いとし、いとしという心 (ビーボーイノベルズ)

  • 225人登録
  • 3.95評価
    • (33)
    • (34)
    • (27)
    • (4)
    • (1)
  • 26レビュー
制作 : 南田 チュン 
  • リブレ出版 (2009年6月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862636010

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
かわい 有美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

いとし、いとしという心 (ビーボーイノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すばらしい京都感。においたつ香と畳を擦る足音と、
    木戸が開くきしみ。
    着物あわせの妙も楽しめて、清純な子がスイッチ
    入ったとたんに淫乱に豹変するうれしさ、楽しさ。
    つり目長身の攻め・千秋のねじれた恋心も共感できる。
    終わり方も二人ラブラブ円満でもなく、
    すこし距離が縮まりました、まだ完全に気は許しておりません、というつつましさが好ましい。

  • 隣の老舗旅館の若旦那が亡くなって、それまで東京で仕事をしていた次男に旅館を継いで欲しいと思っていると、橋渡しを頼まれる受け。
    受けは実はずっと亡くなってしまった長男である若旦那を密かに慕っていて、彼が守ってきた旅館を潰すのは忍びないと思っている。一方その受けをやはり子供の頃から好きだった攻めは、継ぐ代わりに自分のものになれと言い、、、。


    ほぼ受け視線で進む話は、全てにおいて勝っていた長男の影になっていた攻めの不器用さが出てて切ない。
    旅館も潰しちゃって、そんな自分のものになれそうにない幼馴染の気持ちなんて知らんふりしちゃえば良いのに、、、と思うくらい攻めがなぁ、、。まあ、旅館潰したらこの作品は成り立たないのだけど。受け、そこまで執着するほどいい男か?

    好きな作家さんなのに読む気になれなかったのは表紙の絵に全く萌えなかったから。

    毎回言ってるけど、絵有りと絵無しと選ばせて欲しい。自分が萌えを感じない絵師さんの絵は邪魔なだけ。

    読み出したらやっぱり面白かったので、絵師さんのお陰で損してた感じ。この絵、他の人の評判どうなのかしらん。

  • 京都の老舗旅館や紙司など、舞台が風情があってその雰囲気だけでもう萌えました。
    受けに取引を持ちかけて強引に身体の関係を持つ攻め。
    どんなヤンデレなのかと思ったらそうでもなかったです。
    ちゃんと受けの心情を思いやれるいい男でした。
    とにかく、攻めがものすごく健気なんです。
    最初から最後まで「早く振りむいてあげて!!」って心で受けに言い続けてましたw
    そんな攻めの努力は少しずつ実を結んで、
    ようやくちょっと気持ちが向いてきたかな・・・?
    というところでまさかの終わり。
    え~!え~!!え~!!?
    ・・・と思ったら2があるんですね。
    あ~びっくりした。後日読みたいと思います。

    エロはきれいめねっとり系。
    ものすごく貞淑な受けが快楽に耐えられず
    おねだり始めた時はびっくりしたわ・・・。
    でも2回目のエロが思ったよりあっさりで拍子抜け。
    2では相思相愛のエロが見られるんですよね!
    楽しみにしようと思います。

    しかしあとがきで未亡人BLってあったけど、
    兄と出来てたわけじゃなくても未亡人なんだろうか?

  • 京都を舞台とした切々とした幼馴染同士の恋模様。すごく引き込まれました。心理描写がとても繊細に綴られていて、読んでいくうちに徐々に恋愛という形が作られていくのがわかって震えがくるほどでした。
    舞台もさることながらキャラクター造形も秀逸。特に攻めの千秋は素敵でした。決して出来の悪くはない千秋が抱える優秀な兄に対する鬱屈した想い。そんな千秋の心を裏切るかのようにずっと兄を慕っていたユキという構図。崩壊を予感させるバックグラウンドから始まった物語がひとつの美しい結末に向かっていくその様。切なくならないわけがない。読み始めると次巻に提示される結末まで待ちきれないこと必須。読むときは絶対次巻とワンセットで!

  • ユキの芯の強さと強情なところ、もう流されちゃえよ…と思いつつ、でも簡単に流されるようじゃ千秋は好きにならなかったんだろうなぁとか思ってみたり。

  • 面白かった!!ただ、30手前の男性にしては使う言葉が幼い気が・・・方言なんですかね。

  • 高級旅館次男×紙屋跡継ぎ
    お隣同士の幼なじみの千秋とユキ。ユキはずっと千秋の兄に片思いしていたが、その荘一が他界。
    跡継ぎの荘一がいなくなった旅館を千秋に継がせたい一族は気心の知れたユキに千秋の説得を頼む。
    千秋は大手銀行に勤めており、旅館を継ぐ気はさらさらなかったが「ユキが自分のものになるなら継いでもいい」と言い出し・・・。
    さすが喪服未亡人モノ。どこかジメっとした雰囲気が漂い続けています。カラっと明るい雰囲気ではないし、千秋はジワジワユキを追い詰めていくしで、ラストあたりまではちょっと精神的に追い込むカンジ。
    でもラストあたりからお互い歩み寄りがみられ・・・次に続く。

  • 京都老舗旅館跡継ぎ息子×京都老舗紙司跡継ぎ息子。
    しかも徹底的な攻めの片思い。腹黒キツネ×強気兎とでもいいましょうか。
    流されるかと思えば、容赦なく攻をひっぱたいてみたり、振り払ってみたり、そのくせ妙に色気があってエロかったりと、もうすごいこの受け。

    なにこれもう、内容全然甘くないのに、お腹いっぱいなんですけど!

    続きがあるので、この巻ではまだ曖昧な関係のまま。
    受けのユキちゃんはひたすら千秋の死んだ兄を想い続けてるし。
    作品中、徹底して描写される京都の空気感がたまらないです。

  • 京ことば攻めたまらんどすえ(笑)

    千秋好き

全26件中 1 - 10件を表示

いとし、いとしという心 (ビーボーイノベルズ)に関連する談話室の質問

いとし、いとしという心 (ビーボーイノベルズ)を本棚に登録しているひと

いとし、いとしという心 (ビーボーイノベルズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いとし、いとしという心 (ビーボーイノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いとし、いとしという心 (ビーボーイノベルズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

いとし、いとしという心 (ビーボーイノベルズ)のKindle版

ツイートする