リヴィエラを撃て〈下〉 新潮文庫

著者 :
  • 新潮社
3.75
  • (202)
  • (169)
  • (316)
  • (24)
  • (7)
本棚登録 : 1529
レビュー : 111
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101347158

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 導入部分や話の流れ設定が丁寧でとても興味深く読めたが、結末が納得いかなかった。この結末だと、最後に適当な人を新しく出せばいいので
    せっかくの丁寧な設定が台無しに思えた。

  • 内容紹介
    CIAの《伝書鳩》とともに、父の仇である《リヴィエラ》を追っていたジャック。複雑怪奇な謀報機関の合従連衡。二重・三重スパイの暗躍。躍らされる者たち。味方は、敵は誰か。亡命中国人が持ち出した重要書類とは?ジャック亡き後、すべての鍵を握るピアニストは、万感の思いと、ある意図を込めて演奏会を開く。運命の糸に操られるかのように、人々は東京に終結する。そして……。

  • 下巻。
    上巻途中で挫折しそうになりましたが、髙村ファンの友人のレクチャーを経て、各諜報機関とそれぞれのキャラクターがどのように関係しているかを把握した上で読み進めると、物語の展開が俄然面白くなった。
    最後、ある人物がペラペラと真相を話して終わりっていうのはちょっとあっけなかった気がする。話が壮大すぎて、あれだけ死者を出して大騒動を起こした理由が、あまりピンときませんでした。
    物語も、それぞれの人間関係も、重厚すぎてとにかく疲れた。
    また時間を置いて再読したい。

  • 骨太な人物たちに引き込まれ、それぞれのを宿願が遂げられることを祈った。
    自分の後を託せる者を見つけることが、彼らが最後に抱いた最大の願いだったのだろう。

    託したい、託されたい、その重要な思いはどこで生まれるのか。
    深い信頼と、直感、その瞬間、この人しかいないとなる。
    伝える言葉は、
    これをやってくれ、
    ではなく、
    「お前の思う通りにやってほしい」。

    人生は複雑、普通の幸せ、体に染み込む言葉じゃ伝わらない何か、本当の自己犠牲
    こんなことを考えた。

    時代が違うなんて思わない。
    「次を託された者」の姿が心に刻まれた。

  • つ、疲れた…
    これは傑作だー

    日本・アイルランド・イギリスで展開される諜報戦のスケールのでかさはあくまで設定であり、真の魅力は登場人物たちの鬼気迫る濃厚な心理描写にあると思います。

    展開は結構複雑で、上巻の半分くらいまではなかなか全体像がつかめず読みづらいです。でもあきらめないで!それ以降は目眩く展開に一気読み必至です。
    下巻のピアノシーンは圧巻です!

    ラストのある人物の独白は若干拍子抜けでしたが、この作品の良さを削ぐものではありませんでした。

    ミステリー・サスペンスとして一級品であり、文学性も高く素晴らしい作品でした。

  • 平和な時代に生まれ育った身には登場人物たちの思考に付いていけない部分もあるが、それは幸せなこと。激しい紛争の無い日本でよかったと安堵しつつ読み進めた。

    話のスケールが大きく、重く、複雑で長い。途中、登場人物の名前が「これ、誰だっけ?」と何度も判らなくなり、最初の人物紹介ページで確認しました。高村さんの本は、この人物紹介ページに助けられます。(私だけかも知れないけど)

    ラストは、これでよかったのかな?
    見方によってはストンと落ち着いて丸く収まってるし、違う見方をすると、なんてひどい話なんだ!とも言えるだろう。

    決して読みやすい本ではないけど、読んでよかった。
    これを書ききった作者の持久力に感服します。

  • 二回目読んでてもハラハラドキドキ。これ読んでから千鳥ヶ淵のイギリス大使館を見に行った事あるのは私だけではないはず。とにかく素晴らしいの一言。

  • スゴイ‼この人ほんとスゴイ‼
    なかなかどっぷり感から抜け出せなかった…なんかせつなくて。

  • スパイやら刑事やらテロリストやらCIAやら5やら6やらがいっぱいいて、登場人物を覚えるのに苦労はしました。
    でも、イケメンピアニストやらイケメンテロリストやら妖艶な美人スパイやら個性的な面々、そしてひとりひとりがしっかりとした過去を持っているので、イメージはしやすいかも。


    国の秘密、利権、国益、、忠義、友情、愛情、裏切り、憎悪、正義、勇気、真実…

    本当にこんな世界があるのだろうか。

    ひとりの人間が背負うには重たすぎるものをみんな、抱えてます。

  • 期待が裏切られることなく下巻も面白いのだけど,魅力的な人がどんどん死んじゃうのは悲しく,いよいよ読み終わってしまうのかというのも寂しく,悲しい気持ちで読み進めた。特にノーマンの訃報のくだりは電車の中だったけど思わずあぁと声が出た。
    ただ,最後は独白というのはなぁ・・・。それでおもしろさが減殺されることにはならないけど,何か他の方法であって欲しかったと思う。

  • 日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞受賞。
    1992年冬の東京。元IRAテロリスト、ジャック・モーガンが謎の死を遂げる。彼を衝き動かし、東京まで導いた白髪の東洋人スパイ<リヴィエラ>とは何者?
    日本人が書いたエスピオナージュを初めて読んだ。

  • 舞台はアイルランド、イギリス、日本。
    1970年代から1990年代まで、時代を感じて。スリルに満ちた最高のエンターテイメント。アイルランドに行ってみたい。

  • とても面白かった。過去に植え付けられた種が時間の経過とともに根が絡み合い複雑なストーリーを作り出す。見事な小説でした。おかげで寝不足です。

  • 日本人がIRA全盛時代の国際的な諜報活動をテーマにした大作を書いた意欲的作品である。特にあの時代のアメリカ、イギリスそして日本のポジションが理解出来ないとここまで骨太な作品をものにするのは不可能であり、おそらく多大な取材を通じての作品であり、読み応え充分である。少しばかりCIAが悪者に書かれているのもご愛敬。なんとなく当時の国際情勢が透けて見えてくる一作である。秀作

    • teshiigogoさん
      日本人の作家がIRA全盛時代の国際的諜報活動をテーマとした意欲的作品の後編。リヴィエラというと日本人がどのような役割でこの国際的な影の工作に...
      日本人の作家がIRA全盛時代の国際的諜報活動をテーマとした意欲的作品の後編。リヴィエラというと日本人がどのような役割でこの国際的な影の工作に関わったのか。CIA.MI-5やMI-6、イギリスの警察機構がどのように本件の中で役割を演ずるのか、物語の最後まで謎は解けず読者を惹きつけて離さない。しっかりとした取材に紐付いていて枝葉末節まで書き込まれた物語は骨太で読者の期待を裏切らないものとなっている。秀作
      2018/06/10
  • 読み終わってまた上巻頭からざっと振り返り、ようやく全体像が見えてきた。完全には理解できてないな。
    リヴィエラやギリアムの謎は緻密なようで呆気ないようで、振り回され飲み込まれていったたくさんの命を思うと悲しいし虚しい。
    大筋では絶望しかないような話だけど、ジャックとシンクレア、シンクレアとダーラム侯、ジャックとケリー、ケリーとサラ、MGとキム、キムと手島、それぞれの間に確かにあった心の繋がりに胸が熱くなる。
    普段読まないジャンルだったけど、難しくて必死に読んだぶん楽しかった。またいつか読み返したい。

  • 高村薫の中では割ときちんと読みこめました。
    どうしてそこまで…解説にもある男達の暗い情動が切ない。壮大で濃密なものがたりです。

  • 後半の謎解きを読んでも、組織や人間関係が複雑すぎてさっぱり。

  • 下巻は一気に、物語が進展。

    愛する人、友人、秘密を握るものの死。
    日本へと逃げた若い男女の末路。。。
    リヴィエラとの面会、そしてこの物語の本当の真相とその後の人生。結構、衝撃的に物語が進む。

    ただ、本当の真相を知った時は少しだけ、拍子抜けしちゃったけれど。ここまで引っ張らずに、もう少しコンパクトにまとめても良いんじゃないかなあ。と読み終えた今の感想。

  • 登場人物達それぞれの必死の生が眩しくて愛おしくて、しかしそれほどまでにして追い求められていた真実はそれに見合わず醜く馬鹿馬鹿しくさえあったことに釈然としない気持ちになったけれども、
    そんな綺麗も汚いも複雑に絡み合った物語であったからこそ、シンクレアがあのブラームスの協奏曲を渾身の力で演奏したことには興奮しました。
    言葉では言い尽くし難いこの複雑で壮大な物語が、全てこの曲で昇華されているかのようです...。

    長編ならではの壮大な世界観にどっぷりとのめり込めました!面白かった!

  • 結局、どういう話なのか。MI5、CIAの出てくる、スパイ、犯罪小説は好きなのだけど。結局何?みんなが命かけてた理由が説得力ない。部屋の中や街の様子などは描写が細かくて臨場感あるけど。大筋で?

全111件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

高村 薫(たかむら かおる)
1953年大阪市東住吉区生まれ、現在大阪府吹田市在住。国際基督教大学教養学部人文学科(フランス文学専攻)卒業。外資系商社の勤務を経て、作家活動に入る。
1990年『黄金を抱いて翔べ』で日本推理サスペンス大賞、1993年『マークスの山』で直木三十五賞、1998年『レディ・ジョーカー』で毎日出版文化賞、2016年刊行の『土の記』では大佛次郎賞、野間文芸賞、毎日芸術賞をそれぞれ受賞し、新たな代表作となった。
『レディ・ジョーカー』を境として、重厚な社会派ミステリーから純文学に転向。織田作之助賞選考委員を務める。

高村薫の作品

リヴィエラを撃て〈下〉 新潮文庫を本棚に登録しているひと

ツイートする