国家の品格 (新潮新書)

著者 :
  • 新潮社
3.42
  • (557)
  • (858)
  • (1809)
  • (243)
  • (115)
本棚登録 : 6867
レビュー : 1126
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106101410

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高校時代に教師からオススメされた一冊。

    国際人=英語が出来る ではないというのは確かにわかる。
    美的感受性など、日本人らしさを無くしてはいけない。自分の生まれた日本を誇りに思っていこうと思った。

  • 分からんでもないし美しいなと思う。納得できる箇所もあった。けど全力で肯定する気にはなれなかったのは「もう、そういう時代でもないのかもよ」みたいな悪い意味での諦めが自分の中にあるからだと思う。今の時代にこそ必要な思考かもしれないけど、「日本だけが特別なんだ」と鵜呑みにするのは怖いと思った。

  • 著者のズバッと主張するところ、個人的に好きですね。
    世界のあらゆるところに自ら赴き、様々な国の歴史を広く学んでいるからこそ見える国家のあり方。

    特に印象的だったのは、学校のいじめ問題と武士道を絡めているところです。いじめはなぜダメなのか?という問題は、理屈で説明できない。卑怯なからダメだと、ならんものはならんのだと、頭ごなしに子どもに教えなくてはならないというのは、将来教育者を目指す私にとってはグッときました。当事者の気持ちになってみようなんてヌルいことは言ってられないのです。いじめられた経験なんてものは、想像で理解できるものではないからです。こうなって、ああなるからダメだなんて理屈で説明する方がピンとこないのです。

    論理的でなくていいというのは、新しい発想のようで、実は戦前の日本人に根付いていたというのが面白かったです。

  • 2か月前の読了なのでだいぶ内容は抜けてしまったが。『銃・病原菌・鉄』を読んだ直後だったので、どうしても考察や議論が浅い感は否めなかった。日本の伝統芸能や義理人情の文化などを改めて確認できるが、著者の言うこの日本の文化こそが世界を豊かにするという論調はいささかなナショナリズム的な物に後押しされた飛躍を感じるし、ではどのようにして日本の美徳を世界へ浸透させ、それがどのように世界を変えていくのかという具体性に欠けた。個人的にはpatriot でありたいと思っているのでイデオロギーとしてはわかるのだけどね。

    ただ、近現代の論理主義(著者はこれを欧米的価値観とよぶ。まあ近現代の思想は欧米思想が基調なのでそうとも言えるだろう)に対する反駁は興味深かった。人類普遍の論理を尽くすことで、必ずお互いが合意する一般解を求めることができる。しかし実際は論理というのはそんなに素晴らしいものではない。論理というのは、結論から辿っていけば結局は主体が自明と考える命題を出発点とせざるを得ない。主体の思考力によってその根本の前提命題のレベル感は異なるだろうが、究極的には、全ての論理的帰結のよりどころとなるその命題は「自明」とするしかない。ここの説明に、何ら「論理」はない。そして、何を自明とするかというのは、主体の価値観、尺度、哲学(そしてこれららはしばしば主体の立場や状況に大きく左右される)に依って決定される。すなわち、「論理」というのは、何ら普遍的解を提示する保証などなく、むしろ主体の依る前提によって異なる帰結が生まれるものなのだ。そこで著者は、真に重視するべきはこの詭弁的な論理ではなく、その根本を成す価値観だと述べるのだ(彼はその価値観こそ日本的価値観に統一されるべきと述べるのだがそれはさておき)。
    うすうす大学に入ったあたりから自分でも感じていたことではあったが、他者により言語化されたものを読んだことで改めてその認識をブラッシュアップできた。世界の全てについて論理で絶対解が出せる、心のどこかでそんな風に信じていた時期が、僕にもありました。まあ最近は統計学でそれに近いことができるんじゃないかなって思ってきているのだけどそれはまた別のお話。

  • 論理ではなく、情緒と形こそ大切。

  • 以前アメリカ人と相撲の話をしていて、「始まるまでの時間(=仕切りの時間)が長いから嫌」と言われ、相撲好きの自分はなんとかして相撲の面白さを彼に伝えたいと感じたのを思い出しました。
    日本のよさがわからなくなって外国に飛び出してみたこともあったけれど、外から見てみると日本にもいいところがたくさんある。
    そういうものを大切にしたいと思うのは、自然なことのはず。
    私はできる限り三食お米を食べて日本の農家さんの収入確保に貢献したい。(パンも好きなので、食べちゃうんですけど…)
    日本文化の素敵なところを外国の人たちにきちんと説明できるような国際人になりたいなぁと、思います。

  • 250万部突破のベストセラーなのだそうです。
    日本語書籍に飢えていたとき、オフィスにあったので手に取りました。
    ヒットを狙ったいかにもなタイトルですが、内容は欧米コンプレックスを感じました。著者も言っていますが、「品格」と言いながら品に欠ける印象。

  • 今更ながら読了。著者の藤原さんは自分の高校で演説をしてくれたということもあり、個人的に親しみを持っています。本の中では情緒や弱者への配慮など日本人が持つ固有の資質を大事にしろ。祖国愛が今の日本、そして世界に必要である。そのようなことを述べていました。アメリカ化する世界や日本に危機感を感じているのが良く伝わってきました。偏った意見が目立つ為、考えを鵜呑みにするのは問題ですが、あくまで一つの、そして一人の考えとして自分達が適切な判断をする時の材料にはなるのではないかと思います。

  • 国家には真のエリートが必要
    エリートとは
    文学、哲学、歴史、芸術、科学といった何の役にも立たないような教養をたっぷりと身に着けていること。そうした教養を背景として圧倒的な大局観や総合判断力を持っていること。
    いざとなれば、国家、国民のために喜んで命を捨てる気概があること。

    愛国心「ナショナリズム」(国益主義)と祖国愛「パトリオティズム」は全く異なるもの。
    「ナショナリズム」自国の国益のみ追求するという、浅ましい思想
    「パトリオティズム」自国の文化、伝統、情緒、自然、そういったものをこよなく愛するということ。
    欧米人の精神構造は「対立」に基づいている。自然は征服すべき対象であり、他の宗教や異質な価値観は排除すべきものである。
    日本時にとっては、自然は神であり、その一部として一体化している。
    日本は異常な国であり続けるべき。
    5世紀から15世紀の間に日本の文学は全ヨーロッパの文学を凌駕した。江戸時代の識字率もおそらく世界ダントツ一位。これらの背景があったため、明治維新から第2次世界大戦をはさみ、世界2位の経済大国へ成長できた。

    筆者の記載していることにすべて賛同できることはできなかったが、もう少し、日本人は自分の国民性に対して誇りを持ってもいいのではないか?という部分には大きく共感できた。
    文中で紹介されていた、「武士道」新渡戸稲造、「文明の衝突」サミュエル・ハンチントンは機会があれば、読んでみたい。

  • 2chのまとめサイトに時々見る、日本国のすばらしさを教えてスレのような意理屈と傲慢さ一辺倒の著者が清々しい竹を割った意見を持つ人物に見えるのは、著者が批判しているそのままの理由を当てはめることで説明がつく。そしてその理由を確実なものとするためには、だってそうなんだもん、と一言つければ足りるだろう。
    日本は本来如何に素晴らしい国家であるか、それは情緒をもった国民がいて、情緒を君たちは失いつつあるのだよ、という内容が書かれています。情緒を養うべき、と書かれて方法も記されているが、何を実践すればいいか迷う人も多いと思う。迷いつつも何かをできる人には、少なからず情緒を感ずる心があるだろうし、情緒を知る本をアマゾンで即検索した人はもうきっと駄目でしょう。

  • 数学者である藤原正彦氏の日本人論。著者の経験から西洋的論理主義を批判し、日本的な「情緒と形」の有効性が提唱されている。本書では敗戦によって失われた武士道精神の教育と、欧米的イデオロギー支配からの脱却が主張される。数学的視点から論理を量的に捉えるなど、独自の視点で近代的合理精神の限界を明らかにする過程が面白い。第三章では民主主義のポピュリズム的傾向を非難し「真のエリート」による抑制が主張されていたが、関連して読んだノーム・チョムスキー著『メディア・コントロール』と(対極的に)重なる部分があった。第四章以降では日本古来の「情緒と形」「武士道精神」について解説され、その役割と価値が説かれている。本書がベストセラーになり15年近くが経つものの、残念ながら日本人の武士道精神に復活の兆しは見えない。相変わらず横行している的外れな「国際人」の育成や、欧米追従型の国際貢献をやめ、今こそ国家の品格を取り戻すべきかもしれない。 

  • 【気になった場所】

    各国の品格の特徴
    ・アメリカ→論理と合理
    ・イギリス→慣習と伝統
    ・日本→情緒と形

    論理だけでは世界が破綻する理由
    ・人間の論理や理性には限界がある
    例)国際化だから英語を優先すべき?
    ・最も重要なことは論理で説明できない
    例)人殺しはなぜダメなのか
    ・論理には出発点が必要だが、その出発点はそれを選ぶ人の情緒
    ・論理は長くなり得ない
    →量的思考には、知識や情緒、大局観が必要

    国民は永遠に成熟しない
    →民主主義は世論がすべて
    →国民の判断材料はほぼマスコミであり、世論≒マスコミ
    →真のエリートの存在が必要

    真のエリートとは
    ・教養を身につけている
    ・有事の際に国家や国民に命を賭ける

    武士道精神こそ世界を救う
    ・惻隠をもって他者に接する
    ・卑怯を憎む心を持つ

    情緒や形とは
    ・自然に対する繊細な美的感受性
    ・インドの無常観→日本の「もののあはれ」

    天才を生む国の条件
    ・美しい土地
    ・伝統や自然への敬意
    ・直接役に立たない教養も尊ぶ風土

    品格ある国家の指標
    ・自らの意志に従って行動できる独立国
    ・高い道徳
    ・美しい田園
    ・天才の輩出

  • 小気味良く、欧米の論理重視を批判。
    情緒と形を身に付けるべしと説く。

  • 数学者が日本をどう論じるのか興味が湧き、読んだ本。
    賛否両論かもしれないが、私は頷けた作品。
    国家にも品格は必要で、日本、あるいは日本人のあるべき姿を考えさせられる。

  • 下品なことはやめる。理論や論理で説明できないこともある。やってはいけないことは、理屈抜きでやってはいけない。

  • 「すぐに役立たないこと」を命がけでやっている人の層が厚いということが国家の底力に繋がる。

     どんな国でも経済的に発展する場合、常に工業の発展がベースになります(金融やサービスによる繁栄は、偽の繁栄であり長続きしません。どの国でも多少の才覚さえあれば、すぐに真似ることができるからです)。一方、工業が発展するには、高い質の労働者の他に、それを支える基礎力としての数学や理論物理が強くないとうまくいかないからです。つまり「すぐに役立たないこと」を命がけでやっている人の層が厚いということが国家の底力に繋がると思うのです。

     皆、手っ取り早く儲けようとしますけれども、すぐに儲からないかもしれないことを命をかけてやるためには、トップマネジメントの信念が必要なんですよね。

     私は、“品格”とは、自分のことだけではなく、他者のことも配慮できることなのだと思いした。国家として考えると、ナショナリズムというか、自国の国益のことだけを考えるのではなく、世界規模で考えられることなのだと思います。それは、一見、自分の既得権益を放棄するような感じがするかもしれませんけど、WIN-WINを目指さない人、組織、国家には、本当の幸せは訪れないような気がします。

  • 161015読了

  • 少し右寄りの気もしますが納得できるところも、参考になったところもありました。

  • 読み終わったー\(^o^)/
    現代日本の抱える価値観変化の問題提起書。
    合理性だけを求めるのではなく、日本が本来持っている「情緒」「美的感覚」を取り戻すことが大切。

  • 世界からみた日本のすばらしさを改めて感じるところがありました。

国家の品格 (新潮新書)のその他の作品

国家の品格 (新潮新書) Kindle版 国家の品格 (新潮新書) 藤原正彦

藤原正彦の作品

ツイートする