ミッション:8ミニッツ ブルーレイ+DVDセット

監督 : ダンカン・ジョーンズ 
出演 : ジェイク・ギレンホール  ミシェル・モナハン  ヴェラ・ファーミガ  ジェフリー・ライト 
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2012年3月21日発売)
3.82
  • (39)
  • (84)
  • (54)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 286
レビュー : 83
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241713179

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前作moonもそうだが、ストーリ的には世にも奇妙な話を思い出す内容。

    ダンカン・ジョーンズの作品はいろいろ考えさせるし、テンポもはやいので好き。

  • ボウイの息子ダンカン・ジョーンズ二作目。
    列車テロの犯人を特定するため何度も爆破8分前をくりかえすミッション。特典は映画みながらの主役と脚本と監督のトーク。

  • 劇場で観たときはラストに少し不満があったのだけど、改めて観るとこの温かな計らいに涙が出てしまう。二回観るとかなり主人公の心の動きが理解できるようになるね。
    列車の撮り方は「アンストッパブル」思い出しちゃった。似てる。

  • この手の映画は予告で流れがわかってしまっているので、ラストだけわかれば満足。

  • 最初から最後まで目がはなせなかったし、最後が予想外の展開でビックリ!ほんと面白かったです。

    極秘ミッションの禁断の真実・・・お勧めの映画です(・∇・)

  • ダンカン・ジョーンズの作品は『月に囚われた男』以来2作目。
    今回もひねりが利いた、一筋縄ではいかない作品になっている。
    こちらも、舞台設定にはツッコミどころがいっぱいあるのだが、それを補って余りある面白さがある。列車爆破の8分間を何度も何度も体験し、そのたびに少しずつ謎を解き、少しずつストーリーが変わっていく、というアイデアが面白い。そして、予想外のラストシーン。もう一度観たくなる、なかなかの良作。

  • ただのテロ防止映画、アクション映画じゃなくて、むしろ脳死とか植物人間とか死後の人権とかその辺の哲学に重点おいてるいい映画かな?

    最後の乗客に感動したり
    グッドウィンの途中の主人公への返事を
    最後まで見た後に思い出したら
    考えさせられたり。

    最後はちょいちょい予想裏切ってくれたりして、楽しかった。
    珍しく二回見た!

    主人公の立ち位置はちょっと複雑だったなー

  • iTunes で視聴。1080p映像で楽しめ、なかなかのものでした。

  • 今やれることのベストをつくせば道は開けるって思える一本 :)

  • 面白かった。

    タイムトラベラーの映画?かと思った。
    しかし違うようだ。

    SF?アバター?に近いかもしれない。
    量子力学という言葉で論理的な説明は省いて物語を進行させる。
    理屈を飛び越えた世界を嫌う人もいるけど、私はまーいいかな派です。

    不思議に思ったのは、もとのショーンはどこにいったの?ということ。
    ショーンの未来は本来途絶えたからいいじゃん!というのもアリだけど、スティーブンスが " New Me " となるのもいいんだけど、元のショーンは消えちゃった、書き換えられたよね。

    TwitterとかSNSのアカウントをクラッキングされて乗っ取られ好き放題にされたら、ネットでしか繋がっていない人からすると、キャラ変えたの?ぐらいの扱いで終わってしまうんでしょうね。
    原題「SOURCE CODE」に想いを寄せて、考えてみた。

全83件中 21 - 30件を表示
ツイートする