虚ろな十字架 (光文社文庫)

  • 264人登録
  • 3.96評価
    • (8)
    • (12)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 光文社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334774660

虚ろな十字架 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 裁判の結果の量刑、法に照らしたうえとはいえ何のための刑なのか何を目標に据えた刑なのか。難しいそして重い。法という約束事が守られてこその社会だと思うけれど、目には目をと思ってしまう自分もいる。

  • 罪の償い方。
    罪との向き合い方。
    罪の認め方。
    罪を背負って生きることの難しさ。

  • どの人物の視点になるかで見方が変わる作品。最初は死刑判決について考える話かと思ったが、それだけではなく、人が人を裁くことの難しさ。罪を償うことの難しさ。人の感情の難しさを教えてもらいました。
    二つ目の事件は哀しい事件で、どうか関わるみんなが救われるといいなと思いながら読み進めました。久しぶりに一気読みした。

  • 人を殺した人はどのような事情があろうとも死刑になるべきか。
    答えのない(いや、個人的な答えを持っていたとしても人類共通の解としてとても統一できそうにない)問いかけに、娘と元妻を殺された当事者として逃げずに向き合う主人公。
    理不尽に娘を殺され、「犯人に極刑を」という夫婦の望みは達せられたものの、元の幸せな状態にもどることはもはやなく2人は別れを選ぶ。
    通魔による強盗殺人の被害に遭った元妻が、旺盛な正義感から「死刑制度」と向き合い、ルポライターとして自身の情熱を形にしようとしていたことを知り、主人公は元妻が殺された原因や背景を解き明かそうと奔走する。

    冤罪や殺人の多様性から、「死刑廃止」を唱えるひとごいる中、元妻は「少なくとももう二度と、元殺人犯から殺される人は発生しなくなる」という理由から、一度殺人を犯した人は死刑に、と訴える元妻。
    一方で、反省の気持ちもないまま死刑になることと、反省の気持ちに苦しみながら一生を贖罪に捧げることと、どちらが被害者にとって救いがあるのだろう。
    闇雲に選ぶことができない答えについて、真摯に向き合った作品。

  • 「死刑」は虚ろな十字架か。是非は読者に委ねられたのだろうか。そもそも、この作品の3つの殺人は同じ次元で考えてよいのか。愛娘を殺された小夜子や万引き依存症の沙織のヒステリックさと、主人公の中原や仁科の達観した言動に読後感も虚ろである。

  • 予約済み:品川区図書館

  • 死刑制度を題材にした,久々に重い社会派の話かと思って期待して読み進めていたのだが,最後になって焦点がぼやけて,不完全燃焼と言った感じ。ちょっと残念。

  • 死刑について考えさせられる。

  • 死刑の是非という,久々に重い社会派のテーマ。でも,最終的に中途半端というか,物足りなさを感じた。最後に論点がぼやけちゃったし。

  • 死刑制度の是非を問う作品。結論的なものはなく、いくつかの視点から死刑に対する考え方がバランスよく描かれている。難しい問題だと思う。
    小夜子のような暴走するタイプはキツイ。いくら過去の出来事があったとはいえ、自分の考えが正義とばかりに他人を批判し、追い詰める行為はどうかと思う。義父もそんな昔の未成年の行った罪に対し、現在の娘婿の地位を心配して殺人まで犯すのはどうかと思う。そもそも身体が未発達な中学生が知識もなく出産できるのかという点もどうかと思う。
    突っ込みどころはところどころあるけれど、重いテーマなのに先を読ませる展開と、読後に人を殺したら死刑になるべきか、罪の償い方は死刑だけなのか等々を読者に考えさせる話の方向性がさすが東野さんだなと思う。
    愛する家族が殺されたとしたら・・・考えたくないが、やはり犯人の死刑を望むと思う。それで失われた命が元に戻るわけでもないが、心情的にはそうなると思う。

  • 「手紙」に続いて難しい、というか答えの出せないテーマに取り組んだのがすごい。死刑の是非といったイチかゼロかという議論はするだけ無駄だとおもうが、いい結び方だと思う。個人的には田端の量刑が、自殺では足りなかったな、心情的に。まあ、脇役に紙面を割くのはもったいか。

  • 中原道正・小夜子夫妻は一人娘を殺害した犯人に死刑判決が出た後、離婚した。数年後、今度は小夜子が刺殺されるが、すぐに犯人・町村が出頭する。中原は、死刑を望む小夜子の両親の相談に乗るうち、彼女が犯罪被害者遺族の立場から死刑廃止反対を訴えていたと知る。一方、町村の娘婿である仁科史也は、離婚して町村たちと縁を切るよう母親から迫られていた―。

  • 【前書き】
    読んでみて思うのは、
    先に「秘密」を読んで「手紙」を読んでから、
    「虚ろな十字架」でいいんじゃないかと思うのです。
    気になるのは、
    出版社の枠を超えちゃってるんですよねぇ。。。

    文春さんではガリレオに集中したいのかな?
    光文社さんで、
    刑罰とか死刑制度や犯罪における被害者の加害者のその周囲の立場なんかを、
    考慮しながら書いてる作品を手掛けていくのでしょうか?

    文春さんが「秘密」と「手紙」で、
    光文社さんが「虚ろな十字架」です。
    「秘密」は感想を書いてますが、
    「手紙」はまだです!
    「手紙」はおいおい書いていくと思います。


    【内容】
    「井口沙織」と「仁科文也」が序文な。

    本編に入って、
    「中原道正」さんの話が始まって、
    元嫁「小夜子」こと「浜岡小夜子」さんがでてくる。

    11年前かな。
    「中原道正」と「中原小夜子」は娘の「愛美」を殺されている。
    裁判で犯人の「蛭川」は死刑になる。
    その後2人は別れて11年後ですか。
    「浜岡小夜子」が殺される!
    殺したのは「町村作造」という68歳のおじいさん。

    「浜岡小夜子」は離婚後フリーライターになっていた。
    万引きの常習犯になってる「井口沙織」を取材してて違和感があったんだな!
    それを踏み込んで取材してたら知ってしまった新事実!
    その新事実のせいで殺されることになる。

    医者になっていた「仁科文也」の嫁の旧姓は「町村花恵」
    つまり、
    殺人犯「町村作造」の娘なんだな。
    「仁科文也」からすると義理の父が殺人犯なわけです。
    聞くと、
    「文也」の息子は「文也」と似てない!
    で、
    それは誰の子ってのが親族間で問題になってて、
    追い打ちをかけるように義理の父が殺人犯になったわけだから大変な!
    しかし、
    なんで「町村作造」は「浜岡小夜子」を殺したんだ?
    それを、
    解いていくのが「中原道正」ですな。
    結果は、
    「仁科文也」と「井口沙織」の秘密を、
    「浜岡小夜子」が、
    「仁科花恵」に話してる時に「町村作造」が聞いてしまって、
    殺さなければ!
    と、
    思って殺しちゃったんですな。

    ざっくり書くとこんな感じかな。


    【感想】
    タイトルにもあるけど、
    かぐりん的には「小夜子」が嫌い!

    タロット占い師なんでタロットを絡めて書くとさ、
    「正義」ってカードがあります!
    これは、
    ルール絶対主義なんですよ!
    例えば、
    人を1人殺したら終身刑!
    人を2人以上殺したら死刑みたいに、
    揺るがない絶対ルールのカード!
    で、
    「法王」とか「隠者」ってカードがあるんですね。
    こちらは、
    情状酌量の余地がある正義なんです!
    つまり、
    反省してるから人を1人殺しちゃってるけど終身刑とは言わずに、
    20年刑務所に入っててくれればそれでいいよ。
    と、
    言った感じのカード。

    離婚して、
    フリーライターになった彼女は「正義」になっちゃった!
    目には目を歯には歯を的な、
    殺したんだから殺されろ的なのはかぐりん的には違う。
    そういう経験がないけど、
    ないからこそ言えるのは、
    愛する人が殺されても生き返ることはないんだから、
    諦めるよ。
    でも、
    復讐はするね!
    刑務所?
    甘い!
    本の帯に書いてあるけど、
    「我が子を殺されたらあなたは犯人に何を望みますか」
    って、
    生き地獄を味わせてやるから刑務所から早く出てきて!
    と、
    思うのがかぐりんです!
    死刑になれ!
    と、
    絶対に思わないと考える。
    自分の手で生き地獄を与えるわ!
    マジで!
    いくらでもその方法はある!
    でも、
    実際にそうなったどうするかは・・・。


    「愛美」を殺し... 続きを読む

全14件中 1 - 14件を表示

虚ろな十字架 (光文社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

虚ろな十字架 (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする