結婚式のメンバー (新潮文庫)

3.62
  • (20)
  • (33)
  • (26)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 430
レビュー : 49
制作 : Carson McCullers  村上 春樹 
niwatokoさん  未設定  読み終わった 

まったく予備知識なく、ただ村上さん訳でアメリカ文学の有名どころだっていうので読んでみたんだけど、なんというか、今まで読んだことない、っていうか、ユニークで不思議な感じだ、と思った。
正直、(わたしだけかもしれないけど)、最初、状況がつかみづらくて読みにくいし、なにか起こりそうで起こらなくて長い、とか思った(大変失礼)し。
それでも、ローティーンの少女の思春期な感じを描いた作品ってすごくたくさんあると思うんだけど、どれとも違うというか、不思議な感じに惹きつけられる。そして、解説で村上さんも書いてらしたように、だれもが自分の十二歳くらいのときの感覚を思い出すんだろうなあと。

ベレニスの存在や話がよかったな。

でも、読後感がけっこう暗い感じ。。。人生は哀しいというか。こういう思春期の暗さ、大人になっていわゆる「リア充」みたいになって忙しさにまぎれてカラっと忘れてしまえばいいんだろうけど、引きずったら辛いというか。カーソン・マッカラーズは引きずったんだろうなあ、とか。まあだから作家になったのか、とか。

レビュー投稿日
2016年4月15日
読了日
2016年4月15日
本棚登録日
2016年4月15日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『結婚式のメンバー (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『結婚式のメンバー (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする