毎年、記憶を失う彼女の救いかた (講談社タイガ)

3.64
  • (18)
  • (37)
  • (39)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 359
レビュー : 44
著者 :
kansasさん  未設定  読み終わった 

「毎年、記憶を失う彼女の救いかた 」
これは愛の力だけでは語れない。


毎年、記憶が両親の事故死直後に戻ってしまう尾崎千鳥は、1年しか生きられない。空白の3年を抱えた千鳥の前に見知らぬ小説家が現れ、ある賭けを持ちかける。「1ヶ月デートして正体が分かったら君の勝ち、分からなかったら僕の勝ち」。


2017年第54回メフィスト賞受賞作品。メフィスト賞と言えば良く分からん世界観モノが多く癖ありなイメージが有ったのだけど、個人的な感想としては王道恋愛ストーリー。静岡ネタもてんこ盛り。


成人祝いを兼ねた家族旅行での不慮の事故により、記憶喪失の病に苦しむ千鳥の前に突然現れた天津真人。彼が現れた理由と抱える秘密がなんとも切なく、ちりばめられた伏線が回収されることで、なぜ真人は千鳥にここまで尽くすのかが徐々に明らかになっていきます。そして、最後になると千鳥から真人へ感情移入する対象が変わっていく。 貴方は決して不幸じゃない、1人じゃないと伝えることがどれだけ大切かが沁みてくる。


また、読み終わって改めて表紙を見ると、最初は男性(真人)が女性(千鳥)を振り向かせる、前を向かせようとしている様に見えましたが、逆でもあると感じました。つまり、女性(千鳥)が男性(真人)を引いて前に進んで行こうとする姿にも見えました。真人の千鳥に対する確かな愛だけでなく、強い覚悟があるからこその姿である気がします。

レビュー投稿日
2018年8月16日
読了日
2018年8月16日
本棚登録日
2018年8月16日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『毎年、記憶を失う彼女の救いかた (講談社...』のレビューをもっとみる

『毎年、記憶を失う彼女の救いかた (講談社タイガ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『毎年、記憶を失う彼女の救いかた (講談社タイガ)』にkansasさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする