オールトの雲 (ディアプラス文庫)

著者 : 一穂ミチ
制作 : 木下 けい子 
  • 新書館 (2009年3月10日発売)
3.81
  • (57)
  • (75)
  • (69)
  • (11)
  • (2)
  • 本棚登録 :449
  • レビュー :56
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403522086

オールトの雲 (ディアプラス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幼馴染の眩しいほどキラキラしたお話。
    一穂さんの文体はこういう若くて青くて繊細な
    お話に合ってると思います。

    このお話は主人公の太陽と流星二人も、
    その周りの大人たちも暖かい人ばかりで、
    今は離れ離れになっていても
    二人はいずれ幸せになれると自然に思えました。

    都合よすぎるぐらい善人・・・?
    と思った流星の継母の心のうちも
    ちゃんと拾ってくれてて気持ちよかったです。

  • 幼なじみもの。天体観測が趣味、幼なじみ、と王道設定詰め込まれてるんだけど、奥歯の奥がきゅっと痛くなるような高校生の甘酸っぱくて切ないキラキラぶりがほんとにまぶしい。やっぱり、一穂ミチは学生もので切ない系が最高のひとだとおもう。胸が苦しくなる細やかさを演出するのがめちゃめちゃにうまい。再読なんだけど、やっぱりよかったです。

  • 大好きなキラキラ幼馴染みラブ。
    挿し絵が木下けい子先生でパーフェクト。
    はにかんだりもじもじしてるキャラを
    読んだり眺めたり、わーわー言ってる同級生の女子気分。
    ハーフの美少年流星くんとのんびりしてるけど繊細なとこも
    あるやさしい太陽くんのカップリング、宝~
    眩しくて目がつぶれる~。
    流星くんのお母さまやお父様、太陽の母、ハワイの人たちの
    語る言葉、行動がやさしい。
    主人公たちのラブより気持ち持っていかれちゃって
    涙腺緩むシーン多々。
    ハワイに行った流星と再会した続編で本編終了してるが、
    別に尻切れな気もしないし、ふたりは仲良く関係を
    続けるという確信が1冊できちんと育成されている。
    ふったらどしゃぶり、と同じくらい好きな作品。
    でも、ノンケ同士の若輩者が初体験からノーローション
    NOゴムで挿入するのは嫌だった。

  • 一穂さんにはめずらしく、幼馴染みの学生もの。
    流星と太陽、まったく違う二人なのに、この二人じゃなきゃだめ、と読み手にも思わせる互いの想いを感じた。
    太陽パパの再婚相手が魅力的。

  • いまではお仕事もののイメージの強い一穂さんの学生もの。瑞々しくてきらきらして純粋で、一途さと繊細さが端々から溢れていて、書き留めたい言葉がたくさん。

    個人的にガツンとインパクトのある一穂作品が好きなのでそこまでのパワーは感じないのですが、柔らかくて優しくてきらきらとまばゆいこの世界は根強い人気なのがわかるなぁという感じ。
    ふたりの純粋に思い合う気持ちはもちろん、家族への想いがあたたかで心が優しく包まれました。

  • 泣けました。 太陽が流星のお父さんに詰め寄る所なんかもう! 2人の若さゆえの綺麗な気持ちが涙を誘いました…。

  • 一穂さんの幼馴染もの。少年期の瑞々しさや感情などを丁寧に追っていて、とても好感が持てました。受のさみしさを支えていこうとする攻のまっすぐさも、若さゆえのセンシティブなお話に合っていて良かったです。ただ、再会後のあれこれはHがあったにも関わらず蛇足感が強く、スムーズに行き過ぎて面白味がなかったことは否めません。前半のお話はとても好きです。

  • 幼馴染と恋に落ちる高校生のBL。
    ほんわか切ない青春グラフティが綺麗な文章で綴られています。
    オーソドックスで初々しいピュアなストーリー展開なので
    初心者さんにも安心してオススメできる一冊!

  • 丁寧できれいな比喩表現、言葉選びや色や空気の質感や感情がまるで宝物のように描かれている感じ。胸に迫るセリフや押し寄せる感情に泣きました。外で読んでたけど家だったら号泣してた。

  • 「ほんとうの、最期のときにも、またねと言いたい」 綺麗で、切なくて温かい作品だった。先に雑誌でムーンライトマイルを読んでいたので安心して読めると思ってたけどやっぱり切なくて泣けた。

全56件中 1 - 10件を表示

オールトの雲 (ディアプラス文庫)のその他の作品

一穂ミチの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
かわい 有美子
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

オールトの雲 (ディアプラス文庫)に関連する談話室の質問

オールトの雲 (ディアプラス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする