彷徨の季節の中で (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.83
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122051652

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いかにもいかにも、な自伝的青春小説。
    性的にも奔放で強大かつ不気味な父。父との関係や自分への愛憎から不気味に見えてくる母。父との関係もあり、他の男も知っているということから大人びて見えてくる妹。父をあざ笑うように卑屈な異母兄。
    家族関係での葛藤から、家を逃れるようにして身を投じる学生運動。出生の謎が解かれていくような趣もありつつ、それでも時系列の出来事や心情の描写は濃密かつ錯綜していてものすごい密度。でもグイグイ引き込まれる。
    学生運動にのめりこむあたりから、入院して全てから距離を取り再出発するあたりの展開が特に面白かった。学生運動ってこんな感じだったんだ、っていう。

  • 昔読んだな。
    堤清二さんのことを尊敬してる。

全2件中 1 - 2件を表示

彷徨の季節の中で (中公文庫)のその他の作品

辻井喬の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
J・モーティマー...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする