけが死に、恋人の男は生き残った。恋人は奥さんの元へ帰っていく。
    そのまま往生した恋人と、主人公はあの世でも会えなかった。100年、魂は漂っている。

    ・神虫
    主人公の恋人ウチダさんが、この本の中で一番、女性に対して熱い男だなと思った。結構嫉妬心まる出しな感じで。
    この一遍はカッと熱い。

    ・無明
    不死身で、500年一緒に生きている男女。
    500年一緒にいて、はじめてのことを試す。
    一緒に沿って、はじめてのことを体験して。そういう生き方を今後も繰り返すのだろうなぁ。

  • 「センセイの鞄」は好きだったのですが、こちらは苦手でした。登場人物がみんなダメな女性で、共感ができず…。この独特な雰囲気自体は好きです。

  • 川上弘美の怖さを見た。

    言葉の重ね方、
    会話の重ね方、
    酒と食事の重ね方が、
    川上弘美の魅力と思っていたのは、
    まだまだ少ない経験で得た、
    彼女のいち断面であったか。

    男と女の情念の、
    強く、淡く、もろく、
    果てしない粘りつき方が、
    とても恐ろしい。
    川上弘美が粘りつくと言うと、
    ひどく粘りついて見える。

    そこにある情念が、
    とてもとても粘っこい。
    あわあわとしているのに、
    さらさらとしているのに、
    やたらと絡みついて、怖い。

  • ちょっと翳りのある、どこかいびつさのある男女関係を描いた短編集。どの話もどろりとした関係性のはずなのに、湿っぽさは感じられない。どの“わたし”もどこか醒めた目で自分と男のやりとりを見ているように思えた。
    「この人の書く文章が好きなので、読んでみて欲しい」と友人から贈られた一冊。確かに自分では選ばないタイプの本なので、新鮮だった。

  • 今まで読んだ川上さんの作品の中で一番好きかも。
    恐ろしい恋愛が描かれた短編集。
    「百年」とか死ぬ気も失せる怖さ。
    基本川上さんの描く恋愛って怖いけど「百年」は突出した怖さでした。
    心中に失敗して自分だけ死んでしまった女の側から描かれてた作品。

  • いつも、このひとの書くものは夢の中のような印象で、なぜかと思うに、語り手の女性にも相手の男性にも、名前はついているのだけど、たとえば髪型とか年齢とか職業はなんだとか、そういう普通の小説になら必ず書いてあるはずのごく基本的な情報が、文章の中にほとんどないからだと思うのです。こちら側からは、声だけは聞こえるのに顔は真っ暗で見えないような、たとえば夢に見ている時はそれが誰だか知っていたはずなのに、目が覚めたらそれが誰だったかどうしても思い出せないような、ひどくもどかしい、あの感じ。

    「さやさや」「溺レる」「亀が鳴く」「可哀想」「七面鳥が」「百年」「神虫」「無明」解説:種村季弘

  • アイヨクに溺レる男女の8つの短篇。

    カタカナの雰囲気が、良い。
    艶めかしくも、美しい。

  • 短編集だから いっこだけ話を読もうと思ったのが




    最後・・・おもしろくて・・・一気に読んじゃった




    男女の恋愛の話なんだけど




    ちょっと不思議な感じもあるし、当たり前のようにあるような感じでも




    あるし・・・




    女性のちょっとさめた感じだとか・・なんだか分からないけど




    好きな人にいわれるがままになってたりとか




    なんでこうなってるんだかわからないけど




    そうしてしまうような・・・




    本能で貪欲に愛に溺レるのもちょっとステキかもな

  • いわゆる一般社会と分離して、
    自分たちだけの世界に埋もれることができること。
    平静に、平凡に、平常どおり過ごす私は、
    一度だけでもいいから、
    アイヨクに溺れてみたい、と思ってしまう。

  • 何かから逃げている、もしくは何かから逃げてしまった男女ばかりが描かれていて、現実と非現実の境界線をゆらゆらと行き来してます。
    ギリギリ狂気じゃなくて人間らしいとか、ギリギリ有り得なくもない気がするとか、そんな感じ。

  • 愛欲 非現実 心中

  • 一番最後の短編、500年以上も生き永らえている二人の話が一番好き。

    川上弘美の創り出す世界はどこか生と死の境界があいまいなものが多い。ついでにいうと人間かそうでないかということまで曖昧模糊としている登場人物も多い。
    そして舞台も日本であるのかそうでないのかあいまいで日本らしい場所のような気はするが、はっきり日本の地名が出て来るものもありそれでもここがどこかというのがはっきりしない印象がある。
    さまざまなものの境界が曖昧なので自己と他者の境界もあいまいかというとそうではない。主人公は他者との境界さえも曖昧にしたいとどこか望んでいるようである。自分が掴みきれていないふわふわとした自己はだが決して他者と相入れる事はなくやんわり拒絶されていたり、孤立している。
    曖昧な世界の中にある、自身はこの世界と同じように曖昧だと思っている自己ははたして曖昧ではないと私は感じる。他者の認識と自己の認識のズレは川上さんのテーマの一つではないかと密かに思っている。

  • 川上弘美は解体する。
    食べること、男女が交わること、その際の感情すらも解体して、生気を消し去り、結果、肉迫する。

    男と女が色情にまみれていくその破滅的な背徳感と非持続的な美しさ、溺レる二人を間近にみるお話。

    という、カッコつけすぎな感想。
    エロスなのかエロスではないのかは、よくわからない。

  • 短編集なんだけど、全体を通してだんだんと愛に溺れていく感じを書いてて。
    一緒に食事をしにさまよう始まりから、
    逃げ出したくなってしまう過程、
    愛欲に溺れようよ、なんてわらってみる1日、
    そうやって深みにはまってゆく魂が浮かぶ。
    その先まで。

    淡々としているんだけど、
    だから現実的で。
    物語のようなつくられた熱っぽさをもたないのは、
    所々にちりばめられたカタカナの効果なのかなぁ。と。

    アイヨクにオボレませんか。

    多分、一昔前のロマン。
    心中だとか駆け落ちだとか。
    それだけの深みにハマってしまいたいという、願望。

    今となっちゃ煩わしいだけだからと、それでも。
    それでも、心惹かれるのは、きっと願望があるからなんかなぁ。

  • いろんな男女が出てきた。
    細かい描写はないものの、やたら交わるのだけど、そんな部分より互いの気持ちや会話の部分の湿度や粘度が高くて驚く。
    さらっとしてる文章に見えるし、男から殺されそうになったり二人して不死身だったりと、なかなか共感できるシチュエーションでもないし、執着だの欲望だのが前面に出るよりは、ぼんやりした淡泊な主人公の一人称が多いのだけど、何故だか知ってる感情のような気がする。

  • 表題の話より、冒頭の「さやさや」が好き。
    互いに人間的に好意を抱いている男女が、酔ったまま終電もなくタクシーも走っていない田舎の道を歩く夜。
    美味しいお酒を気持ちよく飲んでいるような、心地いいふわふわした意識のなかで読めた。

    川上さんが描く男性はどうしてこうも魅力的に見えるのでしょう。
    現実世界にいたら確実に好きになってしまうようなおとこのひとばかりです。

  • 川上弘美さんてこんな詩的でエロい小説を書くのだなあと意外に思った。独特のちょっと古風な文体、言葉の使い方、それから頻繁に出てくる和食の描写。日本酒が飲みたくなる。全体的に上品な和の薫りがする。そして狂気が漂ってる。
    「百年」が一番好き。心中した男女の、生き残った側ではなく、死んだ幽霊の側から見た世界。という設定が面白い。個人的に『坊っちゃん』が好きなので、ところどころに出てくる「清」のエピソードにぐっときた。

  • 読書解禁1冊目。
    読んでると、ふわふわする。
    居酒屋に行きたい。

  • 独特のセカイカンだな。

  • 生の外側への逃亡

  • うーん…なんというか読みどころがよくわからない

全291件中 1 - 25件を表示

溺レる (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

溺レる (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

溺レる (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

溺レる (文春文庫)の単行本

ツイートする