町井登志夫のおすすめランキング

プロフィール

作家

「2017年 『改革者蘇我入鹿』 で使われていた紹介文から引用しています。」

町井登志夫のおすすめランキングのアイテム一覧

町井登志夫のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『爆撃聖徳太子 (ハルキ・ノベルス)』や『爆撃聖徳太子 (PHP文芸文庫)』や『今池電波聖ゴミマリア』など町井登志夫の全103作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

爆撃聖徳太子 (ハルキ・ノベルス)

322
3.90
町井登志夫 2004年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「日出ずるところの天子、日没するところの天子に書を致す」は教科書にも載っているし、ほとんどの日本人は知っていると思う。 でも、こんな挑発文で大国・隋の皇... もっと読む

爆撃聖徳太子 (PHP文芸文庫)

149
4.00
町井登志夫 2012年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

聖徳太子が実在しているとするならば。 歴史に足をつけている小説のはずなのに、奇人の聖徳太子が現れると『とんでもないこと』が起きる。……というのはいさ... もっと読む

今池電波聖ゴミマリア

70
3.30
町井登志夫 2001年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ピークを終えて降るだけの時代。人間、救いも希望もなくても生き続ける。いつ死んでもいいけれど、痛いのは嫌だし、自殺する訳でもない。産まれてしまったから仕方が... もっと読む

諸葛孔明対卑弥呼 (ハルキ・ノベルス)

54
3.42
町井登志夫 2002年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鬼神のような天才軍師諸葛孔明と鬼道を操る卑弥呼が、もし相戦えば。誰もが考えたことのないシチュエーションです。言葉づかいが軽い孔明とフットワークの軽い卑弥呼... もっと読む

飛鳥燃ゆ

40
3.63
町井登志夫 2009年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3回目かな。 とにかく、この入鹿はかっこいい。 やっぱり、報われない気がするのだけど。 もっと読む

血液魚雷 (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

21
3.23
町井登志夫 2005年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前半は血管内世界を楽しんだ。 が、中盤以降、祥子の態度がどうにも医療従事者ましてや医師のそれとは思えなかったのと、そこで終わり?の結末がイマイチ。 h... もっと読む

歴女カオルの「良いお金」と「悪いお金」の経済学

21
3.00
町井登志夫 2011年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説としてはまぁ面白い。 経済学とかだと足らない部分が多いかぁ。 もっと読む

諸葛孔明対卑弥呼 (PHP文芸文庫)

19
3.50
町井登志夫 2015年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「いや、どういうことだ?」 これのタイトルを店で見て、ものすごく気になりました。 今のところ購入していませんが、タイトルの惹きはここ暫くで最強だと思っ... もっと読む

DOCTORS 最強の名医 (朝日文庫)

18
3.25
福田靖 2013年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

患者最優先の天才外科医が最高の病院作りを目指すサクセスストーリー。こんなお医者さんばかりなら安心なんだけどね もっと読む

電脳のイヴ (講談社X文庫―ホワイトハート)

7
3.33
町井登志夫 1997年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初は麗子というキャラの性格にどうも共感出来なくて読んでてつらかったんですが…そのうち段々引き込まれていきました。 (でもある意味、嫌な奴だな、と思わせ... もっと読む

改革者蘇我入鹿 (PHP文芸文庫)

7
3.00
町井登志夫 2017年7月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

このところ多忙につき、読感を書いている時間がない。 とりあえず、読みましたということで、読了日と評価のみ記載。 もっと読む
全103アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする