ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ (コドモエ[kodomoe]のえほん)

  • 284人登録
  • 4.20評価
    • (37)
    • (33)
    • (14)
    • (3)
    • (0)
  • 33レビュー
著者 : 工藤ノリコ
  • 白泉社 (2015年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592761716

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
かがくい ひろし
三浦 太郎
ヨシタケ シンス...
岡田 よしたか
tupera t...
ヨシタケシンスケ
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ (コドモエ[kodomoe]のえほん)の感想・レビュー・書評

  • ノラネコぐんだん第2弾。
    いい味出してます。
    パターンは第1弾とほぼ同じながら、その案の定な展開が好き。正座で説教も前作と同じパターン。
    今回溢れに溢れちゃったポップコーンがまた楽しいです。

  • 3歳2ヶ月男児。
    今回もノラネコ軍団のイタズラに大喜び。
    後ろから追いかけてくる点のように小さなイヌさんたちを見つけたのには、驚いた。

  • どっかーーん!
    娘たち大好きな本です。
    毎回、ワクワクしながらどっかーんを待って、爆笑。

  • ノラネコぐんだんが汽車をのっとりポップコーンだらけにする。
    ポップコーンネタはどこかでも読んだけれど、ノラネコぐんだんの絶妙さがよい
    C8793

  • 食べ物じゃないのだ。
    流れをつかませてくれる二作目。
    かわいいよう

  • わりとパンこうじょうと展開は同じ
    爆発オチでノラネコぐんだんごめんなさい
    ポップコーン・・・ほんとにそんなんなるのかしらん・・・??

  • ぜんぶがおもしろかった

  • 2016.10 後日あいあいでこの本を手にして、一人でも読んでいた!どかーん!覚えてるんだねぇ。

  • のらねこぐんだん今回は汽車に乗ってつきつつみます。やっぱり失敗をやらかすのらねこぐんだん。
    上手くいかないねこたちだからこそ愛おしくて可愛いです。

  • ポップコーン大発生に、子供たち大うけ(笑)ほかのシリーズも読みたいとせがまれました。

  • 『ピヨピヨ』シリーズの工藤ノリコの絵本。こちらも鉛筆で描かれた丸っこい動物たちが非常に可愛く、また細部まで描き込みがされていて見ていて楽しい。これもシリーズもののようなので他も読んでみたいなあ。

  • ノラネコぐんだん懲りないな~wドッカーン!する流れは不謹慎にもワクワクしてしまう。
    手広いワンワンちゃんの事業はどこまで拡大するのかw

  • MOEのヒグチユウコさんと工藤ノリコさんの対談を読んで興味を持って購入。こんなやりたい放題な猫軍団、好きじゃなかった筈なのに~!!!なんかめちゃドツボにハマって、好きになってしまった。特に全員が正座で怒られるシーン、反省してますって言ってるのに、本当は全然反省していない、他のこと考えてる様な適当な感じがすごい伝わってきて、笑ってしまった。五歳の息子と一緒に読んだのだけれど、タガがはずれるとノラネコ軍団みたいないたずらする癖に、自分は一緒にされたくない(笑)みたいで、私ほど楽しめなかったみたいでした。自分はこんなにワルくない、と思っている節ありありで、子どもってそんなものなのかな、と笑ってしまった。

  • (2016年5月)
    図書館で借り。
    工藤ノリコも好きだし、この前借りたこのシリーズの別の本も面白かったので。

    展開や主な登場人物はパン工場と同じ。でも何とも言えず5歳児の心をつかんだようで、自分ひとりでじっくり絵を見ながらページをめくってた。
    ポップコーン=とうもろこしで作るってことを一応補足しておいた。

    (2016年9月)
    図書館でノラネコぐんだんを借りてほしい、というリクエストが5歳児からあったので、予約して借り。

    ラスト、映画を見ながらポップコーンをたくさんの人が食べてるシーンで、「わたしもえいがみながらポップコーンたべたことあるよ!」って言ってた。

    (2016年10月)
    5歳児からリクエストがあったので図書館で借り。
    「ドッカーン!」のところは声をそろえてくれる。

    (2017年1月)
    古書で購入。だいぶ字が読めるようになってきたので、じっくり二人で時間をかけて読んでみた。
    ドーナツやリンゴを手から離さないキャラがいたりしてたのしい。

  • 話の内容や言い回しが「パンこうじょう」と似通っており、ぴっぴさんはとても気に入ってくれました

  • おまんじゅうを二つ積み上げたような体型のノラネコたちが好きです。8匹いるから並んだときの背中の丸さがたまらなくかわいい。
    パン工場に引き続き,またしても興味と好奇心の赴くまま行動するノラネコぐんだん。
    今回は主人公のノラネコたちを差し置いて,ワンワンちゃんと一緒にいるニワトリのマーミーちゃんに目が釘付け!大混乱の中でもドーナッツを手から離さない。ワンワンちゃんが必死になって働いているのにリンゴをかじり続ける。一言も言葉を発していないのに誰よりも存在感があって,自由に生きているのはマーミーちゃんです。
    《2014.06.08》

  • 最後まで ちゃんと 責任 取らなくちゃね♪

  • 2歳9ヵ月
    怖がり息子、
    最初しんぱいそうな表情だったけど
    ポップなのりに安心して笑いだしました。

  • 絵本だけど、ところどころコマが分割されているので、漫画的な雰囲気もある。
    石炭やポップコーンが出てくるので、それを知らない2歳児には難しいかなと思ったけれど、なかなか楽しめた。
    色がきれい。
    ストーリが単純で良い。猫たちが蒸気機関車を盗んで、積荷の一部をだめにしたので弁償するために働く。

  • ノラネコぐんだんがどうやら悪いことをたくらんでますよ…?なんと汽車ジャックです。当然追いかけてきます。石炭投入して、にげろにげろ。おいおい、石炭無いからって○○なんか投入して大丈夫かい?MOE絵本屋さん大賞2014、第2位の作品。(はま)

  • コドモエの付録として購入。ペラペラなので補修テープで補強。最初は何故か怖がっていた子どもも、しばらくすると自分から読みたいと言い出して、「どっかーん」のところで毎回大興奮!このページの為だけに読んでるのかも?!この本のおかげで我が子は「ぐんだん」という言葉を覚えました。まだ詳細は理解できてないと思いますが、これから大きくなるにつれて、分かってくると思います。大人も子どもも楽しめます。

  • 1ページ開くごとに笑いがこみあげます。工藤氏の作品ではペンギンシリーズも愛らしいですが、ノラネコシリーズがいちばん好きかも。ノラネコたちの反省風正座がとにかくたまりません。絵本は山ほどありますが、わたしと笑いの感覚が同じかと思われる方はぜひ、読んでみてほしいです♪

  • また、

    どっかーーーーーん!!

    しちゃったー!
    で、正座でしゅっぽっぽのあのぐんだんの後ろ姿がたまらない(笑)

    生のトウモロコシじゃ、、って無粋なツッコミはなしよ。

全33件中 1 - 25件を表示

ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ (コドモエ[kodomoe]のえほん)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ (コドモエ[kodomoe]のえほん)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ (コドモエ[kodomoe]のえほん)の作品紹介

大好評のシリーズ第2弾絵本! 走り出したら、だれも止められないいたずらっ子のノラネコたちが、今回は汽車を舞台に大あばれしちゃいます。破天荒だけどにくめない、ノラネコぐんだんの魅力全開! 2014年4月刊。

ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ (コドモエ[kodomoe]のえほん)はこんな本です

ツイートする