ブクログ大賞

御宿かわせみ (32) 十三歳の仲人 (文春文庫)

  • 172人登録
  • 3.68評価
    • (12)
    • (17)
    • (31)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 平岩弓枝
  • 文藝春秋 (2007年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167710057

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

御宿かわせみ (32) 十三歳の仲人 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 表題作、微笑ましい話だった。ただちょっと現代的にアレンジされてるなぁとも。両家が決めたことに反対できたろうか。何分、関係者に関しては上手いこと話が進む。天邪鬼な人は読んでられないかも。図書館で借りられたらあと二冊も、新シリーズも読んでみたい。

  • 最初の登場からかなり気になっていたお石さん。
    こんな気持ちのいい素敵な人をお嫁さんにもらうなんて、
    何て幸せもんなんだよ、小源さん!!

    プロポーズのシーン、本当に良かった。
    不器用だからこそ伝わる。

  • 「かわせみ」へ奉公に来た頃は、山出しの猿公といわれたお石だが、女中頭のお吉の丹精の甲斐あって、気のつく働き者の娘に成長した。ある日、大店の嫁にという話がくる。一大決心で嫁ぐことにしたものの、お石も「かわせみ」の人々もその日を思うと何故かしら涙が出てきてしまうのだった。表題作ほか全八篇。不朽の人気シリーズ。

    著者:平岩/弓枝
    昭和7(1932)年、代々木八幡神社の一人娘として生れる。30年日本女子大国文科卒業後、小説家を志し戸川幸夫に師事。ついで長谷川伸主宰の新鷹会へ入会。34年7月「鏨師」で第41回直木賞を受賞。平成3年「花影の花」で第25回吉川英治文学賞受賞。平成10年、第46回菊池寛賞を受賞。平成16年、文化功労賞。テレビドラマ、芝居の脚本も数多い。

  • 御宿かわせみシリーズの中で、好きな巻のひとつ。
    表題の「十三歳の仲人」は、こどもたちの成長が感じられてぐいぐい引き込まれました。
    麻太郎くん、かっこいいな。どんな大人になるんだろう。

  • ・十八年目の春
    ・浅妻船さわぎ
    ・成田詣での旅
    ・お石の縁談
    ・代々木野の金魚まつり
    ・芋嵐の吹く頃
    ・猫芸者おたま
    ・十三歳の仲人

  • 女中、お石のための一冊だなぁ。
    小源が立派になったのも、お石が幸せになれたのも嬉しい。

  • 【8作収録】
    ・老舗の菓子屋・丸屋の地下から見つかった白骨は、18年前に丸屋の息子と共に行方知れずになった娘ではないかと訴え出た男。果たして娘は駆落ちしたのか、殺されたのか
    ・ご禁制の絵が世に出回り始める中、絵を懐中にした男の水死体があがる。人間関係をさらい、たどり着いた女も情夫と共に石見銀山入りの酒を飲んで死亡する
    ・茶道の師の共で遠出したるい。同行した大店の主人と女番頭の雰囲気の良さを一行が心地よく思っていたところ、女番頭を追ってきた男が突然求婚をする。焦った主人は翌日、女番頭と祝言を挙げるが・・・
    ・かわせみの女中・お石に大店の跡継ぎとの縁談話が持ち上がる。周囲の気遣いで何度か対面を果たすも、乗り気でないお石。そうこうするうちに、火事で相手の店が焼け、家族も死亡する
    ・かわせみで贔屓にしている大工の小源と出先で出会った東吾とお石。小源の連れ・左吉と出かけたお石は不成者に襲われるが、1人で見事撃退した。後日、男としての誇りを傷つけられた左吉はお石を襲う
    ・川に落ちた老舗の茶問屋の隠居を助けた東吾。自ら飛び込んだように見えたが、金にも家族にも恵まれ、悩みがあるような環境とは思えない。気のせいかと片付けたところ、後日、水死体で発見された
    ・かわせみに滞在する大店の若旦那が芸者に夢中になり、故郷へ帰る前の関係を清算を東吾に依頼する。後日、芸者の弟が異人の使用人ら3人を殺害し逃亡したとの報が入り、調査に乗り出す
    ・故郷での縁談話が持ち上がったお石。お石の幸せのためには仕方ないが、遠くに手放すことを寂しがる一同。そんな折、小源が怪我をして寝たきりになり、お石が毎日通って世話をするようになり・・・

  • 御宿かわせみシリーズ32巻目
    買わなきゃ買わなきゃ…で放置してたので購入
    やっぱりおもしろい!!!

  • 毎度のことですが、落としどころがうまいなー。

全13件中 1 - 13件を表示

御宿かわせみ (32) 十三歳の仲人 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

御宿かわせみ (32) 十三歳の仲人 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

御宿かわせみ (32) 十三歳の仲人 (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

御宿かわせみ (32) 十三歳の仲人 (文春文庫)のKindle版

ツイートする