すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

  • 298人登録
  • 4.03評価
    • (18)
    • (29)
    • (11)
    • (1)
    • (1)
  • 31レビュー
著者 : 堀江貴文
  • 光文社 (2017年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334039745

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)の感想・レビュー・書評

  • 誰もがやりたいことをやらない。いろんな理由をつけて。自分もそう。
    やりたいことをやろう!楽しいことをしよう!
    没頭しよう!そんなモヤモヤした思いをかかえるひとの背中を押す本。
    でも自分の本当にすきなこと。やりたいことってなんだろう?考えてやりながら見つけていきたいと思った。もっと自由に。

  • ・学校教育という洗脳によって、忠実、真面目に会社員として務めるように叩き込まれている
    ・好きなことを仕事にする時代が、訪れる。大切なのはやりたいと思うことではなく、実際に行動に移すことだ

  • 【強固なレール】
    ずっとレールに乗って生きてきた人間はレールからはずれることを恐れる。
    ずっとレールに乗って生きていない人間はレールすら認識していない。

    日本人はなんで変化することを恐れるのでしょうか。
    変化に慣れてないからです。
    いきなりレールのないところへ行けと言われても行くことができません。
    完全に洗脳されているからです。
    しかし、変化したくない人は変化する必要はありません。
    レールに乗っている方が好きな人もいます。

    ただ、自分でルールをつくらない限り、誰かがつくったルール(レール)に乗っかることになります。
    どんなちっぽけなことでも自分のルールで行動している方が楽しいです。
    これは間違いないです。

    しかし、その自分のルールがお金になる、ならないのところで差がでるような気がします。
    「自分の好きなことができれば、めちゃくちゃ儲からなくてもいい、食べていくことさえできればそれでいい」とよく言いますが、そのような中途半端な儲かり方はしないと考えます。全く儲からないか、めちゃくちゃ儲かるのどちらかしかないように感じます。
    ここは好きなことを一生懸命考えているかいないかで大きな差がでます。
    まさに没頭力です。

    90歳まで食うに困らないようにするにはそれほど多額のお金は必要ないので、わたしも自分のルールで行動する状態にもっていきます。

  • 「洗脳は悪い人たちによる特別な行為で、”常識的” に暮らしている自分とは関係のないものだ」
    と思っているのならそれは大違い。
    「やりたいことを我慢し、自分にブレーキをかけ、自分の可能性に蓋をすることを推奨する恐ろしい洗脳が、白昼堂々なされているのが今の学校なのだ。」


    第1章 学校は国策「洗脳機関」である
    「国つくり」のための学校
    「使いやすい労働者」を大量生産する工場
    情報化社会になってる21世紀に、学校だけが未だ産業社会でいる


    第2章 G人材とL人材 。
    G人材は、世界規模 “グローバル” を行動範囲とする人材。
    L人材は、地元 “ローカル” に根付く人材。


    第3章 学びとは「没頭」である
    「没頭」=「欲望の解放」
    何のために何をするのか、どんな風にするのか、すべてを自分で決め、自ら責任を負いながら突き進む力。
    新しい時代を楽しく生きるために必須のこの能力を、「没頭する力」と呼んでいる。


    第4章 三つの「タグ」で自分の価値を上げよ!
    すぐに動こうとしない人、
    学校で学ぶことに執着する人たちは、この「貯金型思考」に強くとらわれている人たち。
    自分の思い描く理想像に近づきたいと勇気やワクワク感をマインドとする「投資型思考」。


    第5章 会社はいますぐ辞められる
    学校による洗脳が骨の髄まで染みわたっている大人たちが洗脳から抜け出すにはどうすればよいのか?

  • 山本七平の日本人論と共通するところ多し。

  • これを読むと自分がいかに「L型」で「貯蓄志向」であり、新しいことをチャレンジする際にリスクを気にして行動できないでいるかを痛感させられる。
    大事なのは「お勉強」ではなく、「学び」であり、そのためにはひとつひとつに全力で没頭すること。そのことで結果的にその人に「タグ」がつき、活動がさらに広がることも。
    これは全く同感です。
    自分ともっと向き合って、いいと思ってら我慢せずに行動するようにしようと思う。

  • 現在、読んでいる段階ですが堀江さんの考えが参考になる本だと思いますし、これから何かを始めたい人に勇気をくれる本だと思います。

  • 題名ほど中身はぶっ飛んでいない、笑。
    そして、義務教育の勉強している中身が悪いと言っているんではなく、「学校」という制度について疑問を呈している本である。学校や社会によって私たちがどれだけ洗脳されているかということもわかった。
    著者の好きなことをやって欲しいという思いも伝わった。
    洗脳されるのではなく、自分たちが選択して学びたいことを学んでいくことが必要だとわかったが、個人的には全否定ではなく、勉強していく中で見つけていくこともあるのではないかと思う。
    私は小さいころから比較的算数が好きで、現在もデータを扱っているときが幸せである。

  • 学校や会社に縛らるのはばからしい。逆算せずに、自分の好きなことにとことんはまれという堀江さんの主張は、何かに没頭していない自分には耳が痛い。

    没頭は、頭を使って結果到達するものといった視点は自分にはなかった。

    次同じ感想を書くことがないようにこれから一歩を踏み出そうと思う。

  • 大切なのは自分が求めるがままに没頭すること。
    分かる気がする。

  • 堀江さんらしい一冊
    学校教育は洗脳と言い切るあたりはまさに堀江節かな
    でも今すぐは無理だろうけど徐々にそっちの方向に向かうかもしれないなと思います
    とは言えやはり子供が集まる場所がないと困る親もいるので預かって子供同士の社会生活も必要かなと

  • ホリエモンの本は好きなのでよく読むが、この本については共感ができなかった。学校が工場労働者を製造するための養成機関だった歴史や、国というものに意味がなくなってきており、これからはグローバルな生き方か、地元を愛するローカルな生き方に二分化され、国家にこだわる奴は時代遅れであると言った論調や、みんな学校なんかやめて自分のやりたいことに没頭するべきだという主張であった。
    確かにホリエモンのように問題意識を持った人であれば何かに頭角を表したすごい人になるのかもしれないが、世の中の多くの凡人が好きなことだけをやり始めたら、世の中を構成する産業というものが成り立たないし、おもいっきり偏った世の中になるだろう。

  • やりたいことをやる。

  • 日本の学校教育が、どういう弊害をもたらすのか。歴史を通じて堀江さんの考えと共に学んでいく本書は、堀江さんの考え自体は他の書籍でも語られているが、学校教育の歴史やインターネットのもたらした所有の価値・投資型思考などの話が面白かった。

    私ももっと好きな読書やイラスト、武道などの趣味に没頭して、こうしたレビューや投稿で自分のタグを増やしていこう。

  • 20170418 言葉やテーマは違うけど、どの本でも主張はぶれていない。みんなが逆に洗脳されたらどんな世の中になるのか?想像すると楽しい。

  • この著書で言っていることはシンプルだ。

    好きなことをやればいい。
    やりたいことをやればいい。

    だが、こう思う人もいるだろう。
    そんなことはわかってると。

    なぜわかっててもできないのか。

    それは100%腑に落ちてないからだ。

    なぜ100%腑に落ちてないのか。
    それは自分のやりたいという思いに相反する思い込みがあるからだ。

    アクセルとブレーキを同時に踏んでも、進まないのだ。

    一体何で、何のブレーキを踏んでいるのか。

    それを教育という観点で紐解いていく。

    無意識のうちに叩き込まれた考えとなっている思い込みのルーツを知り、手放し、行動を起こす為の本だ。

    『「生きる」ために必要な、基本的な作業はほぼ機械がやってくれる時代がまもなくやってくる。楽しくない作業の全てを機械に任せられるのだから、後は楽しいこと、自分がやりたいと思う事に励むだけになる。』
    引用

  • 堀江貴文さんが、脱・常識、脱・学校、脱・組織を掲げ、今後の「教育」について提言した一冊。

    学校とは本来、工場で働く民衆や、国家に従順な国民をつくるために必要な「常識」や「思考」を育てる機関であり、富国強兵や軍国主義の時代には必要不可欠だった。

    しかし、インターネットやSNSが発達した現代では、これまでは距離も言葉の違いも面と向かう機会に関しても分厚かった国境の壁や、知識の得方に関しても、簡単に飛び越え、欲しい知識や情報も検索能力次第で簡単に手に入るようになったことで、働き方も人生の選択肢も一気に増えた。

    それでも、多くの人は、10代や20代前半までを学校に捧げ、その後は会社に40年ほどを捧げ、その間ずっと、宝くじが当たれば辞めてやる、あと○時間で退社だと、過ごしたくもない時間を過ごしている。

    人によっては、自分の好きなことで起業したいとか、会社を辞めてフリーランスで働きたいと考えている人もいるけど、学校という「洗脳」教育を受けている結果、会社を辞めることに踏み切れず、辞めたら仕事が見つからないとか、老後の生活が不安になるとか、辞めたら会社に迷惑がかかる等と言って、なかなか一歩を踏み出せない。
    それは、アクセルを踏んで進もうとしている一方、もう一方ではブレーキを踏み込んでいることに気づいていないから。そのブレーキこそが、学校で受けた横並びの「常識」教育だ。

    「常識」とは、「解釈」のことで、「知識」とは違う。主観の入りまくった、その時代、その国、その組織の中でしか通用しない決まりごと。この「常識」を埋め込まれているせいで、自分で考えて行動することに馴染めず、ブレーキを踏み込んだまま、タイヤを空回りさせている人が少なくない。

    今後は、先生や偉い人から教わる「教育」ではなく、好きで始めたものにハマり、あるとき気づいたら没頭していたという、遊びを仕事に変えるという流れがくるば、今では考えもつかない仕事や稼ぎ方がどんどん増えてくる。多くの人がやりたくないこと、単純な作業は、AIに任せることができる今の世の中だからこそ、人間本来の考える力、想像からの創造力をフルに発揮し、理想的な未来をつくっていこうと思えた。

  • 超良い。ほぼ全面的に同意。ホリエモンさんすごいや。

  • タイトルに共感しての購入。

    「公立校は知識でなく常識を教え込む世界。だから信用するな。行く必要なし。洗脳されてはならぬ」という主張、まさにそのとおり!
    モヤンモヤンと考えてたことを、さすがホリエモン、簡潔に言葉で表してくれてます。

    ほかのホリエモン本と、基本的に言ってることは一緒ですが...やっぱり本て、タイトルが命だよなー。

  • まだ、この本は読んでないけど、

    確かに、
    小、中、高校は偽物の人生だったなと思います。

    社会人になって、6、7年目


    今、金銭的に少ないけど、
    西麻布に住んでいて、

    自分の人生を送っている、
    生きている感覚は、あります。



    学校に行ってた時は、
    「自分」というものが無く、

    ただ、周囲の人に
    何かと流されていたと思います。

  • 「学び」とは「お勉強」ではなく「没頭」のこと。
    誰かに与えられてやる無意味な知識の習得のことを「勉強」
    自分が本当にやりたいことの知識の習得のことを「没頭」
    と著者は定義している。
    「本当の自由」とはなにかを考えさせる一冊。かなり良かった。


    「与えられたルール」ではなく「自分でやると決めたこと」をする時、人は「楽しい」と感じる。
    逆に誰かからなにか自分の好きな事を提示されないかなぁと待っているのでは、どんな豪勢な遊びを与えられても本当にそれにのめり込むことは出来ない。
    「つまり待っていることは無駄」である。



    今自分が少しでもやりたいと思っていることは本当に「無理」なのか?
    そこを指標にするには「絶対に達成できるのか」ではなく「それに挑戦することは可能なのかどうか」を考える。


    「今後の仕事に繋がる趣味」など存在しない。
    誰かがじぶんのぼっとうの中から掴み出したものが仕事になったりお金になったりするだけ。


    キックボクシングに夢中になっている大学生はよくいて、その子が就職の時期に、この業界で成功するか分からないから続けていこうか迷ってるなんてことがある。
    それなら続ければいい。何故ならキックボクサーとして成功しなかったとしても、キック関係のなんかしらの仕事に就くかもしれないし、新しいビジネスが出来るかもしれない。

  • 「なぜか?何にも没頭できていないからだ。」

    堀江さんの本。
    何かに没頭している人を羨ましいと思う。
    没頭するものを求めてデモ活動に参加する人もいると聞く。”いつか”に備えていても、その日はこない。
    それでも不安になってしまうのは、いけないのだろうか。

全31件中 1 - 25件を表示

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)を本棚に登録しているひと

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)はこんな本です

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)のKindle版

ツイートする