すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

  • 102人登録
  • 4.33評価
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 堀江貴文
  • 光文社 (2017年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334039745

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)の感想・レビュー・書評

  • 学校で叩き込まれるのは我慢するマインド。国家も会社もなくなる。楽しい事ばっかりやったらいいやん。というおはなし。
    そだよねっておもう。ニッチ=レア=価値、ひとりから、いまから、生み出すことができる世界になった。ほんと便利で素敵だとおもう。
    でもまだN(国民国家)だとおもう。一生懸命我慢してきたわたしにとって、せっかく手に入れた秩序を捨てるにはまだはやい、とおもう。堀江さんは今やれば?って言うけど、まだじゃん?ともおもう。逃げてるだけかも、だけれど。

  • 洗脳とは思い込んで疑問に思わない事。そして、それは子供時代から学校という場で植えつけられる。それが、全て正しものと認識するが故に、考えることが減少する。当たり前と思うことを先ずは疑ってみる。そこから、今までと違う事に気づき様々な変化をしていくのではないでしょうか。今回の新著も分かりやすく書かれているので、読まず嫌いの方も一度読まれてもよい一冊かと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)のKindle版

ツイートする