アメリカの夜 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.47
  • (52)
  • (68)
  • (153)
  • (22)
  • (4)
本棚登録 : 716
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062730570

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 訳が解らない。人間失格をちょっとポップにしたような印象。

  • 評論もしくは論文のような作品。阿部氏の小説は何も言わないでも面白い。すごい。すごい。すごい!

  • 慣れれば読みやすい文章でした
    こんな自分が昔居たような・・・恥ずかし

  • 久しぶりに読むのが辛い本に出会った。他の人のレビューでは評価が良かったので楽しみにしていたが…。
    伊坂幸太郎さんが「ピストルズ」を絶賛していたので、それを読む前にこの本に手を出したが失敗だったかな。気が向いたら「ピストルズ」を読んでみようかな。今は読む気がしない…。

  • 「特別」になりたい気持ちも、「気違い」になりたい気持ちも、それをばかにする気持ちも、よくわかる。だから読んでいて面白いんだけど辛かった。

    気違いになろうとする時点で全く正常です。全然狂ってなんていません普通です。普通。わたしはごくごく普通の人間です。

    ということをひしひし感じて打ちのめされた。あー恥ずかしい。

  • 今でいうところの中二病的思考なシネフィル青年の話。
    「特別な存在」でありたいと願う唯夫は、昼と夜の長さが同一になる「秋分の日」生まれということに特別さを感じ、対する「春分の日」的なるものと闘う決意をする。何の冗談か!と!もうニヤニヤしてしょうがないw 唯夫を記述する筆者もまた唯夫自身の別人格で、それはどうやら小説自身の筆者=阿部和重らしく、虚構の中の虚構の虚構と構造が凝ってる。いきなり訳の分からないブルース・リー論から始まって予想のつかない展開も読みづらい文章も全て阿部和重の狙い通りか。
    時代は90年代。そして非常に90年代的な小説。サブカルな若者の日常、バブル崩壊後の倦怠感、ネット以前の世界。まさに「小春日和の時代」だったバブル時代から「秋分の日」なる時代へと突入した日本。何と闘えばいいのかわからない90年代の若者の代表が唯夫だ。コーネリアスも「太陽は僕の敵」と歌う。当時、同年代だった僕の周りに唯夫は確かに存在したのだ。

  • 本を読む楽しさを知るきっかけになった作品。しみじみ。

  • 阿部和重の堂々たるデビュー作。全部詰め込んで、思いが溢れて自分まで飛び出してしまったというような反則的蛇足に感動した。

  • 一言で言えば存分に「痛い」小説だ。
    そして、この痛さが分かってしまう自分も、
    十二分に痛々しい青春を送っているまっただ中なのだと思い知らされる。
    けれど、そこからしか見えないものもあるはずだ。
    それは、そう。
    私が自分で捜して行かなくてはいけないことなんだと思う。

    青春は、自分がある限り、どうしようもなく痛いものなのですね。

  • 初めは読みにくかったが、面白く読めた。

全82件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

1968年生まれ。『アメリカの夜』で第37回群像新人賞を受賞し作家デビュー。’99年『無情の世界』で第21回野間文芸新人賞、2004年に『シンセミア』で第15回伊藤整文学賞・第58回毎日出版文化賞、’05年『グランド・フィナーレ』で第132回芥川賞、’10年本作で第46回谷崎潤一郎賞をそれぞれ受賞。他の著書『クエーサーと13番目の柱』『IP/NN 阿部和重傑作集』『ミステリアスセッティング』ABC 阿部和重初期作品集』対談集『和子の部屋』他多数。

「2013年 『ピストルズ 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アメリカの夜 (講談社文庫)のその他の作品

アメリカの夜 Kindle版 アメリカの夜 阿部和重
アメリカの夜 単行本 アメリカの夜 阿部和重

阿部和重の作品

ツイートする