自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 6688人登録
  • 4.15評価
    • (1072)
    • (732)
    • (495)
    • (62)
    • (28)
  • 885レビュー
  • 大和書房 (2006年10月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479791775

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
トニー・ブザン
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

自分の小さな「箱」から脱出する方法の感想・レビュー・書評

  • より良い対人関係を築くためには、相手を責めるのではなく、謙虚に自分の態度を顧みなくてはいけないという話。
    どんなにイライラする相手であっても、100%自分に非がないと言えるだろうか

    よくよく心理が分析されているように思う。我が身を振り返れば、思い当たることはたくさんだ。

    自分には上手く要約することができないので気になる人は読んでほしい

  • 正真正銘のすごい本。

    人との付き合いかた関わりかたで悩んだ人には間違いなく助けになる本。
    ようするにあらゆる人の助けになる本だった。

    読むことかできてよかった。

  • 友人のオススメ本

    自分を正当化するために相手が責められるべき人間でなくてはならない=約束を守った子供にガッカリする

    これにはハッとさせられた

    自己欺瞞に陥らないように・・・生きていきたい・・・


    ちゃんと理解したいので続編も読んでみようかな

  • 多くの自己啓発本や「〜をうまくする方法」なんて本がありますが、あれこれ読むより、この本1冊で、目から鱗が落ちる思いでした。
    この本は読み進むにつれて、自分自身の「箱」が見えてきます。
    そして、心のつっかえが少し小さくなった感じを受けますね。
    何かよく分からないけど・・・いつのまにか「箱」から脱出している自分がいるような気がします。今まで読んだ本の中で、影響の大きかった本の1冊に加わりました・・・お薦めです!

  • 「箱」とは、ある種個人の固定観念
    あらゆる箱に当てはめることで、その人への見方が歪み、自分自身への見方が歪み、世界の見方が歪む。

    まずは自分自身に背く行動を自覚すること。
    人を物として見てる時、人として見てる時。その区別を自覚することから始まるんじゃないか。

  • 人の判断を乱し、関係性を破壊していくのは相手をひとではなく物として見てしまう状態に理由がある。まるで相手を受け容れないで箱に入った状態である。
    相手に何か問題があると考え、傲慢な態度を取ったり攻撃したりする。本書ではかなり具体的な例を挙げ箱のイメージ、運用を明確にしていく。
    私は続編のー2日で人生が変わる「箱」の法則ー
    から読んだのでその関連性が面白かった。

  • 雑にいうと相手を大切にしましょうみたいな話だった。物語形式。相手が箱に入りっぱなしのときにどうするかみたいな話は、次作(?)に一応書かれていた。

  • 物語形式。再読したい。

    箱=自己欺瞞
    自分の感情に裏切ることで箱に入ってしまう。
    箱に入っていると、自分を正当化しようとする。
    箱の中に入っている他人を責めない。自分が箱の外に留まるようにする。

  • 「他人は変えられないから自分が変わるしかない」。これって「悪い奴はほっておく」とか「自分だけが変わればいい」と考えちゃうけど、全然そうじゃないってことが、この本で明確に説明されているのがすごい。久しぶりの星5つ。

  • なんでこんなに評価が良かったのかなと思ってます。ただ、最後の2ページくらいは急に良い話になった。ただ、箱自体は、よくある自己啓発本とそんな変わらんと思う。それを長々と説明した感じ。

  • 方法というタイトルだが、それを求めて読んでいくといい意味で裏切られた。人のせいにばかりしたりしていること、自分を正当化することへ最初は反発するが、それでも本当に自分と向き合うことを読みやすく書かれていて面白かった。

  • たまにくる自分の今の気持ちにぴったりとはまる本に巡り会えた。
    仕事中に自分が他の人達に対して壁を作ってしまっているように感じてしまった。
    本書ではその壁のことを箱というもので例えてその扱いについて説明してくれている。
    すべて読んでみて本書に信頼を置けると感じたことが一つあり本の内容をすべて実践し実現させること、つまり箱の外に出続けていることはとても困難なことなので自分が箱の中に入っているという認識を持つことがが大事だと主張している。
    自分にできないことを少しずつ認識して自分の課題を少しずつでも改善していこうと意志を持つことが大事だと自分としては理解した。
    結論としては、箱の中に入っている状態=自己欺瞞という状態から脱出するためには自己肯定のために他者を否定するのではなく理性的に自己改善に眼を向けることが大切であり、それは箱の外に出ている人間関係を活かし自分が他者をモノでなくヒトとして認識してその相手のためになにかをしてあげたいという気持ちを思い出し拡げていくことが人間関係の根本的な解決方法であるということを説いていると理解した。

  • 人間関係における、全ての問題の根っこは1つの理論につながっている。自分への裏切りこそが、問題を生じさせるもとである
    私たちの中に、なにか感情が生じた時、その感情に従うか、背くかが選択される。背くことを選択すると、自分への裏切りとなる。結果、自分を正当化し、自分を正当化するために相手を誹謗することとなる。この状態が「箱に入っている状態」である。
    自分を裏切った瞬間に、自分に集中してしまうことになる。自分に集中している状態では、相手や、仕事の結果への関心は低くなり、関係の改善は難しい。私たちは、都合が良くない状況において、相手を責めて自己を正当化したいとき、箱に入ってしまう。
    ずっと箱の外に出ていることは決して簡単なことではなく、至難である。ただ、私たちが向き合っている相手を尊重し、仕事の結果に集中するためには、少しでも長く箱の外にでることが必要である。箱の外にでるため、でつづけるためには自分への裏切りをやめて、相手に抵抗することやめることである。

  • 率直に良本だと思った。

    人との距離感についてのエッセンスを凝縮した本

    苦手な人と話をするとき、自身が相手を苦手と思うと、それが表情や態度、話し方に出てしまう。それが相手にも伝わり、距離が開いてしまう。

    じゃあどうするの?の答えが載ってる本

  • 箱の中に入っていると思う状況がいくつか浮かんだ。
    自分を正当化するとか耳が痛い。

  • なるほど、みんな箱に入ってますね。
    自分を正当化するために、周りの人は正しくあっては困るし、うまくいってっも困る。
    意地悪な気持ちは箱の中で生まれているのか。

  • 人間関係のつまづきは自分が箱の中にいることにある。
    読んでて納得できる箇所も多い。

  • 自分で自分に期待しすぎない。
    他人の事を考えるより
    自分が居心地のいい環境をつくる事に善処せよ。

  • 『この本に出会えて、ほんとうに良かった‼︎』と心の底から感じました。俯瞰力を高められるきっかけに繋がる本でもあるなと感じます。
    読んだ後、心が解放(開放)されたような気がして、根本的な悩みは解決できていないはずなのに希望が湧いてきました。
    いろんな自己啓発本やコミュニケーション能力を高める本をいくら読みあさっても、『人間関係の悩みやストレスが解決しない(苦笑)理由および答え』が この本の中にちゃんと書かれていてスッキリ。
    自己覚知したい時、何度か読み返して刷り込ませて、今後もいつも手元に置きたいです。

  • 自分の小さな「箱」に入ることによってまわりにどのような影響を与えるか、またその脱出する方法について書かれた一冊。

    実践版を読んでいたのでエッセンスは理解してましたが、ザグラム社での主人公を中心とするのストーリーを本書で改めて味わうことができました。
    「箱」に入ることによる周囲への影響や「箱」から脱出すること、それからの自分の変化や周りの変化は改めて自分に置き換えてみても、当てはまる部分も多く、日常生活を生きていくうえで非常に心に留めておきたい一冊だと改めて感じました。
    例え話から「箱」の理論につながることも多く、理解も進みました。

    人間関係など自分の「今」に迷っている時、本書で学んだエッセンスを思い出すことでかなり気持ちが軽くなると感じました。
    まずは自分への裏切りを止め、他人を人として尊重して接することから始めてみようと感じました。

  • たいへん良い本だった。ただ、基本的にはストーリーに沿いつつ、できるだけ多くの人が共感できるような具体的な場面を提示して分かりやすくしてくれているのだが、いかんせん本筋のところに行くといきなり抽象的になるので、けっこう内容が難しいし、この内容を理解したところでどれだけそれを実践できる人がいるのだろうかとは思う。また、「箱」という言葉の使い方が秀逸。もっと乱暴な言葉を使えば「自己中心的」「エゴイズム」といえるのだが、それをできるだけ人々に反感を抱かれず、かつ視覚化しやすい言葉に変えるセンスはお見事の一言。

  • 箱の中は、心地よく、なかなか出れないなあ。

  • 罪悪感が、他人を見る目を歪ませ、自己正当化へと繋がる。

  • 「嫌われる勇気」などと同じく、自己啓発系の本ながらストーリー仕立てになっている。
    テーマに対して懐疑的(否定的)な主人公を配することによってこちらの気持ちを代弁してくれので、感情移入しやすいし、そのスタンスが自分と重なることが多かったので内容がスムースに腑に落ちた。
    物語としてもしっかりと出来ているので気持ちよく読めるし、無駄な部分がないので2時間くらいで読み終えれる。

    面白いのは企業へのコンサルティング業務を主とする会社が編纂していること。ところが内容は確かにビジネスに沿っているようで、むしろ普遍的な内容になっているので誰が読んでも参考になるのでは?

  • 会社でも家族でも。箱に入っていると疲れます。

全885件中 1 - 25件を表示

金森重樹の作品一覧

金森重樹の作品ランキング・新刊情報

自分の小さな「箱」から脱出する方法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自分の小さな「箱」から脱出する方法を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする