AI vs. 教科書が読めない子どもたち

著者 :
  • 東洋経済新報社
4.24
  • (104)
  • (98)
  • (31)
  • (6)
  • (1)
  • 本棚登録 :1424
  • レビュー :133
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492762394

作品紹介・あらすじ

東ロボくんは東大には入れなかった。AIの限界ーー。しかし、”彼”はMARCHクラスには楽勝で合格していた!これが意味することとはなにか? AIは何を得意とし、何を苦手とするのか? AI楽観論者は、人間とAIが補完し合い共存するシナリオを描く。しかし、東ロボくんの実験と同時に行なわれた全国2万5000人を対象にした読解力調査では恐るべき実態が判明する。AIの限界が示される一方で、これからの危機はむしろ人間側の教育にあることが示され、その行く着く先は最悪の恐慌だという。では、最悪のシナリオを避けるのはどうしたらいいのか? 最終章では教育に関する専門家でもある新井先生の提言が語られる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • AIが搭載されたロボットは東大に合格できるのか?、という意欲的な目標に挑んだ「東ロボくん」プロジェクトのディレクタを務めた数学者が、日本の教育に鳴らした警鐘の書。これを読んで、薄ら寒さを覚えない人がいるとすれば、どうにかしているという思うくらい、個人的には衝撃を受けた。

    本書の前半は「東ロボくん」プロジェクトで、どのようなアプローチでAIの性能を引き上げていったかという苦労が語られる。最終的に東大に入るほどの成績は収められなかったが、著者の見解ではこのレベル(成績的にはいわゆるMARCHに入れる学力ではある)がAIの限界であるとされる。AIについて過剰な期待を持つ人が多い中で、著者はAIの研究者としての立場から、論理・確率・統計という数学的言語しか操れないAIには、シンギュラリティの到来などは夢物語に過ぎないということを主張する。数学者としての立場から、AIの実体をこの3つの数学的言語から説明する著者のアプローチは非常に分かりやすく、AIに関する基礎的な理解を深める意味でも意義深い。

    しかし、本書の面白さはむしろ後半、東ロボくんの開発で培ったノウハウを元にした文章読解テストを全国の中高~大学生にトライしてもらった結果、愕然たるデータが得られた、という点にある。

    衝撃的なのは、何ら知識を問う内容はなく、文章をちゃんと読めば論理的に分かるはずの問題が全く解けない子どもたちが3人に1人はいる、という事実である。私自身、これだけインターネットが普及した現代において、分からないことがあれば基本的にはwikipediaを見れば、凡そのことは知ることができる、と思っていたが、3人の1人の子どもの読解力では、恐らくそれは無理ということなのかもしれない。読解力がない以上、眼の前のどれだけの情報があったとしてもそれは意味を持たず、むしろ(ここからは推測になるが)画像や動画など文章を読まなくても理解できてしまうようなフェイクメディアに流されてしまう危険性がある。

    小学校からの英語義務化やプログラミング教育、反転学習など、教育業界の変化は非常に激しいが、そんなことよりも、オーソドックスな読解力を高める教育が必要なのではないか。本書の研究では、読解力と強い相関のある因子は見つかっておらず、一般的に相関がありそうに思われる読書量ですら、相関が低いという結論になっている。私見だが、読書量との相関はないにしても読書の習慣に加えて、感想文を書くなど、何らかのアウトプットの習慣は、読解力を上げるトレーニングとして効果が期待できるのではないかと考えるのだが、どうだろうか(もしかしたら、それも様々な因子との相関分析の中で否定されているのかもしれないが)。

  •  最近AIが話題になっているが、この本の帯に以下のように書いてある。
    「AIが神になる?…なりません!
     AIが人類を滅ぼす?…滅ぼしません!
     シンギュラリティが到来する?…到来しません!」
    著者は国立情報学研究所の新井教授、人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか?」のプロジェクトディレクタをされている方だ。AIにバラ色の未来を期待する人たちにとっては興ざめかもしれない。しかし、本書の問題提起はより重要だ。本書の前半ではAIの技術的な限界を、後半では中高生の読解力の低下を指摘している。

     ショッキングなのは後半の方。決して難しいとは思えない読解力テストで、多くの学生がサイコロの目以下の正答率しかとれないことを明らかにしているからだ。読解力テストは中高生を対象に実施した結果のみが詳細に語られているが、大人の読解力はどうなんだろうか?年齢とともに読解力が低下することはないんだろうか?…いろいろと気になってくる。

     残念ながら、著者は読解力を向上させる明確な方法論を見出していないという。そのことが多くの人の不安を駆り立て、一部の人は本書に批判的なコメントを寄せている。確かに気持ちはわかる。でも、ネット情報はテキストが主体なのに読解力なしで、どうやって必要な情報を得るのだろうか?人が生涯現役で働かなければならない時代が来るのに、読解力なしでどうやって新しいスキルを身につけられるだろうか?

     幸い著者は年を取ってからも後天的に向上させる可能性があることを指摘している。こうやってブクログに自分の感想を書くことが、ちょっとでも読解力の維持につながっていればいいのだが。

  • 自分も多分に洩れず、AIやディープ・ラーニング、ビッグ・データについて「幻想」を持っていた。

    コンピュータはあくまでも「計算機」。
    意味や価値を理解することはない。
    ディープ・ラーニングをさせるにも、人間が「教師データ」を選んで、枠づけなければ、行うことはできない。
    (そのデータのゆがみや、そこに含まれる悪意をスルーしてAIの判断を仰ぐ恐ろしさについても、本書は指摘している。)

    では、AI恐るるに足らず、となるかというと、そうもいかない。
    今の教育が育てているのは、AIでも代替可能な力だからだ、というのだ。

    AIによるバラ色の未来はないという新井さんの未来予想は次のようなものだ。
    AIに代替できない仕事での深刻な人手不足が起こる。
    その一方で、AIと競合する能力しか身につけてこなかった人には職がなくなる。

    現在でも格差が広がっているとされるが、これではますます激しくなるようだ。

    言葉に関わる仕事をしている身としては、AIが苦手とする自然言語処理について興味がひかれた。
    ・係り受け
    ・(指示語と指示対象の)照応
    この二つは、AIでもかなりの精度で正解できるようになるという。

    逆に、AIが苦手なのは、次の力。
    ・同義文判定
    ・推論(生活体験や常識を駆使して文章を理解する力)
    ・イメージ同定(グラフや表と文章の内容が一致しているか判別する力)
    ・具体例同定(定義と具体例の一致を判定する力)

    これらの力は、高校入学時くらいには獲得されているらしい。
    そして、こうすれば高まる、という処方箋は、現在の所見つかっていない、と。

    かなりショッキングな本ではある。
    けれども、この本が貴重なのは、悲観して終わり、でないところだ。
    最悪の未来を避けるために、筆者は「中卒までに、教科書が読める読解力を」と主張する。
    それを具体的にどうするのか、どういった教育プログラムが必要なのかは、これからの課題のようだけれど。
    突破口はここだ、と指し示してくれた感じはする。

  • AIの専門家が語る
    AIに仕事を奪われないためには人間はどのような能力を持たなければならないか
    AIは神になったり人類を滅ぼしたりしませんが
    本書はAIの限界からスタートしてAIが人間に追いつくことは当面できないことを詳細に述べています。

    でも仕事は奪います。
    言葉は悪いですけど事実です。
    すでにその兆候は始まっています。
    好景気なのに給料が上がらない
    それは
    「企業の内部留保が高くなってる」
    という結果が問題なのではなくて
    「イノベーションによって人の代替としてコンピュータが仕事できるようになった」
    ことにより労働価値が著しく下がっていることが原因なんやと僕も思います。

    「AIの手に負えない仕事」を大多数の人間が引き受けられるのか?
    就業訓練でその壁を超えられるのか?
    その現実をつけつけられると途端に否定的な未来が見えてきます。

    AIにできないコミュニケーション能力や理解力を前提とした「肉体労働」か「高度な管理職」
    をどうやって身につけるか。
    読解能力がカギを握りそうです。

    AIの苦手な読解能力
    でも貧困は読解能力にマイナスの影響を与えるそうです。
    やっぱり最後は貧困に行き着くんですね。

    AIに仕事が奪われる前に…
    中学生までになんとか教科書を読めるようにしな間に合いません。
    英語とかプログラミング以前の話です。
    今なんとかせな…

  • 「推論が正しくできない人が集まってディスカッションすると誤答が正しくなってしまう」や「読解力の無い人にはアクティブ・ラーニングがそもそも無理」等、AIの本なのに、人間の弱さの方が、気になってしまう本だった

  • この著作を読むと、「読解力」が、これから職業を選択する上で非常に大切な能力だとわかるが、その読解力自体、どう向上できるか、その方法というのは、はっきりしていません。

    そもそも読解力というのは、非常に広域な能力で、
    著者が作成したリーディングスキルテストが、読解力を測れる一つの指標として、
    価値あるテストだと思いますが、生意気な言い方をすれば、
    たかがテストだなと思う。
    個人的には、「読解力」とは、正確には、
    測れないものと思った方がいいと思います。

    それは、言語理解には、ノンバーバル(非言語)を、
    どう理解するかという議論もあり、
    特定の言語を使って「話す」「理解」するよりも、
    表情、身振り、手ぶり、感情を伴って「話す」「理解」する方が、
    圧倒的に、後者の方が情報量が多い。

    私はどちらかという非言語を理解する力の方が低下しているように思う。
    他人のカラダから発せられるシグナルが読み取れないことや、
    本人も、シグナルを発せられないようになっているのではないか、
    と感じています。
    必然的にそのシグナルが読み取れなければ、言語化することはできません。
    なぜなら、読解力がないからです。

    高校生の半数以上が、教科書レベルの読解力を持ち合わせていないというのは、
    現場の教師は、かなり前から、実感として感じることだと思います。
    ただ、新井氏のように、読解力という概念をまず定義して、
    そして、そのバロメーターを測れるテストを作成して、
    公平な条件のもと実施して、その結果をデーターで示されると、
    なるほど、やはりなと思うのが、現場の感想だと思います。
    ただ、私はノンバーバルの能力(非言語理解)も、
    落ちてるのではないかと感じています。

    人の知能指数は、遺伝と環境によって、決められるという考えがあります。
    遺伝的要素は、今の所は、変更することはできません。
    よって、環境をどう整えるのか、また、どういう訓練をすればいいのか
    というのが、最大の焦点かもしれません。

    個人的には、知能を上げる、
    または読解力を上げるというノウハウは、
    これからもはっきりと確立しないと思います。
    ただ、ディープラーニングは、ある条件の元で、それを可能としてますが。

    本をたくさん読むのがいいのか、
    抽象度の高い文章を読んで、要約を書かせればいいのか、
    外国語を学べばいいのか
    運動量を増やせばいいのか、
    論理的な話し方をする訓練をすればいいのか、
    受験勉強を一生懸命やればいいのか、
    はたまた、人のふれあいの時間を上げればいいのか

    それはわかりません。
    わかっているということは、
    これから、かなりの仕事が消えるということで、
    その基準が、AIの知能で代替えできるかどうかということです。
    代替えできないものが、私たちの仕事として残るわけですが、
    付加価値の高い職業になれる人は、おそらくは、かなりの少数派でしょう。

    多くが、いつAIに代替えされるか、わからない状況になると考えられます。
    その場合、AIにできなく、人間しかできない「共感」というのが、
    非常に大事になるでしょう。つまり、ノンバーバルな領域の能力です。
    その能力が、もし今、低下しているのなら、これからさき、自分達は、
    もっと、生きにくい社会を生きなければいけないかもしれません。

    利便性と、効率性の追求、そして、
    個人の能力が脚光を浴びる今の世の中の趨勢から行って、
    ほぼ間違いなく、今よりも、より生きにくい社会を生き延びなくては、
    いけないのかなと思います。なぜなら、共感が大事とわかっていても、
    その能力が、今の私たちの環境では、向上することが難しいからです。

  • NIIにてAIプロジェクト「東ロボくん」のディレクターをやっている新井教授が書いた本書。

    AI本でありながら珍しく地に足着いた内容であり、AIの将来をSF目線ではなく現実的にシンギュラリティは来ない!と断言する。
    人工知能はMARCHはギリギリ合格レベルだが、東大合格は無理!と言い張る、ある意味プロジェクト挫折の著者。
    自身の専門分野であるAIについて、外からのAI進化のシンギュラリティ危険性を否定することは、とても勇気のあることだと思う。
    さらに内容が具体的すぎて各々の科目について、AIが得意なこと、苦手なことの実例と解説が説得力を増しています。

    今後AIの進化によって危惧することは、シンギュラリティなどではなく、仕事を奪われること。
    奪われないAIの苦手な読解力が現代の中高生も著しく低いこと。こちらもきちんと統計とっており相関関係のん分析までしているので信頼できるデータ。

    自分の意見としてはこの読解力の無さは、平たく言うと「ネットの弊害」なのだと思った。
    自分もそうなのだが、ブラウザで毎日ニュース記事を追いかける場合、斜め読みしていることに気付く。
    それまで書籍では精読をしていたのに、ネットニュースは斜め読み。
    当初はネットニュースのみ斜めよみのつもりだったが、電子書籍が流通されてきづいたのが、同じ書籍でも電子データは斜め読みしがちな傾向にあるのだと気づいた。
    今のところは自分は書籍やKindleなどの電子インクは精読できるようになったが、ブラウザのHTMLで書かれているものは斜め読み。これがネイティブ世代だと全て斜め読みの習慣がクセづいているのかな。と思った。

    この読解力を鍛えることこそが、AIに仕事を奪われないスキルの大きな要因と言う。
    更にその未来の先の一筋の光明はまさかの「ほぼ日」。
    商品やビジネスにストーリーを与え共感させる商い方法。

    これから向き合わなければならないAIとの協調生活。
    いずれにしても楽しみなことには変わりない。

  •  新聞の書評を見て買った。AIは、コンピューターの働きがベースにあるから、数学的処理で構成されている。だから、言葉の意味を理解できない。そのことからして、AIに限界があることがわかる。...といったことを、きちんと書いてあった。すごくいい本だった。
     これからの教育で重要なことは何か、それは英語やプログラミングではなく、教科書を自分で読めるくらいの読解力であり、その力があれば、あとは自分でいろいろ学べるし、仕事上で必要なマニュアル類もきちんと理解できるはず、....といった趣旨の主張もその通りだと思う。
     この本を読み終わったので、ほかのAI本を読みなおしてみよう。結構いい加減なことが書いてあるのかもしれない。

  • 前半でAIの技術的限界が示され、後半では中高生の読解力の低さと、AIに職を奪われることによる悲観的な未来予想が示されている。人間の知的活動を全て数学的に表現することができない限りAIは「意味」を理解するには至らず、シンギュラリティが来ることはあり得ない。一方で、AIの苦手とする意味理解を伴う読解のできる中高生は半数にも満たず、このままではAIにできない職を人間が担うことができなくなってしまうとのこと。AI技術の行く先を現実的に、論理的に、かつわかりやすく解説した書籍は多くなく、貴重な1冊ではなかろうかと思う。

  • 日本人の多くの人が陥っているかもしれない、
    短絡的な思考に警鐘を鳴らす1冊です。
    そういう意味では、AIの本ではありません。

    「AI」というキーワードは、日々新聞やTVをはじめとした様々なメディアを賑わせ、
    一気に人々の知るところとなりました。

    その中で、とりわけ話題になるのが、AI時代に残る仕事と残らない仕事という観点です。
    著者の新井さんはその事実を冷静に見ています。

    人間が、AIに取って代わられることはないと喝破します。

    それは、なぜか。AIにできることは、あくまで四則演算を中心とした計算であり、意味を読み取ることができないからです。
    そういう意味では、AIが人間に取って代わることはないと言っています。

    しかし、本書の趣旨は、AIが人間に取って代わらないことで安心できる内容には、残念ながらなっていません。

    むしろ、冒頭に書いた、短絡的な思考に厳しく警鐘を鳴らす内容になっています。

    それを丁寧に説明しているのが、第3章以降の教科書が読めないという章。
    RSTというテストを元に、全国の中高生に基礎的読解力を試す、問題を解いてもらっています。

    得られた結果は、驚愕するものでした。
    内容については、本書を見ていただきたいですが、要は、多くの中高生が義務教育もまともに突破できていないことが分かるのです。

    おそらく、本書が売れれば売れるほど、

    「読解力 向上」
    「読解力 おすすめ 本」
    「読解力 上げるには」
    「読解力 鍛えたい」
    「読解力 育成」

    などなど
    短絡的に、ネット検索を行って解を求めるユーザーは増え続けるんだろうと思います。

    しかしながら、私たちがまずやるべきは、基礎的読解力とは具体的に何なのか?そして、それを鍛えるためには、どうしたらいいのか?

    を自分の頭で考えることなのかもしれません。

    また、その方策がすぐに見つからない場合は、中学の教科書を読み直すことからはじめないといけないのかもしれません。

    新井さんが深読、精読について、触れていますが、
    私は、開成中学で教鞭を取っていた、橋本武先生のことを思い出しました。

    中勘助の『銀の匙』を中学3年間を通じて、精読するという授業はかなり有名ですが、これも、12歳にして公立進学校に合格できるほどの読解力を、備えた素養を持った子どもに施されれるからこそ、効果を発揮していたのかもしれないと考えるとちょっとだけ悲しくなります。

    プログラミングをやるよりも、読解力を。
    第二外国語の習得よりも、読解力を。

    誰にでも身に覚えがあるはずです。
    青春時代に頭がいいなと感心した友人は、現代文の成績がよかったことを。

全133件中 1 - 10件を表示

AI vs. 教科書が読めない子どもたちのその他の作品

新井紀子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
ヴィクトール・E...
佐藤 雅彦
リンダ グラット...
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

AI vs. 教科書が読めない子どもたちを本棚に登録しているひと

ツイートする