ただ一人の幻影 (文芸書)

著者 :
  • 徳間書店
3.11
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 23
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198637873

作品紹介・あらすじ

遅いデビューながら人気作家となった宮越には、胸に畳んだ青春の思い出があった。花火大会の夜、河原で出会った少女と名乗り合いもせず、寄り添って天空に咲く大輪を見物した思い出である。そんな彼のもとに届いた、追憶の少女の娘からの手紙。やがて宮越は、追憶の少女が夫を殺し、服役中に獄死したと聞かされることに……(「遠い夏」)。一期一会の男女の出会いから謎が立ちのぼる、8編の秀作ミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 8編の短編から構成されている。どの作品もいい作品だが、個人的にはこの本のタイトルの『ただ一人の幻影』と最後の短編『遠い夏』が好きだ。花火大会のあと、名も知らぬ少女と夜明けまで月を見ながら過ごした青春の一夜。誰にでもある青春の甘酸っぱい記憶が蘇るが・・・

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

青山学院大学卒業。
10年に及ぶホテルマン生活を経て作家となる。
1969年『高層の死角』で江戸川乱歩賞、
1972年『腐蝕の構造』で日本推理作家協会賞を
受賞するなど社会派ミステリーの
第一人者として活躍する。
2004年日本ミステリー文学大賞、
2011年『悪道』で吉川英治文学賞を受賞。
推理小説、時代小説、ノンフィクションまで
幅広く執筆するなど著作数は400作を超える。
2005年に出版した「写真俳句のすすめ」で
写真俳句の提唱者として広く認知される。
写真俳句連絡協議会の名誉顧問を務め、
写真俳句の普及と後進の育成に取り組んでいる。

「2021年 『表現力を磨く よくわかる「写真俳句」 上達のポイント』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森村誠一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×