虚ろな十字架 (光文社文庫)

  • 860人登録
  • 3.65評価
    • (36)
    • (107)
    • (82)
    • (17)
    • (2)
  • 94レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 光文社 (2017年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334774660

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

虚ろな十字架 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 東野圭吾はコンスタントに本を出し続ける超人気作家で、当然ながらその文章も大変読みやすい。それでいて、犯罪の被害者、被害者遺族、加害者と加害者親族などの問題を抉ってくる作品が多い。本書もその一つで、しかも被害者側と加害者側の両方を描いている。その上、罪と罰の定義、法の限界といった問題提起まである。よくこんなにも重いテーマを持った考えさせられる話にちゃんと驚きを用意し、一気読みさせるエンターテインメント作品に仕上げるものだ。全てが明らかになって初めて意味がわかる、タイトルと装丁も良い。

  • 誰が一番悪いかについて読者投票とかしてほしい内容。
    命を奪った人は少なくとも法で罰する事ができるけど、心を壊した人を法で罰する事は必ずしもできない。
    多分、命を救うよりもずっと、心を救うのは難しいのだと思いました。

  • 綺麗に回収されていく伏線が気になり、一気に読んだ。
    ただ、読まなければよかった、とも思った。
    事件は解決しても釈然としない。
    重い気持ちだけが残った。
    興味深く読めたけれど、読後の爽やかさはゼロなので、星は3つ。

  • 「死刑」は虚ろな十字架か。是非は読者に委ねられたのだろうか。そもそも、この作品の3つの殺人は同じ次元で考えてよいのか。愛娘を殺された小夜子や万引き依存症の沙織のヒステリックさと、主人公の中原や仁科の達観した言動に読後感も虚ろである。

  • 予約済み:品川区図書館

  • 死刑制度の是非を問う作品。結論的なものはなく、いくつかの視点から死刑に対する考え方がバランスよく描かれている。難しい問題だと思う。
    小夜子のような暴走するタイプはキツイ。いくら過去の出来事があったとはいえ、自分の考えが正義とばかりに他人を批判し、追い詰める行為はどうかと思う。義父もそんな昔の未成年の行った罪に対し、現在の娘婿の地位を心配して殺人まで犯すのはどうかと思う。そもそも身体が未発達な中学生が知識もなく出産できるのかという点もどうかと思う。
    突っ込みどころはところどころあるけれど、重いテーマなのに先を読ませる展開と、読後に人を殺したら死刑になるべきか、罪の償い方は死刑だけなのか等々を読者に考えさせる話の方向性がさすが東野さんだなと思う。
    愛する家族が殺されたとしたら・・・考えたくないが、やはり犯人の死刑を望むと思う。それで失われた命が元に戻るわけでもないが、心情的にはそうなると思う。

  • 夢中。そうくるか。そうきたか。の連続。夜中に読み始めて止まらなくなり朝3時から眠れなくしてくれちゃう一冊です。

    さすがの東野圭吾。感動とかそういうのはないのにこんなにも引き込むなんて。。内容も子供殺しからはじまり子供殺しで終わるので、若干重々しいし被害者家族の心中を語る記述に関しては、自分のことのように考えると息苦しくなるほど、、、、

    こんな理不尽な世の中、あるんだよね。あるところにはあるんだ。

    と、普段何気なく見ているニュース、事件の裏側の悲痛な叫びをすくい上げるような一冊でした。。。

  • 帯文:”罪は贖えるのか!?東野圭吾最大の問題作” ”我が子が殺されたらあなたは犯人に何を望みますか――” ”死刑は無力だ”

  • 刑罰について考えさせられた。
    どうすれば罪を償えるのか。
    償う気のない人に、どうやって反省させるのか。

  • 贖罪について考えさせられる作品がまた一作・・・
    最後小夜子さんの押し付けに辟易させられるところがうまいです。
    傷も人それぞれなら癒され方も人それぞれ。
    模範解答はない。
    でもその人それぞれの解答すらそうそう見つかるものでもないんでしょうね。
    タイトルが素晴らしいと思います。

  • 少しダラダラした感じがした。

  • やはり、本としては上手いなぁ。

    読後はうーーーん

  • 被害者、加害者の両者に感情移入できるように構成されていて、

    その上での問題定義。

    さすがだな。。

  • 重い重い話で、なかなか読みすまなかった。
    まるで嫌いな食べ物を噛み締めていて飲み込むのに時間がかかる、みたいな感覚。

    初めはバラバラだったひとつひとつの事実が、だんだんと繋がっていって一気に紐解ける時は非常に爽快だったが、読了後もこの重すぎるテーマが頭から離れず、全くスッキリしなかった。

  • 過去の過ちは簡単には消せない。

  • 死刑制度を題材にした,久々に重い社会派の話かと思って期待して読み進めていたのだが,最後になって焦点がぼやけて,不完全燃焼と言った感じ。ちょっと残念。

  • 人の死、罪、人生、こんな形で表現出来るとは。

  • 出産のところが怖かった。
    最後の方に出てきた、「そういえばドアノブに首を吊って亡くなったミュージシャンがいた……」っていうのはhideのことか?

  • 罪というものについて、どのようにそれを償うのかというテーマで書かれています。幼い娘を殺され、その犯人に死刑判決を求める。そしてその判決が下されたとき、まったく解決していない現状を知ることになります。被害者はどのように判決が出れば救われるのか。加害者はどのようにしたら罪を償うことが出来るのか。判決というものはそれを解決できない。虚ろな十字架というタイトルが響きます。そのテーマに対して向き合う登場人物たちのそれぞれの向き合い方。全員が関係者という結末には驚きました。ここまで出来過ぎた話は無いだろうと思いながらも、小説のもつストーリーの組み立てという力と、それを駆使する著者の力技に感心しました。

  • 子どもを殺された親と、子どもを殺した親と、子を守るために殺した親と、殺す動機も、その結末も、罪の意識も、償い方も、みなそれぞれで、正解は無いんだなと思う。
    それでもやはり失われた命は返ってこない。
    いろいろなことを考えさせられる一冊。

  • 東野圭吾はやっぱり面白い。
    複雑に絡む人間関係がどこで繋がるのかページをめくる手が止まらない。死刑という難しい問題について初めて考えることができた。

  • 死刑制度に関する話には興味があって今まで色々読みつつ観つつ考えて来たけれど、とある作品で気持ちが大きく変わってからそれは動いていない。

    この作品を読んでどう感じるか読む前は少し不安だったけれど気持ちは変わらなかった。


    でもほんと難しいよね。
    立つ位置によってそりゃ感情は変わってしまうもの。

  • 物語は幾重にも交差して厚みはあるが、東野圭吾としては、普通かな。

  • 一気読み。しかしオトンが解せぬ

  • 東野圭吾さん、久しぶりに読んだ。
    よかった。
    これは『東野圭吾最大の問題作』という帯にもうなずける。

    東野圭吾さんは、本当にたくさんの作品を出していて、一時期ハマって連続で読んで、マンネリ化に飽きて休憩してた(笑)

    ところが久しぶりに読んだ本作は2日で一気読み。
    ちりばめられた伏線が一本にまとまっていく様は小気味の良いリズムさえ感じられる。

    『死刑制度』について。テーマは重い。

    被害者遺族、加害者家族、多角度からの目線でテーマに挑んでいる。しかしそこには結局、答えはない。自分なり考えるしかない。

    重すぎるテーマに辛いと思う人もいるだろう。答えのない結末に不完全燃焼と思う人もいるだろう。
    けれど私はそれでよいと思う。

    プロローグの甘酸っぱい幸福なふたりの結末が、あまりにも切なく悲しすぎるけれど・・・。

全94件中 1 - 25件を表示

虚ろな十字架 (光文社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

虚ろな十字架 (光文社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

虚ろな十字架 (光文社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

虚ろな十字架 (光文社文庫)はこんな本です

ツイートする