「空腹」が人を健康にする

著者 :
  • サンマーク出版
3.52
  • (48)
  • (115)
  • (128)
  • (26)
  • (8)
  • 本棚登録 :976
  • レビュー :173
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763132024

作品紹介・あらすじ

お腹が「グーッ」と鳴ると、体中の細胞が活性化する!「生命力遺伝子」を活用して美しく元気に生きる方法。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なるほどー!と納得して取り入れたい!と
    思う部分と・・・
    「うーん。。。それは違うんじゃないか?」
    「少なくとも私には合わない」と感じる差が激しい。

    色々な情報が氾濫していると
    どれが正しく なにが自分に合っているか・・・
    分かりにくく混乱する。
    正しいと思われていたことが実は有害だったり
    あれはダメだと思われていたことが良かったり・・・。
    何年も経ってからじゃないと分からないことがある。

    とりあえず大きな手術を数回した自分には
    残念ながら・・・合わないし向いていないのは確実。
    少食はいいと思うけど一日一食は難しい。

    そもそもイレウスになると何日も絶食してないといけないし
    不健康な絶食なら何度でも経験している。
    あくまで「ある程度の健康体である」ことが前提の健康法。

    野菜中心と減塩生活、質の良い眠りは参考になりました。
    南雲先生それにしても若く見えてすごいな・・・と思う。
    うらやましい。

  • 会社の先輩に薦められて読んだ。
    一日一食なんて絶対に無理、そもそも食べないダイエットは拒食症に直結しそうで怖い…と思っていた。
    ただ、先輩に「お腹が空いてないのに食べるのをやめるという主旨の本だよ」と言われ、なるほど確かにお腹が空いてないなら食べなくてもいいかもと考え直した。
    そして、朝起きた時に空腹だと感じていることはあまりないということに気付き、お昼ご飯を減らしても問題ないことに気付いた。
    習慣として三食食べていたけど、本当は体には必要なかったのかもしれない。

    この本のポイントは3つ。
    ・一日一食(または一汁一菜)
    ・野菜は葉ごと皮ごと根っこごと、魚は皮ごと骨ごと頭ごと、穀物は全粒で
    ・睡眠は夜の10時から夜中の2時までのゴールデンタイムを含むように

    とりあえず私の体が必要としている食事量から見極めようと思う。
    無理して減らすのではなく、余分に食べないという意識で。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「ゴールデンタイムを含むように」
      最近25時には寝るようにしているので、1時間は含んでいます。。。
      「私の体が必要としている食事量」
      その一口が何とやら・・・と、よく言われます。私も見直さなきゃ。。。
      2012/08/21
    • takanatsuさん
      「1時間は含んでいます。。。」
      なんだか寂しそうな雰囲気ですが…、1時間でも含んでないより含んでる方が良いと思います!
      「その一口が何とやら・・・」
      そうなんですよね。ついつい…、パクッと。
      2012/08/21
  • この手の本は、どれもこれも全く違うことが書かれている(例えばコレステロールが高いと早死にする、と書いている本もあれば、逆に長生きする、と書いている本もある。早朝に蛋白質を沢山食べろ、と書いている本もあれば、朝飯は食うな、と書いている本もある)。

    結局どれが正しいのか全く分からん。「こういう研究結果があるのですよ」と書くのであれば、せめてその信頼し得るソースを出して欲しい。

    でもまあ一つだけ、この本を読んで参考になったこと。
     ・ゴボウ茶(さっそく通販で買って飲み始めてみた)
     ・完全食品

    一日一食を目指すかどうかは、ちょっと検討する(たぶんしない)。

    でも、いくら自堕落な生活を送っていても、長生きする人はする。この手の本を読み漁って健康生活を送っていても、早死にする人はする。

  • ☆食べ過ぎこそ病気の始まり。
    腹6分目のさるは毛並みがつやつやして皮膚にも張りが出てきた

    ☆外見の若さと美しさこそが、健康のバロメータ

    ☆1日1食は究極の健康法
    内臓脂肪を減らし、空腹状態においてサーチュイン遺伝子を目覚めさせ、健康で若々しい肉体を手に入れることができる

    ☆玄米と具沢山の味噌汁、野菜のお浸し、一夜干しの魚、納豆を食べている

    ☆空腹時にお茶やコーヒーを飲んではいけない。

    ☆お腹がグーっと鳴るのを楽しむ

    ☆砂糖は体を老化させ、命を縮める原因となっている。スイーツを食べると血糖値が上昇し、タバコ4本吸ったときと同じくらいに血管の内側の細胞を傷つける

    ☆スイーツは乳がん、前立腺がんの発生率をあげる。

    ☆若返りのためのゴールデンタイムは10時から夜中の2時

    ☆スィーツもお酒も高価なものをちょっぴりと

    ☆最終ゴールは肌がつやつやでウエストがくびれていること。そのために有効な方法は空腹、完全栄養、睡眠の3つ。
    ①1日1食
    ②野菜は葉ごと皮ごと根っこごと、魚は皮ごと骨ごと頭ごと、穀物は全粒で
    ③睡眠は夜の10時から夜中の2時までのゴールデンタイムを含むように

  • その通りだと思う。
    でも、一日一食って・・・・・できない・・・・。

  • 一汁一菜について知りたくて読書。

    著者の本は2冊目。色々な考え方があっていいと思う。相性もあるだろうし。

    前書を読んで「丸ごと食」になるほどと思い取り入れている。

    基本1日1食は15年以上、肉食を控え始めて3年ほど経つので著者の論理は納得できる点が多い。

    石原結實氏やBOOCSとの共通点もあり自分なりに実践して健康な状態で生活できればいいと思う。

    ストレスになるから生活や行動パターンを変えないは賛否両論ありそうだが、一理ある。

    最近、食後に睡魔が襲ってきてそのまま寝ることが多いのを悩んでいたが、そのまま寝てしまっても問題ないことを知りかなり氣分が晴れた。これはいい情報。

    再読する予定の本。

    読書時間:約50分

  • 「不食」について気になって、とりあえず読んでみた。少食のことだけでなく、この著者が他の本でも言ってることが同じように書いてあり、総花的な本だった。
    しかし、この著者は美醜へのこだわりが強い人なんだなぁと感心した。

  • 前々から気になっており、食習慣の見直しが必要になって購入。あの人もあの人も、実は1日1食だった!っていうのは、よくある話だけど、ただ単に食が細いだけっーつんじゃないの、って思ってたけど、南雲先生のこの本は納得できる箇所が多くて、思わず唸る。なにより南雲先生の外見が一番の説得材料だっていうのが、単純明快。

  • 「一日一食」本。最近「平日一日一食」を始めたので後付的に読んでみた。南雲先生と石原先生の言ってることは同じなのかな?ニンジンジュースはいいけどごぼう茶は無理。コーヒー飲みたい。

  • 断食本、小食本の一つとして購入。一日一食に行こう3ヶ月目あたりのモチベーション維持に役立った。

    本書の特徴は22時から2時までの4時間を睡眠の黄金時間帯として説明して居るところか。この時間帯に成長ホルモンが分泌され、様々な利点があるとの事。早寝早起きも健康維持に良い。

    しかしながら糖尿病を進化論的な見地から説明して居るのには、面白いしなるほどと思いつつも、ちょっと無理やりの説明に思えた。

    こう言った本としては他の患者の例がなく自分自身の体験のみなのが残念なので、星三つ。

全173件中 1 - 10件を表示

「空腹」が人を健康にするのその他の作品

南雲吉則の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
三浦 しをん
高野 和明
トルステン・ハー...
佐々木 圭一
村上 春樹
村上 春樹
ウォルター・アイ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

「空腹」が人を健康にするを本棚に登録しているひと

ツイートする