どんどん橋、落ちた (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.17
  • (83)
  • (214)
  • (522)
  • (139)
  • (35)
本棚登録 : 2476
感想 : 261
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062735728

作品紹介・あらすじ

ミステリ作家・綾辻行人に持ち込まれる一筋縄では解けない難事件の数々。崩落した"どんどん橋"の向こう側で、殺しはいかにして行われたのか?表題作「どんどん橋、落ちた」や、明るく平和なはずのあの一家に不幸が訪れ、悲劇的な結末に言葉を失う「伊園家の崩壊」など、五つの超難問"犯人当て"作品集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読みやすい五話の短編集。第五話の意外な犯人は、犯人当てが簡単でした。その他の話もユニークな内容で、全体的にあっさりしてました。

  • 短編五話から成る短編集。
    4.5話の話はトリックがわかったけれど、1〜3話は騙された。
    1〜3のうち、個人的には2話のトリックはあまりスッキリしなかったけれど、見破ることは難しいトリックばかりだと思う。
    叙述トリックがあるとわかっていても騙されてしまい、さすが綾辻さんの作品だと感じた。

  • 犯人当てを楽しむ小説。論理立てて突き詰めていく様は気持ちよかった。
    重い暗いミステリー読んだあとに軽めのものを読みたいときにオススメです。

  • 犯人当てミステリーの短編集
    「どんどん橋、落ちた」は面白かったが
    あとは先生の内輪的な作品、という感じがした
    結局U君って何者なの?とモヤモヤした気持ちが残った
    サザエさんものは、新堂冬樹先生も似たようなのを書いていたので、作家さんたちは皆、磯野家の闇を書きたいのかな、と思った(笑)

  • ある年の大晦日、締め切りに追われる作家綾辻の家を訪ねる者があった。その人物が提示する犯人あてのミステリー。

    んー。
    叙述トリックってやつでしょうか。
    謎解きそのものは、とりあえず置いといて。
    作中の綾辻さんがとっても奇譚的な綾辻さんなんです。
    なので、謎解きそのものよりも、趣向やなんかを面白がって読みました。
    でも、奇譚の「わたし」って好きじゃないんですよね、いつもぼーっとしていて、めまいして、何でも忘れて・・。
    ってことで、とてもビミョーな感じで読み終えました。
    ミステリ研って存在してるんですね。
    お話の中だけのものだと思ってました。

  • 約20年ぶりに再読。
    犯人当て小説って考えてはみるものの、突き詰めずについすぐ答えを見てしまう…。
    それぞれの物語導入が綾辻さんぽい。「伊園家の崩壊」意図しなくても絡めて考えちゃうよね笑

  • 全部わからんかった笑笑
    個人的には短編より長編の方が好みっぽいです

  • フーダニットの短編集だが、どの作品も一筋縄ではいかないものばかり。
    そんなのありかと思う人もいるだろうし、これはこれでいいのだと思う人もいるだろう。
    個人的にはちょっとひねくれすぎているようにも感じてしまうけれど、それぞれの作品にはどこか暗い陰を感じ、またそれが作品の魅力にもなっているのだと思うのである。

  • 「どんどん橋、落ちた」「ぼうぼう森、燃えた」は捻りをきかせた犯人当て、という感じ。
    どんどん橋に関してははっきり言って犯人を当てるのはかなりキツイが、ぼうぼう森はもう少し考えれば当てられたかもしれない。

    個人的には「伊園家の崩壊」が一番面白かった。
    人は出てなくても、タケマルが窓から出た、という可能性はあるのでは?という点は当たったが、"四時五十分"という時間が意味することに気づけなかった。
    フェアかアンフェアかでいえば、ギリギリフェアだと思う。

  • 短編集。
    読んだのは……図書館だったかな?

全261件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

綾辻 行人(あやつじ・ゆきと)
1960年京都府生まれ。京都大学教育学部卒業。同大学院修了。’87年9月『十角館の殺人』で作家デビュー。「新本格ムーヴメント」の嚆矢となる。「館」シリーズで本格ミステリシーンを牽引する一方、ホラー小説にも意欲的に取り組む。’92年『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。2018年度第22回日本ミステリー文学大賞を受賞。

「2022年 『人間じゃない 〈完全版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

綾辻行人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×