すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

  • 229人登録
  • 4.03評価
    • (13)
    • (16)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 堀江貴文
  • 光文社 (2017年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334039745

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)の感想・レビュー・書評

  • 著者の本は何冊も読んでいるが本書は特に素晴らしい内容だった。今まで自分が感じていたことや思っていたことが既存の教育制度の歴史から解説してあり深い感銘を受けた。
    知識と常識は違う、L人材ではなくG人材として、ジェネラリストではなくスペシャリストでありたいと改めて再認識した。一方で目標から逆算している自分もあり考えを改めるべきことも認識できた。
    貯蓄型思考ではなく投資型思考をし、過去は過ぎ去った時間でしかなく再利用できる資源ではないこと、ワーク・ライフ・バランスなんて気にせずすべてを楽しい時間にして極端でも偏っていてもいいから楽しい事をして遊び尽くして生きていきたいと思う。
    何度でも読み返したい一冊。

  • ホリエモンの本は好きなのでよく読むが、この本については共感ができなかった。学校が工場労働者を製造するための養成機関だった歴史や、国というものに意味がなくなってきており、これからはグローバルな生き方か、地元を愛するローカルな生き方に二分化され、国家にこだわる奴は時代遅れであると言った論調や、みんな学校なんかやめて自分のやりたいことに没頭するべきだという主張であった。
    確かにホリエモンのように問題意識を持った人であれば何かに頭角を表したすごい人になるのかもしれないが、世の中の多くの凡人が好きなことだけをやり始めたら、世の中を構成する産業というものが成り立たないし、おもいっきり偏った世の中になるだろう。

  • やりたいことをやる。

  • 日本の学校教育が、どういう弊害をもたらすのか。歴史を通じて堀江さんの考えと共に学んでいく本書は、堀江さんの考え自体は他の書籍でも語られているが、学校教育の歴史やインターネットのもたらした所有の価値・投資型思考などの話が面白かった。

    私ももっと好きな読書やイラスト、武道などの趣味に没頭して、こうしたレビューや投稿で自分のタグを増やしていこう。

  • 20170418 言葉やテーマは違うけど、どの本でも主張はぶれていない。みんなが逆に洗脳されたらどんな世の中になるのか?想像すると楽しい。

  • この著書で言っていることはシンプルだ。

    好きなことをやればいい。
    やりたいことをやればいい。

    だが、こう思う人もいるだろう。
    そんなことはわかってると。

    なぜわかっててもできないのか。

    それは100%腑に落ちてないからだ。

    なぜ100%腑に落ちてないのか。
    それは自分のやりたいという思いに相反する思い込みがあるからだ。

    アクセルとブレーキを同時に踏んでも、進まないのだ。

    一体何で、何のブレーキを踏んでいるのか。

    それを教育という観点で紐解いていく。

    無意識のうちに叩き込まれた考えとなっている思い込みのルーツを知り、手放し、行動を起こす為の本だ。

    『「生きる」ために必要な、基本的な作業はほぼ機械がやってくれる時代がまもなくやってくる。楽しくない作業の全てを機械に任せられるのだから、後は楽しいこと、自分がやりたいと思う事に励むだけになる。』
    引用

  • 堀江貴文さんが、脱・常識、脱・学校、脱・組織を掲げ、今後の「教育」について提言した一冊。

    学校とは本来、工場で働く民衆や、国家に従順な国民をつくるために必要な「常識」や「思考」を育てる機関であり、富国強兵や軍国主義の時代には必要不可欠だった。

    しかし、インターネットやSNSが発達した現代では、これまでは距離も言葉の違いも面と向かう機会に関しても分厚かった国境の壁や、知識の得方に関しても、簡単に飛び越え、欲しい知識や情報も検索能力次第で簡単に手に入るようになったことで、働き方も人生の選択肢も一気に増えた。

    それでも、多くの人は、10代や20代前半までを学校に捧げ、その後は会社に40年ほどを捧げ、その間ずっと、宝くじが当たれば辞めてやる、あと○時間で退社だと、過ごしたくもない時間を過ごしている。

    人によっては、自分の好きなことで起業したいとか、会社を辞めてフリーランスで働きたいと考えている人もいるけど、学校という「洗脳」教育を受けている結果、会社を辞めることに踏み切れず、辞めたら仕事が見つからないとか、老後の生活が不安になるとか、辞めたら会社に迷惑がかかる等と言って、なかなか一歩を踏み出せない。
    それは、アクセルを踏んで進もうとしている一方、もう一方ではブレーキを踏み込んでいることに気づいていないから。そのブレーキこそが、学校で受けた横並びの「常識」教育だ。

    「常識」とは、「解釈」のことで、「知識」とは違う。主観の入りまくった、その時代、その国、その組織の中でしか通用しない決まりごと。この「常識」を埋め込まれているせいで、自分で考えて行動することに馴染めず、ブレーキを踏み込んだまま、タイヤを空回りさせている人が少なくない。

    今後は、先生や偉い人から教わる「教育」ではなく、好きで始めたものにハマり、あるとき気づいたら没頭していたという、遊びを仕事に変えるという流れがくるば、今では考えもつかない仕事や稼ぎ方がどんどん増えてくる。多くの人がやりたくないこと、単純な作業は、AIに任せることができる今の世の中だからこそ、人間本来の考える力、想像からの創造力をフルに発揮し、理想的な未来をつくっていこうと思えた。

  • 超良い。ほぼ全面的に同意。ホリエモンさんすごいや。

  • タイトルに共感しての購入。

    「公立校は知識でなく常識を教え込む世界。だから信用するな。行く必要なし。洗脳されてはならぬ」という主張、まさにそのとおり!
    モヤンモヤンと考えてたことを、さすがホリエモン、簡潔に言葉で表してくれてます。

    ほかのホリエモン本と、基本的に言ってることは一緒ですが...やっぱり本て、タイトルが命だよなー。

  • まだ、この本は読んでないけど、

    確かに、
    小、中、高校は偽物の人生だったなと思います。

    社会人になって、6、7年目


    今、金銭的に少ないけど、
    西麻布に住んでいて、

    自分の人生を送っている、
    生きている感覚は、あります。



    学校に行ってた時は、
    「自分」というものが無く、

    ただ、周囲の人に
    何かと流されていたと思います。

  • ・現在の学校教育は産業革命・軍国主義のためにつくられた遺産である。つまり、工場労働者・兵士を量産するために作られたものであり、時代に即していない。
    ・受け身である「教育」とは違い、「学び」は能動的なものである。
    ・教育により、組織に柔軟な人間となり、自分のやりたいことを我慢する習慣がついてしまう。やりたいことをしたい、と右足でアクセルを踏みながら、「でも…」と同時に左足でブレーキを踏んでいるのだ。
    ・学校は貯金。貯金ではなく、投資をしろ。
    ・会社は学校の延長である。結果よりも秩序を重視し、「常識」を押し付けられる。決められた勤務時間、年功序列、上司からの評価、研修制度。

    ・インターネットによりグローバル化が進み、今後はG人材(住む場所にこだわらず、今やりたいことを大切にし、変化を厭わない層)とL人材(生まれ故郷を大切にし、旧友や思い出を大切にする保守的な層)の二極化が進むだろう。
    (どちらにもなれなかった人がN人材=国粋主義になる。)⇐ここはいまひとつ納得できなかった?

    ・インターネットがあるこの時代、すべての人の前に市場は広がっている。我慢して会社に属する必要はない。
    ・好きなことに没頭すれば、それがいくらでも仕事につながる。
    ・3つの「タグ」をつければ、100万分の1の人材になれる。

    ・今後は、強固な共同体は解体され、離合集散を繰り返すゆるやかなつながりが増えていくだろう。
    ・組織や権威ではなく、自分の「今好きなこと」を大切にし、はまれ。そしてその責任を自分でとっていくだけ。
    ・好きなことをやって、いやになったらやめる。その生活は自由でとても楽しい。

  • 「学び」とは「お勉強」ではなく「没頭」のこと。
    誰かに与えられてやる無意味な知識の習得のことを「勉強」
    自分が本当にやりたいことの知識の習得のことを「没頭」
    と著者は定義している。
    「本当の自由」とはなにかを考えさせる一冊。かなり良かった。


    「与えられたルール」ではなく「自分でやると決めたこと」をする時、人は「楽しい」と感じる。
    逆に誰かからなにか自分の好きな事を提示されないかなぁと待っているのでは、どんな豪勢な遊びを与えられても本当にそれにのめり込むことは出来ない。
    「つまり待っていることは無駄」である。



    今自分が少しでもやりたいと思っていることは本当に「無理」なのか?
    そこを指標にするには「絶対に達成できるのか」ではなく「それに挑戦することは可能なのかどうか」を考える。


    「今後の仕事に繋がる趣味」など存在しない。
    誰かがじぶんのぼっとうの中から掴み出したものが仕事になったりお金になったりするだけ。


    キックボクシングに夢中になっている大学生はよくいて、その子が就職の時期に、この業界で成功するか分からないから続けていこうか迷ってるなんてことがある。
    それなら続ければいい。何故ならキックボクサーとして成功しなかったとしても、キック関係のなんかしらの仕事に就くかもしれないし、新しいビジネスが出来るかもしれない。

  • 働き方生き方あるいは、やりたいけれど…に悩んでいる人間にはそれなり響く1冊だと思う。20世紀型の教育=常識に対する疑問と、「没頭」という言葉で自分自身がどのように能動的に考え進んでいくかを問うている。

  • 「なぜか?何にも没頭できていないからだ。」

    堀江さんの本。
    何かに没頭している人を羨ましいと思う。
    没頭するものを求めてデモ活動に参加する人もいると聞く。”いつか”に備えていても、その日はこない。
    それでも不安になってしまうのは、いけないのだろうか。

  • たぶん堀江さんはわくわくしてる人だから、読んでてすごくわくわくした。いや、だったら、やればいいやんって思うことは多い。テクニック的なとこは、〜があるからやるのではなくて、〜がやりたいから〜をつかう。という、常に自分の好奇心スタートでものごとを考えるということ。でも、〜したい→お金が欲しい→土地がある→ホテルはどう?って思考として考えると、好奇心スタートではあると思った。あとはいつも思うけど、結局堀江さんは色々やってるし、成功体験もあるし、東大やし、肩書きはいらないってのは説得力ない。多くの人はどうしても外見で判断するから、堀江さんが東大行ってたのは、気づいてないだけで、かなり障害外しになってると思う。
    さて自分に置き換えると、1好きなもに自信をもってなに言われようが行動する。2.ロースクール行って一発で司法試験合格して実績残す。こんなかんじ。あと人は動かさない。自分で動くべき。考えを提示するのは大事かな。人を尊敬する。バカにしない。注意

  • 学校で叩き込まれるのは我慢するマインド。国家も会社もなくなる。楽しい事ばっかりやったらいいやん。というおはなし。
    そだよねっておもう。ニッチ=レア=価値、ひとりから、いまから、生み出すことができる世界になった。ほんと便利で素敵だとおもう。
    でもまだN(国民国家)だとおもう。一生懸命我慢してきたわたしにとって、せっかく手に入れた秩序を捨てるにはまだはやい、とおもう。堀江さんは今やれば?って言うけど、まだじゃん?ともおもう。逃げてるだけかも、だけれど。

  • 洗脳とは思い込んで疑問に思わない事。そして、それは子供時代から学校という場で植えつけられる。それが、全て正しものと認識するが故に、考えることが減少する。当たり前と思うことを先ずは疑ってみる。そこから、今までと違う事に気づき様々な変化をしていくのではないでしょうか。今回の新著も分かりやすく書かれているので、読まず嫌いの方も一度読まれてもよい一冊かと思います。

全17件中 1 - 17件を表示

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)を本棚に登録しているひと

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)はこんな本です

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)のKindle版

ツイートする