溺レる (文春文庫)

  • 2608人登録
  • 3.29評価
    • (129)
    • (235)
    • (753)
    • (92)
    • (20)
  • 291レビュー
著者 : 川上弘美
  • 文藝春秋 (2002年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167631024

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梨木 香歩
川上 弘美
有効な右矢印 無効な右矢印

溺レる (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 川上弘美さんてこんな詩的でエロい小説を書くのだなあと意外に思った。独特のちょっと古風な文体、言葉の使い方、それから頻繁に出てくる和食の描写。日本酒が飲みたくなる。全体的に上品な和の薫りがする。そして狂気が漂ってる。
    「百年」が一番好き。心中した男女の、生き残った側ではなく、死んだ幽霊の側から見た世界。という設定が面白い。個人的に『坊っちゃん』が好きなので、ところどころに出てくる「清」のエピソードにぐっときた。

  • 読書解禁1冊目。
    読んでると、ふわふわする。
    居酒屋に行きたい。

  • 独特のセカイカンだな。

  • 読んでみよう読んでみようと思いながらなかなか機会が無かった川上作品。まずはこの短編集から。
    この本に関しては、詩集のようなイメージを持った。恋する女と男の痛みがひりひりするようなストーリーなのに、文体が幻想的でどっちかというとほのほへの寄りに思えて、ギャップが何とも不思議な感じ……というか。

    ・さやさや
    ダメな叔父と、今横にいる男性とを、代わる代わる思い浮かべている女性。
    叔父はいなくなった。隣にいる男性のことを考えているのに、寂しくなる。

    ・溺レる
    逐電する男女。
    リフジンなものから逃げながら、時々アイヨクにオボレる。未来は見えない。寄り添う。

    ・亀が鳴く
    多分、楽な方へと流されやすい主人公。
    同棲相手に別れを告げられる。
    だけど飼っていたカメは手放したくなかった。

    ・可哀相
    乱暴な行為をする恋人。更に恋人は主人公を「可哀相」だという。
    それでも離れられない。

    ・七面鳥が
    七面鳥に乗っかられた経験があると話すハシバさんに想いを寄せる主人公。しかし強姦されてしまう。
    ハシバさんは主人公を見守ってくれているようだが、これから二人はどうなるのか不明。

    ・百年
    主人公とその恋人の男性は不倫関係。恋人は主人公を『坊ちゃん』に出てきた女中の『清』のようだという。
    心中しようとしたが、主人公だけが死に、恋人の男は生き残った。恋人は奥さんの元へ帰っていく。
    そのまま往生した恋人と、主人公はあの世でも会えなかった。100年、魂は漂っている。

    ・神虫
    主人公の恋人ウチダさんが、この本の中で一番、女性に対して熱い男だなと思った。結構嫉妬心まる出しな感じで。
    この一遍はカッと熱い。

    ・無明
    不死身で、500年一緒に生きている男女。
    500年一緒にいて、はじめてのことを試す。
    一緒に沿って、はじめてのことを体験して。そういう生き方を今後も繰り返すのだろうなぁ。

  • 生の外側への逃亡

  • 「センセイの鞄」は好きだったのですが、こちらは苦手でした。登場人物がみんなダメな女性で、共感ができず…。この独特な雰囲気自体は好きです。

  • 川上弘美の怖さを見た。

    言葉の重ね方、
    会話の重ね方、
    酒と食事の重ね方が、
    川上弘美の魅力と思っていたのは、
    まだまだ少ない経験で得た、
    彼女のいち断面であったか。

    男と女の情念の、
    強く、淡く、もろく、
    果てしない粘りつき方が、
    とても恐ろしい。
    川上弘美が粘りつくと言うと、
    ひどく粘りついて見える。

    そこにある情念が、
    とてもとても粘っこい。
    あわあわとしているのに、
    さらさらとしているのに、
    やたらと絡みついて、怖い。

  • うーん…なんというか読みどころがよくわからない

  • 「溺レる」。
    何故「れ」ではなく「レ」なのか。
    なるほど「アイヨク」だから。
    ダメ女達のなんとも言えない「愛」の短編集。「愛」と書くのもはばかられるような、そんな状態だけど。

    冒頭の「さやさや」という短編は、おしっこの音だったとは。

  • ちょっと翳りのある、どこかいびつさのある男女関係を描いた短編集。どの話もどろりとした関係性のはずなのに、湿っぽさは感じられない。どの“わたし”もどこか醒めた目で自分と男のやりとりを見ているように思えた。
    「この人の書く文章が好きなので、読んでみて欲しい」と友人から贈られた一冊。確かに自分では選ばないタイプの本なので、新鮮だった。

  • なんとなく、雰囲気に浸れる女性作家さんの文章が読みたい、と手に取った本。以前読んだ『センセイの鞄』が良かったなぁと思った気がして。(確かこの本なのだがうろ覚え)
    雰囲気はあるけれど、全体的に傾いた雰囲気で通勤電車で読み始めてくらくらした。
    最初の「さやさや」とか、終わりのほうえーって感じだったし…。生々しい話が多い。
    その後、ああそういう話ばかりなのね、と理解。現実から逃避する、男性に従順についていくふわふわ…というかじりじりとした女性ばかりが主人公で読みなれると楽だった。流れに抗わずに流されるというのはいいなあという心地さえしてきた。慣れるまでがちょっと気持ち悪かったけど。なんというか、酔ってる時に読むのが最適かも。朝のしゃっきり現実脳には向かない本かな。笑
    食べ物にまつわる描写、毎回美味しそう。私はお酒を飲まないのだけど、おつまみとお酒美味しいのだろうなあと憧れるレベル。
    「百年」という話の設定面白かったかな。死んで百年経つのかい、とびっくり。さっぱりした書き方で、確かに清のよう。
    好きかどうかと言われると好きでないけれど、こういった文章をぐいぐい書けるのはすごいなと思ったので、星3つです。

  • 初めて読んだ彼女の作品。
    単純に、好き。
    見事その魅力に『溺レる』のでした。

  • 星3つ半くらい。
    ゆるゆると、川上ワールドに浸って居られるのが良い。
    短編集を読むのは初めてだった気がする。
    やっぱり、長編の方が良いな、と思いつつ、「神虫」あたりは、何がとは言葉に出来ないけれど、なんだか良かった、
    150816

  • 2015年7月29日読了。

  • 8つの短編が収録されているが、どれも似たような感じ。
    冷めた女性の「私」がカタカナの名字の「メザキさん」や「ナカザワさん」と付き合う話。

    現実味がなく、一人称で語られているにもかかわらず、どこか他人事みたい。性描写ですた乾いている。恋人同士の会話も「ですます調」でよそよそしい。

    つまらない話だけど、なぜか飽きずに全部読んでしまった。

  • 何かから逃げている男女を描いた短編集です。世間から、この世から、二人の関係性からーー彼等が逃げている対象は様々ですが、共通しているのは「諦めている」女の潔さでしょうか。

    男の決断に諾々と従い、嗚呼こんな筈じゃなかったのにと溜息を吐きながら、最後には全てを許容する強かさ。

    うーん、私には真似できないし、真似したくない女性像だなあ…。

  • 心細くて、無防備なふたつの魂が、はかなく寄り添いあって現実のすぐ隣にある世界にふっと移ろっていくようなお話、短編集。
    恋愛小説とあるけれど、ふたりの間で完全に閉じてしまっている世界や、思いのほか生々しさを覚える描写は、恋愛というよりも独特の男女のあり方を描いていて、読んでいて不安な、時に不快なー目を醒まして!と言いたくなるようなー心持になる。
    共感のできるお話ではないけれど、川上弘美さんらしい小説と言えばそうなのかな。タイトルも。

  • 川上弘美の小説を読むときはたっぷり時間がある時がいい。
    ふつうなら、どろどろの男女関係が特別な空間で起こっている感じでよい。
    この溺レるでは、行為の表現が独特で感心した。
    ハシバさんを蹂躙したいのに別の男に蹂躙された。
    サカキさんとの交歓は、おこなっているうちに体が粘ってきた。
    ウチダさんの情交はねばり強かった。
    一心不乱にほどこした。
    など、男とのアイヨクに溺れる表現が面白い。
    お酒と食べ物が美味しそう。
    酒、食べ物、男と女、愛欲について、ゆっくり読みました。
    もう一度「坊っちゃん」読もうかな。

  • 行間に立ち込める空気をどこかで感じた事があると思ったら、太宰の斜陽だった。

    収録作品の多くが「虚ろな男女のどこか前向きではない逃避行」といった風情。カラダの結びつきも描かれるわけだが、淡々としたエロさが文章として美しい。
    そしていつもの川上節というのか、暖簾に腕を押すような男女のかけあいもしみじみとした味わい深さがあって心地いい。

    砂時計の砂がさらさらと落ちて時の経過を告げる、そんな読後感。印象に残ったのは「さやさや」「溺レる」「可哀相」「七面鳥が」「神虫」の4篇。

  • 愛欲に溺れる
    しけこむ
    蹂躙される
    アイシテルンデス

    人物の使う言葉 毎回おもしろい
    真面目に使うのではなく、冗談本気の言い回しがまた良い。川上ワールドけっこう好き

  • 暗くてさびしい。でも後味悪くないのが不思議。
    どうしようもない人たちが登場する。男も女も。
    此処はいったい何処なのだろう?
    同じような場所に、同じような男女が生息しているような。
    百年とか、五百年後とか、お伽話みたいでおもしろい。

    「亀が鳴く」が印象的だった。

  • 出てくる人たちは結構どうしようもなくて、
    ただならぬ関係だったりするのだけど、なぜかこの人の作品に出てくる人物たちははかさかさとしている。
    悪い意味ではなく、湿っぽく、どろどろしたものが感じられない。淡くて、無臭。
    アイヨクに溺レる大人たちなのに、淡々と、死んでみたり、酔っ払って吐いたり、考えたり。

    でも食事の描写は相変わらず美味しそうなんだよなぁ。

全291件中 1 - 25件を表示

溺レる (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

溺レる (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

溺レる (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

溺レる (文春文庫)の単行本

ツイートする