宇宙のみなしご (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.66
  • (143)
  • (293)
  • (293)
  • (47)
  • (6)
本棚登録 : 2815
レビュー : 254
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043941087

作品紹介・あらすじ

中学2年生の陽子と1つ歳下の弟リン。両親が仕事で忙しく、いつも2人で自己流の遊びを生み出してきた。新しく見つけたとっておきの遊びは、真夜中に近所の家に忍び込んで屋根にのぼること。リンと同じ陸上部の七瀬さんも加わり、ある夜3人で屋根にいたところ、クラスのいじめられっ子、キオスクにその様子を見られてしまう…。第33回野間児童文芸新人賞、第42回産経児童出版文化賞ニッポン放送賞受賞の青春物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『ズル休み』、子どもの頃だけじゃなくて、大人になってもなんだか妙に心魅かれる言葉です。なんだかちょっとワルい子になってみたいという誘惑が朝に襲ってくることってないですか?何だか色んなことが急に面倒になって、ええい休んじゃえ、と決意するまでのドキドキ感。子どもの頃だと親を上手く誤魔化すために四苦八苦。そして勝ち取った自由な一日。特にそんな日の午前中の幸せ感はなんともいえないものがあります。でも、午後になるとちょっと心が陰りだし、近所の子どもが帰ってきた声が聞こえだすと憂鬱さが襲ってくる。夜になるともうなんで休んじゃったのかなあという後悔の時間。そして、翌日、学校に、職場に着くまでの地獄のような時間。時間が経つと記憶の彼方に消えてしまったそんな時間ですが、もしかしたら、今の自分にとってそれも大切な時間だったのかもしれません。

    『衝動的でせっかちな性分は、わたしが未熟児で生まれたせいかもしれない、と両親は言う。小さすぎるしわくちゃの手足が涙を誘ったらしい』と両親に心配された陽子も『物心がついたときには、わたしはすでに近所の悪ガキからも一目置かれるやんちゃ娘に化けていた。我ながらあっぱれな成長ぶりだった』と生まれの弱さを感じさせない成長ぶりの一方で、体格大きく生まれつき『人生初の試練がダイエットとなった』という対象的な弟・リン。この作品ではそんな二人を中心に物語が進んでいきます。

    ひょんなことから不登校になった陽子。『不登校をしていて一番こまるのは、わたしに不登校する理由がない、ということだった。全然、ない。刑事ドラマ風に言えば動機がたりないし、スポ根ドラマ風にいえば血と汗がたりない』何だか深刻さが感じられません。だから、『ところで、突然ながらわたしはまた学校に通いはじめた』と、ちょっとしたズル休みの長い版だったかのように学校生活に再び溶け込む陽子。でも不登校中、『陽子の不登校、ひょっとして、ぼくのせい?』と姉のことを親身に心配していたリンは姉との楽しい時間を作りたいと考えます。そんな二人が見つけたこと。

    『新しい遊び、見つけちゃったかも』というリン。『その夜、わたしたちははじめて屋根にのぼった。すっかり屋根のぼりのとりこになっていた』と深夜の屋根のぼりという楽しみを見つけた二人。知らない家の屋根に勝手にのぼる二人。『基本その一。のぼりやすい屋根を選ぶべし。基本その二。人気のない場所を選ぶべし…』と決まり事も設け、すっかり夢中になっいく二人。そんな二人を中心に、陽子のクラスメイトのキオスクと七瀬さんが絡んで物語は展開していきます。

    子どもの頃って夜に憧れるというか独特な魅力を感じることってなかったでしょうか。一方でとても怖いんだけど、何だか不思議な魅力。誰もが寝静まった真夜中。陽子とリンも『星はわたしたちのために輝いている。雲はわたしたちにむかって流れてくる。風はわたしたちのために空をめぐる。今だけはわたしたちを中心に回っている』屋根の上で感じるなんとも詩的な表現、感覚です。でも、何だかとてもわかるような気がします。

    ズル休みがちょっとしたことが原因であるように、陽子が不登校になったのもある先生がいなくなったからでした。そんな先生が語ったこと。『大人も子供もだれだって、一番しんどいときは、ひとりで切りぬけるしかないんだ、って。ひとりでやってかなきゃならないからこそ、ときどき手をつなぎあえる友達を見つけなさいって、心の休憩ができる友だちが必要なんだよ、って』何だかとても厳しい現実を突きつけられているようにも思います。それが現実だから。人が生きていくためには、最後は自分が歯を食いしばるしかない、これはそうなんだと思います。でも、そんなに気を張ってばかりだと生きていくこと自体辛くなります。気持ちを楽にすること、そしてそんな心の休憩の時間を共にできる友だちってやっぱり大切なんだと思いました。こう書いていて、私の頭の中にもある友人の顔が浮かびました。もうずっと連絡も取っていないけど、あの時代、あの瞬間に、心の内を語ったことがあった彼。自分にもいたのかもしれない、そういう友人が。なんだか色々なことがとても懐かしくなりました。

    「宇宙のみなしご」という書名。読み終えると妙に納得感がわいてきます。そして、それと同時に少し物寂しさも襲ってくる不思議な読後感です。ちょっとノスタルジック感のある、そして最後の数ページにものすごい魅力と説得力を感じた、そんな作品でした。

  • 中学2年という時期は青春であり、自分てなんなんだ?と考える時期なのかもしれない。両親が仕事が多忙であるが中2の陽子、中1のリンの姉弟が逞しく仲良く育つ。そこで考え出したのが真夜中に隣家の屋根に上り、星を見上げること。そこに仲間外れになっている七瀬と相川が加わる。彼らは逃げたくはないが、逃げようとする。しかし、屋根から見る壮大な宇宙を見ているとそんなちっぽけなことどうでもいいやと思わせる。この大宇宙からみたら人間の小ささは埃である。陽子が七瀬、相川に寄り添う姿だけは人間の大きさを示しているようだった。

  • 私の実家の屋根は窓から簡単に登れるところだったから何度も1人で屋根に登っていた。田舎だから山と田んぼと土手しか見えなかったけど、懐かしい。

    あれを弟や友達と一緒にやってたら、もっと強い思い出になっていたのかな?


    宇宙のみなしご…だから生まれてから死ぬまで…輝きは大きくなったり消えそうになったりしながら…自分でなんとかするしかないんだ。

    がんばろ。

  • 森絵都 著

    何だか、懐かしいような 胸に痛くなるような…
    一気に中学生の頃の自分に戻れた訳ではないが、、
    あの頃、色々抱いている思いが蘇ってきたりして
    何故かちょっぴり寂しいような切ない気分にもなった。
    性格も雰囲気も違った仲間同士 何気ない事にムキになったり 感情をいつも押し殺していたり…
    多分 等身大の自分よりも ちょっと粋がって背伸びしてた
    ことなんか思い出していて、、森絵都さんの作品って 透明感のあるものの中に いきなり鋭い感情を持ってくるなぁって ドキッとしてしまう
    「宇宙のみなしご」って意味が後半になって なるほどなぁって分かってくる。
    特に 共感しちゃったのは
    「大人も子供もだれだって、一番しんどいときは、ひとりで切り抜けるしかない」
    わたしだって知っていた。
    一番しんどいときはだれでもひとりだと知っていた。
    だれにもなんとかしてもらえないことが多すぎることを知っていた。
    だから おちゃらけたり 大人っぽくクールでいたり まだまだ 中学生の子供なのに どこか粋がって 妙に強いね…って言われる度に、何か馴染めない感覚あっても、でもそう見えるんだったら それはそれでもいいじやないって半分白けた思いを引きづって ここまで生きてきた気がする。
    中学生にもなれば 何だか...子供にもなれないような難しい時期だった気がする
    森絵都さんのラストは 気持ちが一呼吸出来るような それでいて 何かに向かっているような ストンに胸に落ちてきて終わる…

  • 青春 友情 家族

    両親が忙しく、新しい遊びを見つけて過ごす姉弟が屋根上りに夢中になる。グループから仲間外れにされている女の子、いじめられっ子の男の子も加わりそれぞれの成長を描く物語。

    主人公の女の子のさばさばした感じが好き。
    季節や時間の空気感の表現がリアル。
    最後のワクワク感が子供時代に戻った感覚になりました。

  • 思い立ったら我慢せずに行動する姉(陽子・中2)。
    いつも笑顔でスローペースな弟(リン・中1)。

    両親は仕事でいつも不在。
    だから2人は生まれながらの遊び仲間。

    真夜中の散歩で見付けた新しい遊び。
    ~~夜中に屋根にのぼる~~
    って、「屋根にのぼる」で1つの作品を成り立たせるなんて・・・。

    大人はすぐに理由を聞く。
    大抵のことは理由なんて後付けだもんね。

    弱っているときに読むと、
    きっとゆるゆると回復するぞ。

  • 帯タイトルは、
    「あなたにも
     手をつなぐひとが、
     きっといる。」

    装丁とタイトルがすごく素敵です。

    ぽーんと放りだされて
    心許ないような
    そんな不安定な感情。

    誰にも秘密のとっておきの遊び。
    陽子とリン。

    「たった今、
     入れかえたばかりのように
     しゃきんと澄んだ空気。」

    「深夜というのはやはり、
     ただの夜とはひと味ちがった。」

    そう、これ!
    ちびまる子ちゃんにも昔、夜の女王になる回があったけど。

    大人になった今でも、
    やっぱり深夜はちょっと違ってて、
    それが子供のときは
    なおさら。

    陽子とリンは真夜中に屋根を上る。
    誰にも内緒で。

    それは夜を独り占めした気分。
    ワクワクが降ってくるような夜空。

    そこに控えめで目立たない存在だった七瀬さん、
    いじめられっこのキオスク、
    二人が加わることで物語は進んでいきます。

    陽子の世界に
    今まで存在してなかったものが現れて、
    戸惑ったり怒ったり。

    優しい絵本を読んでるような感じです。
    大人になったからなのか
    無駄に年を重ねてきてるからなのか
    こーゆーのを読むと
    ホッとします。

    宇宙のみなしご。

    みんなひとり、
    あのこも
    このこも
    そして私も、
    ひとり。


    だから手をつなげたら。

    やっぱり深夜の星空は特別。

  • 面白かった!一日で読み終えてしまった。こどもたちの興味深い行動が随所にあって、どのように展開するのかわくわくしながら読めました。

  • 私達は皆、宇宙のみなしごだから、本当はいつだってひとりぼっちで、自分のことは自分で切り抜けていくしかない。そんなことはきっと誰だってわかっている。だけれど一人で出来ないことは決して恥ずかしいことではないのだ。遊びだったのに、普段から無視する周囲からは理解されるわけもなく、自殺失敗だなんて同情される。それでも、落ちるつもりじゃなくて登ろうとしていたことにちゃんと気付いてくれてる子もいた。なんだ、君は一人じゃないじゃない。宇宙の暗闇に飲み込まれてしまわないように、ちょっと休憩、手を繋いで遊びに行こうか。

  • この作品にはユーモアあり、詩情あり、文章も作者の若々しいセンスに満ちています。夜の空気感や雰囲気の描写が透き通っていて綺麗ですね。夜空を見上げる心のゆとりを思い出させてくれたような。数々の賞を受賞したこの作品。ラストは爽やかで、心が洗われるような気持ち良さがあります。

全254件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1968年生。『リズム』で講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。産経児童出版文化賞、小学館児童出版文化賞など受賞多数。06年『風に舞いあがるビニールシート』で直木賞。著書に『カラフル』『みかづき』等。

「2020年 『あいうえおさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森絵都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
伊坂 幸太郎
伊坂幸太郎
森 絵都
有効な右矢印 無効な右矢印

宇宙のみなしご (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×