猫は神さまの贈り物<エッセイ編>

  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408594118

猫は神さまの贈り物<エッセイ編>の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小説編に続き、エッセイ編も読んでみました。

    猫との日常を描いたエッセイでおもしろかったのは、やはり夏目漱石です。
    「吾輩は猫である」の作者であることから、で猫好きなのだろうな~と思いきや、実は漱石、猫好きではないらしいのです。
    好きではないけれど、書かずにはいられないくらい、猫は漱石の生活に寄り添っていたということなのかな…と思いながら読んでいました。

    また、日本各地の猫にまつわる伝承を考察した柳田國男の「猫の島」や、猫がまたたびに惹かれる訳を動物心理学者流に検証する黒田亮の「猫にマタタビの誘惑」も興味深かったです。

    人と猫との絶妙な距離感が好きです。
    読後、猫のいる空間の居心地のよさを思い出し、実家の猫たちが恋しくなりました。
    私のそばにも1匹居てほしい…。

  • 古今東西の猫エッセイをあつめたアンソロジー。動物学者や柳田國男が入っていたりと単なる猫愛好に留まらないラインナップ。もちろん漱石の「猫の墓」も入っている。私が気に入ったのは熊井明子さんの「私の猫がいない日々」。猫好き故に猫を飼わないと決めた日々、でも猫に飢えて方々の猫を訪ね歩き、猫を飼わないという決心は氷解する。猫はよその猫でもかわいい。でも自分の家の猫はひときわかわいい。

  • 2015 3/11

  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】914.68||Y||エッセイ編【資料ID】91140758

  • 『猫は神さまの贈り物』というインパクトのあるタイトル。私は犬と爬虫類派名なのだが手に取ってみた。猫にまつわるエッセイのアンソロジー。猫について熱く語る作家たち。猫の魅力や猫の生態というものを見せてもらった。やはり、猫は不思議な生き物だ。猫好きな方にはたまらないのではないだろうか。続けて小説編を読んでみる。

  • おおー

    実業之日本社のPR
    「読書家垂涎の執筆陣による猫随筆アンソロジーが待望の復刊! 谷崎潤一郎、大佛二郎、夏目漱石、奥野信太郎、木村荘八、柳田国男ほか。」

全6件中 1 - 6件を表示

谷崎潤一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

猫は神さまの贈り物<エッセイ編>を本棚に「読みたい」で登録しているひと

猫は神さまの贈り物<エッセイ編>を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

猫は神さまの贈り物<エッセイ編>を本棚に「積読」で登録しているひと

猫は神さまの贈り物<エッセイ編>の作品紹介

どうしてこんなに愛しいのか。個性派作家たちをも翻弄する猫の魅力。珠玉の"猫"エッセイ集。

ツイートする