クリーピー 偽りの隣人[DVD]

  • 230人登録
  • 3.09評価
    • (3)
    • (32)
    • (52)
    • (20)
    • (4)
  • 51レビュー
監督 : 黒沢清 
出演 : 西島秀俊  竹内結子  川口春奈  東出昌大  香川照之 
  • 松竹 (2016年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105072077

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

クリーピー 偽りの隣人[DVD]の感想・レビュー・書評

  • 西島秀俊(高倉幸一)、竹内結子(高倉康子)、川口春奈(本多早紀)、東出昌大(野上)、香川照之(西野)ほか

    開幕直後、ぶいーーんとカメラがたぶんドローンで浮かび上がったり、
    なんでもない庭の緑が風に動く様子や、半透明のカーテンにじんわりじんわり寄っていったり、
    妙に飲み物を渡したり置いたり、
    大学の窓の向こうでは学生がミョーにはしゃいでいたり、
    と思いきや部屋が真っ暗ーになったり、
    といった黒沢印の演出で、日常がそのまま異世界になる映画のマジックに酔う。
    日本の何でもない家屋が不気味で不吉で、怪奇映画やゴシック建築や廃墟趣味に通じるのだから、マジエクスタシるゥ!

    中盤から、あ、これは「悪魔のいけにえ」だ、「マーターズ」だ、と次々と楽しくなる。
    心の底へ降りていくには、村上春樹の用いる井戸なんか生ぬるい、鉄扉だ! 拷問器具のそろった地下だ!
    と独り興奮してしまった。

    この中盤から、サスペンスでもなくミステリでもなくホラーにジャンルを越境している。
    展開の都合に登場人物たちが合わせていくことからもわかる。
    (ネットの評判がいまひとつなのはここのせいだろう。そりゃ、単独で危険な地下室へ降りていくなんて馬鹿。しかしここはすでに怪奇映画なのだし、構造上ありえない広さなのだし、「羊たちの沈黙」の例もあるし。)

    終盤、「電動注射器」の恐ろしさ! 怖すぎて笑ってしまったよ。
    もちろんギミックだけでなく、そもそもゆるーい催眠で支配されてしまう人間の不安定さ、殺し合わせるというサイコパスのありかたも。

    主役の西島、登場時からすでにサイコパスっぽい顔してるなーと思いきや、どうかしている行動も多く、やはり。(結局は、無理にでもシチューのお裾分けを持っていく竹内も、あの少女も。みーんなサイコパスだよ。)
    宇多丸師匠いわく、香川のことがわかったのは西島自身がサイコパスだから。
    サイコパス同士の決闘。
    さらには西島が勝つ。
    これは「CURE」と同じなんだね。
    相手を無自覚に超えてしまった、という点、言葉で殺意を明らかにする、という点。

    鑑賞後、原作の題材となった北九州監禁事件についてネットで読んで、む、胸糞ーっ。

    さらに映画の感想を漁っていて、あの鉄扉が開いたときに空気の流れが発生し庭の半透明カーテンがゆらめていた、と読み、さらにぞぞぞ。

  • ミキサーをかける音、ごみ捨て場でペットボトルを踏み潰す音、そして家の門を開ける音、なんでもない生活風景に流れる些細な音にも背筋をヒヤッとさせられるような、不気味な緊迫感がずっと漂ってる。あと香川照之だけじゃなく主人公の西島秀俊も含めて、一見まともそうに見える人たちが全員全然まともじゃない。おもしろかった。

  • 良くも悪くも黒沢清監督は何を撮っても黒沢清。
    俳優陣の演技はいいと思うけれど、それぞれの行動理由がいまいち伝わってこない。どうやら原作ではその辺がちゃんと描かれているらしいので脚本段階で端折り過ぎたのか。というか余計な付け足し
    をしてわざわざ意味不明に仕立ててしまっているようだ。(同監督の『CURE』や『カリスマ』と同じ、取り調べの失敗から物語を始めたり)
    これは原作の改悪と感じてしまうな。

  • セオリー通りに作った脚本に忠実に(本当に「忠実に」)撮ったという感じ。なるほど黒沢清氏らしさはところどころに見られる。冒頭の取り調べ室の場面は知る者なら『CURE』を想起せざるを得ないだろうし、不吉に吹き抜ける風やそれに釣られて揺れる草木、廃墟、拳銃、死体等などが黒沢清氏らしさを示している。だから、悪く言えば自己模倣に堕しているとも言える(が、カメラワークの遊び方などは確実に九十年代やゼロ年代の黒沢氏から逸脱しようとしているようにも見えるので、私は絶対に悪く言いたくない)。言い方を変えて良く言えばそんなあまりにも生々しい細部が、この話を凡庸な「イヤミス」として整理させ難い野蛮な話として成立させているとも思う。だからどう受け取るかは観衆次第だろう。もう少し主人公とその妻の軋轢や連続殺人犯との交友を丁寧に時間を掛けて撮って欲しかった惜しさと、しかしそれをやってしまうとこの尺では収まらなかったんだろうなと言う悔しい気持ち(?)もあってこの点数に。
    いいね!

  • クリーピー=ぞっとするさま 西島秀俊 康子=竹内結子 川口春奈 西野=香川照之 東出昌大 彼は完全なサイコパス モラル 被疑者逃亡 断片的なイメージ 日野市 京王線 事件現場特有の空気 マスコミや警察 こんなこと趣味でやってるんですか? マックス シチュー 料理の天才 近所付き合い 変な義理 手作りチョコ 一粒千円 引っ越し 借金 誘拐犯 落し穴 新しい家族 稲城市 色んなことを諦めてきた ザマアミロ 音凄いぞぉ 澪みお お父さんなんかじゃない 理事長 出版社 遺体は5体 これは始まりです 通報者 首筋のここの 前川 黒沢清

  • 西島さんが大根すぎて、素なのかそれさえも演技なのかよく分からない。
    もちろん、東出さんの大根っぷりは健在。
    香川照之の存在感、演技力と比べてしまうと、周りの下手さが目立ちます。

    シチューを持っていくあたり、あの人お父さんじゃない、興味をそそられるシーン満載です。

    被害者の女性に対する態度が最低すぎてイライラするシーンも多々あります。

  • クリーピー:ぞくぞくする様

    あの人お父さんじゃありません

  • 元刑事の高倉幸一(西島秀俊さん)と康子(竹内結子さん)夫婦は東京郊外に引っ越し近所の挨拶回りをしていた。隣の西野家の家主・雅之(香川照之さん)は如何にも怪しい雰囲気を醸し出しており、高倉夫妻は妙な不安を感じていた。
    雅之の娘・澪 (藤野涼子さん)からは、雅之は本当の父ではないと聞かされた幸一の不安はさらに大きなものとなる。
    或る日、刑事時代の後輩・野上(東出昌大さん)から、昔追っていた一家失踪事件についての捜査協力依頼を受け、幸一は野上の協力をするのだが、そこで幸一はある驚愕の真実に辿り着く。。。香川照之さんの演技、ヤバいです!

  • ひとりで動いちゃダメダメ。
    怪しいひとには近づいちゃダメダメ。
    ウンチク垂れるより逃げなきゃダメダメ。

    蜘蛛の巣にかかるように、
    獲物が集まって、さぞかし愉快だろうに。
    でもあまりに無防備すぎて、
    リアルじゃない。

    手立てがないと。
    悪はさらに予想超えてかないと。

    そこが、もうひとつ。

  • 香川照之の演技が素晴らしい。
    仕草や目つきやらが本当に気味の悪さをかもし出している。
    しかし、観てる時も観終わった後もなかなかに気持ちの良い映画ではない。これはこの映画にとっては褒め言葉だと思う。

  • かつて警視庁捜査一課の刑事だった高倉(西島秀俊)は、転職し大学で犯罪心理学を教えている。転職とともに転居もし、妻とともに隣近所に挨拶しに行くが、隣人・西野(香川照之)は挙動不審気味が悪い。

    一方、高倉は元同僚にある未解決事件に興味はないかと声をかけられ、事件の生き残りの女性にアプローチを始めるが真相に行き着くには程遠く・・

    宣伝でみた妻役の竹内結子が嗚咽する場面は、そういうことだったのねと。実際に世間を大きく騒がせたあの事件、この事件あたりがモチーフになっているのかなと思うのだが、この作品の鍵を握るのはやはり香川照之演じる隣人の西野。

    近づいてはいけないとは思ってもどうにも取りこまれてしまう吸引力を持つ。そんな人物像を演じきっているとともに気づいたら高倉の妻が西野の手に完全に落ちているという展開で、観ている側として読みの甘さに唖然とさせられてしまう。

    ミイラ取りがミイラになるー具体的に映像化されさらにそれが現実として起こっていたと想像を煽るだけで、この作品は十分すぎるくらい気味が悪い。

  • 予告編に誘われてみましたが、なかなかのサスペンスでした。日常に潜むサイコパスの恐怖がうまく描かれてます。

  • 西島さん、香川さんのMOZUコンビ。
    期待していたのに、何じゃコリャ内容。

    とにかく周辺の人物や警察が無能すぎてどうしようもない。

  • 香川さんはまり役すぎ、あとは周りがバカばっかりすぎて香川がやりたい放題w

  • 原作の本は読んでて、ただその時の感想としては最初は面白かったけど途中で失速みたいな感じだったので、映画はどうかなーと思ったけどやはり同じだった(笑)
    ってか、色々不自然すぎる。
    偶然追った事件の犯人がたまたま引っ越した先の隣人だったことはまだいいとしても(苦笑)
    刑事が単独で訪問したり、返事がないから勝手に入ったり、老刑事も勝手に入ったし、実際そんな事しないでしょ??
    あの薬はなんの薬なの?
    奥さん催眠かかった人みたいになってるし。
    なにが一番怖かったって、隣人にシチュー持っていく奥さんだけどね。
    そんなの持ってこられたら逆に何この人?って私なら思う(笑)
    そういう不自然さが突出しすぎて気になりながら見てました。
    ★2にでも良かったんだけど、キャストは豪華だったので★3で。
    まぁ世の中にはマインドコントロールされて「なんで?」って思う事件も多々あったし、サイコパスに目を付けられるとほんと怖い。
    願わくば近くにいませんように・・・って思う。

  • 原作未読。映画の前評判も知らなかったので、それなりに楽しめた…というか、気持ち悪かった。観てる間も終わってからも気持ち悪かった。東出昌大の役、可哀想(^0^;)原作読みたいな。

  • 前半は香川照之の演技が絶妙に気持ち悪くてこういう隣人いそうでイヤだなと思いながら観ていた。
    東出くんが家を訪ねる辺りから、登場人物の説明が足りないこともあり、よく分からない展開に。警察は無能過ぎだし、一緒に住んでる娘や竹内結子の感情もいくら薬の力があったとしても色々説明が足りない。ラストも突然すぎて香川照之の怖さは全く感じなくなった。最初はあんなに不気味で気持ち悪かったのにー…つまらなくはないけど着地点が残念です。

  • したいことは分からないでもないけど
    詰め寄ってくるおっさんには叫んで身を守った方がいい。
    現代の若い人で よく知らない隣人に、手作りのシチュー持ってく人はやばい。
    あの薬万能すぎ

  • いろいろ未解決なままの映画だったけど、
    香川照之の演技が、最高!

  • in a hotel in singapore

  • 実家帰った時にやることなくてTSUTAYA行って借りてきた。

    -香川照之がもうマジで怖すぎる。
    -言うこと聞いてた娘の意味がよく分からない…なぜ従い続けるのか、なぜ助けを求めにきたのか、そんでもってなぜ最後の最後で気がふれるのか。
    -ある程度ドキドキできたが、まあ確かに最後の展開には無理があるし、評価が低いのもわかる。

  • よかったのは俳優陣だけです。意味がわからない。小説を読まないと解けない謎が多いそうです。なんともいえない気味の悪い映画。

  • 展開の途中はおもしろかった、後半が残念。

  • 黒沢清監督らしい、居心地の悪さたっぷりの映画。
    不自然な動き、台詞も黒沢フレーバー
    香川照之が凄い。彼がいてこその作品。

    西島秀俊 、竹内結子、 川口春奈、 東出昌大、、、
    みんな黒沢×香川にやられちゃってる・・・

    面白かった・・・。

  • 香川さん恐怖症になりそう

全51件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

クリーピー 偽りの隣人[DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

クリーピー 偽りの隣人[DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする