逢魔ヶ刻動物園 1 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.04
  • (71)
  • (64)
  • (35)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 679
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088701318

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 動物達の擬人化がとても可愛いです。動きなども味があって非常に好きなのですが、本誌で人気が無いのはカッコいい男性やかわいい女性が少ないからでしょうか・・・(動物ばかりなため)
    動物好きなので応援してますっ!

  • 閉園時間後の動物園や水族館はどうなっているんだろう。
    やっぱり誰もが惹かれる世界であるようで、
    最近はリアル世界でもナイトツアーやらお泊り企画がありますし
    漫画などでも題材として取り上げられたりしていますよね、『バケツでごはん』とか。
    この『逢魔ヶ刻動物園』も閉園時間後の物語。

    ただ、普通の動物園ではありません。
    この作品について書こうとすると、どうしてもネタバレになってしまってもったいない!ので
    少しだけ箇条書きにて紹介。
    @自己中理不尽園長は男前。
    @飼育員華ちゃんがんばれ。

    で、1番言いたかったのはこれ。

    @動物たちの擬人化がすごい。

    は?そんなのこれまで散々見てきたし!
    ミ○キー様ディスってんじゃないわよコラ。
    キ○ィ様もミッ○ィー様も黙っちゃいないわよ?

    いやいや、否定するわけではなくて。
    なんかね、別次元での擬人化デザインなんですわ。
    普通(?)に近いものもいるし
    好みは分かれるかもしれないけれど、象とかダチョウとかサイとかはホントにびっくりした。カバも。
    感覚がいい描き手さんなんだと思う。

    あと、ネーミングセンスが気に入ってます、
    ゴマフアザラシのイガラシさん
    インドサイの加西くん
    アメリカバイソンの梅村さん
    ああ。すき。こういうのすき。

    描きたい!頭の中のことを表現したい!あれもこれも、もっともっともっと…
    てな気持ちはすごく伝わってくる。
    けど、ちょっと空回りしているようなところも感じられる。
    まだまだ安定していない気がするので
    これからどうなるのか楽しみでしかたがない。
    が、週間連載だしジャンプだし。不安。
    大事に見守っていきたいんだがなあ。

    雑誌も買ってアンケートで応援したい、と思う描き手さんは久しぶりだー。

  • 俺のバイブル。
    これほど発売を待ち望んだ漫画は他にないぜ!


    全体的に画が暗くて、なんでかなーと思ったら、設定時刻が16時44分以降だったからだった。

    華ちゃんが園長、そして話せる動物に初めて出会うシーンは不気味な雰囲気がとても伝わってくる。

    連載続いてくれるといいなぁ。2巻も期待♪

  • 獣人化で、面白いの一言に尽きる

  • おすすめです。

  • 動物達の変身した姿が素敵すぎます!!!w
    動物達の特性を生かした話が面白い♪
    園長の誕生秘話も載ってます!

  • 園長イケ面すぎる。

全40件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

堀越 耕平(ほりこし こうへい、1986年11月20日 - )は、日本の漫画家。愛知県出身。名古屋芸術大学卒業。
東邦高等学校卒業 名古屋芸術大学デザイン学部イラストレーションコースに進学する。在学中、読切『ヌケガラ』で第72回(2006年下期)手塚賞佳作を受賞した。卒業前に読切『テンコ』を『赤マルジャンプ』(集英社)2007 SUMMERに掲載してデビューを果たし、さらに『赤マルジャンプ』2008 WINTERに読切『僕のヒーロー』を掲載した。

逢魔ヶ刻動物園 1 (ジャンプコミックス)のその他の作品

堀越耕平の作品

ツイートする