虚ろな十字架 (光文社文庫)

  • 532人登録
  • 3.81評価
    • (26)
    • (49)
    • (38)
    • (5)
    • (0)
  • 53レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 光文社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334774660

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

虚ろな十字架 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 如何なる理由であれ人を殺めたことのある人間は、どうすれば償えるのか
    刑に服すことで償えるのか
    死刑になれば遺族は救われるのか
    どんな形で償おうと、遺族は救われない
    この世からいなくなった人はもう二度と帰ってこないのだから。
    人が人を裁くには限界があり、永遠と答えは出ないのだろう。

  • 請求記号 913.6/H 55

  • 誰が一番悪いかについて読者投票とかしてほしい内容。
    命を奪った人は少なくとも法で罰する事ができるけど、心を壊した人を法で罰する事は必ずしもできない。
    多分、命を救うよりもずっと、心を救うのは難しいのだと思いました。

  • まぁまぁ面白かったけど、最後の文がいまいち

  • 刑務所だけが罪を償うことではない。それは自分だけで納得するのではなく、他人によって認められるもの。

  • 被害者の遺族にとっては例え死刑と判決が出たとしても、
    ただの通過点にすぎず、
    被害者が二度と返って来ることのない心の痛み。
    それをどこにぶつけて良いのかとても苦しみます。
    とはいっても死刑と下されなくても終身刑でも罪を償うために
    毎日刑務所の中で生きていると思うと矛盾する気持ちも分かります。
    どんな判決が出るにせよこの作品によって
    死刑制度ということを考えさせられました。
    罪を犯した時の償い方とはいったいどうしたら良いものかと
    頭を悩まされこれは永遠のテーマかとも思います。

    この作品では死刑制度についての答えは
    東野さんとしては導いていないですが、
    このような作品を描かれたことのよって読者をはじめとして
    多くの人にこの問題を投げかけているかとも思うので
    そこからまた生まれる何かがあるかとも思えました。
    一番良いのは罪を犯さないことが一番良いことなのですが。

    重いテーマを扱っていますが一つの事件から意外な方向へと広がり、
    複雑に絡み合った人間関係で構成されていて
    とても読み応えのある作品でした。
    ミステリー小説というよりもやや社会派な部分も楽しめました。

    以前読んだ「手紙」の作品で犯罪加害者の家族の事を少し思い出し、
    家族の絆や罪を償うということも重ね合わせながら
    この作品も読み、このような難しい作品も東野さんは上手いなと思いました。

  • 刑罰について考えさせられた。
    どうすれば罪を償えるのか。
    償う気のない人に、どうやって反省させるのか。

  • 贖罪について考えさせられる作品がまた一作・・・
    最後小夜子さんの押し付けに辟易させられるところがうまいです。
    傷も人それぞれなら癒され方も人それぞれ。
    模範解答はない。
    でもその人それぞれの解答すらそうそう見つかるものでもないんでしょうね。
    タイトルが素晴らしいと思います。

  • 死刑制度について考えさせられる一冊。

    本当の罰と償いってなんなんでしょうね。
    答えはきっと人それぞれなんでしょう。

  • 少しダラダラした感じがした。

  • やはり、本としては上手いなぁ。

    読後はうーーーん

  • 犯罪の加害者、被害者どちらの視点からも描いてきた著者だけに、割り切れない想いが溢れている。加害者が背負う十字架とは何なのだろう。分かるはずもないのかも知れない、なぜなら誰も十字架の中までは覗けないのだから。
    あらすじ(背表紙より)
    中原道正・小夜子夫妻は一人娘を殺害した犯人に死刑判決が出た後、離婚した。数年後、今度は小夜子が刺殺されるが、すぐに犯人・町村が出頭する。中原は、死刑を望む小夜子の両親の相談に乗るうち、彼女が犯罪被害者遺族の立場から死刑廃止反対を訴えていたと知る。一方、町村の娘婿である仁科史也は、離婚して町村たちと縁を切るよう母親から迫られていた―。

  • 被害者、加害者の両者に感情移入できるように構成されていて、

    その上での問題定義。

    さすがだな。。

  • 「刑罰」の矛盾、理想と現実のギャップを突き、真の「償い」とは何かを問い掛ける話。予想に反し、死刑制度そのものが主題ではなかった。少しホッとするラストだが、登場人物のその後を考えると複雑な気持ちになる。最後の刑事の言葉が全て。

  • 複数の事件や人間関係が絡まっていて,読み応えがあった。死刑や償いについて考えさせられた。

  • 死刑制度というテーマを犯罪被害者家族・加害者家族の両方からの視点で描きあげている。重たすぎるテーマなのに、軽快なテンポで読ませるのはさすが。
    死刑を望む被害者家族。ただし、死刑が本当に罪を償うことになるのかという事は疑問。罪の認め方や償い方、どう罪を背負って生きていくか。絶対的な答えが無い問いに対して、色々と考えさせられる。

  • ★3.5
    犯人の死刑を望む遺族の気持ち、犯人の背景に同情してしまう気持ち、そのどちらの気持ちも分かる。そして、遺族側から見るか犯人側から見るかで、死刑の必要可否は全くの真逆になる。そんな答えの出せない死刑をテーマに、相変わらずの巧みな展開で引き込ませてくれる。が、登場人物に少し癖があり、軽い嫌悪感を抱く場面も。小夜子は正しいけれど優しくはなく、花恵は彼女がそれを言っては駄目だと思う。ただ確かなことは、殺人は絶対に犯してはならない罪だということ。と同時に、犯人に心から悔いる気持ちがないと全く意味がない。

  • 重い重い話で、なかなか読みすまなかった。
    まるで嫌いな食べ物を噛み締めていて飲み込むのに時間がかかる、みたいな感覚。

    初めはバラバラだったひとつひとつの事実が、だんだんと繋がっていって一気に紐解ける時は非常に爽快だったが、読了後もこの重すぎるテーマが頭から離れず、全くスッキリしなかった。

  • 綺麗に回収されていく伏線が気になり、一気に読んだ。
    ただ、読まなければよかった、とも思った。
    事件は解決しても釈然としない。
    重い気持ちだけが残った。
    興味深く読めたけれど、読後の爽やかさはゼロなので、星は3つ。

  • なかなか東野作品では重いテーマなのかな。解決スッキリ感はあんまり無くて、母親の立場として、犯罪に対して重く受け止めました。

  • とにかく内容が重い
    私生活が淀んでしまうのではないかと思える程に本に入り込んでしまって落ちる

    これ程の物語をこんなにもまとめあげれている東野圭吾はやはり凄いとしか言いようがない。

    小夜子の真実を明るみに晒してしまいたい気持ちもわかる。
    史也と花恵の守りたい生活もわかる。
    人生が変わってしまった沙織の気持ちも理解できる。
    中原と小夜子の両親の気持ちもわかる。
    全ての登場人物の気持ちがわかるが故に、この物語の奥深さがあると思える。

全53件中 1 - 25件を表示

虚ろな十字架 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

虚ろな十字架 (光文社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

虚ろな十字架 (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

虚ろな十字架 (光文社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

虚ろな十字架 (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする