恋の罪 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.37
  • (15)
  • (15)
  • (78)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 178
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344400023

作品紹介・あらすじ

「君は誰?」「私は、妹よ」月美は記憶喪失になった青一と山奥の小さな家で新しい生活を始める。永遠の愛を手に入れるため、二人の関係を思い通りに作り変えようとする月美だったが、一人の女の出現でその計画が狂い出した-。無垢にして残酷なこの「罪」を誰が裁くことができるのか?この世に絶対的な愛は存在するのか?書き下ろし小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 登場人物は主な3人だけ、舞台は山の中の一軒家からほとんど動かず、主人公・月美の独白で進められていく物語。
    月美の愛は一般的な目から見ると偏執的で怖いのでしょうが、不思議と共感できました。それは私も恋をしている時に読んだからかなぁ……。
    普通の人間が日常生活の中で正気を失うとすれば、それは恋をしている時だと思うのです。

  • 愛の言葉の言い回しがとても好きです。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「言い回しがとても好きです」
      よし、参考にしよっと!
      「言い回しがとても好きです」
      よし、参考にしよっと!
      2012/03/16
    • なかさん
      わ!嬉しい~!
      ありがとうございます~^^
      わ!嬉しい~!
      ありがとうございます~^^
      2012/03/17
  • 狗飼さんの本なので期待して読んだのですが、ちょっと残念。
    人を好きになんて自分だけを見てほしいというエゴの塊の主人公の物語。悲しく悲惨な終り方。
    そういうことを描きたかったのかも知れないが、、、

  • 自分の文章を見ているようだった。気取っていて、気持ちが悪い。

  • 中学二年の夏の終わりに読んでいた。

  • 人を好きになって、自分だけのものにしたくなるとこうなっちゃうのかな。。

    記憶喪失の兄が実は主人公の好きな人で
    一緒にいたいために、さまざまな嘘で孤立した生活をするも、
    綻びはじめて
    最後には、、、って話。。

    悲しいお話。

  • ・悲しい真実よりも、幸福な嘘を。
    幸福な嘘にまみれて、一緒にいよう。
    ・わたしが欲しかったのは、「絶対」だった。
    ・触れ合うことのない二人でいるほうが、愛は長続きするのだと思ってた。
    ・手を離してしまうようなものは、最初から必要じゃなかったってことだ。
    ・言葉を信じるのは、とても勇気がいることだ。
    ・恋の死。
    それを経験するくらいなら、自分が死んじゃった方がましだと思った。
    でもわたしが死んだあと、あなたが他の人を愛するなんて我慢できなかった。

  • 狗飼さんの本を読もうと思って掘り出していて一番上にあったので再読。
    久しぶりに読んだら面白かった。
    他の狗飼さんの小説に比べて少し現実感が無い感じと雰囲気がすごく好きです。
    この人の作品はどれも読んでいて胸が痛い。
    寂しくなります;
    自分の余裕の無いときはこの人の作品は読めませんね。

  • 究極の純粋は狂気、そして凶器。

  • 人を愛することって素敵だけれど・・・

    人は狂うね

    どんなものにでも変わる力がある

    とてもよくわかります

全25件中 1 - 10件を表示

恋の罪 (幻冬舎文庫)のその他の作品

恋の罪 Kindle版 恋の罪 狗飼恭子

狗飼恭子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉本 ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする