ザ・万遊記

著者 : 万城目学
  • 集英社 (2010年4月23日発売)
3.36
  • (29)
  • (99)
  • (167)
  • (27)
  • (6)
  • 801人登録
  • 149レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087805628

作品紹介

万城目学が、世界を日本を駆けめぐる。北京で五輪を堪能し、ロンドンでサッカーの醍醐味を味わい、バルセロナで不遜にもピカソに共感!?全国の湯治場でアキレス腱のリハビリに励み、国会議事堂で大物代議士をちらり見する…。世界のあちらこちらでの驚きや感動を綴ったエッセイ集。

ザ・万遊記の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 万城目さんのエッセイを読むのは二冊目。
    多分、スポーツに興味のある人なら楽しく読めると思う。私はいかんせんスポーツは阪神タイガースとロードバイク(自転車)にしか興味がないものだから…。後、温泉にも渡辺篤史にもあまり興味がないものだから…。小ネタ的な短い話は面白かった。
    万城目さんの小説は大絶賛な私なのに、エッセイは何となく合わないんだなぁ。私の印象的に「普通の男性」過ぎるのかもしれません。

  • 好きな作家、司馬遼太郎と井上靖について書かれたパートが良かった。
    特に井上靖については、上げたり下げたりして、
    ついには「こんなおもしろくないエッセイ、初めて読んだ」なんて言うくだり、
    万城目さんらしくて最高!
    でも最後には、井上靖が読みたくなるような気分にさせる万城目さん、さすがですね。

  • エッセイだから面白く書こうなんていう気負いは感じられず、素直に面白かった。
    今までに読んだ作品だけでなく、万城目氏その人も好きになった。

  • 観戦と温泉、オリンピック観戦記、建もの探訪を軸としたエッセイ。
    万城目さん、「水曜どうでしょう」藩士だったのね。
    京都の愛すべき毛玉を生み出した森見さんもちらっと登場。
    これまた私の好きな作家、津村記久子さんも!
    渡辺篤史さんが椅子にこだわりを持っているので、その影響で椅子の世界を垣間見る万城目さん。たぶん今頃どれかを購入して腰かけていらっしゃるのではないかしら。おはようございます、とか言って。

  • 最高に面白かった。
    大爆笑。

    特に「今月の渡辺篤史」シリーズが好きだ。
    『ザ・万歩計』なるエッセイと『渡辺篤史の建もの探訪BOOK』なる番組の特集本にも、万城目さんの『渡辺篤史の建もの探訪』への愛が詰まったエッセイが載っているらしい。
    是非読みたい。

  • 前回のエッセイに比べるとじわじわ~と愉快になってくるような気がした。
    何よりもこれで渡辺篤史氏に夢中になってしまった・・・

  • 万城目ワールドにのんびり浸らせていただきました。どうやら万城目氏とは同じような年代なんで、時代の感覚なんかで話が合うのだ(笑)芋粥が面白かったかな。一人の作家さんの著作全制覇はさすがにまだやったことがない。その内やってみたいけれど、やっぱり凡人には芋粥になりそうだなあ…

  • 「湯治と観戦」はいいよね!あと津村さんのエピソードが面白い。

  •  素晴らしい篤史愛!篤史に関するエッセイが一番面白かった。あの番組、すごく見たくなってきたなぁ…。

  • モリミ・オッパイ・トミヒコと万太郎。ついに描かれる二人の邂逅。たった3ページのストーリーで滲み出る信頼関係。熱い。

    プリンセス・トヨトミの話がぽろぽろ。スポーツ観戦が多い点は不満である。Gフリーだけど虫との奮闘は続く。

全149件中 1 - 10件を表示

ザ・万遊記のその他の作品

万城目学の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ザ・万遊記を本棚に登録しているひと

ツイートする