不時着する流星たち

著者 :
  • KADOKAWA
3.44
  • (19)
  • (59)
  • (68)
  • (16)
  • (4)
本棚登録 : 682
レビュー : 96
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041050651

作品紹介・あらすじ

盲目の祖父は、家中を歩いて考えつく限りの点と点を結び、その間の距離を測っては僕に記録させた。足音と歩数のつぶやきが一つに溶け合い、音楽のようになって耳に届いてくる。それはどこか果てしもない遠くから響いてくるかのようなひたむきな響きがあった――グレン・グールドにインスパイアされた短篇をはじめ、パトリシア・ハイスミス、エリザベス・テイラー、ローベルト・ヴァルザー等、かつて確かにこの世にあった人や事に端を発し、その記憶、手触り、痕跡を珠玉の物語に結晶化させた全十篇。硬質でフェティッシュな筆致で現実と虚構のあわいを描き、静かな人生に突然訪れる破調の予感を見事にとらえた、物語の名手のかなでる10の変奏曲。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実在した人や出来事を種にして、著者が育てた10の物語。
    どの物語にも、世界の片隅でいびつさを抱えながらひっそりと暮らす人々が描かれています。

    小川洋子さんが物語の種にした人々の人生にも、多くの物語があったようです。
    それらの物語を鋭いアンテナでキャッチして、じっと見つめ、そこから新たな物語を紡ぎ出す。
    題名のとおり、この世界に来るはずではなかったのに来てしまった流星たちを、そおっと救い上げる著者の姿を想像しながら読了。

    特に「臨時実験補助員」につきまとうひやりとした感覚があとに残っています。
    それからヴィヴィアン·マイヤーという人物が気になりました。

  • ヘンリー・ダーガー、グレン・グールド、放置手紙調査法、ヴィヴィアン・マイヤー、世界最長のホットドッグ…
    何の繋がりもない、そしてとても有名なわけではない人やものたち。世界の隅でそっと異彩を放つそれらをモチーフに描かれた、十篇の物語。
    ふわふわした手触りはまさしく小川洋子ワールド。
    説明がないまま物語が始まり、終わった次のページでモチーフが明かされる。中には予想だにしなかったモチーフもあって、その鮮やかな種明かしに驚く。
    「えっそれがモチーフだったの?」というくらい、本当にひっそりと現れているのに、種明かしされた瞬間それが主役に思えてくるから不思議だ。

    ある場所や想いに囚われ、そこから逃れられない人たち。その渦の中にいると、どうして自分はそこから逃れられないのだろう、と考えたりはしないのかも知れない。無意識の執着に突き動かされる登場人物たちを見ていると、どことなく甘く、そして息苦しい気分になる。
    何かに囚われそこから逃れられないと自己暗示をかけることは、どんな人生を歩む人にも少なからずあるのかもしれない。だからこそ読んでいて息苦しくなる。

    ひっそりと静かに、何かに執着しながら生きる人たち。抜け出したいけどどこにも行けない彼らは儚く美しく、タイトル通り、どこか見知らぬ土地に不時着した
    流星たちを思わせる。
    時々表れる残酷さがまた、深く刺さるように印象に残る。

    余談としては、1つ物語を読み終えた後、ついついその人物などを検索してしまった。ひっそりと一部に有名な人たちのことを知れて面白かった。

  • 小川洋子『不時着する流星たち』角川書店。

    同じようなテイストの10編の物語から成る短編集。よくぞ、これだけ奇妙な物語ばかりを紡ぎ出したものだと感心する。

    そもそも、タイトルの『不時着する流星たち』からして非常に奇妙だ。通常、‘’不時着‘’という言葉は航空機にしか使わないし、‘’流星たち‘’と敢えて‘’たち‘’を付けているからには流星を擬人化しているのだろう。つまりは、流星というのが航空機でも人でもあるという有り得ない状態が表現されていることになる。全くもって奇妙なタイトルだ。

    この奇妙なタイトルが象徴しているかのように、ヘンリー・ダーガー、ローベルト・ヴァルザー、パトリシア・ハイスミスといった作家や社会心理学者のスタンレー・ミルグラム、ピアニストのグレン・グールドなどに着想を得たと思われる10編の奇妙な物語。いずれも決して後味の良いものではなく、心の中に小石を置かれるかのような違和感が残る寓話的な、或いは哲学的な物語ばかり。

    第一話『誘拐の女王』、第二話『散歩同盟会長への手紙』、第三話『カタツムリの結婚式』、第四話『臨時実験補助員』、第五話『測量』、第六話『手違い』、第七話『肉詰めピーマンとマットレス』、第八話『若草クラブ』、第九話『さあ、いい子だ、おいで』、第十話『十三人きょうだい』を収録。

  • 小川洋子さん目線だと、こんな風に景色が写っているんだろうなと思える作品。小川洋子さんらしい表現に溢れた美しい景色で贅を尽くした短編集です。

  • 人には必ず、生きて行くのに相応しい場所があるとするなら
    この物語の主人公たちは皆、
    何かの不手際によって本来到達すべき場所と違うところに不時着してしまったのだろう。
    それでもひっそりと、生真面目につつましく生きる様は
    時にグロテスクで無常な結末が描かれていたとしても
    日々は温かく、幸福感さえ漂うのだ。
    それはきっと、不器用にささやかに生きる人に対する小川さんの柔らかい眼差しと、敬意を込めた文章の魅力によるものなのだと思う。
    一つのお話が終わるたびに現れる、物語の種が
    答え合わせのようで楽しかったです。

  • 実在した人をモチーフにした短編10編。普通なら物語の主役にはならないような人が、小川さんの物語では主役になれる。道端に落ちている石を拾いあげて、その石が語る物語に耳をすませるかのように、ひっそりと物語は進んでいく。でも、静かなだけではなく、中には異常な、狂ったような人たちも登場する。彼らは皆、地球という星に不時着してしまった流星のような存在なのかもしれない。挿絵も物語の雰囲気にぴったり。装画はMARUUさん。

  • 小説界きっての不思議ちゃん小川洋子の短編集。どれを読んでも現実の狭間を見失う。

  • 世界の様々な人やことをモチーフにした10編の短編集。

    どれも小川さんらしい、ファンタジックでもあり歪んだ感じのする不思議な物語が綴られる。

    一編自体はそれほど長くないのですらすらと進められるのだが、各編どれもクセがあるというか一編を読み終えたらすぐ次の一編とはいかない感じで、それだけ各編個性があって読み応えもあり。

    個人的にはグレン・グールドをモチーフにした「測量」とヴィヴィアン・マイヤーをモチーフにした「手違い」が好きで、特にヴィヴィアン・マイヤーという方は知らず、その方の残したフィルム見てみたい。

  • とても良い雰囲気

  • 決して主役ではない何かたちにささやかなスポットライトをあてた短編集。そんなところにそんなものが、という発見もありつつ、決してその発見が爽快なだけではないところが、まさに小川洋子ワールドです。「肉詰めピーマンとマットレス」に漂う空気が特に好き。

全96件中 1 - 10件を表示

プロフィール

小川 洋子(おがわ ようこ)
1962年、岡山県生まれ。高校時代に文芸を志し、早稲田大学第一文学部文芸専修入学。在学中から文芸賞に応募。卒業後一般企業に就職したが、1986年の結婚を機に退職、小説家の道に進む。
1991年『妊娠カレンダー』で芥川賞、2004年『博士の愛した数式』読売文学賞、本屋大賞、2006年『ミーナの行進』谷崎潤一郎賞、2012年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞、2013年早稲田大学坪内逍遙大賞をそれぞれ受賞。芥川賞、太宰治賞、読売文学賞、河合隼雄物語賞などの選考委員を務める。
『博士の愛した数式』は映画化され、大ヒットとなった。受賞作以外の代表作として、『薬指の標本』『人質の朗読会』『猫を抱いて象と泳ぐ』。

不時着する流星たちのその他の作品

小川洋子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

不時着する流星たちを本棚に登録しているひと

ツイートする