ifの迷宮 (光文社文庫)

著者 : 柄刀一
  • 光文社 (2003年4月10日発売)
2.96
  • (3)
  • (16)
  • (58)
  • (14)
  • (6)
  • 本棚登録 :226
  • レビュー :26
  • Amazon.co.jp ・本 (571ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334734695

ifの迷宮 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 死んだ人物の遺伝子が殺人現場から発見?

  • 世の中の医療は飛躍的に進歩し、病気を治療するだけでなく、その因子を撲滅するところまで及ぼうとしている。
    出産前遺伝子検査が当たり前となりつつあり、遺伝子的に問題のある出産を避けるのが主流となっている。
    中にはそのような考えに異議を唱え、あえて検査を行わない者もいた。刑事朝岡百合絵もその一人であった。彼女の第一子は心身ともに発育不全である。そのことを世間では親としての怠慢と責める風潮があった。そんな百合絵は現在妊娠中、遺伝子検査を行うかどうか迷っている。そんな彼女が担当することになった殺人事件は遺伝子研究産業の大手SOMONグループの娘、亜美が被害者である。暖炉に上半身を突っ込む状態で発見された被害者。さらに彼女は足の裏を薪で焼かれている。犯人はなぜそんなことをしたのか。
    2年前の死体遺棄事件や遺伝子産業反対運動、土砂災害など様々な問題が絡みあい事件は徐々にすすんでゆく。

    ばくっとネタバレのないように語ればこのようなとっかかりです。
    作者本人も語っているように(あとがき解説者談)うんちく本格推理小説。
    このいまいち退屈さもありながら淡々と読み進めてしまう感覚をどこかで知っていると思ったらダン・ブラウン作品でした。ウンチクミステリー。
    医療分野の方が読まれたらすぐにトリックがわかるのでしょうが、門外漢から見ればただただ「へーそーなのー」と言うしかない。
    けっこう分厚い文庫本で2センチくらいあるのですが、3/4まではわからないことだらけ。残りで一気に解きほぐす様は圧巻でした。
    通勤途中のコマギレ読みには向かないですね。
    お休みの日にゆっくりとじっくりと読むのがよいと思います。
    面白いかどうかはともかく、たくさんの知識が得られます。

  • 学生時代に読みました。

  • トリックはちょっと強引かなーと思うところもチラホラ、でも実は子供のころ離れ離れになった双子でした!とかの私の嫌いな展開にもならず、その辺は◎でした。
    なんとなく誰に焦点を当てていいかわからない内容で全体が散漫になってしまった印象があります。

  • 先日の新しい出生前診断スタートのニュースに刺激され再読。遺伝子に関する専門用語が多いので、なかなか取っ付きにくく、好き嫌いが分かれる作品かもしれない。個人的には医療ものは好きなので評価は高め。

  • 日本の推理小説のレベルの低さをまざと見せつけるような作品だな。突っ込みどころが多すぎて突っ込む気力も失わせる。

  • 殺害現場から20年前に死んだはずの人物のDNAが検出され・・・
    とても複雑な内容だし遺伝子やら難しい題材でもあるけど興味を持って読み進められた。
    だけどただでさえ複雑な事件なのに遺伝子技術の進歩による倫理問題とかいろいろ詰め込みすぎてやたらとながい!
    もうすこし短くてもよかったんじゃないかとは思う

  • 8月-16。2.5点。
    時間かかった。読み辛い。
    遺伝子問題、謎の殺人。死んだはずの人間の遺伝子が、出てくる。
    ちょっと難しいトリック。

  • 個人的にキャラクターがつかみにくかったですが、SFになりそうな設定を綺麗に昇華できてると思いました。胎児を分別するなんて、選択自体が哀しい。

  • 柄刀さんの本を始めて読んだ。
    情報が多すぎて謎解きまで頭が追いつかない。

全26件中 1 - 10件を表示

ifの迷宮 (光文社文庫)のその他の作品

柄刀一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ifの迷宮 (光文社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする