自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方 [Kindle]

  • 316人登録
  • 4.20評価
    • (33)
    • (32)
    • (11)
    • (3)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : ちきりん
  • ダイヤモンド社 (2016年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
伊賀 泰代
リンダ グラット...
デイル ドーテン
デール カーネギ...
伊賀 泰代
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方の感想・レビュー・書評

  • やりたいこと(ランニングや読書、旅行、英会話などなど)は無数にあるし、意欲的に取り組んでもいる。が、希少資源(お金と時間)の有限性には思ったほど目が向いていなかったなぁ、と。
    仕事に限らず、普段の生活にも「生産性」という概念をもっともっと盛り込んでいかねば。「自分の人生でほんとに欲しいもの・大事なもの」にお金と時間をかけていこう。

    ※仕事について。
     あとがきに、仕事をやめようかどうしようか悩んでいる人は、ダラダラモードで働いていると書いてあって、「まさにその通りだ!」とギクッとしました。今年度だけでも、がっつり働いてみようと思います。

  • テーマは「今後の社会を生きていくために、そして人生を楽しむために身につけるべき、根幹の能力とは何か」

    ■本質の問題は「生産性」
    ・UberやAirbnbは、サービス提供者の所有物や稼働の生産性を上げることで価値を生んでいる
    ・今後の社会では、生産性が高いものが残り、低いものは淘汰されていく。
    ・シェアエコノミーは高生産シフトの表れ。
    ・クリエイティビティと生産性は両立する
    ・今後淘汰される仕事は、人口知能やロボットが担当したときに極めて高い生産性を発揮する仕事。

    ■生産性の上げ方
    ・希少資源=時間を見える化すること
    ・お金の生産性は、「先月何に使ったお金が最も価値が高かったか」を考えると良い。
    ・価値の大きいものにお金を使うのが有効な使い方。
    ・「集中力」も希少資源。どこに使うか考えるべき。
     →ToDoListを二つ(集中必要/集中不要)に分ける
    ・手に入れたい価値を具体的に言語化することで、時間やお金の無駄を防ぐ。
    ・過去を正当化するためでなく、未来の生活をより良くするためには、希少資源を何に投資したらいいか?と考えるべき。

    ■目指すスタイル
    ・投入時間は変えず、アウトプットを増やすのがベスト
     →インプットを容易に増やせる状況では生産性を向上しようと思わないため。
    ・極端に短いスケジュールを組み、どうしたら達成できるかゼロベースで考えるのが、生産性を上げる秘訣。
    ・すべてをやる必要はない。重要で価値の高い仕事に集中すべき。
    ・たいていの場合、重要な仕事は「やれば終わるとは限らない」仕事である。

    ■工夫
    ・お金と時間の家計簿をつける。何にどれだけ時間を使ったのか。
    ・寄せ集めPJで成果を発揮できるノウハウを貯める。
    ・やりたいことでスケジュールを埋める。

  • これからの仕事は生産性の高さが求められる。uberにしてもAirbnbにしても、タクシーや空き家の無駄な時間を埋める生産性の高さがある。
    学校教育も旧時代のやり方を受け継いでいるが、今なら4倍は生産性を高められるはず。
    残業代を得るために、仕事で楽するために生産性を考えずてを抜くのではなく、生産性を追い求めて多くの仕事量をこなす事で、自分の労働基準価値を上げる。
    これからの時代は機械に仕事が奪われていく時代。機械に任せても生産性の大して変わらない能力を身に付けないと奪われていく。
    「生産性=output/input」ということを再認識させられた。これを高めていくことで個人も社会もより効率を上げるアウトプットを産み出し、より豊かになっていける。

  • 生産性を得られた成果/投入した希少資源と定義をし、分母を減らすあるいは分子を増やすなど、生産性を上げる・下げる組み合わせを整理している箇所はわかりやすかった。
    ただ、ではどうすればいいか、については、働く時間を減らす、すべてに全力投球しない(やめることを増やす)の2点に集約されるかと。その結論であれば、こんなにいろいろ書く必要があったのか?この本?と思ってしまったのでした…。

  • 自分の時間の貴重さに気づいていないため、他者の時間の貴重さにも無頓着。

  • 2017年始に読んだ。
    年始に読んでよかった。
    年初めの漲るやる気と合間って、「自分の時間」を何に使うか考えることが出来たから。
    駅近に引っ越す、食洗機買う、炊飯器も買う‥と私の生活が大きく変わりつつあります。

    ちきりん、ありがとう。

  • 生産性の重要性を説明した本。

  • キーワードは生産性。
    いかにあげるか、思えば自分は中学生くらいから、難しい課題には時間を多く費やせばなんとかなると考えていた…!
    もっと早くこの考え方に出会いたかったと思えました。具体てきな方法は自分で見つけていくしかないですね、やはり。

  • 本当に他人事じゃない。読みやすい。分かりやすい。良い気づき。まだ途中だけど。

  • ・時間を見えるかして管理する!
    ・生産効率を高くすることを意識して生きる。
     お金と時間は希少価値の高いものだ。
    ・人生の損切りのタイミングを計り損ねてはいけない。
     ここまでやったから、せっかく就職したのにもったいないって言葉に惑わされるな!

    今一番、必要な考え方に気が付かせてくれる本でした。買ってよかった。

  • 【読書】「年間の休暇の予定を先に決める」のはいいですね。必ず忙しくなるので、目先の休暇は取れない /

  • 端的に、仕事を効率化して自分の時間を増やしましょうという主張がなされています。

  • 「生産性=output/input」ということを再認識させられた。そして、inputにはお金だけでなく、「時間」も含まれるということを。また、大事にすべきは未来のoutputであることから、今の時点で所有しているinputを何に投資するかをきちんと考えなければならないと痛感した。過去のinputが無駄になるからと言って、意味のないinputを投入し続けるのはやめよう。

  • 生産性を上げて自分の時間を作ろう。
    完璧を諦めよう。

    ------

    この人は、部分的に参考になるところはあるけど、好きになれないなぁ。

    外資系コンサル、MBAなどの一部世界の価値観を「進んでる素晴らしいもの」、それ以外の価値観を「遅れているもの」と捉えている。
    「これを応用すると生活の一部が向上しますよ」という気持ちで書いてたら、こんなモヤモヤしないと思う。

    「進んだ欧米文化を取り入れてる自分すごいでしょ?」と偉そうにしてるけど、それってあなたが自分で作り出したものではないじゃん?
    と、いいたくなる、そんな感じ。
    ちきりんが全く幸せそうではないので、こうなりたくないなぁ、と思う。

  • 友人に勧められた本。匿名ブロガーとして有名なちきりんさんの著書。時間術について書かれている。
    テキストは動画より情報が得られる効率が高いことや、学習曲線を根拠に8割身につけたあとは学習効率が落ちるので、本当に極めたい分野でなければそこでやめるべき、など納得する点がいくつもあった。
    しかし、インプット自体に喜びを感じてしまう私にとってはアウトプットだけを重視する記述に納得できない点も少しだけあった。
    さらに、今後の社会の変化についても言及されており、今後効率化が求められる社会で価値を生み出す人となるためにどう振る舞うべきなのかのヒントについても書かれていた。

  • 生産性を上げて行く必要があるという世間の風潮があり、自分も早く帰ってプライベート楽しみたい人だから読んだ。

    本書の目的は、生産性を上げることがいかに必要なのことか、を理解させること。

    ・働く時間を決める
    ・やらない仕事をきめる
    ・仕事する時間を予めOutlookに入れておく
    ・設定する時間は詰め詰めにせず、1日5時間くらい
    ・こんな短時間では終わらん!という予定を組む
    ・いかにして終わらせるか、を考える癖をつける
    ・基本はインプットを減らす(重要な仕事だけやる、言われたことをやるだけでなく自分から提案すふ

  • 私が「お!」と思った箇所を少し要約。

    社会の生産性があがれば、ごく一部の人が働くだけで全員が食べていける社会になる。
    ベーシックインカムは、福祉充実という視点からではなく、生産性の低い人を労働市場から排除するために導入される可能性がある、とのこと。
    生産性の低い人に働かれると、全体の生産性が下がる。たとえば、生産性の低い産業を守るために余計な規制を作っているような人は、働いてももらわないほうが、社会全体に生み出される価値が大きくなる。だから、生活できるお金はあげるから、お願いだから働かないでほしい。
    ------------------------------------------------
    ちきりんさんの言いたいことは、「時は金なり」「生産性を上げて(時間をお金で買うようなことも含めて)、自分の時間を取り戻そう」ですが、上記の部分が一番目からうろこでした。
    ベーシックインカムをその視点から考えたことがなかった。

    もちろん、仕事の生産性を上げて、自分の時間を多く確保したい。
    この本を再読して要点を手帳にメモする予定。

  • ちきりんがブログで「生産性」について主張していることが、悩みを抱える架空の4人のビジネスパーソンのストーリーを通じて一冊の本にまとまってる。
    具体的に行動に落とし込めそうな例ががいくつかあったので早速試してみよう。
    今自分の周りにいる仕事仲間は、こういう「そもそもこれは必要なタスクか」という問いは好きそうなので、共感を得つつ生産性上げて行ければと思った。

  • 生産性を上げることの重要性を分かりやすく書いてある書籍。思い切って諦めること、断ることの価値が自分にはずしんと響いた。

    先に出すべき価値や時間を決める。それは単純労働の積み重ねでは到底なし得ない目標を。そしてそのために自分の動き方を変えていく。自ずと生産性を上げなければ実現できない。

    しかしその創意工夫の先には、今までとは違う世界が待っている。

  • 自分が何を手に入れたいか、から考えたいと思いました。そこが間違っていると本当にありたい状態から離れた場所にゴールしそうだから。お金と時間の使い方は永遠の課題ですね。周りの目を気にして自分のためだけに使うことが難しいと感じてしまいますが、少しずつ意識を変えることで時間の使い方のベクトルを変えたいです。

  • 時間の大切さを強く実感させられる本。
    時間をお金に換算してベスト3を出す試みは、自分もやってみようと思った。

  • 生産性 life ver,

  • 自分のやりたい事を具体的に言語化する。業務ごとの投入時間を決める。時間は貴重だが必要に迫られないと効率化を考えないのは本当だなあと思う。

  • 自分がやりたいことに時間を費やす生活を本気でやりたいしやれるという気持ちになった。
    ケイコのように(私にとって)生産性の低い内容の家事はお金を使って時間を捻出しようと思った。その時間で、体の健康と心の健康(ご機嫌)が叶うと思う。

全29件中 1 - 25件を表示

ちきりんの作品一覧

ちきりんの作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方を本棚に「積読」で登録しているひと

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方はこんな電子書籍です

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方の単行本(ソフトカバー)

ツイートする