BUTTER!!!(2) (アフタヌーンKC)

  • 講談社 (2011年1月21日発売)
4.12
  • (208)
  • (194)
  • (115)
  • (11)
  • (3)
  • 本棚登録 :1871
  • レビュー :124
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063107234

BUTTER!!!(2) (アフタヌーンKC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 渡谷さん良い。

    きちんと努力して自分に正直な人。

    そういう人の言葉は時々正しすぎて受け止めきれない時もあるけど夏ちゃんはちゃんと受け止めて理解することができて偉いなぁと思いました。 

    端場くんもナイスアシストですよね。

  • 端場くんの「しゃる うぃ だんす?」がとてもステキ。
    逆襲チャンスに卑屈感満載でのっかっちゃてるとことか。

  • 高校生独特の青春ですね。戻れるのなら戻りたい。

  • どもりながら一生懸命喋ったり、褒められると照れて「なに馬鹿にしてんのワロス」とか言っちゃったりする端場くんイトシス。

  • 2巻はダンスよりも人物描写メイン。

    引きこもり型根暗思考オタクの主人公端場くんは少し前向きになり頼もしく。

    活動型激情派手思考の主人公荻野目さんは今回周りに対して張っていた虚勢が崩れ見栄っぱりな部分を端場くんに指摘され逆切れ。

    自分に近いキャラはやっぱり荻野目だろうなぁ。
    周りに自分をよく見せたい思いが強くて失敗を恐れる。好きなものをめいいっぱい表現したいけど自分に自信がないからそれすらも恐い。うん、普通だ。

    荻野目見てるとあー分かるーって何度も共感する。

    逆に柘さんは想像通り強かったねー。
    そして眼鏡キャラの醍醐味、素顔は宝塚のオスカル様かよ!ってくらいのキリっとした美少女でこれまた柘さん可愛い!

    わりとストーリーは、ダンスの回に入るとわざとらしいぐらいの「俺ら青春してます!」モードで、ぶっちゃけおおきく振りかぶってにクソ似てる。やはりヤマシタトモコは健全な青春ものよりも誰もが抱えるコンプレックスを描く方が生き生きしとるな。

  • 私の中の端場君の評価がうなぎのぼりに上った。何あの子かわいい。
    つげさんとか先輩とかなっちゃんとか、なんというかこの人の描くキャラクターはどこか生々しくて良いですね。なっちゃんもただの前向きな女の子、って感じじゃなくて負の部分を抱えてるというのが読み手としてはぐっと来る感じがする。

    とりあえず しゃるうぃだんす(へっ)は個人的にドストライクだったんだがいかがでしょう。

  • ますますおもしろくなってる。
    ホントは漫画みたいに、嘘みたいに隠れた才能を花開かせたり、とんとん拍子に最良の人脈を得たり注目されたい、でもそんなのはフィクションで、それに憧れるフツウの自分が恥ずかしい。それは、覚えのある感情です。痛々しいけど、なっちゃん、かわいいじゃないですか。
    …夏にとってダンス部は、理想と比べて「ちょっと老けた、マイナーなもの」なのだろうけど、おそらく端場君にとっては「オタクっぽくない、一般人向けのもの」って認識なんじゃないかしら。端場君と夏の恥ずかしさって、全く違うとこにあるように見えます。
    やはり美人だったげっつ…小中学生の男子は「好きな子ほどいじめたい」が双方に有益な結果をもたらすことは全く無いとどうして気付けないんでしょうね(笑)。第三者として見れば微笑ましいですが、女子はたまったもんじゃありません。
    続刊が楽しみです。

  • しゃる うぃ だんす (*^^*)

  • 発売日に買いました!もう4回呼んじゃった…♪好きだなぁヤマシタトモコ…あと柘ちゃんも!三巻まで待てないっ……!

  • 一体感、達成感、気持ちいい。何かができそうな、何かがうまくいきそうな気がする。そのための努力。努力は嘘つかない。キャラクターたちの「弱さ」「強さ」がにじみ出してきた2巻。

全124件中 1 - 10件を表示

BUTTER!!!(2) (アフタヌーンKC)のその他の作品

ヤマシタ・トモコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
ヤマシタ トモコ
ヤマシタ トモコ
ヤマシタ トモコ
ヤマシタ トモコ
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

BUTTER!!!(2) (アフタヌーンKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする