ハイ・フィデリティ (新潮文庫)

  • 新潮社
3.88
  • (64)
  • (42)
  • (76)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 385
感想 : 53
  • Amazon.co.jp ・本 (463ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102202111

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 映画が好きで読んだ

    音楽バカが顕著にあらわれる。どんだけ脚注あんねん。

  • 備忘録


    映画版が好きなので読みました。
    失恋に落ち込み自己憐憫の底に沈む男のユーモアとアイロニーに溢れた独白と、知らなくても魅力的なポップカルチャー愛がとても楽しい作品でした。
    好きなシーンは序盤、元恋人のローラが主人公の部屋を後にするときのドアを開ける描写です。主人公の未練がキュートに感じられました。

  • この文庫、すでに絶版になっていて、ネットで手に入れた。
    同タイトルで映画化もされているんだね。

    小説内に登場する膨大な音楽コレクション(とウンチク)
    ほとんどわからなかったけども、それでも楽しめる。
    古い小説かと思ったけども、ニルヴァーナ(Nirvana)のレコードも出てきたりして、それに反応してしまう自分が面白かった。

    ちなみに、主人公は35歳の音楽ジャンキーで、ロブの一人称小説となっている。
    男の哀しいサガ、ダメダメな人生がずーっと綴られている。

    何となく、ライ麦を思い起こすような純真さも感じる。

    音楽に没頭し、しがないレコード店を営み、常にウンチクを語る・・・
    しかし、人生は自分の思うモノとは解離しており、恋人ローラも逃げていくありさま。
    そのローラに対する想いも、かなりひねくれていて、その有様も惨憺たるもの。

    終盤にかけて、恋人と人生を取り返すような爽快なストーリーになっている。
    今の自分の年齢ともかぶり、感慨深く読むことができた。

    ちなみに『フィデリティー(fidelity)』を辞書で引くと
    1)約束や義務などの厳守。
    2)忠実。忠誠。
    3)迫真性。正確さ。
    4)オーディオ装置で,再生の忠実度。原音を再生する正確さ。

    なるほど!

    ----------------
    【内容(「BOOK」データベースより)】
    彼女のためにテープを編集したこと、ありますか?彼氏からそんなテープを贈られたこと、ありますか?この本は、そんな貴男とそんな貴女のための小説です。もうからない中古レコード店を営むロブと、出世街道まっしぐらの女性弁護士ローラ。同棲の危機を迎えたふたりは、どんな結末を迎えるのでしょうか。英国だけで百万部を突破した話題のベストセラー、いよいよ日本に上陸です。
    ----------------

  • 名著。
    歳を重ねる毎に面白くなる。

    音楽とみじめさ。
    どっちが最初に存在していたのか。

    名文だと思う。

  • 映画も素晴らしいが小説もまた素晴らしい。
    なんだかいとおしい。

  • 2009.1
    再読。
    8年ぶりに読み返してみた。
    前は人間性よりも感性、という考えとかオタクっぽさに大いに共感してたけど、
    「大切なのはどんなものが好きかではなく、どんな人間であるかだという気がしている」に今では共感している。
    ここでも「気がしている」とまだ言い切れないところが彼の弱さであり愛すべき所だったりして。
    解説をじっくり読んでみるのも面白い。

  • 大好きです。映画を先に見てしまったのだけど、やっぱりニック・ホーンビィの小説はいいなあ、と思う。バカでどうしようもない感じとか。なんか強迫観念っぽいところとか。偏執的なところとか。考え出すと止まらなくなる感じとか。私は知らない名前もとても多かったけど、音楽好きならより楽しめるのかも。好きな人にテープを作りたくなります。

  • もし、もっとイギリスやアメリカの音楽や芸能関係に精通していれば、この小説の内容を楽しく堪能できただろうか。
    もちろんそれもあるんだろうけど、もっと肝心なところでとても不満だ。
    文章自体はユーモアに溢れ、ウィットに富み、時にはシニカルだったりアイロニックだったりと、魅力的な部分はあるんだけど、いかんせん、散文的、というか散漫というか。
    そのせいで、ストーリーに身が入らなかった、というのが正直なところ。

  • Them magazine 2015年春号(通巻第5号)「Out of Nineties」特集で90年代のものを紹介するページで紹介されているのをみて読んだ本。90年代の本・映画・音楽は「うるさいよばかだるいんだよってかお前誰だよ」みたいな空気が各作品に通底する特徴のような気がしていて、それを魅力に感じている。競争を続けることがしんどくなって降りるようなテンションが日本だとゆとり世代につながっていったのかも知れず、90年代カルチャーが未だに古びないのは当時のテンションが今につながっているからのような気がする。この作品はほどよいぬるさが読みやすい。

  • 映画を語る会で原作になった本を先輩からいただいたので
    読んでみた。どうやら絶版で今はどこにも売ってないようです。
    で、早速読んでみた。
    最初なんだこれは!ロブ(主人公)がやたらめったら
    昔の女に対する(歴代彼女たち)ただのストーカー話じゃないか!と。
    もう感想といえば、それだけだったけど
    読んでいくうちに、あぁなんて不器用というか
    なんかどうしようもねぇな!
    でもまぁしょうがねぇな!みたいな謎のあれ。
    ロブが言うベスト5の意味とてもわかる。
    イベントでかける好きなベスト5と
    自分が好きなベスト5は全然違うもの。
    それにしても
    好きな人にカセットテープいいですね、
    貰ったことないけど。
    なんだよ、結局ローラとより戻していい感じじゃないか!と。
    むしろローラがいい女すぎる。私だったら絶対無理。

全53件中 1 - 10件を表示

ニック・ホーンビィの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ポール・オースタ...
三島由紀夫
ニック ホーンビ...
ニック ホーンビ...
ポール・オースタ...
ジャック・ケルア...
アーヴィン ウェ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ハイ・フィデリティ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×