角田光代のおすすめランキング

プロフィール

角田光代(かくた みつよ)
1967年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
1990年、「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。受賞歴として、1996年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞を皮切りに、2005年『対岸の彼女』で第132回直木三十五賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、2011年『ツリーハウス』で第22回伊藤整文学賞、2012年『紙の月』で第25回柴田錬三郎賞、同年『かなたの子』で第40回泉鏡花文学賞、2014年『私のなかの彼女』で第2回河合隼雄物語賞をそれぞれ受賞している。
現在、小説現代長編新人賞、すばる文学賞、山本周五郎賞、川端康成文学賞、松本清張賞の選考委員を務める。
代表作に『キッドナップ・ツアー』、『対岸の彼女』、『八日目の蝉』、『紙の月』がある。メディア化作も数多い。西原理恵子の自宅で生まれた猫、「トト」との日記ブログ、「トトほほ日記」が人気。

角田光代のおすすめランキングのアイテム一覧

角田光代のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『八日目の蝉 (中公文庫)』や『対岸の彼女 (文春文庫)』や『空中庭園 (文春文庫)』など角田光代の全660作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

八日目の蝉 (中公文庫)

15202
3.83
角田光代 2011年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『僕のへそのを緒を見せて!』母親にそうねだった私。そのものを見たいわけじゃない、自分の母親が本当に自分の母親なんだという証拠が欲しかった私。桐箱に入れられ... もっと読む

対岸の彼女 (文春文庫)

8828
3.63
角田光代 2007年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『友達、まだできないの?と訊かれるのがこわかった』 思えば私たちは生きていて、『友達』『仲間』『同僚』、と何らか人との繋がりを持った集団に属すことを当た... もっと読む

空中庭園 (文春文庫)

5674
3.29
角田光代 2005年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

購入以来9年ほど積読だった。 図書館の本には返却期限があるからどんどん読むが、本書のように購入した本はついつい積読状態になってしまう。 昨日だ... もっと読む

八日目の蝉

5288
3.90

感想・レビュー

なんとなく想像していたのとは全く印象の違う物語だった。 角田さんはやっぱりすごいなと思う。 何も言えなくなってしまうのだ。登場人物がしでかしたことに。 あ... もっと読む

紙の月 (ハルキ文庫)

4741
3.63
角田光代 2014年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

軽く読んでしまったが、なかなか深い。 どこにでもいる普通の主婦・梨花が、次第に金銭感覚を狂わせ、男に貢ぐためについには自分の勤める銀行のお金を横領する... もっと読む

さがしもの (新潮文庫)

4628
3.69
角田光代 2008年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

R2.4.30 読了。  本にまつわるエトセトラ。  『旅する本』、人が旅するように、本もまた旅をする。  『不幸の種』、最初は難解と思えた本が... もっと読む

対岸の彼女

3228
3.56
角田光代 2004年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

学生時代も社会に出てからも女って面倒くさい。運良く私は学生時代にトラブルはなかったし、中学からの友達と今でも一番付き合いがある。そして、この人は信頼できる... もっと読む

紙の月

2829
3.70
角田光代 2012年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜこんなことになってしまったのか? あの時こうしていなければ、あの人に出会わなければ、今は全く違っていたかもしれない。 梅澤梨花さんはそう自問しなが... もっと読む

最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)

2770
3.19
阿川佐和子 2008年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

8人の作家が紡ぐそれぞれの物語は異なる味わいで享受できますが、胸キュンのツボに入ったのは乃南アサさんの「キープ」。 ローテンション人生だった主人公の奇跡... もっと読む

愛がなんだ (角川文庫)

2701
3.43
角田光代 2006年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

このリアル感が角田さんだな、と思った。 ***最も気に言った部分*** プラスの部分を好ましいと思い誰かを好きになったのならば、嫌いになるのなんか... もっと読む

森に眠る魚 (双葉文庫)

2683
3.62
角田光代 2011年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この小説は、1999年に東京の文京区で起こった幼女殺害事件をモチーフにしていると言われている。 当時、自分の子どもも殺されたお子さんと同じくらいの年齢だっ... もっと読む

だれかのいとしいひと (文春文庫)

2640
3.31
角田光代 2004年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『もし』昨年の暮れにたまたま仕事に空白ができなかったら。『もし』あの日、有休を取らなかったら。『もし』あの日、映画館に行かなかったら。『もし』そこで「蜜... もっと読む

キッドナップ・ツアー (新潮文庫)

2493
3.29
角田光代 2003年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学生も読むよ!と聞いて借りてみました。 なるほど、小学5年生の女の子目線の話だし、簡単な漢字にもルビが振ってあり児童向けの作品なんだな。 今どきの子... もっと読む

彼女のこんだて帖 (講談社文庫)

2270
3.93
角田光代 2011年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「おふくろの味、というものを私は信じていない。」 まさか本編ではなく、こんなクールな一行で始まるあとがきにこれほど泣かされるなんて。 今は亡きお母様と料理... もっと読む

Presents (双葉文庫)

2004
3.88
角田光代 2008年11月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あなたは生まれて初めてもらったプレゼントが何だったかを覚えていますか? それは、あなたのご両親が『ああでもない、こうでもない』と散々に思い悩み、あなたに... もっと読む

Sweet Blue Age

1979
3.36
有川浩 2006年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ひと目で蜷川実花さんの作品とわかる美しい表紙。 目次の前にはさみ込まれた ブルーとピンクのパステルカラーの3枚の紙も、とてもきれい。 装丁の美しい本... もっと読む

坂の途中の家

1896
3.76
角田光代 2016年1月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

我が子を虐待死させた母親・水穂。 その裁判の補充裁判員に指名された主人公・里沙子。 水穂と自分自身をシンクロさせてしまい悩みぬく…。 あまりの息... もっと読む

ひそやかな花園

1784
3.59
角田光代 2010年7月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一歩踏み出すこと。 そしてその結果を引き受け、乗り越えてゆくことの大切さ。 そんなメッセージが込められた本です。 もっと読む

森に眠る魚

1708
3.59
角田光代 2008年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学校の受験に対して、否定的な見解を持った母親四人が 意気投合し仲良くなるが、やがてそれぞれに受験にたいする気持ちが変化してゆく。 それにつれて、お互... もっと読む

くまちゃん (新潮文庫)

1644
3.79
角田光代 2011年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

八日目の蝉 を録画したつもりが出来ていなくて悲しい。 角田光代さんの恋愛小説がうまいのは周知のことだけど、今回は「ふられ」小説である。 ふる側、ふられる... もっと読む
全660アイテム中 1 - 20件を表示

角田光代の関連サイト

角田光代に関連する談話室の質問

ツイートする