いつか、一緒にパリに行こう

著者 :
  • 光文社
3.30
  • (6)
  • (10)
  • (17)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 77
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334974763

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一気に読了。
    パリに行きたくなりました!
    若い頃に行った時とは違う感じ方が出来そう。
    そんな気持ちにさせて頂きました。
    パリに行けるようになったら、もう一度読みたいです。
    そして今の辻仁成さんのパリライフブック出して欲しいです。

  • これを持ってパリを旅したいなぁ☆

  • 2015.9.2読了。図書館で借りた。

    2015年初版だから、もう10年たっている。紹介されているお店は多少、なくなったりしているかもしれないけど、その他の生活の大部分は変わらないのかもしれない。なんせ、パリはおろかフランスへ行ったことがないので想像! フランスやパリの生活を書いたエッセイはやはり面白い。

  • パリの人々の暮らし、人柄、交通事情など、共感をもって読める。
    パリの魅力は尽きない。

  • 本当にパリに行きたくなってきた。日本人と違うパリ人の感覚を味わいたいものだ。

  • ガイドブックとは意図味違うパリの魅力に出会えます。

  • ガイドブックではない。
    辻さんがパリのことを愛してて、パリで幸せに生活してるのがわかってうれしかった。
    私もパリで暮らしたい!

  • これ読みたい★

  • 辻さんもパリに行ってからずいぶん経つのですね。言葉の問題もあり、いろいろ大変だと思いますが、そんなことも素直に書いてあります。ただの旅行者ではわからないことも書いてあるし、辻さんのイラストも素敵です。いつかフランスに行けることになったら、もう一度読み返してみようと思います。

  • 表紙がすばらしくいい。パリは別格。自分が物語りの主人公になれる。住んでる著者にちょっとやきもち。

全13件中 1 - 10件を表示

プロフィール

辻 仁成(つじ ひとなり/つじ じんせい)
1959年生まれ、東京都出身。ミュージシャン、映画監督、小説家。1985年にロックバンドの「ECHOES(エコーズ)」ボーカリストとして活躍。2003年に渡仏し、拠点をフランスに置いて創作活動を続けている。
1989年『ピアニシモ』で第13回すばる文学賞を受賞し作家デビュー。1997年『海峡の光』で第116回芥川賞を受賞。1999年、『白仏』のフランス語翻訳版で、フランス五大文学賞の一つフェミナ賞の外国小説賞を日本人として初めて受賞。
ほかの代表作として、映画化された『冷静と情熱のあいだ Blu』『サヨナライツカ』をはじめ、『右岸』『ダリア』『父 Mon Pere』など。

辻仁成の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする