小池真理子のおすすめランキング

プロフィール

1952年東京都生まれ。成蹊大学文学部卒業。89年「妻の女友達」で日本推理作家協会賞(短編部門)、96年『恋』で直木賞、98年『欲望』で島清恋愛文学賞、2006年『虹の彼方』で柴田錬三郎賞、12年『無花果の森』で芸術選奨文部科学大臣賞、13年『沈黙のひと』で吉川英治文学賞を受賞。その他の著書に、『二重生活』『無伴奏』『千日のマリア』『モンローが死んだ日』などがある。

「2020年 『異形のものたち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小池真理子のおすすめランキングのアイテム一覧

小池真理子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『恋 (新潮文庫)』や『墓地を見おろす家 (角川ホラー文庫)』や『七つの怖い扉 (新潮文庫)』など小池真理子の全598作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

恋 (新潮文庫)

1873
3.78
小池真理子 2002年12月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前半と後半で印象ががらっと変わるような本だった。前半の、片瀬夫妻との甘やかな日々のままこの物語が終わってほしいとも思ってしまった反面、例の人物が現れてから... もっと読む

墓地を見おろす家 (角川ホラー文庫)

1326
3.33
小池真理子 1993年12月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何が怖かったって、図書館で借りたこの本に、髪の毛がたくさんはさまってたこと。 もっと読む

七つの怖い扉 (新潮文庫)

1081
3.16
阿刀田高 2001年12月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編ホラーアンソロジー。スナック感覚で気軽に楽しめた。恐怖度はやや控えめ。もう少し納涼感が欲しかった気もするが、人間の情念というものは感じさせてくれた。 ... もっと読む

欲望 (新潮文庫)

841
3.50
小池真理子 2000年3月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古典的な香りが色濃く感じられる究極の恋愛小説。 三島由紀夫に興味がなくても読める。 主人公は図書館司書の類子。かつての同級生で、建築家の正巳。... もっと読む

LOVE SONGS (幻冬舎文庫)

682
3.08
唯川恵 1999年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ラブソングをテーマにしたアンソロジー。 知っている曲がいくつかあったので読んでみたが、予想していたよりも切ない、悲しい話が多くて正直しんどかった。 ... もっと読む

二重生活 (角川文庫)

606
3.07
小池真理子 2015年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大学院生の珠は、大学時代のゼミで知ったアーティスト、ソフィ・カルによる「何の目的もない、知らない人の尾行」の実行を思い立ち、近所に暮らす男性、石坂の後をつ... もっと読む

あなたの不幸は蜜の味 イヤミス傑作選 (PHP文芸文庫)

594
3.39
宮部みゆき 2019年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どの作家さんも流石でした。 辻村さんの作品は実際ありそうで怖い。 1番後味悪かったのは新津さんの「実家」。 なんか今まで頑張ってきたのに、身内が... もっと読む

無伴奏 (新潮文庫)

471
3.47
小池真理子 2005年3月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初恋と処女喪失の物語。解説・石田衣良の言葉を借りれば、『幸福な作者の幸福な作品』です。<br><br> きみは、僕が愛した初めての女性だった。きみと知り... もっと読む

甘い罠 8つの短篇小説集 (文春文庫)

467
2.96
江國香織 2012年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女性作家による8篇のアンソロジー。 告白 三島由紀夫のタイトルを思わせる。 舞台はゴア。 人を殺して海外に逃亡してきたヤジロー。 日本語など... もっと読む

1日10分のぜいたく NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)

467
3.44
あさのあつこ 2020年10月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

NHK国際放送が選んだ日本の名作 シリーズ第三弾。 8名のショートストーリー集。 あさのあつこ 自分の意思 いしいしんじ それぞれの事情 小川糸 人それ... もっと読む

妻の女友達 (集英社文庫)

462
3.49
小池真理子 1995年4月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うんうんとうなずいてしまう もっと読む

夏の吐息 (講談社文庫)

452
3.25
小池真理子 2008年6月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

少し大人な淡くもろい恋愛小説。子どものそれとは違い、さまざまな立場の中で矛盾するような思いを抱えた大人達の物語は胸を締め付けるものになっている。緻密な描写... もっと読む

愛するということ (幻冬舎文庫)

420
3.27
小池真理子 2007年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人が恋におち、別れ、絶望と喪失感から立ち直るまでの物語 主人公がどれほど傷つき苦悩したかは文中から痛いほど伝わり読んでて切なかった。 ひとつの恋愛が終わる... もっと読む

female(フィーメイル) (新潮文庫)

419
2.99
小池真理子 2004年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔、雑誌で紹介されててそれ以来気になっていた本。 5人の女流作家の短編集。 官能小説・・・とはちょっと思えなかったかな。 唯川恵の物語に出てき... もっと読む

ゆがんだ闇 (角川ホラー文庫)

403
3.18

感想・レビュー

角川ホラー文庫のアンソロジーと理解して購入。 このジャンルの浅い僕でも、名前を知っている執筆陣。 珠玉の作品群だとか、豪華な顔ぶれだとかの虚飾は不要。... もっと読む

無伴奏 (集英社文庫)

399
3.51
小池真理子 1994年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説自体は25年くらい前のもので、舞台は1960年代後半の仙台。学園紛争やデモなどが激しかった時代の、ひとつの恋とミステリー。 高校生の響子と大学生の渉... もっと読む

冬の伽藍 (講談社文庫)

384
3.72
小池真理子 2002年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

悲しいお話。 小池真理子さんの本は好きだけど、これはあんまり。 もっと読む

妖し (文春文庫)

375
3.31
恩田陸 2019年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

奇妙でゾクッとする、妖しいアンソロジー短編集。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 10人の作家たちによる“妖しい”短編集。 ひとくちに妖しいとい... もっと読む

恋 (ハヤカワ文庫JA)

371
3.74
小池真理子 1999年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世の中が浅間山荘事件一色の時代で、異端な恋をした4人の話 異常なほど仲が良い夫婦だが、互いに夫婦以外の相手と性的な関係を許している。広い世の中探せ... もっと読む

Invitation

361
3.17
江國香織 2010年1月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どれもなかなかおもしろかった。 私の好きな作家さん、小川洋子さんと川上弘美さんと江國香織さんの3人の違いを改めて感じた。なるほどねぇ、と。 もっと読む
全598アイテム中 1 - 20件を表示

小池真理子に関連する談話室の質問

ツイートする
×