愛するということ (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.25
  • (13)
  • (34)
  • (61)
  • (14)
  • (7)
本棚登録 : 349
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344410510

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【既読】
    愛し、信じていた男に別れを告げられ失望する女の話
    ですね、今読んでいる段階では。
    あらすじには愛の始まりから失恋、絶望、再生までと書いてあるので楽しみに読んでいきたいと思います。

    その相手に本当に惚れちゃったらもうその人のことしか考えられなくなるよね。マヤのように。

    それにしても野呂も器用だな。

    【読み終えて】
    てっきり野呂よりいい男が登場して、ハッピィエンドにって・・・なりませんよね。それじゃあ今までの野呂に対する想いは何だったのよ?結局そんなもの?
    ってなる自分もいるし、マヤには野呂のことなんて忘れて幸せになってと思う自分もいる。

    もう野呂のことはいいじゃん!柿村さんとかいいじゃない!って思うんだけど、そう簡単に割り切れるものじゃないんだなと読み終えて思いました。
    愛って難しい。
    簡単なように見えて複雑で苦しくて、辛くて、幸せだけじゃない。

    こんなにも愛や恋について考えさせられる、小池さんの本が好きです。

  • 2週目読了。

    「人は人を愛するとき、いつもどこかで本当の自分、飾り気のない自分をさらけ出してしまうのだろう。相手に見せたい自分、こんなふうにみてもらいと願う自分は、実は常に、中身のない、実体のない、ただの抜け殻にすぎないのだ。」

    「もう全然愛されてなんかいない、ってわかってるのに、わたしは彼を愛することをやめられないんだ」

    「悲しみは乗り越えるもんじゃないさ」「埋めるもんなんだ」
    「そこに悲しみがあった、なんてことすら忘れるほど深くね、埋めちまう。そういうことが出来るようになれば、一人前だ」


    柿村が、絶妙なポジション。

    野呂みたいな男には、こっちからハマったらダメだろー
    マヤの心情が手に取るようにわかる。

    でも今は、そんな気持ちは、誰に対しても、ないとおもう。
    誰に対しての気持ちかわからないだけなのかもしれないけど。

    小池真理子スキー

  • 図書館の本

    内容(「BOOK」データベースより)
    人は人を愛する時、いつもどこかで本当の自分、飾り気のない自分をさらけ出してしまうのだろう。相手に見せたい自分、こんなふうに見てもらいたいと願う自分は、実は常に、中身のない、実体のない、ただの脱け殻にすぎないのだ―。愛の始まりから失恋、絶望、再生までを描く小池文学の決定版、本格恋愛小説。

    冷静でありながら、半狂乱な女の心理。
    崩れそうで崩れないけれど、崩壊はしている、そんな失恋後。
    男はずるいね。きっぱり切ればいいものを、「優しさ」というずるさで保護は続ける。
    そこから抜け出せた時点が初めて「恋」の終わりだったのだと思う。
    痛いけど、苦しくなかった不思議な読後感。

  • 小池真理子はどうやら好きみたい。 恋愛を味わいつくす余裕がありつつ溺れない姿勢がいいのかも。

  • わかるところは少ししかなかった。
    すごい脂ののった恋愛をしてるのは30代の男女なのかなーと。

  • 普通の女性の恋愛が始まる瞬間から、恋を失い、絶望し、再生するまでの物語。
    あまりにもありきたりで、エンターテイメント性はゼロに近いと思う。
    でも、あまりにもありきたりだからこそ、主人公の心情に思わず共感してしまう。
    どんなに愛し、愛されていると思う恋愛でも、ある日突然別れはやってくる。
    その時、どう乗り越えればいいのか?
    この本はそれを教えてれる。
    中でも、印象深いのは、「鉛筆で描いたものは、消しゴムで消そうとしても、完全に消えるわけじゃない。だったら、書いたことを素直に認めよう」と言うフレーズ。
    そう、恋愛は一度堕ちてしまったら、完全に消すことは出来ない。
    失ったものへの喪失感をどう乗り越えていくのか?
    この本の主人公は上手にそれを見つけたが、この問題は人間が一生抱えて行く問題なんだと思う。

  • <font size="1">考えさせられました。
    恋愛と性愛のうんぬんについて。
    私の最近の悩みだったので。
    でも解決はしなかったけど。
    でも主人公は恵まれてると思います。
    自分の気持ち解ってくれて
    それをぶつけられる男がいるんだから。</font>

  • こーゆー女の話し嫌いなので
    半分読まずに友達にあげました。笑

  • 小池真理子さんの作品の中ではあまり印象が強くは残らなかった作品ではあるが、
    他の作品より現代的な感じで若い人には読みやすいと思う。(08年8月某日)

  • 失恋から立ち直るまで、なんだけど、いまいちよく分からない感じ。こんなもん?

全38件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

小池真理子(こいけ まりこ)
1952年東京都生まれの作家。成蹊大学文学部卒業。89年「妻の女友達」で日本推理作家協会賞(短編部門)、96年『恋』で直木賞、98年『欲望』で島清恋愛文学賞、2006年『虹の彼方』で柴田錬三郎賞、12年『無花果の森』で芸術選奨文部科学大臣賞、13年『沈黙のひと』で吉川英治文学賞を受賞。その他の著書に、『二重生活』『無伴奏』『千日のマリア』『モンローが死んだ日』などがある。
2019年1月6日から、『モンローが死んだ日』がNHK BSプレミアムでドラマ化。主演は鈴木京香、草刈正雄。

愛するということ (幻冬舎文庫)のその他の作品

愛するということ 単行本 愛するということ 小池真理子

小池真理子の作品

ツイートする